日清食品「日清焼そばU.F.O. 旨辛プルコギ風焼そば」 - スポンサー広告日清食品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日清食品「日清焼そばU.F.O. 旨辛プルコギ風焼そば」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、森永製菓の新商品、「コメダ珈琲店監修『小枝<シロノワール味>』」です。以前、ロッテの「パイの実」ともコラボしていましたが、今度は森永製菓の「小枝」とタイアップ(次は明治かな?w)パイの実では再現性が高いとの声が多く、単純に美味しくて私も好印象だったんですが、こちらはソフトクリームのミルキー感とデニッシュ生地の風味をホワイトチョコで再現し、ビスケットクランチや米パフを仕込んで「小枝」ならではのサクサク感、「シロノワール」のデニッシュ生地のサクサクをリンクさせて印象付けようという作戦? だそうです。実際のところ私は本物のシロノワールを食べた記憶が曖昧なので、まったく再現性は評価できないんですけれども…なにこれ美味しいw 要はクランチ入りのホワイトチョコレートにコーティングされた小枝なんですが、ちっこいクセに1本あたりの満足感が高いw なんだ、お前はw で、漠然とケーキっぽいというか…いや、うん。なんか、へたくそですいませんw 美味しいです。デニッシュ生地のパンケーキにソフトクリームを乗せてケーキシロップをかけたようなパッケージのイメージ(あ、これがシロノワール)を見て、なるほどな…と、素直に思える感じ。発売日は昨日、販路はコンビニやスーパーを問わず、私はマクスバリュで捕獲しました。おススメ。


さて、本日の一杯は、日清食品の「日清焼そばU.F.O. 旨辛プルコギ風焼そば」です(鼻息)「平昌2018冬季オリンピック日本代表選手団応援 旨辛トリオ」ラストの製品は、プルコギ風のU.F.O.ということで、もれなく興奮しております。だってプルコギ風ですよ? こんなもんハズすほうが難しいw ただ、日清食品の場合、どん兵衛ではプラスに予想を裏切ってくれましたが、こういう甘辛い系を意識していそうなフレーバーの時って、こう…妙にダダ甘かったりするんですよね。まぁ私は好きなんですけれども。今回、「旨辛トリオ」というコンセプトの割に、先手の2品は “旨辛” の “辛” が随分と弱めだったので、ここはU.F.O.にはビシッと〆ていただき…いや、もういいですよ。妙に甘かったって、辛くなくたって。だって、プルコギだもの…


お、こちらにもコーションの記載がありますね…


あまっ…w なんか、お湯を注ぐ前から、あまっ…w


でけた〜

ソースは、「コチュジャンの辛み、炒めた肉の旨み、タマネギなどの野菜の甘みをきかせた旨辛やみつきソース」とのこと。お、甘いかと思いきや、なかなか引き締まった味じゃないですか。やはり唐辛子の刺激はピリ辛の範疇を超えませんが、コチュジャンよりも豆板醤のキレを優勢して感じる味わいで、味付けは濃いめ。ただ、それ以上に和味噌の風味が強く、韓国風ではあるものの、なんか、えっと…これは回鍋肉(ホイコーロー)ですかな?w プルコギって韓国風すき焼きみたいなイメージが強かったりもするんですけれど、これは…どう考えても回鍋肉…w いや、美味しかったんですよ、味は。ただ、私には体感的な塩分濃度が強く、それが気になってしまったのと、それを差し引いても回鍋肉…w あぁやめて、私のイメージを侵食するのはやめて…あの、これってレビューになってます?(聞くなw)野菜の下支えは感じられたんですが、肉を炒めた的な調理感は目立っていませんでした。えっと…このソースでキャベツと豚肉を炒めたら、さぞ美味しかろうと思いますw

は、「日清焼そばU.F.O.ならではの、コシのある中太麺」とのこと。おそらくレギュラーU.F.O.からの流用と思われますが、麺量は10g少ない90gとなっていて、どん兵衛にも同じことが言えるんですけど、ちょっと少なくなってます。ただ、質の高さは折り紙付き。もっちり食感の中太麺で、油揚げ麺臭は控えめ。縮れは目立たず、物腰の上品な油揚げ麺です。オーソドックスなソース味から、洋風系のソースだとパスタっぽく、また今回のような 回鍋肉 プルコギ風の変わり種にもフレキシブルに順応してくれる汎用性の高さ。ある意味、万能な麺かもしれません。

具材は、「大豆ビーフ、キャベツ、チンゲンサイ、ニンジン」とのこと。え、ちょ…胡麻は?w い、いずこへ…w え、プルコギに胡麻って必須ですよね? 胡麻の入ってないプルコギとか…ありえます? そんなもん仲本工事のいないドリフターズくらい価値が見出せない…これ、かなり致命的な欠点になるんじゃないですかね。で、写真の項目でも触れましたが、外装を破いてフタを開けると、すでにカップの中に入っている大豆ビーフから強烈に甘濃い香りがw そう、こいつ…かなり味が濃いんです。それこそ味付けの方向性は、すき焼きやプルコギを彷彿とさせる甘辛い味だったので、テーマとの相性はバッチリだったんですが…回鍋肉にプルコギの肉が入っているような…w あ、キャベツは割と大きいです。なぜか「BIG」だと端材になっちゃうんですが、レギュラーサイズだと本家よろしく大切りです。ちんげん菜も相変わらず美味しかったんですが…やっぱり回鍋肉にはキャベツですよね?(※プルコギ風です)人参は彩り要員で、さほど目立っていませんでした。


(標準は★3です)

うーん、ひとつのカップ焼そばとしては普通に美味しかったんですが、私の知っているプルコギとは随分と毛色の違う味でした。えと…プルコギって、醤油や砂糖、蜂蜜、にんにく、酒、胡麻油なんかで味付けした、韓国風すき焼きのイメージなんですけど…他にバリエーションありましたっけ? 和味噌がガツンと効いたプルコギ…とか? それに、プルコギには必須の(と、思っている)胡麻が入っていなかったことや、回鍋肉っぽいソースの雰囲気を加味すると、大豆ミートを豚肉に置換して、キャベツたっぷり入れて、「旨辛ホイコーロー風焼そば」とかにしたほうがバシッとキマったんじゃないかと思ったんですが…あ、でも韓国風じゃなくなっちゃうのか…うーん。とりあえず、あんまり…というか、まったくプルコギっぽくなかったです。まぁ実際の回鍋肉も中国のと日本のとでは異なる部分はありますけれども、市販の「豚肉とキャベツがあれば簡単に」みたいな素? あれに近い感じ? ですかね。なんせ、これはプルコギじゃなかったw というわけで、味としては問題なく成立していたものの、テーマと掛け離れていると思い、厳しめに評価しました。いや、こういうプルコギあるぜ? だったらゴメンなさい。私の無知による駄評です。



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:日清焼そばU.F.O. 旨辛プルコギ風焼そば
製造者:日清食品
内容量:121g (めん90g)
発売日:2018年1月22日 (月)
発売地区:全国新発売 (全チャンネル)
取得店舗:スーパー
取得価格:138円 (税込)
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902105244128

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:460㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (液体ソース)

~栄養成分表示~

1食 (121g) 当たり

熱量:535kcal
たんぱく質:8.6g
脂質:24.0g
炭水化物:71.1g
食塩相当量:5.3g
ビタミンB1:0.46mg
ビタミンB2:0.43mg
カルシウム:152mg

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ、香辛料)、ソース(豚脂、みそ、糖類、食塩、しょうゆ、豆板醤、香辛料、ポークエキス、ごま、粉末みそ、コチュジャン、酵母エキス)、かやく(キャベツ、大豆たん白加工品、チンゲン菜、人参) / 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸Ca、かんすい、酸味料、香料、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、炭酸Mg、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・乳成分・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

アレルゲン情報:小麦・乳成分・豚肉・鶏肉・牛肉・大豆・ごま

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/6619

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。