日清食品「カップヌードル 旨辛チーズスンドゥブ味」 - スポンサー広告日清食品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日清食品「カップヌードル 旨辛チーズスンドゥブ味」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品、「Jagabee(じゃがビー) 紀州の梅味」です。Since 2006…まじか。そういえば、この季節になるとスーパーやコンビニで頻繁に見かけますよねぇ…って、去年もブログの冒頭ネタで紹介していた件w まぁアレですよ、ほんと例年通りというか、相変わらずの安定感。最初に梅の酸味がキュンッ、なんですが、すぐに酸味は和らいで、じゃがいもの風味がググッと手前に。で、ほんのり甘酸っぱい初恋の…(もういい)じゃがビーらしく、じゃがいも優勢の梅風味です。あと、梅肉パウダーの個体差が激しいですね。ドピンクフラミンゴなヤツは結構ガツンと梅風味なんですが(それでも圧倒的じゃがいも氏w)、ほぼほぼ白いヤツは…う、うめ? あ、うん…まぁ、いや…梅か? みたいなw まぁいいですよ、じゃがビーだもの(じゃがを)


さて、本日の一杯は、日清食品の「カップヌードル 旨辛チーズスンドゥブ味」です。がんばれ! ニッポン! ®「平昌(ピョンチャン)2018冬季オリンピック日本代表選手団応援 旨辛トリオ」ということで、「カップヌードル」「日清のどん兵衛」「日清焼そばU.F.O.」通称、日清の御三家(諸説あります)から、記念商品がリリースされました。ちなみに日清食品は、「オリンピック日本代表選手団オフィシャルカップ麺パートナー」だそうです。へぇ〜(ごめんなさいオリンピックとか激しく興味なくて…)とりあえず、開催国である韓国の人気料理をアレンジ、というのが今回のテーマ。カップヌードルはチーズスンドゥブ味、どん兵衛はユッケジャン風、U.F.O.はプルコギ風だそうです。もれなく3品ご紹介いたしますの予定なので、お付き合いくださいませ。それでは順番に、カップヌードルから。





スープは、「海鮮だしをベースにチーズのコクを加えた旨辛でまろやかな味わい」とのこと。ベースは甘味を帯びた海鮮チゲ風味で、思いの外しっかりピリ辛。決して強い刺激ではありませんが、韓国風のチゲ鍋っぽい味を彷彿とさせる唐辛子のメリハリが明白に感じられます。しかし、ベースの甘味が強いので、下地は随分と優しいんですよね。パッケージのロゴ(純豆腐)は攻めの姿勢にありますが、割と大人しいスープです。なので、油揚げ麺から滲み出た特有の風味が少し気になったりもしたんですが、得てしてカップヌードルですから、この程度あれば許容範囲内、よもや一興とも思える項目と言えるかもしれません。あと、海鮮だしには少し蟹が含まれているのかな? そんなにガツンとは来ないんですけど、それっぽいニュアンスを魚介エキスに感じました。で、チーズの風味は、正直あんまりですね。一応、スープの原材料には乳等を主要原料とする食品やチーズパウダーが含まれていますが、それほど主張してくるわけではありません。ほんのりマイルドかなー、くらい。後述する具材のチェダーチーズ風キューブを完全に溶かすと、かなりマイルドさは増長されますが、それによって唐辛子のメリハリがマスクされ、またベースの甘味(糖類)が強かったこともあり、若干のっぺりとした印象が残りました。

は、「カップヌードルならではの、しなやかでコシとつるみのある麺」とのこと。お、この麺は「ミルクシーフードヌードル」に使われていた油揚げ麺ですね。カップヌードルの麺は、それぞれのスープに合わせて原材料やサイズが微妙に変更されていて、基本的に変わり種でも既存の現行品から流用されるのがパターンになるのですが、この油揚げ麺の構成は現行品の定番フレーバーとは違う、ちょっと異質な存在だったりします。とは言え、体感的には “いつものカップヌードルの麺” なのでw ご安心ください。ただ、ちょっと麺勝ちしてるかも?

具材は、「チェダーチーズ風キューブ、たまご、豆腐、ネギ」とのこと。あぁ〜…っと、出ましたね、チーズ風油脂加工品。これ、いつもの「チーズ加工品」ではなく、その廉価版に位置するチーズ風味の加工品で、えらく脆いんですよ。麺の項目でも触れた「ミルクシーフードヌードル」や「チーズピザポテトマト味」などにも使用されており、当ブログでは通称、「ファットスプレッドチーズ」と名付けております。写真ではイイ感じにトロ〜ンとした瞬間が写ってますが、軽く掻き混ぜたら瞬時にスープと一体化するので、具材としての存在感には期待しないでください。で、スープにも影響する素材ではあるものの、あくまでも “チーズ風味の油脂加工品” なので、風味は別物。チーズのコクが高まるというよりも、ただ乳等を主要原料とする何かが増長されるだけなんですよね。確かに乳成分系のマイルドさはプラスされますが、チーズの風味が強くなるわけではないので、結果としてはギミック的に感じてしまいました。タマゴはカップヌードルにも入っている甘いスクランブルエッグで、スープの甘味が強かった分、優しさの面では相乗効果が図られていたものの、もう少しアクセントが欲しかったところ。豆腐は小さいながらもクオリティが高く、同社の「セブンプレミアム 蒙古タンメン中本」に入っている豆腐ほど大きくはありませんが、きちんと豆腐です。しっかり掻き混ぜると砕けますが、それでも割と原形をとどめてくれていました。ネギは飾りー。


(標準は★3です)

これはこれで無難に美味しかったんですが、タイトルに「チーズ」の名を冠している割にチーズが目立っているわけではなく、でも存在感が皆無というわけではない中途半端な主張の仕方で、それが結果的に最初は好印象だった唐辛子のメリハリをボヤけさせてしまっているというか、うん。チーズも中途半端、メリハリも中途半端、でも美味しくないわけではないし…w ちょっと蟹(甲羅ではなく蟹の身)っぽい雰囲気は印象に残ったし、味としては★3でも差し支えなかったんですけれども、ちょっと厳しめに見ています。わざとらしい甘味が少し気になったりもしたんですが、ちゃんとしたチーズ加工品を使用する、もしくは別添で辣油系の小袋を付属してもらえたら、もっと安定したと思うんですけどね。もしくはチーズというワードで誤魔化すのではなく、「シンガポールチリクラブ」や「チリクラブシーフードヌードル」などで使用されていた別添のチリクラブペーストペースト、または蟹香油なんかを付属して、バリバリ硬派な路線で攻めてもらいたかったかなと。味としては決して悪くない仕上がりでしたが、どうも後味が締まらない一杯でした。



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:カップヌードル 旨辛チーズスンドゥブ味
製造者:日清食品
内容量:77g (めん60g)
発売日:2018年1月22日 (月)
発売地区:全国新発売 (全チャンネル)
取得店舗:ÆON
取得価格:120円 (税込)
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902105242377

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:310㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:-

~栄養成分表示~

1食 (77g) 当たり

熱量:367kcal
たんぱく質:7.9g
脂質:17.0g
炭水化物:45.5g
食塩相当量:4.2g
(めん・かやく:1.6g)
(スープ:2.6g)
ビタミンB1:0.83mg
ビタミンB2:0.29mg
カルシウム:107mg

※参考値:調理直後に分別して分析
熱量:367kcal (めん・かやく:303kcal / スープ:64kcal)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、しょうゆ、香辛料)、スープ(糖類、豚脂、香辛料、食塩、でん粉、小麦粉、乳等を主要原料とする食品、チーズパウダー、魚醤、魚介エキス、酵母エキス、卵粉、ポーク調味料、香味調味料)、かやく(チーズ風油脂加工品、味付卵、豆腐、ねぎ) / 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、かんすい、増粘多糖類、香料、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、カラメル色素、乳化剤、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部にえび・かに・小麦・卵・乳成分・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・かに・豚肉・鶏肉・さば・大豆・ごま

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/6619

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。