サンヨー食品「サッポロ一番 麺屋 翔 香彩鶏だし塩ラーメン」 - サンヨー食品

サンヨー食品「サッポロ一番 麺屋 翔 香彩鶏だし塩ラーメン」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、ヤマザキビスケット(YBC)の新商品「エアリアル 贅沢バーベキュー味」です。国産牛エキス使用、というのが今回のポイントになるわけなんですけれども…なぜにバーベキュー味をチョイスw まぁいいでしょう。私、エアリアル大好きです。たぶん、これまでエアリアルを食べてマズいと思ったことありません。無論、今回も例に漏れずウマシ。国産牛エキスの恩恵ですか?いや、そないに言うほどのことでも…w だったんですが、サクサク4層構造 with ど定番のBBQソース味がミスるわけもなくですよ。故に、あまり書くこともない…というのが正直な感想だったりもするんですけどw 美味しいです。間違いない。以上。


さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 麺屋 翔 香彩鶏だし塩ラーメン」です。東京・新宿の人気ラーメン店、「麺屋 翔」の「香彩鶏だし塩ラーメン」を再現したカップ麺とのことなんですが…ええ、もれなく私は初めて耳にするラーメン屋さんでした。パッケージの下段には、「淡麗でコク深い黄金に輝く鶏油が決め手」と書かれているので、鶏油が効いていると無条件で好印象だと感じてしまう私は注意が必要ですね。ところでパッケージには、店主の名前と「店主認」という太鼓判的なロゴタイプが記載されているんですけど…え、え〜っと、ハードルとか大丈夫なんですかねw オリジナルのラーメンは未体験ですが、その店主が認めたという本格さには期待させてもらいますよ。





スープは、「チキンエキスをベースに、昆布やいりこ、えび、椎茸のうまみを付与し、鶏脂の風味をきかせ、コクのある上品な味わいの塩味スープに仕上げ」たとのこと。まず決め手の鶏油ですが、たしかに香ってはいるものの、決め手と豪語するほど強い主張は見せてきません。麺を食べている時には率先して牽制の構えにありますが、ファーストインプレッションで適度に印象を残した後、潔く引いていきます。鶏油といえば時に東洋水産が強烈なので、そのレベルを求めていた私の期待値にも問題があったのかもしれませんが、そんなに鶏油のインパクトは感じられませんでした。反面、思っていたよりも目立っていたのは、芳ばしい海老の風味。海老が主役のラーメンほど強烈ではなかったものの、誰が食べても海老の存在をキャッチできるであろう芳ばしい香りが後味に居座り、ふとインターバルを挟んだ時の余韻が印象深かったです。他にも昆布、いりこ、そして椎茸による旨味の相乗効果が図られていて、単に奥行きだけでなく、味の広がり方にも魅力を感じる淡麗系でした。でも、塩気は強いほうかもしれません。ただ、闇雲に刺してくるような塩気ではなかったし、キレのある塩ラーメンとして成立させるために存在しているような、凛とした効果は印象が良かったです。…えと、麺を食べている分にはw

は、「麺は表面につるみがあり、しなやかで適度なコシのある食感」で、「ちぢれをつけることにより、スープがよく絡」むとのこと。しっとりとした優しい口当たりが印象的な平打ち麺で、食感も柔らかく、スープとの一体感を最重要視しているような油揚げ麺です。ただ、これがまぁ驚くほどヘタるのが早いw 試しに2分前後で味見してみたところ、まだ部分的に乾燥状態。とりあえず撮影を済ませて…合計4分前後かな? もう柔らかいw 容器の材質がプラ製よりも保温性の低い紙製だったので、まだマシだったのかもしれませんが、もしもプラ(PS)+胴巻き紙だったら、もっと劣化は早かったかも…私は猫舌で食べるスピードが遅く、またカップ麺の実食中は感想を箇条書きにしながら食べるので(すいません…)余計に遅いんだと思うんですが…くたばるの早いw また、いかにもカップ麺の油揚げ麺らしいチープな食感、油揚げ麺特有の風味は不躾なタイプではなかったものの、サンヨー食品らしい甘味を帯びた風味が上がってくるので、良くも悪くもカップ麺らしいというか、うん。私、こういったチープな油揚げ麺は大好きなので、普通に美味しく頂けたんですが、再現カップ麺的には少しナンセンスと言わざるを得ませんね。

具材は、「チャーシューと鶏肉そぼろのうまみがスープとよく合い、おいしさを引き立て」、「メンマのコリコリとした食感が食欲をそそり」、「ねぎを加えて彩りよく仕上げ」たとのこと。まずチャーシューなんですが、これは別に要らなかったかなぁ…よくあるハムっぽい肉具材で、あまり情緒の感じられない肉具材です。反面、鶏肉そぼろはスパイシーな味付けで、スープと相性が良く、量の割に存在感がありました。その鶏肉そぼろが美味しかったので、価値の見出せないチャーシューは思い切ってカットし、鶏肉そぼろを倍くらい増やして欲しかったかな。メンマはサイズが大きく、また量も多めに入っていて、コリコリとした歯応えが箸休めに嬉しい存在でした。ネギも彩りがよく、食感がアクセントによかったです。


(標準は★3です)

味の奥行きだけでなく、左右への広がりが印象的なスープの組み立て方は記憶に残る構成だったんですが、鶏油が決め手とアピールしている割に存在感は常識的だったこと、また油揚げ麺のチープさが「店主認」の邪魔でしかなかったので、単純に味だけで評価したら★4でも…とは思ったものの、総評は及第点が妥当だと判断しました。事実、結果的に残った感想は、 “普通に美味しかった” です。いや、大切なんですけどね、 “普通に美味しい” って。ただ、鶏油が決め手と言うならガツンと効かせて欲しかったし、もうちょっと麺にもコストを費やして欲しかったです。サンヨー食品の油揚げ麺といえば、言わずと知れた「和ラー」の油揚げ麺がズバ抜けて規格外に秀逸なんですけれども、「贅の極み 特濃海老担々麺」でも書いたように、その技術をタテビッグに応用することは叶わないのでしょうか。実際、「和ラー」の希望小売価格は税別180円なので、技術的に不可能な話ではないと思うんですが…それとも、あれは「和ラー」専用の麺だから…という縛りでもあるんですかね。然し乍ら、サンヨー食品はノンフライ麺になると安定してハイクオリティな麺を叩き出してくるメーカーなので、スープの組み立て方を踏襲しつつ、鶏油の量をガツンと増やし(いや、再現度的にアレな希望だったらスイマセンw)ノンフライ麺どんぶり型での再販に期待したいと思います。あと、サンヨー食品のタテビッグは往々にして麺が柔らかいので、先進的な汎用麺の開発にも着手…って、私何様ですよねスイマセンw 今回は再現カップ麺的に評価しての及第点なので、カップ麺らしい油揚げ麺でも全然オッケーだよー、という人は、★4くらいで見てやってください。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 麺屋 翔 香彩鶏だし塩ラーメン
販売者:サンヨー食品
内容量:91g (めん70g)
発売日:2018年1月9日 (火)
発売地区:全国新発売 (全チャンネル)
取得店舗:スーパー
取得価格:170円 (税込)
希望小売価格:205円 (外税)
JANコード:4901734033080

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:420㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (仕上げの小袋)

~標準栄養成分表~

1食 (91g) 当たり

エネルギー:431kcal
たん白質:7.3g
脂質:21.2g
炭水化物:52.8g
ナトリウム:2.4g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.7g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:196mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:431kcal (めん・かやく:356kcal / スープ:75kcal)
食塩相当量:6.1g (めん・かやく:1.8g / スープ:4.3g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、粉末卵)、スープ(食塩、鶏脂、糖類、チキンエキス、植物油脂、昆布粉末、香辛料、椎茸エキス、発酵調味料、えび粉末、デキストリン、煮干いわし粉末、かつおエキス、酵母エキス)、かやく(味付豚肉、味付鶏肉そぼろ、ねぎ、メンマ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、炭酸カルシウム、クチナシ色素、トレハロース、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、香辛料抽出物、カラメル色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごま、大豆を含む)

アレルゲン情報:えび・小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉

引用元URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0692.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事