東ハト「暴君ハバネロ 癇癪の激辛!ビッグ・マムのビッグハバネロ」 - 勝手に激辛コーナー

東ハト「暴君ハバネロ 癇癪の激辛!ビッグ・マムのビッグハバネロ」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)



本日の記事は、不定期更新の勝手に激辛コーナーで、伏兎プレゼンツ第3弾、東ハトの「暴君ハバネロ 癇癪の激辛!ビッグ・マムのビッグハバネロ」です。「ワンピース」という漫画のキャラクター、「ビッグ・マム」の持病 “癇癪” をイメージした、体積200%のビッグ仕様だそうです。製造は本家製造元と同じく「東ハト」ですが、販売者は「バンダイ」となっています。私はワンピースが好きで、ずっと漫画を読んでいたんですが、多忙につき途中で止まったまま…ビッグ・マムというキャラクターは知りません。なんか、 “ソルソルの実” の能力で、寿命を抜き取られるそうです。マジかオバハン…(あ、この発言ヤバい…? 俺いま老けた…?)通常の「暴君ハバネロ」と比較して、標準体積比200%とのことなんですけれども、ただ単純に2倍サイズなのか、それとも刺激も2倍? 味付けは? この手は往々にしてサイズがデカいだけ…というパターンが多いので、肩の力を抜いて試してみたいと思います。



は、本家と同じですねw ポテトのサイズが大きくなった分、本家よりも若干ながら味が(あくまでも比較的)薄く、ちょっとポテトの風味は増しているような印象で、とても食べやすいです。基本的には “あの味” なので、安心して楽しめるでしょう。いや、もしかしたら本家より味は上かも…その理由は、次の項目で。

辛味は、えっと…どうしたw 激辛どころか、本家より生っちょろいです。辛い食べ物が苦手な人には充分なアクセントかもしれませんが、一般的に見てもピリ辛に毛すら生えないレベルなのではないでしょうか。正直、このあたりは個人差が大きく関与してくるので、一概には言い切れないところではあるものの、多めに見積もっても中辛か…いや、ピリ辛以上、中辛未満が関の山だと思います。ただ、それによって “旨辛” の比重が大きく “旨” に傾き、本家よりも美味しく感じたというw


満足度:★★★★☆☆☆☆☆☆ (4)
辛さレベル:★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (1+)
(標準は★3です)

正直、激辛的には★2ですね。体積が倍になったことで威力が分散されてしまったのか、ただでさえ本家の辛口未満が弱くなるというミラクル…ただ、旨辛スナック的には非常に満足度が高くて、よくある輸入品のように刺激ばかりが先行するような仕上がりではなく、まさに日本人好みの “旨辛” バランス型で、単純に味の満足度は高かったんですよね。で、こんな感じ。お子様にも馴染みがある漫画(アニメ)とのコラボ商品なので、バンダイが踏み込めなかったのかもしれませんね。強い刺激に期待すると肩透かしを喰らうことになりますが、味は抜群に美味しかったです。

帰ってきた暴君ハバネロ(56g)
@爽快ドラッグ (税抜3,000円以上で送料無料)


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:暴君ハバネロ 癇癪の激辛!ビッグ・マムのビッグハバネロ
製造者:東ハト
販売者:バンダイ
内容量:60g
発売日:発売中
発売地区:-
取得店舗:- (伏兎)
取得価格:- (伏兎)
希望小売価格:オープン価格
JANコード:4549660884538

~栄養成分表~

1袋 (標準60g) 当り

エネルギー:325.4kcal
たんぱく質:2.0g
脂質:19.7g
炭水化物:35.0g
ナトリウム:474.2g

(食塩相当量:1.2g)

名称:スナック菓子

原材料名:乾燥ポテト(遺伝子組換えでない)、植物油脂、赤唐辛子、食塩、ガーリックパウダー、オニオンパウダー、粉末油脂、砂糖、酵母エキスパウダー、ブドウ糖、たんぱく加水分解物、乳糖、チキンパウダー、ホワイトペッパーパウダー、パプリカパウダー、クミンパウダー、赤唐辛子ペースト、加工澱粉、トレハロース、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、増粘剤(カードラン)、香料、香辛料抽出物、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、カラメル色素、(原材料の一部に小麦、大豆、豚肉を含む)

アレルゲン情報:乳・小麦

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事