エースコック「トリカライヌードル 辛口鶏白湯味」 - エースコック

エースコック「トリカライヌードル 辛口鶏白湯味」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、湖池屋の新商品「スゴーン 和牛すき焼き」です。「海老まるごと」にハマり、何度かリピートしている「スゴーン」なんですけど、今度の新作は「和牛すき焼き」がテーマ。最近では国産和牛を使用したスナック菓子も珍しくないので、すき焼き感に注目かなぁ…とか何とか思いながら開封いたしますと、あらやだ…これ絶対に美味しいヤツの香り。で、口に放り込んでみますと…想像以上にキてたーw いや、すき焼きですよ、雰囲気。もちろんスナック菓子の枠は出ませんが、霜降り和牛ならではの脂質を彷彿とさせる旨味…そして、肉や野菜のエキスが溶け込んだ、すき焼きのタレを思わせる甘味を帯びた醤油味で、砂糖とは違う味醂のコクが効いている、なんとも味わい深いテイスト。で、ネギもポイントですね。どうやら京都産の九条ネギを使用しているらしいのですが、ネギ特有の甘味を感じさせる加熱後の風味が感じられ、さらに卵黄のマイルド感も再現するなど、いやいやスゴーンですよコレは。でね…鼻を抜ける香りがね…思いの外すき焼き(照)なんかこう、パクッ…す~ん(鼻を抜ける香り)おぉぅ…w みたいな。オススメ!



さて、本日の一杯は、エースコックの「トリカライヌードル 辛口鶏白湯味」です。はい、えーっと…どこから突っ込んでいいのやらですよねw とりあえず、メーカーのニュースリリースから引用しますと…「具材の鶏唐揚げ(トリカラ)に、鶏の旨みを利かせたスープに複数種の香辛料を使用したスパイスを加えて仕上げる辛いヌードル(カライヌードル)で、『トリからイヌ』の年跨ぎを表現」だそうです。日本の道徳的に当然ですが、言わずもがな原材料に戌(犬)は含まれておりません。モチーフの犬種は何かな? ヨーキーかな?(レオー! コハクー!)実は昨年も同社から、「トリまみれの濃厚鶏そば」という同じようなコンセプトのカップ麺が元旦に合わせてリリースされていたんですけれども、このネタを毎年の恒例にするつもりなんですかね。いや、私こういうの好きですw 一見すると遊び過ぎにも思えますが、昨年の「トリまみれの濃厚鶏そば」は実に美味しかったんですよね。酉(鶏)の指標が旧年と同じであれば、今年も高評価が期待できそうです。





スープは、「濃厚な鶏のコクに、玉ねぎやニンニクの旨みを加えた鶏白湯スープ」、「唐辛子や胡椒等をバランスよく配合した別添のスパイスを加えることで、クセになる一杯に仕上げてい」るとのこと。まずベースの鶏具合なんですけど…結構クサイw(褒めてます)粉末スープを入れた段階から特有の癖が漂っていて、スープが通過した後の余韻にも鶏の癖が残る、なかなか骨のある好印象なスープです。あ、いや、私は骨っぽい癖が好印象だったんですが、鶏骨を炊き出したような癖や豚骨系のスープが苦手な人は、ちょっと気を付けたほうがいいかもしれません。豚骨の下支えも強めにあったので、純粋な鶏白湯ではなかったんですが、その豚骨感もエースコックに有り勝ちなギミック系ではなく、骨っぽさに個性を感じました。昨年は「ぼんじりペースト」という秀逸なアイテムがあったんですけど、今年は液体スープでもなければ別添の調味油も付属しておらず、完全に粉末スープのみという構成だったので、浅はかなスープになっていないかと思いきや、なんのなんの。次に別添のスパイスですが、パウダー状に粒子が細かく、ブラックペッパーとホワイトペッパー…比率はホワイトペッパーのほうが多いかな? それから唐辛子、あと若干のクミンを感じます。スパイスを全体に撹拌すると、スープの表情が一変しますね。まずホワイトペッパーの香りとクミンのアクセントが骨の癖を中和し、あの個性的だった癖が目立って気にならなくなりました。これに関しては少し勿体無いと思えてしまったんですけれども、香り高いホワイトペッパーのアクセントが心地よく、テイストとしては万人ウケするラインに落ち着きます。麺の小麦感とラーメンコショー的な香りが素朴な中華麺を彷彿とさせるニュアンスを演出していて、麺とスープの相性はスパイス撹拌後のほうが上だと感じました。刺激は一般的に見てピリ辛以上、辛口未満でしょうか。飛び上がるような辛さではないと思いますが、苦手だと少し苦戦するかもしれません。個人的にはスパイス撹拌前のスープが印象的ではあったんですけれども、単純に味としての満足感はスパイス投入後のほうが高く、味変的な感じで2度楽しめました。スパイスは途中で入れるのがオススメ。

めんは、「しなやかな弾力とコシを併せもった滑らかな丸刃のめん」とのこと。いや、平打ちですね。どう考えても丸刃ではないです。いや、丸刃で切ってからプレスしてるとか? どっちにしろ平打ちのノンフライ麺です。ヌードルのニュアンスをイメージしての形状でしょうか。しかし、質感は完全にラーメン(中華麺)ですね。エースコックお得意の多加水麺で、これに関しては手放しに好印象。スパイス撹拌前のスープだと少し浮いているように思えましたが、スパイス撹拌後はコショーのスパイス感と麺の小麦感が相性抜群で、なんかこう、値段の割に麺は美味しいけどスープに個性がないラーメン屋でラーメンコショーたくさんかけて食べた時の素朴な安心感というか…私は何を言っているんでしょうね。でも、なんとなく分かるでしょ?w あまり耐久力のある麺ではありませんが、逆に少し伸びて馴染んできた頃合いが美味しかったので、加水率の高さが功を奏しているように感じました。

かやくは、「鶏唐揚げをメインに、色調の良いねぎ、程良く味付けした鶏肉そぼろ、唐辛子で味にアクセントをつけ」たとのこと。たまに出没する衣を纏った鶏肉ですが、なかなか美味しいですよ。程良く味付けした鶏肉そぼろは例によって例の如く、こういったパターンに援護射撃要員的な立ち位置に食い込んでくる白い悪魔(すかすか食感の味無しスポンジ野郎)だったんですけれども、鶏唐揚げはナゲットほど軽い食感ではなく、きちんと唐揚げを模している質感で、安いデリカテッセンの唐揚げを切って放り込んだような、かなりの再現度でした。普段は具材が貧弱な傾向にあるエースコックですが、この鶏唐揚げは主役級の存在感でしたね。で、程良く味付けした鶏肉そぼろの評価は放置プレイかますとしてですね…ネギちょっと多すぎw 色調良すぎw エースコックの小葱は食感も風味も存在感が強いので、もう少し控えめでもいいように思いました。あと、輪切り唐辛子は辣味の後押しに効果的だったんですが、なんかこう…歯触りがビニールっぽかったですw


(標準は★3です)

スパイスによって印象的だったスープの個性が鳴りを潜めてしまったのは残念でしたが、結果的には問題なくオーライだと素直に思えたし、質の高いノンフライ麺に本物っぽい鶏の唐揚げ風の肉具材など、なかなか見所のあるカップ麺でした。気になった点を挙げるとするならば、希望小売価格が税込240円と少し高めの元旦価格(?)だったことと、やたら自己主張してくる大量のネギですかねw スパイスを入れる前に感じた、最近のカップ麺では珍しいタイプの癖が印象に残ったので、及第点に★ひとつプラスしました。コンビニでの定価購入はオススメできませんが、スーパーなどで税込200円以下、もしくは正月シーズンが過ぎて投げ売りワゴンで寂しそうにしていたら、試してみる価値はあると思いますよ。さて、来年の干支は、亥(いのしし)…いや、ちょっとカップ麺の歴史に新たな1ページが刻まれてしまうんじゃないですかねw エースコックさん、来年の年始にも期待していますよ。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:トリカライヌードル 辛口鶏白湯味
製造者:エースコック
内容量:75g (めん60g)
発売日:2018年1月1日 (月)
発売地区:全国新発売 (スーパー・コンビニ等)
取得店舗:スーパー
取得価格:192円 (税込)
希望小売価格:240円 (税別)
JANコード:4901071211622

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:360㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:3袋 (後入れ粉末スープ・スパイス・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (75g) 当たり

エネルギー:265kcal
たん白質:9.2g
脂質:3.4g
炭水化物:49.5g
ナトリウム:1.9g
(めん・かやく:0.6g)
(スープ:1.3g)
カルシウム:158mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:265kcal (めん・かやく:217kcal / スープ:48kcal)
食塩相当量:4.8g (めん・かやく:1.5g / スープ:3.3g)

名称:即席カップめん

原材料名:めん(小麦粉、食塩、たん白加水分解物、大豆食物繊維、卵白粉)、スープ(鶏・豚エキス、食塩、おからパウダー、動物油脂、香辛料、砂糖、しょうゆ、ポークコラーゲン、酵母エキス、たん白加水分解物、オニオンパウダー、クリーミングパウダー、全卵粉)、かやく(鶏唐揚げ、ねぎ、味付鶏肉そぼろ、唐辛子)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、乳化剤、増粘多糖類、重曹、微粒二酸化ケイ素、かんすい、カラメル色素、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、香辛料抽出物、酸味料、紅麹色素、(原材料の一部に卵、乳成分、ゼラチン、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン・ごま

引用元URL:http://www.acecook.co.jp/news/pdf/1712_GRBP.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事