日清食品「贅の逸品 濃厚豚味噌ラーメン」 - 日清食品

日清食品「贅の逸品 濃厚豚味噌ラーメン」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


三箇日、いかがお過ごしでしょうか。先日の馬肉会に参加したメンバーの記事が出揃いましたので、まとめて紹介いたします。ビー玉「馬肉会 その3」、みーな「【ステキなブロガーさん達とのクリスマス会☆】イイ仲間に巡り会えました!!」、市郎右衛門「器として生まれたからには『須恵器』を使ってみようではないか?」、詳細を記事にしてくれた人は以上かな? ではでは、お楽しみくださいませー。



さて、本日の一杯は、日清食品の「贅の逸品 濃厚豚味噌ラーメン」です。もともと「贅の逸品」シリーズは、ÆON上場40周年特別感謝商品として開発されたブランドで、おそらく今回もイオン系列店限定発売だと思います。公式の発表が見当たらなかったので、価格帯や発売日などの詳細は不明なんですけど、取得価格は税込321円という現状のカップ麺にしては限界に近い値段設定。これまでの製品は、その価格を加味しても安いとすら思えるようなクオリティの高い作品が多かったので、今回も期待したいところ。約2年前、初版がリリースされた際に、「たっぷりコーンと厚切焼豚入り 濃厚味噌ラーメン」という味噌ラーメンがラインナップに含まれていたのですが、今回は生姜が香る濃厚まろやかスープ+自慢の厚切り焼豚2枚入りがポイントみたいですね。生姜が嬉しい季節ですし、楽しみです。生姜カモン。





スープは、豚骨の厚み…これに尽きますね。生姜ですか? ちょっと待ってねw スープの表面を覆っている豚脂の油膜が厚く、厚切焼豚で表面積が狭くなる関係もありますが、寒いのに湯気が立ち上りません。そして、豚脂で誤魔化したようなスープではなく、ベースの豚骨感も濃厚です。味噌の風味は輪郭のあるタイプで、それなりのカドを感じるものの、大量の豚脂と豚骨の厚みが適度にヤスリを掛け、マイルドなコクと適度なキレが程よいポイントで交差します。そこに重なる胡麻の芳ばしい香り、適度な生姜のキレ、あと隠し味に山椒を少しだけ入れているのかな? しっかり濃厚なテイストですが、大味な印象は皆無に等しく、濃厚さの指標を履き違えていない仕上がりにも非常に好感が持てました。とろみなどは特に意識されていませんでしたが、しっかり濃厚です。生姜のインパクトに期待すると肩透かしを喰らう羽目になると思うんですけど、もし生姜が強かったら、せっかくの豚骨感がサッパリして魅力が半減してしまいそうですし、適切な存在感だったと思います。

は、いかにも味噌ラーメンに合いそうなビジュアルですね。適度な縮れが施されている、濃い黄色の太いノンフライ麺です。で、そんなイメージ的に加水率の高い麺を想像していたんですけど、多加水麺よりも加水率が低く、粘り気よりも歯切れの良さを意識しているような、若干の粉っぽさを感じるノンフライ麺でした。もうちょい粘り気なんかも意識して欲しかったところではあるものの、加水率の低さからか、小麦の香りが立っているようなメリットは無きにしも非ずでしょうか。結果的にスープとのバランスは悪くなかったんですけど、もうちょっと加水率を上げた方がイメージよかったかなー。スープの豚骨が秀逸だったので、もしかしたら敢えて加水率を下げたのかもしれませんね。でも味噌ラーメン的には頼りないかな。

具材は、自慢の厚切焼豚2枚にキャベツ、ねぎ、唐辛子という構成で、写真ではキャベツとネギが奥で沈んでるんですけど、キャベツけっこう入ってます。で、焼豚…これ、今までの中で最もクオリティが高いかもしれません。日清食品の厚切焼豚といえば、乾燥焼豚の中では他社の追従を許すことのない、圧倒的なクオリティを誇り続けていましたが、これまでの焼豚と比較して、より赤身の質感が自然になり、目立った臭みも気にならず、味付けは程よく適切な塩梅。中でも脂身の歯触りには目を見張るものがあって、口の中でとろけるようなタイプではなく、ちょっと反抗してくるんですよね。個体差? マイナーチェンジ? いや、おそらく後者でしょう。これまでの焼豚と見た目も色合いが異なりますし、乾燥状態でも差異を感じました。あとメンマなんかが入ってると嬉かっt…嘘ですスイマセンごめんなさいw


(標準は★3です)

私は麺のチョイスに疑問を感じてしまったので、ちょっと★の数は厳しめに見てしまっているかもしれませんが、濃厚味噌系ではトップクラスと言っても過言ではない豚骨の厚みだったり、これだけで元が取れたと思わせてくれるほどの満足感を与えてくれた2枚入りの厚切焼豚だったり、価格帯を加味しても充分にオススメできる一杯です。ほんと麺の評価が私の匙加減だったら申し訳ないんですけどw スープと具材に関して言えば、手放しに★7を付けたいくらいでした。このカップ麺を調理する際の注意点として、まず液体スープの小袋。大量に含まれている油脂成分が動物由来なので、この季節だと豚脂が凝固していると思います。なので、事前に別の容器に熱湯を用意し、3~5分ほど小袋を浸けて温めておきましょう。次に、4分経ってフタを開けた際、自慢の厚切焼豚が液体スープを作るときの邪魔になるのでw 一時的な避難場所をカップの外に設けてやってください。値段が値段ですが、スープと具材からは値段以上の価値を感じました。おそらく今回も販路はイオン系列限定だと思うので、気になった方は、お近くのイオンで探してみてください。



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:贅の逸品 濃厚豚味噌ラーメン
製造者:日清食品
内容量:140g (めん70g)
発売日:- (2017年12月8日に「新商品」として入手)
発売地区:-
取得店舗:ÆON
取得価格:321円 (税込)
希望小売価格:-
JANコード:4902105240441

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:4袋 (粉末スープ・液体スープ・焼豚・かやく)

~栄養成分表示~

1食 (140g) 当たり

熱量:555kcal
たんぱく質:16.5g
脂質:25.5g
炭水化物:64.9g
食塩相当量:7.9g
(めん・かやく:2.2g)
(スープ:5.7g)
ビタミンB1:0.38mg
ビタミンB2:0.37mg
カルシウム:171mg

※参考値:調理直後に分別して分析
熱量:555kcal (めん・かやく:368kcal / スープ:187kcal)

名称:即席カップめん

原材料名:めん(小麦粉、食塩、植物油脂、大豆食物繊維、チキンエキス)、スープ(みそ、ポークエキス、豚脂、香辛料、ごま、糖類、粉末みそ、香味油、しょうゆ、野菜調味油、オニオンパウダー、発酵調味料、植物油脂、酵母エキス、食塩)、かやく(チャーシュー、キャベツ、ねぎ、赤唐辛子) / 加工でん粉、カラメル色素、増粘剤(アラビアガム)、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸Ca、香料、カロチノイド色素、pH調整剤、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、酸味料、炭酸Mg、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事