エースコック「タテロング わかめラーメン しじみだし・しょうゆ」(2回目) - エースコック

エースコック「タテロング わかめラーメン しじみだし・しょうゆ」(2回目)



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの地域限定発売品「ポテトチップス いかにんじん味」です。パッケージの左上に、どうみても某うさちゃんにしか見えないキャラクターが飛び跳ねている…w と、それは扨置き。福島の味として開発された、福島の郷土料理「いかにんじん」をモチーフにしたポテトチップスなんですけど、カルビーの「JPN 掘りだそう、日本の力。」という企画から発売されている、「ポテトチップス47都道府県の味」を開発する発端となったのは、何を隠そう「いかにんじん味」なんです。カルビーの社長(伊藤秀二氏)の出身地である福島県の内堀雅雄知事から、東日本大震災の被災地復興のためにと依頼されて発売した、というのがキッカケだったんですよね。以前、私の誕生日プレゼントとして、福島の 萌えるオッサン echoes氏が送ってくれました。ちなみに「いかにんじん」とは、松前漬けのルーツとされている福島県北部の郷土料理で、スルメとニンジンを漬け込んだもの。前にechoes氏から、いかにんじん(本物)を送ってもらったことがあるんですけど、まぁ美味しかったw そんな当時の記憶を手繰り寄せつつ、開封してみると…なんとまぁスルメスメルw(とってもスルメ臭w)しかし、実際の味は香りほど奇抜なものではなく、イカの旨味が効いた優しい味わい。昆布と鰹の旨味を下支えに、醤油で味を整え、ふと奥から顔を覗かせていた隠し味のニンジンに気が付いた時、ちょっぴり感動…伝統的なものに昆布は使用されないようですが、近年では松前漬けの影響で昆布なども使われるようになったようで、私の頂いたモノホンいかにんじんにも昆布が一緒に漬け込んでありました。で、これ再現度かなり高いんじゃないですかね。開封時のスルメ臭に驚かれる方は多いかもしれませんがw 味は老若男女を問わず楽しめるタイプだと思います。味は知らん! と、送り主から何度か釘を刺されていたんですけど…いやいや、美味しいやんw 東北・関東・甲信越で手に入るそうなので、付近に足を運ばれた際は、お土産の候補に入れてみてはいかがでしょうか。



さて、本日の一杯は、エースコックの「タテロング わかめラーメン しじみだし・しょうゆ」です。お酒を愛するカップ麺ユーザーの皆様、しじみ200個分のオルニチンを配合ということで、漠然と肝臓に良さそうなカップ麺の再登場ですよ。というのも、2016年の年末にも発売されていたんですよね。で、この時期にオルニチンですよ。どうせ正月モードをいいことに呑んだくれて〆にカップ麺とか喰ってんだろ? みたいなメーカーの声が聞こえてきそうですよね。うるせーよ(※筆者は呑み〆にカップ麺を食べることは100%ありません)このカップ麺を食べて肝機能の向上が見込めるのかどうかは定かではありませんが、オルニチンの最低必要摂取量は1日400mgと言われていて、しじみに換算すると約1,400個分相当に値します。つまり、しじみ200個分のオルニチンなんて…まぁ大したことねぇですよw 気休め程度にはなりますけどね。ちなみに初版と同じく、「本商品のオルニチンは、しじみ由来ではなく、発酵法で製造されたアミノ酸」だそうです。でも、ちゃんと原材料にシジミエキスも入ってますよ。初版の印象が良かったので、今回も楽しみです。





スープは、「醤油にしじみの旨みや魚醤のコクをバランスよく配合し、風味豊かな味わいに仕上げ」、「アクセントにジンジャーや白コショウを利かせ、最後まで飽きのこない味を表現してい」るとのこと。具材のWAKAMEから滲み出た磯の香りを筆頭に、もれなく本家の雰囲気を踏襲しているのですが、軽く舌の脇を突っついてくる、しじみ由来の微かな苦味が滋味深く、しじみだしの恩恵が確かに感じられます。逆にホワイトペッパーを中心としたスパイス感やジンジャーのアクセントは控えめで、本家よりも優しくて穏やかな面持ち。しかし、それがメリハリの無さなどのネガティブ因子として働くのではなく、ほっこりと包み込んでくれるような、それを優しさとして素直に受け入れられるようなバランスだったんですよね。逆に香味野菜や香辛料の主張が弱まったことで、しじみだしの恩恵が強まっているというか、初版のスープよりもバランスが向上しているように感じました。

めんは、「適度な歯切れの良さがある、滑らかな丸刃のめん」とのこと。断面は角の鋭くない角刃で切ったような形状というかw 完全な丸麺ではないんですけど、これは初版の麺も同じでした。本家どんぶり型の丸麺とは異なりますが、比較的オーソドックスなタイプの油揚げ麺で、スープとのバランスは良好。油揚げ麺特有の風味も感じられますが、野暮ったく作用することなく、オーソドックスなカップ麺らしい雰囲気の演出に一役買っているような仕上がり。油揚げ麺特有の甘味も素朴なスープとマッチしていて、なんかこう…ちょっと興奮w あ〜カップラーメン食べてるな〜、って。当たり前なんですけれどもw そんな漠然とした安心感が得られつつ、そこまで不健康な印象を抱かせないのは、わかめラーメンのなせるワザでしょうか。なんだか今回、異様なまでに美味しくて、ちょっと評価がブレそうになりました。ただ、油揚げ麺臭が優しさを増したスープを阻害する、などということはなかったし、かなりベストマッチに思えたので、自分の味覚を信じたいと思います。

かやくは、「磯の風味豊かなわかめ、風味の良いごま、色調の良いコーン、程良く味付けしたメンマ」とのこと。初版の記事に掲載した調理後の写真と比較して、あきらかにWAKAMEが増殖していますよね。初版の原材料名では、「ごま」が手前に記載されていたんですけれど、今回は「わかめ」が筆頭(「原材料名」では含有量が多いものほど手前に記載されている)に繰り上がっています。ちなみに、わかめは麺が見えるように(かろうじてw)奥に重ねて追いやっているので、実際は写真よりも多いと感じるかもしれません。フタに「わかめたっぷり」の文字が記載されれいるように、本家の「わかめ祭りじゃ!」を踏襲して、20%増量しているのかもしれませんね。いや、私の過去記事と見比べる限りでは、20%どころの増量じゃないように思えるんですけれどもw しっかり混ぜても終始存在感が弱まることなく、ふとした瞬間、わかめを食べているのか麺を食べているのか分からなくなるような錯覚に陥るレベルでw とても印象が良かったです。実際、わかめによる整腸作用は勿論、血糖値の上昇も緩やかになると思うので、この効果は気休めではないと思いますよ。 メンマとコーンは飾りに過ぎない量ですが、メンマはコリコリとした食感で自己アピール、でもってコーンは妙に甘くてw わかめ一辺倒にならない箸休めとして地味に効果的でした。わかめラーメンには欠かせない胡麻の芳ばしいアクセントも嬉しく、具材に関しての不満は一切なかったです。


(標準は★3です)

まず、味としては非常に無難な路線で、驚きも新鮮味も皆無に等しいカップ麺なんですけれども、何なんでしょう…なんかこう、異様に美味しかったんですよw もうね、これ以上ないんじゃないの? ってくらい、シンプルかつ目立った非の打ち所がないアレンジだったと思います。本家のヘルシーな印象を踏襲しつつ、わかめの量でインパクトを与え、しじみだしの個性も適度に押し出し、それらを完璧なバランスで纏め上げているような…とりあえず、わかめラーメンが好きな人は絶対に押さえておいたほうがいいです。もうアレですよ、年越し蕎麦ならぬ年越しわかめラーメンしたいくらいですよ。いや、私は蕎麦を食べますけれども。でも、そのくらいの勢いで推したいカップ麺です。この忙しい年末ですから、食事の支度などはもとより、食事の時間すらも思い通りにならない日もあるでしょう。冒頭では気休め程度に過ぎないと野次したオルニチンの効果ですが、少なくともゼロではありませんし、わかめによる健康効果も決して侮れないので、どうせカップ麺を食べるのであれば、このような製品を意識して手に取っていただきたいですね。正直、私は本家よりも好きかもしれません。わかめラーメン嫌い! って人は絶対に食べちゃダメなカップ麺ですけど、そうでなければ文句無しでオススメしたい逸品です。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:タテロング わかめラーメン しじみだし・しょうゆ
製造者:エースコック
内容量:93g (めん70g)
発売日:2017年12月25日 (月)
発売地区:全国新発売 (スーパー・コンビニ等)
取得店舗:ファミリーマート
取得価格:216円 (税込)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901071239510

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (液体スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (93g) 当たり

エネルギー:368kcal
たん白質:8.5g
脂質:14.6g
糖質:49.1g
食物繊維:3.3g
ナトリウム:2.5g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.7g)
ビタミンB1:0.26mg
ビタミンB2:0.28mg
カルシウム:196mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:368kcal (めん・かやく:319kcal / スープ:49kcal)
食塩相当量:6.4g (めん・かやく:2.1g / スープ:4.3g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ)、スープ(しょうゆ、植物油脂、食塩、デキストリン、糖類、香辛料、でん粉、たん白加水分解物、酵母エキス、魚醤、オルニチン、シジミエキス、香味油、鶏・豚エキス)、かやく(わかめ、ごま、コーン、メンマ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、酒精、香料、カラメル色素、かんすい、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、微粒二酸化ケイ素、香辛料抽出物、増粘多糖類、酸味料、ビタミンB2、甘味料(スクラロース)、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、えびを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・大豆・鶏肉・豚肉・ごま

引用元URL:http://www.acecook.co.jp/news/pdf/1712_TLSAW.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事