エースコック「驚愕の麺1.5玉 背脂入り油そば」 - エースコック

エースコック「驚愕の麺1.5玉 背脂入り油そば」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「堅あげポテト匠味 甘辛鶏の山椒焼き味」です。「匠味」なので、コンビニ限定品ですね。今回のテーマは、甘辛く焼いた鶏に山椒ですよ。まぁ間違いない組み合わせだと思ってましたけど、さすが匠味…開封した瞬間の香りからして、なかなかの臨場感ですね。甘辛くて芳ばしいタレの香りに山椒が強めに絡み合う、およそイメージ通りの香り。で、実際の味も然りだったんですけど、思いの外に山椒が前衛で気張ってますね。甘辛いタレと鶏の旨味で確かな土台を構築しているのですが、まず山椒が飛び込んでくる結構な効き目。山椒辛いほどではないものの、苦手な人はヤメといたほうが無難なレベルです。逆に焼鳥なんかにはガンガン山椒かけちゃうよ、って人は気に入ると思いますよ。コンビニ限定なので、少し高いんですけど、山椒のインパクトが個性的で好印象でした。



さて、本日の一杯は、エースコックの「驚愕の麺1.5玉 背脂入り油そば」です。正直、エースコックの油そばは苦手(塩気が強烈だから…)なんですけど、ノンフライ麺なら大丈夫かな? と、なんの根拠も無いままカゴにw どうしても初版で痛い目に遭い2年後にリベンジするもこっ酷く叩きのめされたw「厚切太麺」シリーズの印象が強いので、正直かなりビビってます…(この上なく不必要なプロ根性w)





たれは、「肉感のあるポークエキスやガーリック等を加えた、チャーシューだれのようにほんのりと甘みのある背脂入りのしょうゆだれ」で、「豚脂による豚の甘みが食欲を掻き立て、最後までこってりとした味わいの油そばが楽しめ」るとのこと。酢と辣油のアクセントが印象的ではあったんですけど、ちょっと旨味が弱いですね。塩気で喰わせるほど鋭利な塩気ではありませんでしたが、それなりに塩気は強く、でも旨味は頼りない、ちょっと残念なタレです。ノンフライ麺なのに、熱量は589kcal、脂質は15.7gと結構な強者で、実際に油脂感は唇べとべとレベル。なんですけど、豚脂の甘味は塩気が掻き消し、チャーシューだれのような印象やオイスターソースの隠し味は油脂感にマスクされている、そんなピンぼけ具合と抑揚の無さが気になりました。タレだけ見ると豚脂の恩恵が感じられる、決して粗末なタレではないと思うのですが(香り的に)、ノンフライ麺の強烈な存在感と量に対してのバランスまで配慮が行き届いていない印象でしょうか。なので、実際は結構な油脂感なんですけど、麺量とのバランスを思うと油脂成分が足りなかったように思います。繋ぎに魚粉でも入っていたら、麺との歯車になりそうだったんですけどね。

めんは、「しなやかな伸びと適度な弾力を併せ持った角刃のめん」で、「大盛りにし、食べごたえ抜群に仕上げ」たとのこと。麺のサイズは太麺ではないんですけど、かなりの存在感です。みずみずしく、しっかりとした噛み応えを打ち出しながら、適度に歯切れのよい、相変わらずハイクオリティなノンフライ麺です。すんばらしい。ちなみに麺の量は120gで、久々に炭水化物100g超えなんですけど、麺が美味しくて逆に嬉しいw ただ、前述したタレの項目でも触れましたが、タレとのバランスがイマイチよろしくないですね。麺自体は非常に美味しくて、もうこれだけのために買ってもいい! そう言い切れるクオリティであることは間違い無いんですけど、タレを弾く麺質というか、タレに一工夫ないと真価を発揮できない麺だと思います。じっくり噛んでいると小麦の甘味、タレの塩気と豚脂の旨味が融合してイイ感じなんですが、口に入れた瞬間は完全に麺勝ちしているので、それがバランスの悪い印象に直結していたのでしょう。かなり表面がツルツルとした、典型的な多加水系だったので、もうちょい表面にザラつきを持たせるか、タレの油脂成分をギットリ増やすとバランスがよいかもしれませんね。麺自体のクオリティは、希望小売価格を踏まえた上でも納得できる、本当に素晴らしい上質なノンフライ麺です。

かやくは、「程良く味付けした肉そぼろ、メンマ、色調の良いなると、ねぎ、唐辛子」とのこと。一時期は鳴りを潜めていたスポンジ食感の程良く味付けした肉そぼろですが、最近また出現率がアップしていますね。もういいですけどね、諦めましたよ私はw かと言って加点もしませんが…とりあえず、程良く味付けした肉そぼろはスポンジ野郎、美味しいメンマは大きいのが1つ、気にならない程度のサイズが2つだけ。ネギの食感と唐辛子のピリ辛感はアクセントに効果的でしたが、具材はショボいです。ナルトは単純に嬉しく、その視差効果は勿論、大盛の途中で気分転換に最適でした。麺の量的に3つくらいあると助かったんですけどね…w


(標準は★3です)

相変わらずノンフライ麺のクオリティには目を見張るものがあり、希望小売価格240円というのにも納得できるんですが、それを活かし切れていなかったタレが敗因でした。タレを弾きがちな肌をした麺なので、油脂との間に魚粉を噛ませるとか、思い切って油脂感どーんとMAXにするとか、ひとつ何かしらのインパクトかテクを駆使しないと、こいつを汁なしで扱うのは難しいと思います。醤油じゃなくて味噌ベースだと少し安定かな? かなり麺のクオリティが高いので、総評は及第点でもよかったんですけど、トータルバランスと希望小売価格を踏まえて★ひとつマイナスしました。この麺を食べるために買っても損じゃない、そう言えなくはないものの、せっかくなら麺を最大限に楽しめるスープ(たれ)の時にオススメしたいです。



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:驚愕の麺1.5玉 背脂入り油そば
製造者:エースコック
内容量:155g (めん120g)
発売日:2017年12月4日 (月)
発売地区:全国新発売 (スーパー・コンビニ等)
取得店舗:スーパー
取得価格:203円 (税込)
希望小売価格:240円 (税別)
JANコード:4901071207458

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:400㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成: 2袋 (調味たれ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (155g) 当たり

エネルギー:589kcal
たん白質:11.8g
脂質:15.7g
炭水化物:100.1g
ナトリウム:2.8g
ビタミンB1:0.49mg
ビタミンB2:0.43mg
カルシウム:326mg

(食塩相当量:6.6g)

名称:即席カップめん

原材料名:めん(小麦粉、食塩、植物性たん白、大豆食物繊維、卵白粉)、たれ(動物油脂、しょうゆ、植物油脂、豚エキス、醸造酢、発酵調味料、砂糖、食塩、香辛料、オイスターソース)、かやく(鶏・豚味付肉そぼろ、メンマ、ねぎ、なると、唐辛子)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、酒精、ソルビット、乳化剤、カラメル色素、増粘多糖類、香料、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、香辛料抽出物、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、紅麹色素、(原材料の一部に卵、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・大豆・鶏肉・豚肉・ごま

引用元URL:http://www.acecook.co.jp/news/pdf/1711_GXAY.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事