日清食品「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 お好み焼味マシ×2チーズマヨ」 - 日清食品

日清食品「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 お好み焼味マシ×2チーズマヨ」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、湖池屋の季節限定商品「ポテトチップス 北の食べごろ 北海道バター」です。桜前線と同じように、ジャガイモの収穫時期も九州から北海道に向けて北上するそうなんですが、オホーツク海沿岸が栽培適地と言われている、「オホーツクチップ」というポテトチップ加工用に開発された品種を使用したのが今回のポテトチップス。多分、他の製品にも使われているのではないかと思われますがw あっさりとした味が特徴なんだとか。さて、北海道バターという極めて無難なテーマではあるものの、まさに疑う余地が見当たらない、ジャガイモとバターの相性ですよ。で、これバター醤油味とかじゃなくて、「バター味」なんですよね。ジャガイモの風味はアッサリとしていながらもコクがあり、某しあわせバターのような甘塩っぱい系ではなく、かなり硬派なバター味です。ただ、バター系に有り勝ちなクドさは控えめ。いやいや、地味ながらも非常に練られたバランスと言えるのではないでしょうか。インパクトに欠ける印象こそ否めない部分があるものの、よくある○○バターとかバター○○系とは一線を画した、シンプルにジャガイモとバターと塩、そんなポテトチップスです。いいですねー、シンプルイズベスト。先進的な味ではありませんでしたが、山芳製菓の「北海道リッチバター味」とも少し違う…それを少しサッパリさせた感じでしょうか? 食べ比べてみても面白そうですね。


さて、本日の一杯は、日清食品の「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 お好み焼味マシ×2チーズマヨ」です。「極太U.F.O.」シリーズからの新作で、第7弾に当たる製品なんですけど…なんか、定期的にマヨマシしてきますねw 昨年の12月にも同シリーズから、「お好み焼味マシ×2マヨネーズ」というカップ麺がリリースされていたんですが、今回はチーズマヨとのこと。別添の粉チーズは定番のトッピングになりつつあるものの、半固形状のチーズソース系って、ありそうでないんですよね。チーズの主張やタイプも然る事乍ら、お好みソースとの相性にも注目したいと思います。ところで、「焼そば」の「き」は別に無くてもいいと思うんだけど、「お好み焼き」の「き」は必要ですよね? あ、でも「焼き海苔」の「き」は必要だt(ry





ソースは、「豚肉、キャベツを炒めた風味と香味野菜とラードのうまみをきかせた、甘口で濃厚な味わいの特製ソース」に、別添で「お好み焼味を引き立てる濃厚チーズ風味が味わえる "チーズマヨ"」付とのこと。ベースのソースは甘口で、いかにもお好みソースを意識したようなテイストなんですが、やや初版よりも浅くなったような気がします。オリジナルのソースに通じるU.F.O.特有のスパイシーな香りだったり、フルーティな甘味だったり、ソースに仕込まれた小さな粒状の玉葱も旨味アップに貢献していたものの、ソースの粘度は低く、サラサラとしていたこと、また初版で印象的だった鉄板で炒めたような芳ばしさは鳴りを潜め、日清食品お得意の臨場感が出し切れていなかったのが残念でした。ただ、後述するマヨネーズのボリュームを考慮すると、ややスッキリとした系統に傾けたのは正解と言えるかもしれません。とりあえず甘口のソースさえ大丈夫なら、取り立てて不満な味ではないと思います。次にチーズマヨですが、チェダー系の濃厚なタイプではなく、一般的なプロセスチーズを粉末化して混ぜ込んでいるような、どちらかというと粉チーズに近いテイストでした。ちょっと私の思い描いていたチーズ感ではなかったんですけど、ソースとの相性は単純によかったです。ちなみに初版のマヨは3.5倍量でしたが、今回のチーズマヨは通常の3倍量(「日清焼そばU.F.O. 明太子マヨ焼そば」の明太子マヨとの重量対比)とのこと。チーズが入った分、少し量を減らして調節したようですね。で、写真だと(この時点で出しているのは7割ほど)かなりマヨネーズ多そうに見えますけど、実際に食べる分には多くも少なくもなかったです。

は、「コシのある食感と抜群の食べ応えの極太ストレート麺」とのこと。うん、相変わらず素晴らしいですね。縮れのない平打ち太ストレート麺で、麺の種別は油揚げ麺になるのですが、油揚げ麺特有の野暮ったい風味は控えめ。熱湯を注いで待っている間は、それなりに油揚げ麺臭が漂ってくるんですけど、実際に食べている時は気にならないんですよね。麺量130gというボリュームが激しく人を選ぶ、というのが玉に瑕ではあるものの、この麺を食べるために買ってもいい、そう思えるほど美味しい麺です。しっかりとした食べ応えを訴求しつつ、よくある極太系のカップ焼そばとは一線を画した上品さを兼ね備えている、かなり強力な油揚げ麺だと思います。早くも第7弾ですが、今もなお食べる度に感動してしまいますね。

具材は、「大切りキャベツ」と、ふりかけは「かつお節粉とあおさのミックス」とのこと。大切りキャベツはレギュラーU.F.O.のキャベツよりも小さく、大切りでも何でもない普通のキャベツ。これ、毎回なんですよねぇ…なぜ大切りと書くかw 量も多くありませんし、固形具材には期待しないほうがいいでしょう。反面、ふりかけは強力です。太い鰹の旨味とアオサの香りがアクセントに効果的で、お好み焼き感を強く演出してくれていました。ややソースが初版よりも大人しくなったような気がしたんですけど、ふりかけが充分に補完してくれると思います。


(標準は★3です)

マヨネーズにチーズが練り込まれたことで、良くも悪くも初版からのトレードオフが所々に見られたものの、お好み焼きらしさを表現しつつ、きちんとチーズで個性を演出できている良品だと思います。かなりバランス型に傾倒していたので、そんな優等生さが日清食品らしくもあったんですが、もうちょっと冒険してみてもよかったかな? 特にチーズの風味については、ややソースが浅くなった分、ガツンと効かせて欲しかったです。そんなチーズの風味をバランス型として適切と感じるか、はたまた弱いと感じるかは個人差ですし、私の場合は少し物足りないと感じてしまったんですけど、チーズ(プロセスチーズ)が嫌いな人には鼻に付くレベルだと思うので、苦手な人はスルーされたほうが賢明かもしれません。少し大人しかったかな? という印象と、私は初版の製品と比較してしまったので、ちょいと評価は厳しめに見てしまいましたが、かなり秀逸な麺のクオリティを筆頭に、バランス型としては上出来の★5でも差し支えないと思います。…相変わらず優柔不断で申し訳ないですスイマセンごめんくださいw いや、美味しかったですよ! 言われてみれば生地にチーズを練り込んだお好み焼きに思えなくもなかったですし、うん。甘口のソース+プロセスチーズ+大盛の麺が大丈夫であれば、試してみて損はないでしょう。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 お好み焼味マシ×2チーズマヨ
製造者:日清食品
内容量:178g (めん130g)
発売日:2017年12月11日 (月)
発売地区:全国新発売 (全チャンネル)
取得店舗:ローソン
取得価格:218円 (税込)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902105244166

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:700㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (ソース・チーズマヨ・ふりかけ)

~栄養成分表示~

1食 (178g) 当たり

熱量:781kcal
たんぱく質:11.3g
脂質:38.8g
炭水化物:97.7g
食塩相当量:6.4g
ビタミンB1:0.60mg
ビタミンB2:0.81mg
カルシウム:200mg

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ、大豆食物繊維、香辛料)、ソース(ソース、糖類、豚脂、食塩、トマトケチャップ、しょうゆ、粉末ソース、香辛料、醸造酢、香味油、酵母エキス)、チーズマヨ(植物油脂、醸造酢、乳等を主要原料とする食品、プロセスチーズ、卵黄、食塩、酵母エキス)、かやく(キャベツ、かつお節粉末、あおさ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸Ca、かんすい、香料、酸味料、増粘剤(加工でん粉、キサンタンガム)、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、香辛料抽出物、炭酸Mg、ビタミンB2、ビタミンB1、カロチノイド色素、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・豚肉・りんごを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・大豆・りんご

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/products/items/8397

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事