サンヨー食品「サッポロ一番 かねふく監修 明太ゆず胡椒味 塩ラーメン」 - サンヨー食品

サンヨー食品「サッポロ一番 かねふく監修 明太ゆず胡椒味 塩ラーメン」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「四季ポテト 帆立醤油バター味」です。「四季ポテト」たしか以前は特定の店舗限定ではなく、コンビニ以外のスーパーが販路だったような気がするんですけど、最近はイオン系列の店でしか取り扱っているところを見ないんですよね。専売ブランドになったのかな? と、それは扨置き、なんとなく買ってしまった今回の帆立醤油バター味。何が気になったって、パッケージの「油切り製法」ですよ。え? 前からでしたっけ? まぁいいや(こんな子でゴメンナサイ…w)味の土台は典型的なバター醤油系で、かつおエキスの旨味が脇を固めている、だし醤油っぽい味わい。でもって意外と帆立も頑張ってますね。前面で貝が押してくるようなタイプではありませんが、思いの外に味を支えていました。で、「Natural Calbee」か? ってくらいライト。油脂感が控えめで、バターの風味があるのに食べやすいです。ただ、それだけにジューシーさに欠ける印象は否めなかったので、賛否両論かもしれません。個人的には食べやすくて好印象だったんですけど、バター的には少しハズしてたかな? バターの風味はウェルカムだけど、あんまり油っこくないほうが…という特定のユーザー層から支持されそうな仕上がりでした。な、なんか、まとめ方こんな感じでスイマセン…w



さて、本日の一杯は、昨日の「かねふく監修 明太とんこつ味ラーメン」に続きまして、サンヨー食品の「サッポロ一番 かねふく監修 明太ゆず胡椒味 塩ラーメン」です。明太とんこつ味ラーメンとの同時発売品で、豚骨ではななく塩ラーメン。ちなみに2015年でも明太とんこつ味と同時にリリースされた相方は塩ラーメンで、テイストは「明太塩バター味」でした。明太とんこつ味は厳しめに評価してしまいましたが、こちらは健闘してくれるでしょうか。柚子胡椒の効き目が気になりますね。





スープは、「チキンエキスやポークエキスをベースに、かねふく明太子を使用した明太子パウダーを合わせ、ゆず胡椒の風味を付与」し、「ピリッとした明太子と青唐辛子の辛みと、ゆずのさわやかな香りをバランスよく配合した塩味のスープ」とのこと。お、これはイイですよ。ピリッ、とした爽やかなキレが印象的な塩スープで、明太子の赤唐辛子とはベクトルの違う、青唐辛子の爽やかな辣味が柚子胡椒の胡椒を明白にし、赤唐辛子の辣味と重なることで、刺激の相乗効果を演出しています。そこに添えられた柚子の香りがアクセントに効果的で、決して派手さや高級感のある味わいではないものの、よくある定番品にはない、変わり種として成立させるための個性が感じられました。それでいて刺激の強さは人を選ぶレベルではなかったので、この程度であれば幅広い年齢のユーザーが楽しめるでしょう。明太とんこつ味では豚骨の希薄さに物足りなさを感じてしまいましたが、こちらは柚子胡椒のアクセントが明白だったので、タイトルと味のギャップも少なかったです。

は、「表面につるみをもたせた、粘りのある食感の麺」で、「ちぢれをつけることでスープがよく絡む麺に仕上げ」たとのこと。しっとり優しい口当たりの油揚げ麺で、油揚げ麺特有の風味は遠慮なく漂っているものの、油っぽくてネガティブな印象ではなく、オーソドックスな袋麺に理解がある人であれば、これもインスタントならではと肯定的になれる風味だと思います。お店が監修した再現カップ麺ではなく、100円前後のカップ麺であること加味すると、値段相応の麺と言えるでしょう。で、これは多分、既存の「サッポロ一番 みそラーメンどんぶり」からの流用だと思います。原材料に味噌が練りこまれているのが特徴で、じっくり味わっていると奥から味噌の香りが上がってくるんですよね。いや、題材は塩ラーメンなんですがw ごりごりに味噌が主張してくるわけではないので、スープとの相性は問題ありませんでした。あえて「塩らーめん」ではなく「みそラーメン」の麺を起用していたのは、スープの柚子胡椒との相性を考慮しての気配りかもしれませんね。

具材は、「明太子味付そぼろ」に、「かねふく明太子を使用しており、口の中で広がるうまみと辛みがアクセントとなりスープとの相性が抜群」で、「かき卵のふわふわした食感が食欲をそそ」り、「ねぎを加えて彩りよく仕上げ」たとのこと。明太子味付そぼろは同時発売品との共通品で、かねふく明太子を使用した、単発のクオリティが高い具材です。どうしてもカップの底に沈みがちになるので、定期的に混ぜながら食べましょう。すると、麺やスープを口にした際、一緒に飛び込んできてくれるので、全体の明太子感が明白になります。もしくは、あえてカップの底に沈めたまま食べ進め、麺を食べ終わってからスープの上澄みを捨ててライスタイムに突入する、という食べ方もアリかもしれません。卵とネギですか? あんまり目立ってなかったですw スープの雰囲気的に、煎り胡麻も入っていると嬉しかったですね。もし家にある人は、セルフでトッピングしてみるといいかも。


(標準は★3です)

きちんと柚子胡椒のアクセントが味の中心を担っていて、なおかつ明太子との相性も良好。九州で有名な明太子と柚子胡椒の個性が生かされていたので、「九州の味をトッピング」にも納得できるのではないでしょうか。私の行動圏内にあるスーパーでは、「明太とんこつ味」も「明太ゆず胡椒味」も意欲的に取り扱われていたんですけど、当ブログとしてはタイトルとのギャップが少なかった、「明太ゆず胡椒味」をオススメしたいです。あくまでも取得価格が税込105円であったことを加味しての総評ですが、安く売られていたら値段に釣られてカゴに入れても損ではない、そんなカップ麺だと思います。具材もうちょい頑張って欲しかったけど、値段を思えば納得できるでしょう。具材の明太子が底に沈みがちなので、定期的に混ぜて浮かせながら食べる、もしくは沈めたままライスに備えさせるなど、お好みの食べ方で楽しんでみてください。あと胡麻、煎り胡麻。家に備えがある人は、是非。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 かねふく監修 明太ゆず胡椒味 塩ラーメン
販売者:サンヨー食品
内容量:69g (めん55g)
発売日:2017年12月11日 (月)
発売地区:全国新発売 (全チャンネル)
取得店舗:スーパー
取得価格:105円 (税込)
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901734032809

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:340㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (特製スープ・調味油・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (69g) 当たり

エネルギー:296kcal
たん白質:5.9g
脂質:11.9g
炭水化物:41.3g
ナトリウム:2.2g
(めん・かやく:0.6g)
(スープ:1.6g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:192mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:296kcal (めん・かやく:248kcal / スープ:48kcal)
食塩相当量:5.6g (めん・かやく:1.5g / スープ:4.1g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でん粉、食塩、みそ、糖類)、スープ(食塩、植物油脂、糖類、チキンエキス、ポークエキス、魚介エキス、香辛料、ユズパウダー、しょうゆ、昆布エキス、魚醤(魚介類)、発酵調味料、たん白加水分解物、デキストリン、酵母エキス、でん粉、明太子パウダー)、かやく(明太子味付そぼろ、味付卵、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、香料、かんすい、レシチン、クチナシ色素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、カラメル色素、微粒二酸化ケイ素、ベニコウジ色素、パプリカ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、カロチン色素、発色剤(亜硝酸Na)、(原材料の一部に乳成分、ごま、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン

引用元URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0686.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事