明星食品「明星 麺屋こころ監修 チーズカレー台湾まぜそば 大盛」 - 明星食品

明星食品「明星 麺屋こころ監修 チーズカレー台湾まぜそば 大盛」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、湖池屋の季節限定商品「ポテトチップス 北の食べごろ 焼き塩と北海道こんぶ」です。「北の食べごろ 北海道バター」との同時発売品で、こちらは焼き塩と北海道こんぶ。ええ、言わなくても分かりますよねスイマセンw うんちく飛ばして感想を綴りますが、これも斬新ですねぇ…通常、だし醤油系って多いじゃないですか、昆布といえば。でも塩ですよ、塩。鰹節と若干の醤油に手助けしてもらってはいるものの、体感的には焼き塩の比率が高く、なるほど確かな昆布の旨味ですよ。こちらも地味な味付けではあるんですけど、昆布が主体のポテトチップスって珍しいですよね? もちろん、このままでも素直に美味しかったんですが…ちょっと「PRIDE POTATO」からもリリースしてもらいたいです。お願いします。(湖池屋の関係者さん見てくれてますか~? ってリプライされたら怖いけどw)


さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 麺屋こころ監修 チーズカレー台湾まぜそば 大盛」です。明星食品から定期的にリリースされている、東京・大岡山の名店「麺屋こころ」監修のカップ麺なんですが、まぜそばの紹介は久しぶりですね。前に同店監修の「チーズ台湾まぜそば」があったんですけど、今回はチーズ&カレーだそうです。以前、「ツレヅレ食ナルモノ」のオーサーで、パン好きの美容オタクであるまこといろさんが、麺屋こころの六角橋店に突撃してくれて、台湾まぜそばチーズトッピングをレビューしてくれたことがありました。実際の台湾まぜそばのトッピングは、粉チーズではないみたいですね。まぁそこはカップ麺ということで妥協して、台湾まぜそば with チーズ&カレーの相性と、「さらに極太麺」とのことなので、麺の仕上がりにも注目したいと思います。ここ最近の明星食品がリリースしている極太系の油揚げ麺は、どれも軒並みレベルが高いので、かなり楽しみです。





ソースは、「カツオのだしを効かせた濃厚な醤油だれに、ガーリックとニラの香りが特長のピリッと辛いオイルを合わせ」たとのこと。味の方向性は約1年前の「チーズ台湾まぜそば」と共通しているのですが、以前のオイル感は植物油脂が中心だったのに対し、今回は動物性の油脂成分であるラードが新たに起用され、かなり重厚感が増したような印象を…というか、確実に増していますw ひとくちでリップはグロス状態w それなりに体感的な塩気は強かったんですけど、ラードの旨味と言いますか、動物系の重厚感あふれる旨味と香りが印象的で、これまでシャープに主張していた醤油のカドはラードが包み込み、醸造酢の酸味も控えめに。それでいてピリ辛ちょい上くらいの唐辛子と、それよりも強くガーリックとニラのパンチが効いていて、重厚的でありながらも味がボヤけるような嫌いを見せず、素直に動物油脂の旨味が楽しめるような、あとのせかやく無しでも充分に成立する味わいです。そんな力強い味わいの中で、鰹の膨よかな旨味が顔を覗かせる、暴力的でありながらも単調ではない、ひとつのまぜそばとして完成系にあるようなソースでした。

めんは、「台湾まぜそばならではの、もちもちとした食感の極太麺」とのこと。指定の熱湯5分ジャストで湯切りしたんですけど、所々サクサクとした箇所が残っていたので、30秒ほど余分に待ったほうがいいかもしれません。で、噛んでも噛み切れないほどの存在感に期待していたんですが、思っていたよりも優しい面持ちですね。もちろん結構な太さなので、麺単体としての存在感は絶大なんですけど、それに反して油揚げ麺特有の風味は表立って主張してこないこともあって、麺が暴れ倒すような嫌いを見せません。むっちり系のダイナマイトボディではなく、しっとり膨よかな浮世絵美人的な麺というか…え、伝わってます?w

あとのせかやくは、「パルメザン、チェダー、ゴルゴンゾーラの3種のチーズに、カレー粉、削り節、肉そぼろ、ネギ、ニラ、きざみのり、ガーリック」とのこと。うーん、テーマがテーマなんでアレなんですけど…あとのせかやく要ります?w(すいませんw)いや、ニラと刻み海苔はウェルカムなんですよ。ただ、カレー粉の塩分ですかね? とんでもなく味が濃いw パッケージの裏面では卵黄投入が推奨されていたんですが、たしかに卵黄で中和しないと…くらいの濃さでした。で、最初にソースだけを味わってしまったことが仇となったか、印象的だった豚脂のコクや力強さの中の繊細さが鳴りを潜め、かなり大味に傾きます。カレー粉の雰囲気は日本で馴染みのある、ターメリックの効いたカレー粉そのものというか、特に難しい味ではありません。3種のチーズはパルメザンが軸、チェダーのコクは控えめ、ゴルゴンゾーラは気にならない程度。チーズのコクでマイルドさの演出は叶っていたものの、どちらかというと味をボヤけさせてしまっているというか、少しネガティブだったかなぁ…削り節によって魚粉の主張は明白になりますが、私はソースで感じたエキス系の膨よかな旨味が好印象でした。たぶん、カレーとかチーズとかが無かったら、魚介の相乗効果として楽しめたと思うんですけどね。風味の良いニラは嬉しかったんですけど、肉そぼろ、ネギ、刻み海苔は目立っていませんでした。


(標準は★3です)

絶大な存在感で自己主張を放ちつつ、決して不躾に主張してくることはない、そんなバランスが魅力と思えた極太麺は素直に好印象だったし、ソースだけの状態で完成していると思えたラードの厚みをポジティブに楽しめるソースは絶妙に美味しかったのに…あとのせかやくテメェこのやろぅw たぶん、あとのせかやくが削り節、肉そぼろ、ネギ、ニラ、きざみのり、ガーリックのみであれば(チーズカレーじゃなくなっちゃうけど)総評は★5を付けていたと思います。いかんせん、チーズとカレーが暴力的なんですよ…ラードのコクと鰹の旨味、オイルの適度なピリ辛感にガーリックとニラのパンチ、その絶妙だった骨組みを容赦なく “華零” と “血威図” が(※カレーとチーズがw)駆逐してくる、そんなトッピングの独占的な主張が蛇足でしかないと私は感じてしまいました。あとのせかやく少しずつ投入すれば、おそらく印象は変わると思います。ただ、具材のニラや肉そぼろ(存在感なかったけど)も一緒に入っているので、ベースの味を大幅に変えることのない削り節、ネギ、ニラ、肉そぼろ、きざみのり、ガーリックで1袋、味変用に3種のチーズとカレー粉で1袋…と、個包装の手間とコストは察しますが、できれば2袋に分けておいて欲しかったですね。カレーもチーズも合わないわけではないけれど、ソースの魅力を殺してまで入れる必要があったかどうかと問われたら、私はNoと即答します。ベースのソースが好印象だっただけに、あとのせかやくのバランスブレイカーな主張がネガティブでなりませんでした。前回の「チーズ台湾まぜそば」の記事でも触れたんですけど、チーズが粉ではなくソースだったら随分とイメージが変わりそうなので、いつか着手してほしいですね。麺とソースは特に文句の付け所が見当たらなかったので、総評は差し引いて及第点としましたが、私は結果に納得できませんでした。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 麺屋こころ監修 チーズカレー台湾まぜそば 大盛
製造者:明星食品
内容量:166g (めん130g)
発売日:2017年12月11日 (月)
発売地区:全国新発売 (全チャンネル)
取得店舗:スーパー
取得価格:192円 (税込)
希望小売価格:225円 (税別)
JANコード:4902881404990

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:770㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:2袋 (液体ソース・あとのせかやく)

~標準栄養成分表~

1食 (166g) 当たり

エネルギー:789kcal
たん白質:11.3g
脂質:40.0g
炭水化物:96.0g
ナトリウム:2.9g
ビタミンB1:0.55mg
ビタミンB2:0.37mg
カルシウム:302mg

(食塩相当量:7.4g)

名称:カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ、でん粉、粉末油脂、卵粉、香味調味料)、ソース(植物油脂、ラード、豚・鶏エキス、しょうゆ、香味油、食塩、糖類、たん白加水分解物、かつおぶしエキス、かつおエキス、香味調味料、醸造酢、香辛料)、かやく(チーズ、デキストリン、カレー粉、混合削りぶし(かつおのふし、いわしの煮干し、さばのふし)、ねぎ、味付豚肉、ニラ、のり、香辛料)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、炭酸カルシウム、かんすい、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、カロチノイド色素、カラメル色素、酒精、乳化剤、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、甘味料(スクラロース)、セルロース、pH調整剤、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部にごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・さば・大豆・ごま

引用元URL:http://www.myojofoods.co.jp/news/6537.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事