東洋水産「マルちゃん 本気盛(マジモリ) 濃厚豚骨魚介」 - 東洋水産

東洋水産「マルちゃん 本気盛(マジモリ) 濃厚豚骨魚介」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「ポテトチップス ぼっかけ味」です。兵庫県では、こんにゃくと牛すじを甘辛く炊いたん(煮込んだもの)を「ぼっかけ」と呼ぶのですが、先日の「鮒ずし味」とは打って変わって安心感に満ち溢れておりますw で、想像通り安心して楽しめる味わいですね。しっかりと牛肉の旨味が効いていて、甘味が強く、すき焼きっぽい(いや、これは「ぼっかけ」だけどw)イメージの味わい。ただ、軽めに生姜のアクセントがあっていて、すき焼きとは異なります。こんにゃくは? と、思われたそこのアナタ…ええ、正直なところ、こんにゃくに味覚として目立つような主張は感じられません。しかし、ちゃんと原材料には「こんにゃく粉」が仕込まれているんです。「鮒ずし味」の時にも、その原材料に少し感激したんですが、このシリーズかなり題材の再現性にこだわってますよね。ちなみに「ぼっかけ」は、そのまま食べて美味しいのは勿論、うどんや焼そばなどの麺類にトッピングしたり、お好み焼き、たこ焼きのタネにも使える、なかなか万能な子です。牛すじ、こんにゃくを水に入れ、砂糖、醤油、酒、みりん、生姜をテキトーに入れて甘辛く煮込むだけで作れるので、牛すじが安い時にでも挑戦してみてください。ポテトチップスは近畿地区限定ですが、かなりイメージは近かったので、関西人であれば概ね手放しに楽しめるでしょう。ちなみにパッケージでは、兵庫のマスコットキャラクター、「はばたん」も頑張っとります。カワユスですね〜。



さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん 本気盛(マジモリ) 濃厚豚骨魚介」です。豚骨魚介…魚介豚骨…しっくりくるのは、なんとなく「魚介豚骨」なんですけど(響き的にw)東洋水産は「豚骨醤油」だと豚骨メイン、「醤油豚骨」だと醤油メインの傾向にあるので、タイトルの並びにも何か意味があるのかもしれません。今となっては定番となった豚骨×魚介スープですが、無印の本気盛から豚骨魚介がリリースされるのは初めてでしょうか。いや、過去にあったような気もしますけど、最近の記憶にはないですね。魚介(煮干)に強い東洋水産からのリリースなので、ちょっと期待値は高めです。しかも最近の本気盛シリーズは、もれなく軒並み好印象な製品が多いですし、どうしよう…とても楽しみになってきたw





スープは、「ポークをベースに、かつお・さば・煮干しの旨味をバランスよく利かせた、濃厚でとろみのある豚骨魚介スープ」とのこと。最近ちょっと「とろみのある」というフレーズに敏感な私なんですけど(ちょいちょい緩い…)今回は大丈夫! むしろドロドロw で、かなり味も濃厚です。豚骨魚介スープとのことですが、醤油の存在感も強く、イメージは魚介豚骨醤油(これは特に並びとか意識していませんw)ですね。ただ、豚骨と魚介の存在感も全く引けを取りません。まず豚骨、素晴らしいです。豚骨臭は控えめでありながら、獣臭は適度に立たせ、しっかりと豚骨らしい骨っぽい旨味が感じられる、濃厚の指標を履き違えていない豚骨感には感激しました。この濃厚さは、「田中商店」(濃厚豚骨)の豚骨感に通じる面持ちですね。次に魚介、こいつも侮れん。カツオの膨よかで香ばしい節系の旨味、それとは少しベクトルの違う淡白なサバの旨味が脇を固め、節系では出せないシャープな攻めの魚介感が縦に攻めてくる、たしかに含有量はバランス型ではあるものの、かなり力強い魚介感です。そして濃厚な豚骨とパンチのある魚介感を醤油が統率していて、最後までピンぼけすることなく楽しませてくれる…言ってしまえば、つけ麺で定番の “またおま系” に近いテイストなんですけど、それを忠実に、どストレートにラーメンのスープに仕上げた雰囲気だったので、その手が好きな人は間違いないですよ。スープ単体だと味が濃すぎますが、ラーメンライス派の皆様、飛び上がっていただいて結構です。〆のライスダイブよりも、白飯片手に食べるのがオススメ。ご飯が進むスープです。大変危険ですので、駆け込み乗車はおやめください。

めんは、「なめらかでコシのある、太めの角麺」とのこと。「背脂みそ」までは角刃で切られた太めの角麺だったんですが、「海鮮チゲ味」からは丸刃でカットされていて、前回の「ごま香るキムチ担々麺」も丸麺。で、今回は再び断面の四角い角麺が採用されています。麺の味付けや原材料などは基本的に毎度同じ構成なんですけど、丸麺だったり角麺だったり、細麺だったり太麺だったり、何気にバリエーション持ってるんですね。さて、丸麺との比較なんですが、かなり違います。まず麺の形状は、「ごま香るキムチ担々麺」の丸麺と比較して、やや薄い平打ち麺なんですけど、密度の高さは角麺が圧倒的に優勢。後半になっても麺の歯応えが持続していて、ふかふかとした食感には変わることなく、最後まで食べ応えがあります。かなり自己主張の強い麺ではあるものの、今回はスープも強烈だったので、麺が独り歩きする嫌いを見せません。一見するとスープに飼い馴らされているようで、しかし完全に服従することなく、いい意味で互いの存在感をぶつけあっています。もしも丸麺だったら、間違いなくスープに埋没していたと思うので、このチョイスは完璧だと思いました。で、これは前回の本気盛でも感じたことなんですけど、ゆっくり熱湯を注いでも、ぷかぁ〜…って麺が浮いてこないんですよね。私は随分と前から気になっていたので、とても嬉しい改善点です。ありがとうございます。

具材は、「味付豚肉、味付挽肉、メンマ、ねぎ」とのこと。ご覧の通り申し分のない量で、なおかつ質のレベルも高いです。東洋水産が誇るリアルな味付豚肉は…残念ながら木っ端微塵w だったんですけど、具材単体として存在感をアピールしているのではなく、無意識的に口の中へ入ってきて、旨味をブーストしてくれるような要員として存在しているようでした。で、もうひとつの肉具材として入っている味付挽肉、これは完全に具材です。サイズは大きく、舌触りも自然で、歯応えもジューシー。しっかりと肉の旨味も感じられる、とても質の高い肉具材です。正直、先日のFD肉そぼろブロックよりも私は高く評価しています。メンマは歯応えで主張してくるタイプではなかったし、特筆して風味が強いわけでもないんですけど、ご覧の通り量が多く、またサイズも大きめで、魚介の効いた豚骨醤油スープと抜群の相性でした。あと、今回のスープには焼き海苔が最高に合いそうだったので、各自ご用意ください。強制ではありませんが、そのくらいの勢いで提案します。


(標準は★3です)

前回の本気盛と同様に、何度か…いや、何度も★7がチラついたんですけど、希望小売価格が210円(コンビニ定価購入で225円)なので、少し冷静になりました。が、文句無しでオススメです。実際かなりの濃い味ですが、スープの食塩相当量は意外と3.8g(関西の「どん兵衛 きつねうどん」と同じ)なので、実は特別塩気の強いスープではないんですよね。あくまでもカップ麺としては…ですけどw(お湯の目安量も410mlと同じ設定ですし)すこぶる旨味の濃度が高かったので、お湯の量で好みの濃さに調節可能です。そして熱湯を注いでいる時に麺が浮いてくる現象は改善されましたが、粉末スープの量が多く、ゆっくり注がなければ喫水線まで “入れたつもり” になってしまうので、熱湯を注ぎ始めてから途中で少し待ち、麺の下に熱湯が落ちたら再び注ぎ足す、2度注ぎを意識してください。また、粉末スープにトロミ成分が含まれているので、念入りに掻き混ぜましょう。「とみ田」などの “またおま系” が好き、濃厚な魚介豚骨醤油ラーメンが食べたい、でもってラーメンライスがデフォだったら、軽く複数個は買い置き決定です。販路はコンビニメインになりますので、最寄りのコンビニで探してみてください。清湯スープ(濁りのない透き通ったスープ)が好き、豚骨は苦手、魚介系はネガティブ…という人は、華麗にスルー推奨です。今回は、本気盛らしい力強さ、濃厚の指標を履き違えていない重厚なスープ、食べ応えのある具材など、ブランドコンセプト的にも本当に素晴らしい一杯だと感じたので、このような評価とさせていただきました。かなりオススメです。



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん 本気盛(マジモリ) 濃厚豚骨魚介
製造者:東洋水産
内容量:114g (めん80g)
発売日:2017年12月4日 (月)
発売地区:全国新発売 (CVS 他)
取得店舗:ローソン
取得価格:225円 (税込)
希望小売価格:210円 (税別)
JANコード:4901990339445

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙+プラ
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋 (特製スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (114g) 当たり

エネルギー:483kcal
たん白質:14.9g
脂質:19.9g
炭水化物:61.1g
ナトリウム:2.5g
(めん・かやく:1.0g)
(スープ:1.5g)
ビタミンB1:0.39mg
ビタミンB2:0.36mg
カルシウム:205mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:483kcal (めん・かやく:371kcal / スープ:112kcal)
食塩相当量:6.4g (めん・かやく:2.6g / スープ:3.8g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、粉末野菜、チキンエキス、香辛料、卵白)、添付調味料(ポークエキス、醤油、魚介エキス、でん粉、チキンエキス、食塩、砂糖、ゼラチン、香辛料、植物油、酵母エキス)、かやく(味付豚肉、味付挽肉、めんま、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸カルシウム、カラメル色素、かんすい、酒精、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC、ローズマリー抽出物)、クチナシ色素、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごま、さばを含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・さば・ごま

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/entry/2017/11/post_1463.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事