日清食品「カップヌードル チリチリ♪チリトマトヌードル」 - 日清食品

日清食品「カップヌードル チリチリ♪チリトマトヌードル」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「ポテトチップス 鮒ずし味」です。各都道府県の「地元ならではの味」を紹介するポテトチップスを開発し、エリア限定で販売している、「JPN 掘りだそう、日本の力。」という企画のポテトチップスで、当ブログでは大阪代表の「たこ焼き味」と、京都の代表の「ちりめん山椒味」を紹介しました。で、こちらは滋賀県代表です。さて、この問題児感満載なテーマw 他にも「牛のじゅんじゅん味」「えび豆味」「鮎の飴煮味」などが候補に挙がったようなんですけど、よりによって起用されたのは「鮒ずし」というw そんな一見すると悪意しか感じないようなコンセプトに思えますが、これ…意外とイケますw 絶品かと言われたら、お、おぉぅ…w って感じなんですけどw 魚臭ッ! ってほど強烈な臭いは感じられず、いやでも鼻を抜ける独特の発酵臭は立派なもんで、味覚として目立っているのは酸味。この酸味と発酵臭が重なることで、あの 腐っt 個性的な雰囲気を演出していて、でもレモンや梅干の酸味とは違う。美味しいのかと聞かれたら、う、うん、まぁ…w で、癖になる味かと言われると、これはこれでw じゃぁマズイの? いやいや不味くはないのです。ただ、どうせなら開封した即時に「くさっww」くらいのゲテモノ的なインパクトが欲しかったかな〜。ちなみに原材料には鮒パウダーや粉末酒、米加工品(なんぞや?)などが含まれていたり、ちゃんと発酵臭に近い香りも漂っていたので、なかなかの再現度と言えるかもしれません。とりあえず、かなり奇抜な個性派であることは間違いないですw それに、パッケージの「滋賀」も ゲシナン「イナズマナンバー」と呼ばれている車のナンバープレートのフォントに合わせていたり、こういった遊び心は消費者としても楽しいですね。で、食べ進めていると、この酸味と発酵臭…ちょっと癖になるかもw 滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山で発売中だそうなので、お住いの方は是非(?)どうぞw



さて、本日の一杯は、日清食品の「カップヌードル チリチリ♪チリトマトヌードル」です。チリトマトヌードル35周年特別限定商品として開発されたカップ麺で、全部入れると辛さが18倍になる "激辛チリチリ♪ペースト” 付とのこと。チリチリで楽しいんだか激辛で激辛(つら)なんだか分からない微妙な細工ではあるものの、なんとも魅力的なコンセプトじゃないですか。とは言え、元がマイルドなチリトマトヌードルですから、18倍にしたところで大したことないんじゃ…(メーター壊れてます)という嫌いが無きにしも非ず。ちなみに “チリトマトヌードルにチリソースを加えて食べるとおいしい” という、インターネット上で人気のちょい足しレシピに注目して開発されたそうです。この開発経緯は、 “元祖ねとめし” と言われている冬の定番、「ミルクシーフードヌードル」と同じですね。辛さ18倍の刺激レベルも然る事乍ら、別添のペーストを加えたことによるコストカット的なビハインドが生じていないかどうか、そういった部分にも注目しながら食べ進めたいと思います。





スープは、「チリの辛さとマイルドなトマトスープがマッチした、すっきりとしたスープ」に、別添で「赤唐辛子、ハバネロ、チリパウダーなどの刺激的な辛みとうまみに、食欲をそそる香ばしい薫製の風味を加えた "激辛チリチリ♪ペースト"」付とのこと。オリジナルの原材料と比較してみると、香辛料の含有量が最も多い構図となり、本家には含まれないトマトペーストが追加され、あとは食塩と魚介エキスの並びが前後しているんですけど、ほぼベースのスープに関しては本家と同じと思ってもらって差し支えないでしょう。実際、ペーストを攪拌する前に味見してみると、あらましオリジナルと大差ないテイストだったので、単純に激辛チリチリ♪ペーストをサービスで付けてもらっちゃったような仕上がりです。さて、無論ペーストは全投入したのですが…チリチリ♪ どころかヒリヒリしますよコイツw 小袋のフチに少し残ったペーストを直接舐めてみたんですけど、なかなかの刺激でした。とりあえず、一般的なタバスコなんか目じゃないです。とは言え、激辛で食べられないほど非常識な辛さではなく、辛口以上、激辛未満といったところでしょうか。激辛マニア的には程よく、辛い食べ物が苦手な人は絶対にヤメとけレベルです。元が元だから18倍程度になったところで…と、最初は期待していませんでしたが、なかなかどうして結構な刺激じゃないですか。そんな刺激の強さも然る事乍ら、燻製の風味…これ、非常に効果的ですね。無論、激辛チリチリ♪ペーストとチリトマトヌードルの相性は疑う余地もなく、もはや手放しに美味しいです。ちょっと文句の付けようがないぞ悔しいw ちなみにハバネロも使用しているようですが、ハバネロ特有のコク(私は少し苦手…)は感じられませんでした。

は、「カップヌードルならではの、しなやかでコシとつるみのある麺」とのこと。オリジナルのチリトマトヌードルと全く同じ油揚げ麺ですね。レギュラーのカップヌードルよりも幅が広く、カップヌードルカレーほどの厚みはない、チリトマトヌードルオリジナルのサイズです。ちなみに麺量も本家と同じ60gだったので、麺の量を削ってコストカット…などという、すぐに底が見えるような、つまらない策略は図られていませんでした。本家と比較して、かなりスープは刺激的な仕上がりでしたが、ベースがチリトマトヌードルなので、相性は言わずもがなです。

具材は、「白い謎肉、キャベツ、コーン、トマト、インゲン」とのこと。それぞれの数に個体差は生じているかもしれませんが、構成は現行品と同じ内容ですね。というか、以前に私が食べ比べの記事を書くときに掴んだチリトマトヌードルの個体差が酷すぎたんですよ…(ちなみに白い謎肉が3個、トマトも3個でした…w)なので、やはり運の無い私が出来損ないの個体を引いてしまっていたようですね。そして、以前の記事を読んだ方の中には、taka :aは白い謎肉にネガティブだ、という印象が根付い付いてしまった方もいらっしゃるかもしれませんが、決してそのようなことはなく、白い謎肉に対する印象は至って良好です。むしろ好きw 具材の項目でも別添のペーストが付属したことによるコストカットは感じられず、これまた好印象でした。ビックリするくらいキャベツは存在感なかったけどw


(標準は★3です)

言ってしまえばオリジナルのチリトマトヌードルに辛いペーストが付いただけ、というシンプル極まりないアレンジだったんですけど、体感的なクオリティを一切落とすことなく別添のペーストを付けてくれた企業努力は勿論、思いの外に激辛ペーストの刺激が硬派だったので、このような評価とさせていただきました。ただ辛いだけでなく、トマトの旨味、複雑なスパイス感、そして薫製の風味が効果的で、とてもとても美味しかったです。私はチリトマトヌードルが大好きなので、バイアスが影響していたらスイマセンw でもでも、チリトマトヌードルの辛いバージョンが食べてみたかった! という人にとっては、もれなくハートをイーグルキャッチ! 胸キュンな一杯になるかと思います。ちなみに私の主観的な満足度は、食べ始めから食べ終わるまで失速することなく★7でしたw それから「激辛チリチリ♪ペースト」の量なんですが、「そのまま食べたらチリトマト!(通票のチリトマトの辛み)」「半分入れたらチリ♪チリトマト!!(辛さ9倍)」「全部入れたらチリチリ♪チリトマト!!!(辛さ18倍)」で、辛さ9倍が「日清おすすめ!!」だそうです。たしかに全量投入すると、人によっては激辛クラスだと思うので、半分くらいが素直に楽しめる量かもしれません。あ、これに溶ける系のチーズを入れたら最強に美味しいですよw 以前、「蒙古タンメン中本 チーズの一撃」で紹介した手法なんですけど、記事を参考にチーズイン(「とろけるスライス」系でも可)是非お試しください。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:カップヌードル チリチリ♪チリトマトヌードル
製造者:日清食品
内容量:78g (めん60g)
発売日:2017年11月27日 (月)
発売地区:全国新発売 (全チャンネル)
取得店舗:ÆON
取得価格:151円 (税込)
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902105242735

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:310㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (激辛チリチリ♪ペースト)

~栄養成分表示~

1食 (78g) 当たり

熱量:359kcal
たんぱく質:8.4g
脂質:15.4g
炭水化物:46.8g
食塩相当量:4.1g
(めん・かやく:1.8g)
(スープ:2.3g)
ビタミンB1:1.45mg
ビタミンB2:0.26mg
カルシウム:100mg

※参考値:調理直後に分別して分析
熱量:359kcal (めん・かやく:325kcal / スープ:34kcal)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、ポークエキス)、スープ(香辛料、トマトパウダー、糖類、たん白加水分解物、豚脂、ポークエキス、香味調味料、トマトペースト、野菜調味料、食塩、魚介エキス、オニオンパウダー、チーズパウダー、野菜エキス)、かやく(味付ミンチ、キャベツ、コーン、トマト加工品、インゲン) / 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、乳化剤、炭酸Ca、増粘多糖類、香辛料抽出物、かんすい、ベニコウジ色素、酸味料、カロチノイド色素、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、くん液、炭酸Mg、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま・りんご

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/6552

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事