明星食品「明星 中華三昧タテ型 海鮮塩タンメン」 - 明星食品

明星食品「明星 中華三昧タテ型 海鮮塩タンメン」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、おやつカンパニーの期間限定商品(?)「宅バル(スパイシーTボーンステーキ味)」です。海老のアヒージョ味が美味しかったのと、パッケージの「ビールに合う」という謳い文句に釣られて買ってきちゃったんですが…うーん、あんまステーキっぽくはないですね。いや、美味しいんですよ。ただ、どっちかというと…ビーフシチュー? ハヤシライスのルゥ? みたいな味w 後口に香るビーフジャーキーっぽい余韻にTボーンステーキ風味パウダーの恩恵は感じられたものの、トマトピューレの酸味にチーズのアクセント、さらにマーガリンとファットスプレッドがコクを深めていて、味に奥行きは感じられるんですけど、洋食屋さんで出てくる牛肉を使ったデミグラスソースベースの煮込み料理というか、ちょっとステーキっぽい味ではないです。スパイス感も肉を仕込む際に下味をつけて…みたいな雰囲気だったのと、やっぱりトマトピューレ+マーガリン&ファットスプレッドのコクが決め手というか、これが煮込み料理っぽい雰囲気を確立させているような味でした。いや、とても美味しんですよ。ただ、商品名に偽りありな気がしただけでw あと、ビールよりも赤ワインに合いそうなテイストでした。美味しいけど、ステーキではないですw「宅バル(洋食屋さんの牛肉煮込みデミソース味)」とかだったら違和感なかったんですけどねー。いや、美味しいかったんですよ味はw



さて、本日の一杯は、前回記事の「麻辣火鍋拉麺」に続きまして、明星食品の「明星 中華三昧タテ型 海鮮塩タンメン」です。相方と違って刺激的なオーラは感じられず、むしろ優しい雰囲気ですよね。ただ、色合いの関係で原材料や栄養成分表の文字が読みにくいのなんのってw どうやら蟹香油と蝦醤がポイントらしいので、本格的な中華料理を思わせる仕上がりに期待したいところ。こちらも内容量としては控えめなので、それを補えるだけのポテンシャルの持ち主なのかどうか、また海鮮の旨味や指標など、中華三昧らしいと思える本格さとコスパに注目です。





スープは、「鶏と香味野菜のだしに、アサリ、ホタテ、蝦醤の魚介の旨みを加え」て、「オレンジ色の蟹香油が浮かび風味豊かに仕上げた、本格海鮮鍋風のスープ」とのこと。あんまり鍋っぽい雰囲気は感じられませんでしたが、中華料理点で出てくる本格的な海鮮仕立てのスープを思わせるような、とても平均売価が120円前後の味ではないですね。鶏出汁による淡麗な旨味を基盤とし、貝は丸みを帯びたホタテの旨味が優勢で、アサリのシャープな旨味が脇を支えます。それに、単純な貝エキスの旨味ではなく、まるで干し貝柱を彷彿とさせるようなベクトルで、その雰囲気が本格さの演出に寄与していました。味付けに醤油や味噌などは用いられず、貝のエキスや蝦醤の発酵感など、とにかく旨味を大切にしてシンプルに塩で味を整えているような印象。そんな優しい味わいでありながら、輪郭のあるペッパー系の香辛料で全体がボヤけないように工夫が凝らされていて、最後まで飽きることなく楽しめます。また、別添の香味油から感じられた海老とは違う、丸みを帯びた甲殻類のニュアンスが蟹香油の個性を演出し、取り分け目立っていたのが胡麻油の芳ばしさですね。製品説明には表記されていませんが、胡麻油の芳ばしい香りが顕著に主張していて、まるで仕上げとして胡麻油を鍋肌に回し入れているような、ラストひと手間を思わせる仕掛けが中華三昧らしい高級感を底上げしてくれていました。

めんは、「中華料理店のような、しなやかでなめらかな食感を再現した麺」とのこと。おそらく「麻辣火鍋拉麺」と同じノンフライ麺なので、感想の詳細は省きますが、こちらは唐辛子や花椒などの刺激がない優しいスープなので、より小麦の香りや甘味を強く感じました。麺単体としての存在感よりも、しなやかなフィット感が印象的だったので、こちらは4分ちゃんと待ったほうがいいでしょう。優しいスープと優しい麺のフィーリングが絶妙にマッチしていて、かなり相性よかったです。

かやくは、「イカ、エビボール、キクラゲ、タマゴ、ニラ」とのこと。お、こちらも具沢山じゃないですか。では、順を追って解説していきましょう。まずイカ…デカいw 特筆して多いわけではないものの、その存在感は明白で、風味や食感も申し分ありません。本物のイカみたいにプリプリしているわけではありませんが、シーフードヌードルのイカに匹敵する食べ応えでした。続いてエビボールはサンヨー食品の「和ラー」などに使われている海老風味団子ほどのクオリティではなかったものの、かに風味かまぼこよりも食べ応えがあり、海鮮の演出に寄与しています。キクラゲはコリコリとした食感がアクセントに効果的だったのと、やはり今回のような中華系のスープには必須の食材とも言えるので、その存在感が好印象でした。タマゴは優しい掻き玉だったので、混ぜた後は具材としての主張が弱まってしまいますが、存在感が希薄というわけではなく、優しい印象を与えてくれるとともに、キクラゲと同様に中華系のスープには嬉しい具材ですよね。そして、麻辣火鍋拉麺にも大量に入っていたニラですが、こちらのもドドーンと山盛りです。スープは胡麻油の芳ばしさが目立っていたので、ニラのスタミナ感が映えていました。


(標準は★3です)

複合的な旨味が混在していた本格的な中華風のスープも然る事乍ら、寄り添うような一体感が功を奏していた完成度の高いノンフライ麺に、具沢山な具材構成など、内容量こそ少なめですが、そのビハインドを補って余るほどの本格さに価値が見出せる、値段以上の味わいに大満足な一杯でした。ホットな刺激で楽しませてくれた相方の「麻辣火鍋拉麺」とは方向性が真反対だったので、共用と思われるノンフライ麺や大量のニラなどから感じた効果や個性、雰囲気などのイメージが異なっていたこともあり、きちんと差別化が図られていたことと、使い回しているような印象を与えなかった、という点も良かったです。胡麻油の芳ばしい香りに貝エキスの旨味や蝦醤の複雑味、そして海老とは違う丸みを帯びた甲殻類のニュアンスが個性的な、とても完成度の高い一杯でした。麻辣火鍋拉麺は刺激の強さが人を選びますけど、こちらは中華風の味付けが好きな人であれば手放しに楽しめると思います。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 中華三昧タテ型 海鮮塩タンメン
製造者:明星食品
内容量:61g (めん47g)
発売日:2017年11月20日 (月)
発売地区:全国新発売 (全チャンネル)
取得店舗:スーパー
取得価格:116円 (税込)
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902881428798

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:紙
必要湯量:290㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:1袋 (調味油)

~標準栄養成分表~

1食 (61g) 当たり

エネルギー:233kcal
たん白質:5.9g
脂質:5.3g
炭水化物:40.3g
ナトリウム:2.0g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.3g)
ビタミンB1:0.75mg
ビタミンB2:0.25mg
カルシウム:102mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:233kcal (めん・かやく:202kcal / スープ:31kcal)
食塩相当量:5.1g (めん・かやく:1.8g / スープ:3.3g)

名称:カップめん

原材料名:めん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、卵粉、乳たん白)、スープ(食塩、デキストリン、植物油脂、糖類、香味調味料、鶏・豚エキス、香辛料、たん白加水分解物、香味油、貝エキス、チキンオイル、蝦醤、ポークオイル、酵母エキス、ローストオニオン粉末、カニオイル)、かやく(味付いか、エビボール(卵白粉末、植物性たん白、干しえび粉末、でん粉、食塩)、ニラ、卵、キクラゲ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、トレハロース、炭酸カルシウム、増粘剤(キサンタンガム)、かんすい、香料、乳化剤、カロチノイド色素、卵殻カルシウム、ソルビット、膨張剤、グリセリン、酸化防止剤(ビタミンE)、炭酸水素ナトリウム、カラメル色素、酸味料、セルロース、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごま、さけ、さば、大豆、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・かに・豚肉・鶏肉・いか・さけ・さば・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:http://www.myojofoods.co.jp/news/6500.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事