まるか食品「ペヤング カレーやきそばプラス納豆」 - まるか食品

まるか食品「ペヤング カレーやきそばプラス納豆」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、サッポロビールの新商品「サッポロラガービール」(2017/11)です。いや、なんかもう新鮮味とか有難味とかレアリティなくなってきましたよねw 今年の夏にも販売されていたし、ブログでも何度か取り上げているので、感想の詳細は省きますが、「赤星」が家で手軽に楽しめる、というのは非常に喜ばしいことです。もういっそのこと通年化しちゃえばいいのにw っていうのはダメなのかな…ただ、赤星ファンとしては年に2回のリリースは嬉しいので、このくらいのスパンで今後も発売して欲しいですね。このビールに関しては、毎度お馴染みバカワイン氏も記事にしてくれているので、まだの方は是非ご覧になってみてください。(「サッポロラガービール(缶)のレビュー!まさに料理のためのビール!」)


さて、本日の一杯は、まるか食品の「ペヤング カレーやきそばプラス納豆」(セブン&アイ専用商品)です。プラス納豆といえば、今年の2月にもセブン&アイグループ特別商品として、「ペヤング ソースやきそば プラス納豆」のリリースがありましたね。私としては、前回のプラス納豆が好印象だったんですけど、題材が題材だけに、やはりネット上でも賛否両論ありました。で、今度はカレーやきそばとウィズった模様。私はカレーに納豆をトッピングすることは滅多にありませんが、イメージとしては美味しそう。まるか食品のカレーやきそばといえば、「激辛カレーやきそば」のイメージが強かったりもするんですけど、今回は激辛などの文字が見当たりませんね。一体どんな味なのか、また納豆との相性は、いろいろ楽しみです。





ソースは、「ポーク、チキンの旨味に香味野菜と果実の甘み、数種類のスパイスが効いた風味豊かなカレー」味とのこと。本格的な専門店で食べるスパイスカレーとは違う、どちらかというと慣れ親しみのある家庭的なタイプです。スパイスの刺激は市販のカレールゥを基準にして中辛くらいかな? 辛口とは言えないものの、食べ進めると後半は結構ピリピリしてきたので、市販品として適切なラインのピリ辛具合だと思います。味としては結構ガツンと濃い目の味で、カレーのスパイス感、ポークとチキンの旨味、デーツピューレの甘味、オニオンエキスの香味などがバランスよく混在し、余韻に残る甘味とスパイスの刺激が後引く味わいを演出。とても真っ直ぐなカレー味で、味の方向性は「激辛カレーやきそば」に近く、そこから刺激を一般的な通常ラインまで弱めたようなイメージでしょうか。驚きや奇抜な個性は感じられないものの、誰もが美味しいと思えるような、抜群の安定感を誇った美味しいカレー味でした。しかし、後述する乾燥ひきわり納豆で…w

は…おや? いつもより気持ち太くないですか? かなり微妙なニュアンスなんですけど、ほんのちょっとだけ太くないかい? だから普段よりも歯応えがあるというか…いや、もしかしたら室温の関係や湯量による誤差の範囲内的なアレかもしれないんですけど、なんだか普段よりも麺の存在感がハッキリとしている気がしました。気の所為かなw とは言え、毎度お馴染みスナック感あふれる油揚げ麺には違いなかったし、今回も例に漏れずペヤングのアイデンティティは守られていました。

かやくは、乾燥ひきわり納豆、ポテト、ニンジンですね。まず主役の乾燥ひきわり納豆なんですけど…開封した瞬間から笑えないくらい強烈な納豆臭を漂わせてきますw 後入れかやくを納豆が苦手な人の付近で開封しようものなら、とりあえず罵声を浴びせられる、からの数日間は口を利いてもらえないかもしれません。今後の信用問題に関わります。取り扱いには充分ご注意ください。で、強烈な納豆臭も然る事乍ら、ふりかけた後に混ぜて余熱を加えてやると、本物さながらに粘って糸を引くんですよね。逆に混ぜて均等に熱を加えなかったら、中途半端に芯が残ったような食感の個体が出てくるので、ソッコーかき混ぜることをオススメします。と、そのようにリアルで強烈な納豆感は好印象だったんですけど、あまりに強烈な主張から、完全にソースのカレーを喰っちゃってるんですよね。カレーのスパイスとの化学反応や相乗効果を期待していたのですが、悪い意味で納豆が幅を利かせ過ぎているというか、せっかくの美味しいカレー味を半減させているように感じました。私は納豆が大好きなんですけど、今回のソースには向いていなかったように思います。ホクホクポテトもコリコリニンジンもカレー味との相性は良かったんですが、カレーよりも納豆が手前に出てくるので、ちょっと不完全燃焼だったかなぁ。


(標準は★3です)

まず先に断っておきますが、私はカレーも納豆も大好きです。ただ、今回のソースに納豆を合わせることには何の価値も見出せませんでした。プラスどころか完全にマイナスですね。ちなみに納豆を入れる前の状態を評価すると、文句なしで★5即決です。決して奇抜な味ではなかったものの、家庭的なスパイス感、厚みのある動物系の旨味、後引く味わいを演出していた甘味など、かなり美味しいカレーやきそばでした。しかし、それらの秀逸だった世界観を容赦なく駆逐して、奥へ奥へと追いやるように主張していた納豆が、あまりにも暴力的に思えてしまって…リアルな納豆の再現度には目を見張るものがあったんですけど、今回のカレー味とはミスマッチでした。やっぱり激辛ペヤングですよ、激辛ペヤング。激辛ペヤングに乾燥ひきわり納豆、第3弾で是非とも実現させて欲しいです。ただ、このカップ麺にも使い道がないわけではありません。とても美味しいカレーやきそばだったので、まずは納豆を入れずにカレーやきそばを単体で楽しむ、そして残った後入れかやくの乾燥ひきわり納豆は、気になるカップ麺に合わせて楽しむ、というのが2度おいしい食べ方になるのではないのかな、と。それこそ激辛ペヤングにセルフトッピングしてみたり、セブンプレミアムの蒙古タンメン中本とコラボさせてみたり、そういった意味では購入の価値ありだと思います。というか、そのために何個かストック欲しい感じでしたw うん、また買う機会に巡り会えたら(最寄りのセブンイレブンは月1でしか行けないような距離なので…)何個かストックしておきます。で、そもそも納豆が嫌いな人には絶対にオススメしませんが…納豆が嫌いなのに納豆作りを楽しんでいる(?)某おっちょこ主婦と、納豆が嫌いなことを利用してダイエットに励んでいる某鍼灸師…てめぇらは別だw(はい、2人ともセブンイレブンに行きましょう)



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:ペヤング カレーやきそばプラス納豆
製造者:まるか食品
内容量:120g (めん90g)
発売日:2017年11月27日 (月)
発売地区:セブン&アイ専用商品
取得店舗:セブンイレブン
取得価格:198円 (税込)
希望小売価格:185円 (税別)
JANコード:4902885004622

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:480㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (ソース・かやく・後入れかやく)

~標準栄養成分表~

1食 (120g) 当たり

エネルギー:540kcal
たん白質:9.5g
脂質:27.5g
炭水化物:63.5g
ナトリウム:1.3g

(食塩相当量:3.3g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(糖類、食塩、香辛料、植物油脂、デーツピューレ、オニオンエキス、ポークエキス、チキンエキス)、かやく(乾燥ひきわり納豆、ポテト、ニンジン)、調味料(アミノ酸等)、香料、カラメル色素、増粘剤(グァーガム、加工デンプン)、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、ビタミンB2(原材料の一部に大豆を含む)

アレルゲン情報:小麦・大豆・鶏肉・豚肉

引用元URL:http://iyec.omni7.jp/detail/4902885004622

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事