東洋水産「マルちゃん 豆乳ごま担々うどん」 - 東洋水産

東洋水産「マルちゃん 豆乳ごま担々うどん」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「Natural Calbee ハードチップス シーソルト味」です。199kcal以下という機能性は同シリーズのコンセプトと同じで、こちらは石垣の塩使用、着色料フリーとのことなんですけど、そもそもシーソルト味に着色料は必要なのだろうか…などという疑問は扨置き、ベースのポテトは「ベイクドオニオン味」と同じですね。同社の「堅あげポテト」とは違う、やや気泡の多いザクザクとした食感で、味はシンプルに塩味。と、調味料(アミノ酸等)で旨味を底上げしています。あまり塩気が鋭いタイプの塩味ではなかったし、旨味過多な印象ではなかったものの、せっかく健康に配慮したシリーズなので、ここは思い切って添加物フリーくらいの勢いで突っ切って欲しかったですね。まぁ結果的な印象としては、まったく悪くなかったんですけど、気になったのが内容量。この製品は1袋当たり39gでエネルギーが196kcal、食塩相当量は0.4gです。一方、同社の「ポテトチップス うすしお味」は、1袋当たり85gでエネルギーが476kcal、食塩相当量は0.8g…そりゃ量を減らせば自ずと減るでしょうよw しかし、脂質に関しては圧倒的で、85gのポテトチップスが30.6gなのに対し、こちらは9.8gと大幅にカットされているんですよね。そこに確かな機能性を感じました。こんなことに時間を使っている余裕ないのに…w


さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん 豆乳ごま担々うどん」です。「赤いきつねうどん」「緑のたぬき天そば」でお馴染み、マルちゃんの和風丼カップ麺シリーズからの新商品で、「豆乳ごま担々うどん」が新発売、「紺のきつねそば」がリニューアルされました。豆乳仕立ての担担うどんということは、かなりマイルドな路線なのでしょうか。そういえば以前、同社の縦型ビッグからリリースされた、「濃厚ごま担々うどん」を食べたことがあるんですけど、当ブログの評価は★3+でした。で、過去記事を漁っていたら、豆乳仕立てではない「濃厚ごま担々うどん」も出てきて、こちらは★4ですね。今回は98円均一のワゴンに積まれていた(別のスーパーでも税込105円だった)ことと、豆乳のイメージを視野に入れて、それなりに期待値を調整しておかなかればいけません。ちなみに「紺のきつねそば」は “パッケージをリニューアルした” だけみたいなので、中身は従来品と同じだと思います。製品名に「ごま」の文字があるので、胡麻の打ち出し方にも注目いたしましょう。





つゆは、「ポークとチキンをベースに、豆乳パウダーでまろやかさを出し、練りごまの旨味と、豆板醤や花椒などの香辛料を利かせた担々味のつゆ」で、「粗挽唐辛子入り」とのこと。まず胡麻の芳ばしさ、素晴らしいです。かやくの小袋に、たくさん煎(い)り胡麻が入っていたので、そのインパクトも強かったのですが、粉末スープには擂(す)り胡麻、液体スープには芝麻醤(練り胡麻)が仕込まれていて、煎り胡麻がパンチを演出し、擂り胡麻は風味、練り胡麻はコクで楽しませてくれます。味のベースは和味噌が担っていて、風味は輪郭のあるタイプ。和風だし的な要素は含まれていませんが、和味噌が土台を構築しているので、うどんとの相性に違和感を抱くことはないでしょう。残念ながら花椒や唐辛子、そして題材の豆乳からも大して目立った主張は見られなかったんですが、花椒は香りに複雑味を与えていて、ほんのちょっとだけ後味に麻味を残します。それに、粉末豆乳も練り胡麻のコクをサポート的に支えているような雰囲気は感じられた(ような気がするw)し、豆板醤が適度にキレを演出している、とても出来の良い担担つゆでした。豆乳という単語から連想されるような、マイルドなイメージとは少しベクトルが違っていて、もっと分厚い濃厚な味わい。ちょっと私には味が太すぎたんですけど、タイトルの胡麻は明白だったし、いい意味で誤算と思える力強いテイスト。ちなみに唐辛子の刺激は全然だったので、辛い食べ物が苦手な人でも食べ易いと思います。

めんは、「コシと弾力のある、なめらかな太めのうどん」とのこと。「赤いきつね」の流れを汲む…というか、多分まったく同じでしょう。「日清のどん兵衛」よりも薄く、縮れの強い油揚げ麺で、先進的な部分では日清食品の製麺技術に劣るものの、伝統的なカップうどんならではのチープさを大切にしてくれている、そんな印象です。事実、「どん兵衛」よりも「赤いきつね」のほうが好き、という人は多いでしょう。私ですか? 選べないから二股ですよ。今回は予想以上に骨太な担担つゆだったので、やや麺が押し負けているような印象を受けてしまいましたが、そんな弱々しさも一興と思えるノスタルジックな面持ちが好印象でした。ちなみに麺の重量は、オリジナルの74gよりも少なめの66gとなっています。これは、日清のどん兵衛にも言えることなんですけど、おそらく具材やスープの製造ライン(量産)の関係で、変わり種の時には麺の量でコストを調整するしかないのでしょう。

具材は、「いりごま、味付挽肉、にら」とのこと。スープの項目でも触れましたが、煎り胡麻は強烈です。ずっと口の中がプチプチしてますw めっちゃセサミンw この存在感にはインパクトを感じました。味付挽肉は量こそ少なめだったんですけど、割とサイズが大きめで、しっかり混ぜても見失わなかった、というのは大きな利点でしたね。意識的に拾って食べると、肉具材らしいワイルドさを演出してくれていました。青梗菜ではなくニラなのは、コストとの兼ね合いでしょうか。ただ、今回の担担に於いては違和感なく共存していて、味噌と胡麻の効いた担担つゆにニラのスタミナ感が映えていました。


(標準は★3です)

唐辛子や花椒などの刺激が控えめだった、というのは想定内として、予想よりも豆乳が目立っていなかったことには少し物足りなさを感じてしまったのですが、胡麻に関しては文句無しの存在感だったし、刺激が控えめでマイルドな路線でありながら、かなり味が太く、そのギャップには逆に驚いてしまいました。豆乳の柔らかいイメージで挑むと味噌の輪郭に少し押されてしまうかもしれませんが、人を選ぶほど鋭利な味噌感ではなかったし、うどんとの橋渡しにも効果的な存在だったので、これがネガティブに作用することはないでしょう。また、スーパーやドラッグストア、ディスカウントショップなどでの平均的な実売価格を考慮すると、総評は上出来の★5で差し支えないと判断しました。豆乳の存在感は下支えに過ぎませんでしたが、胡麻の存在感には期待してもらって大丈夫です。中でも多めに入っていた煎り胡麻の芳ばしさが顕著に主張していて、この芳ばしい風味とプチプチとした食感が食べていて楽しいアクセントでした。先日の「本気盛(マジモリ) ごま香るキムチ担々麺」でも煎り胡麻の存在が目立っていましたが、東洋水産は煎り胡麻を使うのが得意なメーカーなのかもしれませんね。私は胡麻が大好きなので、今後も東洋水産のカップ麺に「ごま」の文字があった時は、思わず期待してしまいそうです。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん 豆乳ごま担々うどん
製造者:東洋水産
内容量:106g (めん66g)
発売日:2017年11月13日 (月)
発売地区:全国新発売 (CVS・量販店・一般小売店 他)
取得店舗:ÆON
取得価格:105円 (税込)
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901990339377

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:350㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (106g) 当たり

エネルギー:470kcal
たん白質:10.4g
脂質:25.0g
炭水化物:50.9g
ナトリウム:2.3g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.5g)
ビタミンB1:0.31mg
ビタミンB2:0.32mg
カルシウム:261mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:470kcal (めん・かやく:347kcal / スープ:123kcal)
食塩相当量:5.8g (めん・かやく:2.0g / スープ:3.8g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でん粉、食塩、植物性たん白、乾燥酵母、卵白)、添付調味料(みそ、糖類、すりごま、植物油、ねりごま、豆板醤、ポークエキス、食塩、香味油脂、粉末豆乳、チキンエキス、乳等を主要原料とする食品、香辛料、でん粉、たん白加水分解物、粉末野菜、豚脂)、かやく(ごま、味付挽肉、にら)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酒精、炭酸カルシウム、リン酸塩(Na)、乳化剤、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、カラメル色素、パプリカ色素、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部にりんご、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・りんご・ごま

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/entry/2017/10/post_1455.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事