東洋水産「でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン」 - 東洋水産

東洋水産「でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「Natural Calbee ポテトチップス フレンチサラダ味」です。1袋199kcal以下、油分25%カット、着色料フリーという機能性を意識しているポテトチップスなんですけど…実は私、 “食事” となるカップ麺では機能性を意識した健康志向の製品を贔屓する傾向にあるものの、ことスイーツだのスナック菓子などという食べ物に関しては完全なる “嗜好品” だと割り切っているので、健康に配慮するとは何事か、ナンセンスだ、などと思っていた時期があったんですよね。だから未だに糖質オフ、カロリーオフのスイーツには馴染めなかったりもするのんですけど、そろそろポテトチップスだったら手を出してみてもいいかなと…で、このポテトチップスは…うん。俺これ好きだーw いや、たぶんね、油分25%カットがツボだったんだと思います。一般的なポテトチップスと比較して、ビックリするほど油っこくないんですよね。もちろん製造工程で油が使っているのでしょうけれど、フライよりも揚げ焼きのイメージというか、アブラでギトギトしているようなクドさが控えめなんです。なので、ポテトチップス特有の油っこい背徳感を味わいたい気分の時には不向きですが、ちょっと口が寂しいときに気兼ねなく手が伸ばせそうというか、胸焼けも起きにくそうだしw 味ですか? フレンチサラダ味…なんですかね? と、ここで大きな誤解…なぜか私、勝手に「シーザーサラダ味」をイメージしておりましてw ベーコンの風味とかチーズっぽさが感じられないなぁ…などと思っていたんですけど、これ「フレンチサラダ味」ですねw うん、それっぽいですよ。オリーブオイルっぽい香りに、赤ピーマンやパセリのアクセント、そしてビネガーによる軽めの酸味がフレンチドレッシングっぽくて、セロリの隠し味に気が付いた時、ちょっと感激しました。でも非常に繊細な隠し味だったので、セロリが苦手な人でも全く問題無いと思います。ガツンと分かりやすい味ではなかったものの、機能性の付加価値を含め、なかなか面白いポテトチップスだと感じました。


さて、本日の一杯は、東洋水産の「でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン」です。「でかまる」シリーズの発売当初から、毎年秋冬期向けの商品としてリリースされている定番の「コーン塩バター味」なんですが、昨年は具材のコーンにスポット当てた、「メチャ盛り!コーン塩バター味ラーメン」でした。今年は「じゃがバター」がテーマとなっていて、具材の一部がポテトに変わったようです。写真を見ても分かるように、「おなじみのバター風味に皮付きじゃがいもをプラス!」とパッケージに書かれているのですが、いつも東洋水産の皮付きポテトはホックホクで美味しいんですよね。おそらく麺やスープには大幅な変更が見られないと思うので、新鮮味やインパクトは求めず、肩の力を抜いて食べ進めたいと思います。





スープは、「ポーク・チキンをベースに、野菜と魚介の旨味を加えた、コクのある塩バター味」に、「バター風キューブを使用し、本物のバターを溶かした時の臨場感を演出し」たとのこと。フタを開けた瞬間から漂ってくる胡麻の芳ばしい香りが印象的な、優しい洋風路線の塩スープです。雰囲気はカップスープのポタージュっぽくもあるんですけど、とろみは感じられず、ポタージュほどミルキーではありません。バター風キューブも厚みのある物ですが、表立って主張してくるわけではなく、全体を包み込むように優しくコクを深めてくれています。野菜の旨味も効果的で、魚介の旨味はホタテかな? 鰹や鯖、煮干などの魚介感ではありません。この優しい丸みを帯びた魚介の旨味は、たぶんホタテ、きっとホタテ。ポークとチキンは動物系の癖を抑え、ブイヨン的に効かせてあります。総じて優しいテイストですが、ほんのちょっと黒胡椒と胡麻の芳ばしいパンチがアクセントになっていて、最後までボヤけたイメージに落ちません。で、たぶん野菜の旨味と胡麻の香りからだと思うんですけど、ちょっとサッポロ一番の塩らーめんと雰囲気が似ていました。

めんは、「スープのりが良く、なめらかな食感の、丸刃で切ったやや太めの油揚げ麺」とのこと。熱湯3分の中太麺で、しっとりとした口当たりが心地よい油揚げ麺です。香辛料、粉末野菜、砂糖などで味付けが施されていて、スープとの馴染みがいいですね。ただ、いつもの「でかまる」にありがちなフカフカとした気泡の多い食感ではなく、プリッと弾けるような歯切れの良さにニュアンスの変化を感じました。それに、丸刃で切ったと書かれていますが、これまでの丸い汎用麺よりも角ばった平打ち麺で、また厚みも抑えられています。油揚げ麺特有の風味は袋麺に通じる雰囲気で、スープが優しかった分それなりの主張を見せてくるものの、野暮ったく思えるような存在ではなかったし、油揚げ麺ならではのホッとするインスタントらしさがプラスに作用していると感じました。有名店監修ではない油揚げ麺のカップ麺や袋麺を食べる時って、本格的なラーメンが食べたい気分の時ではないと思いますし、昔からある秋冬の定番品なので、このチープさはプラス要素でしょう。

具材は、「ポテト、コーン、ねぎ、ごま」とのこと。ご覧の通りポテトは皮付きで、ホクホクとした食感も然る事乍ら、皮の芳ばしさも感じられる、とても満足感の高い具材です。あまり数は多くありませんが、個々のサイズは大きく、一つひとつの歴とした存在感から、特に不満は感じませんでした。昨年の「メチャ盛り!」と比較して、当たり前のようにコーンの数は減っているものの、芳ばしくてホクホクした皮付きポテトの存在感と、パサつきのないコーンの瑞々しい甘味から、「じゃが」も「コーン」も明白に打ち出されていて、素直に印象が良かったです。スープの項目でも触れたように、胡麻の芳ばしさもキーマンでした。ネギは飾り(笑)


(標準は★3です)

全く派手さの感じられない仕上がりではあるものの、それでいて無難な印象には終わらせない安定した総合力の高さから、客観的に見て総評は★4が妥当かと決めかけていたんですが、今年で発売28周年になる秋冬定番のロングセラーブランドらしい安心感、タイトル通りのポテトとコーン、優しいスープと麺の相性など、この製品の立ち位置と需要を思えば上出来の★5で差し支えないと判断しました。初めて食べる人や新商品のカップ麺にインパクトを求めている人にとっては物足りなさが否めない味かもしれませんが、毎年このカップ麺を楽しみにしている人にとっては「そうそうこれこれ」という裏切りのなさが好印象だと思いますし、それを守るべき歴史の長さなので、今回は後者の印象で評価しています。ちょっと麺が良くも悪くも進化しちゃった気がしたりもしたんですけど、袋麺に通じるニュアンスのノスタルジックさは好印象だったし、ブイヨン的なポークとチキンのコク、ホタテを思わせる丸みを帯びた魚介感、そして野菜の旨味が印象的な優しいテイストに、程よくバターの風味が重なって、胡麻のパンチと黒胡椒でアクセントをつけた飽きのこないスープ、そしてホックホクの皮付きポテトに甘いコーン…と、奇抜な要素や驚きこそ感じられなかったものの、それこそロングセラーブランドらしい安心感の表れとも言えるわけで、間違いのない美味しさとギャップの無さに価値が見出せる、そんなカップ麺です。これを平凡で無難と取るか、裏切りのない安心感と取るか、それによって評価が★3と★5にハッキリと割れそうなカップ麺かもしれませんが、当ブログは後者の印象で評価しました。優しい味のカップ麺が食べたいんだけど、ちょっぴり食べ応えも欲しいな…って気分の時にはドンピシャな一杯だと思います。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン
製造者:東洋水産
内容量:115g (めん90g)
発売日:2017年11月6日 (月)
発売地区:全国新発売 (CVS・量販店・一般小売店 他)
取得店舗:ファミリーマート
取得価格:205円 (税込)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901990339261

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:530㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・バター風キューブ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (115g) 当たり

エネルギー:539kcal
たん白質:9.7g
脂質:25.8g
炭水化物:67.0g
ナトリウム:2.4g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.7g)
ビタミンB1:0.38mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:230mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:539kcal (めん・かやく:451kcal / スープ:88kcal)
食塩相当量:6.1g (めん・かやく:1.8g / スープ:4.3g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でん粉、食塩、植物性たん白、卵黄、香辛料、粉末野菜、砂糖)、添付調味料(油脂加工品、ポークエキス、食塩、ごま、豚脂、香辛料、粉末野菜、チキンエキス、砂糖、たん白加水分解物、ねぎ、魚介エキス)、かやく(ポテト、コーン)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、香料、増粘多糖類、かんすい、トレハロース、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、紅麹色素、ビタミンB2、ビタミンB1、アナトー色素、(原材料の一部に乳成分、大豆、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・ごま

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/entry/2017/10/post_1453.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事