セブンプレミアム「蒙古タンメン中本 チーズの一撃」(日清食品) - セブンプレミアム

セブンプレミアム「蒙古タンメン中本 チーズの一撃」(日清食品)



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、でん六の新商品「ピーナッツチョコ BLACK」です。言わずと知れた(?)でん六の定番品「ピーナッツチョコ(ブロック)」から、その亜種製品として甘さ控えめのビタータイプが数量限定でリリースされました。で、これ…めちゃくちゃ美味しいですw いや、高貴でリッチな高級感あふれている…とかじゃないんですけど、ピーナッツ入りのブロックチョコレートってミルクチョコレートが多いじゃないですか。でも、これは少しホロ苦いテイストで、いつものピーナッツチョコとは一線を画しているんですよね。もちろん毎度お馴染み安定の芳ばしいカリッとピーナッツは据え置きなんですけど、ミルク感よりもカカオを手前に感じる仕上がりから、明らかな風格の違いを感じます。うん、やっぱり少し高級感あるかもしれないw でん六のピーナッツチョコが好きで、なおかつ少しビターなテイストに興味のある人は、購入の価値ありですよ。数量限定らしいので、お早めに。


さて、本日の一杯は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 チーズの一撃」製造は日清食品です。「蒙古タンメン中本」のカップ麺といえば、言わずと知れたセブンイレブンの定番品ですが、なにやらファンの間で流行している “蒙古タンメン中本のカップ麺にチーズを入れて食べる” という “美味しい食べ方” からヒントを得て、それを本家監修のもとカップ麺で再現したのだとか。ネットで話題の食べ方からヒントを得て実際に製品化する、という流れは、元祖ネトメシの「ミルクシーフードヌードル」と同じですね。蒙古タンメン中本のカップ麺は唐辛子の刺激も大きな魅力なので、チーズのマイルドさで優等生になっていないか、また「チーズの一撃」というほどチーズに存在感があるのかどうか、「蒙古タンメン中本」らしい刺激の有無は勿論、チーズとの兼ね合いにも注目しながら食べ進めたいと思います。





スープは、「ゴーダチーズを加えた、唐辛子とガーリックの効いたスープ」とのこと。ベースラインはオリジナルのスープを踏襲していて、そこにチーズの風味がアクセント的に加えられている構成なんですけど、それほどチーズの主張が前に出てくるようなタイプではなく、またオリジナルのスープよりも若干ながら野菜の旨味が弱く感じられました。とは言え、ガーリックの効いた旨味の強い味噌スープはオリジナルの意向を継承していたので、これならファンでも納得でしょう。ただ、唐辛子の刺激は幾分かマイルドになっています。乳製品系のコクが加わったことも影響してのことかとは思いますが、唐辛子の刺激を丸め込むほどチーズの主張は強くなかったので、刺激自体を少し抑えているのでしょう。しかし、一般的に見て間違いなく辛口以上なので、唐辛子の刺激に弱い方は避けられたほうが賢明です。

は、「ガーリックとチキンエキスを練り込んだ中太ストレート麺」とのこと。体感的な質感はオリジナルと同じ系統の油揚げ麺だったんですが、こちらには麺自体に香辛料(ガーリック)が練りこまれています。で、別にガーリックの味が強いとかではないんですけど、スープとの一体感が高く、麺の下味も少しオリジナルよりも濃い目で、ちょっとジャンクに感じられました。ただ、刺激の強いスープと油揚げ麺の相性は基本的に良縁ですし、ジャンクに感じられたと言っても油揚げ麺臭は控えめだったので、相変わらず秀逸な麺であることに違いありません。スパッ、とした歯切れの良さが印象的で、スープの邪魔をせず、それでいて適度にスナック的。好みもあるかとは思いますが、私はオリジナルの油揚げ麺よりも好きでした。

具材は、「キャベツと豆腐、ミンチ肉、きくらげの他、濃厚なチェダーチーズをトッピングし、マイルドな味わいに仕上げ」たとのこと。スープと同じく、ほぼオリジナルの構成を再現しているのですが、人参がチェダーチーズ(チーズ加工品)に変わっていたことと、ミンチ肉とキクラゲの量は明らかに減っていますね。大量のキャベツとアイデンティティの豆腐は相変わらず個性的で美味しかったんですけど、キクラゲの個数には物足りなさを感じてしまいました。ミンチ肉に至っては、ほぼ皆無に等しい存在感です。チーズは「ミルクシーフードヌードル」に入っていた「チーズ風油脂加工品」ではなく、お馴染みの「チーズ加工品」だったので、熱湯のダイレクトアタックさえ避けてやれば原型は残ります。ただ、6個くらいしか入っていなかったので、ちょっと寂しいですね。今回は具材としてのチーズは諦め、早々に混ぜてスープと一体化させましたが、それでもスープに及ぼす影響力は弱かったので、麺に絡めたりしながら具材として楽しむのがいいかもしれません。熱湯を注ぐ際、軽く振って奥に追いやっておきましょう。もしくは、あらかじめチーズだけ取り出しておいて、3分くらい経過したタイミングでインです。


(標準は★3です)

「チーズの一撃」というインパクトのあるサブタイトルですが、チーズ特化型の仕上がりではなく、あくまでもバランスを重視した仕上がりです。とは言え、さすが「蒙古タンメン中本」のカップ麺ですね。味に関して言えば、文句無しで美味しかったです。思っていたほどチーズの存在が感じられなかったので、★の数は4にするか5にするかで迷ったんですけど、蒙古タンメン中本のカップ麺にチーズを入れて食べる、という食べ方提案の訴求力には素直に魅力を感じたし、たしかにオリジナルとは違う、それでいてオリジナルの特徴は踏襲した仕上がりだったので、総評は上出来の★5としました。ちなみにオリジナルのカップ麺を★の数で評価するなら、過去の評価を見直して★6です。でもって後日…オリジナルのカップ麺にセブンイレブンの「北海道カマンベール入り クリーミー6Pチーズ」をトッピングして食べる、という流行りの食べ方にもチャレンジしてみたんですけど、これがねぇ…悶絶するほど美味しかったんですよw もうね、満足度★8つけちゃうw 6Pチーズが地味に高かったので、コスパに優れた食べ方とは言えませんが、満足感は非常に高く、値段以上の価値を感じました。それはもうダイレクトに大量のチーズだったので、刺激はマイルドになったんですけど、6Pチーズをインしたほうが圧倒的に美味しかったです。勿論このカップ麺も買って損をするような製品ではありませんが、もしセブンイレブンに行く機会があれば、既存の「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」と「クリーミー6Pチーズ」を買って、是非ともチーズイン(推奨2P)試してみてください。



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:蒙古タンメン中本 チーズの一撃
製造者:日清食品
内容量:115g (めん80g)
発売日:2017年10月23日 (月)
発売地区:セブン&アイグループ各社の約20,400店舗にて数量限定発売
取得店舗:セブンイレブン
取得価格:213円 (税込)
希望小売価格:198円 (税別)
JANコード:4902105243343

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋 (辛味オイル)

~栄養成分表示~

1食 (115g) あたり

エネルギー:513kcal
たんぱく質:12.2g
脂質:21.8g
炭水化物:67.0g
食塩相当量:5.9g
(めん・かやく:2.3g)
(スープ:3.6g)
ビタミンB1:0.89mg
ビタミンB2:0.41mg
カルシウム:178mg

※参考値:調理直後に分別して分析
熱量:513kcal (めん・かやく:409kcal / スープ:104kcal)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、しょうゆ、チキンエキス、香辛料)、スープ(豚脂、粉末みそ、糖類、チーズパウダー、香辛料、小麦粉、野菜調味料、植物油脂、ポークエキス、でん粉、玉ねぎ、乳化油脂、酵母エキス、食塩、オニオンパウダー、野菜調味油、香味油)、かやく(キャベツ、チーズ加工品、豆腐、味付豚肉、キクラゲ) / 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸Ca、かんすい、カロチノイド色素、香料、香辛料抽出物、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、炭酸Mg、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:http://www.itoyokado.co.jp/__resources__/19dc5b5e-dfa0-423f-9e78-0a2d42cd602c.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事