寿がきや食品「全国麺めぐり 富山ブラックラーメン」(2回目) - 寿がきや食品

寿がきや食品「全国麺めぐり 富山ブラックラーメン」(2回目)



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、キリンビールの新商品「キリン一番搾り〈黒生〉」です。既存の「一番搾りスタウト」とは別物なのかと思いきや、その後継商品としてリリースされたのが今回の「黒生」だそうですね。昨日の記事でサッポロビールの「黒ラベル<黒>」を紹介したばかりですが、黒ラベルの黒と比較して、黒生のほうが長く余韻が続き、苦味よりもコクと甘味にフォーカスを絞っているような印象です。いくつか例を挙げて比較すると、重厚感よりもスモーキーな香りやビターなテイストを意識している定番の「ドラフトギネス」、ポーター的な立ち位置にあったサッポロの「黒ラベル<黒>」、そしてコクの深さや甘味を重点的に強化した重厚感あふれるサントリーの「ザ・プレミアム・モルツ<黒>」を並べてみて、ちょうど黒ラベルとプレモルの中間地点でしょうか。黒ラベルの黒ほどスッキリとした飲み口ではなく、プレモルの黒ほど重くない、両者を足して割ったような印象を受けました。これまで醸造方法は下面発酵だったのに、本来は上面発酵でないといけないはずの「スタウト」を名乗っていた一番搾りの黒ですが、今回から新たなビアスタイルとして「ダークラガータイプ」を採用し、麦のうまみと調和のとれた澄んだ後味に仕上げたとのことだったので、これによってスタイルが確立したとも言えますよね。まさにスタウトとシュバルツ(下面発酵の黒ビール)の中間地点にあるような個性を打ち出しつつ、それでいて大幅に人を選ばないテイストから、黒ビールの雰囲気を掴む入門編としても誂え向きなビールだと思います。いまなら一番搾り、黒ラベル、プレモルからリリースされている、それぞれの黒が入手可能かと思いますし、それぞれ個性が違うので、順番に飲み比べてみるのも楽しいですよ。もちろん今回も例に漏れず…バカワイン氏は強制的にレビュー決定ですのでw お願いします!


さて、本日の一杯は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 富山ブラックラーメン」です。「富山白えびラーメン」と同時にリリースされたカップ麺で、こちらは通年商品のリニューアルになります。たしか前回のリニューアルが2013年4月だったので、約4年ぶりのリニューアルになりますね。こちらもパッケージに書かれているように、主な変更点は麺になるようですが、おそらく富山白えびラーメンと共通の加ト吉仕様に変わったのでしょう。イメージ的にスープとのマッチングは違和感なさそうですけど、強烈な黒胡椒のインパクトが鳴りを潜めていないことを祈ります。





スープは、「スパイシーなコショウと旨みの強い醤油、魚醤を使用したキレのある漆黒のラーメンスープ」とのこと。あれあれ? 黒胡椒のインパクトこの程度だったかな? と、年々黒胡椒バカに磨きが掛かっている私なんかは思ってしまったんですけどw 一般的に見たら余裕で規格外だと思います。とは言え、やはり前作よりも少し弱くなったかな? で、醤油のキレと風味は増しているように感じました。私は元来、このような醤油バカ歓喜の真っ黒いスープが苦手で、しかも実際に醤油がキレッキレのスープなんですが、寿がきや食品の富山ブラックに関しては、なぜか手放しに好印象なんですよね。もちろんスープ単体で飲むのは厳しいわけで…いや、これは以外と飲めるほうかもしれないw と言うのも、エースコックのように食塩で捩じ伏せてくるような塩分過多タイプではなく、あくまでも “しょうゆが濃い” 仕上がりなんですよね。もちろん、それなりに鋭利なカドの持ち主ですし、実際に醤油の塩気も濃いわけなんですけど…w 醤油の風味が実に豊潤で、また醪(もろみ)を加えることで醤油感には奥行きがあり、さらに魚醤のアクセントを重ねることで大豆の醤油とはベクトルの違う旨味を醸し出す、なんとも緻密に計算されているような醤油感なんですよ…と、ここまで書きながら、味の確認という理由を超えて、珍しくスープを単体で何口か飲んでいた私…w 目立ったクセはなく、それでいて醤油と黒胡椒を野放しにしない、鶏ガラと豚骨による丁寧な動物系の旨味も含め、ひとつ富山ブラックを意識したカップ麺として完成系にあるスープだと思います。

めんは、「もっちりとした食感で表面が滑らかなつるみのあるノンフライめん」とのこと。「富山白えびラーメン」と同じ加ト吉仕様のノンフライ麺で、断面は丸く、割と強めに縮れが施されています。とりあえず、かつての平打ち麺とは全くの別物ですね。とは言え、今回のノンフライ麺も黒胡椒の効いた黒醤油スープと相性抜群じゃないですか。加ト吉仕様のノンフライ麺は小麦の風味が豊かで、小麦特有の甘味も強く、細さの割に存在感のあるノンフライ麺なんですけど、黒胡椒のパンチと黒醤油のキレが小麦の優しい味わいと対比を描くように交差して、お互いを引き立て合っているような、まさに絶妙な取り合わせでした。そろそろ使い回しが否めなくなってきたものの、麺単体としてのクオリティは高く、また通年商品としてのデフォルト仕様ということを考慮すると、非常に印象が良かったです。かなり今回のスープはインパクトが強いんですけど、このサイズで負けない存在感。いやいや、あらためて見直しましたよ。富山白えびラーメンでは麺のリニューアルをネガティブに感じてしまったのですが、こちらは全く以て問題なく好印象でした。

かやくは、「チャーシュー、ネギ、いりゴマ、赤唐辛子」とのこと。やはりノンフライ麺の開発コストが上がったのか、具材からは今まで入っていたキャベツがカットされていますね。チャーシューは毎度お馴染みの “ペラチャー” で、若干ちょっと気持ち脂身の部分がジューシーだった気もしたんですけど、おそらく “奇跡の個体差” でしょうw ただ、スープの醤油と黒胡椒が強烈なので、あのケミカルな風味は普段よりも気になりませんでした。いりごまは時折ふと香ばしさを感じるものの、そんなに目立ってないですね。赤唐辛子に関しては、もはや飾りですらないw ネギは今までの仕様とは異なり、なかなか大きめにカットされていて、白い部分はネギ特有の甘味が強く、その甘味がスープに映えていました。もともとキャベツはベストマッチとは言えなかったので、それをカットしてネギを進化させたのであれば、この采配はナイスだと思います。欲を言えば…ちょこっとメンマとか無理ですかねw


(標準は★3です)

「富山白えびラーメン」の件があったので、実食前は若干の不安が否めない心境だったんですけど、なんのなんの。まず最も大きな違いだった麺の仕様変更は、まったくと言っていいほどネガティブではなく、むしろ素直に正解と思える相性の良さだったし、相変わらず真っ黒いくせに奥深い味わいスープの醤油感が絶妙で、さすが定番! と、手放しに賞賛したくなる一杯でした。なんとなく今までよりも黒胡椒の刺激が弱くなったように感じた(気がしたw)のは残念でしたが、より醤油感がブラシュアップされたように思えたので、黒胡椒のニュアンスが評価を脅かすことはなかったです。まぁ個人的に黒胡椒は遠慮せずに倍ほど放り込んで欲しいところですけどw 黒胡椒なら自分で足せますからね。でも、いつか期間限定で構わないので、黒胡椒2倍バージョン、3倍バージョン…みたいな、ぶっ壊れた富山ブラックの開発も検討してもらいたいです。とは言え、これでも黒胡椒の刺激が苦手な人や根本的に真っ黒い見た目のスープが苦手な人には厳しいカップ麺になると思うので、ご注意ください。反面、硬派な路線ではあるものの、富山ブラックとしては食べやすい部類に入るかもしれません。ただ、カップ麺サイドから評価している私としては、非常に高く評価したい一杯です。今後も基礎クオリティを踏襲しつつ、より高みを目指してください。あと、黒胡椒えげつないバージョンの開発検討も是非w


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:全国麺めぐり 富山ブラックラーメン
販売者:寿がきや食品
製造所:加ト吉水産株式会社フーズ部群馬工場
内容量:108g (めん65g)
発売日:2017年9月18日 (月)
発売地区:-(リニューアル)
取得店舗:ローソン
取得価格:235円 (税込)
希望小売価格:218円 (税別)
JANコード:4901677082107

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:450㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (かやく・かやく入スープの素・液体スープ)

~栄養成分表示~

1食 (108g) あたり

エネルギー:313kcal
たん白質:9.5g
脂質:5.3g
炭水化物:56.8g
食塩相当量:7.1g
(めん・かやく:1.5g)
(スープ:5.6g)
カルシウム:119mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:313kcal (めん・かやく:271kcal / スープ:42kcal)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、植物油脂、小麦たん白、大豆食物繊維、たん白加水分解物)、スープ(しょうゆ、たん白加水分解物、動植物油脂、食塩、砂糖、チキンエキス、香辛料、しょうゆもろみ、ポークエキス、香味油、ごま、魚介エキス、魚醤、ローストガーリックペースト、唐辛子)、かやく(チャーシュー、ねぎ)/加工デンプン、着色料(カラメル、クチナシ)、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸カルシウム、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、乳化剤、香料、ソルビット、リン酸塩(Na)、酸化防止剤(V.E、V.C)、(一部に卵・乳成分・小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉

引用元URL:http://www.sugakiya.co.jp/products/sokuseki/soku_n_8210.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事