寿がきや食品「全国麺めぐり 富山白えびラーメン」(3回目) - 寿がきや食品

寿がきや食品「全国麺めぐり 富山白えびラーメン」(3回目)



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、サッポロビールの新商品「サッポロ生ビール黒ラベル<黒>」です。「サッポロ生ビール黒ラベルで用いる旨さ長持ち麦芽を高温で丁寧に焙燥した黒麦芽を一部使用し、サッポロ生ビール黒ラベルの目指すクリーミーな泡、麦のうまみと爽やかな後味を実現した黒ビール」とのことで、昨年はキャンペーンの景品として醸造されていたのですが、黒ビールテイストの購入率が上がる秋冬に向けて、今年は一般販売されました。で、これは想像以上にビターなテイストですね。重厚感があって長く甘味の余韻が続くプレモルの黒とは相反している雰囲気で、甘さは控えめ、スモーキーな印象が先行します。おそらくビアスタイルはエールではなくラガーなので、シュバルツに該当すると思うのですが、シュバルツほどの重厚感は感じられず、かと言ってスタウトほど力強いテイストではない、差し詰め立ち位置のニュアンスは「ポーター」でしょうか。苦味やコクに期待すると、やや物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、黒ビール特有のロースト感あふれるビターな香りが印象的で、私としては非常に好印象な黒ビールでした。ドラフトギネス(瓶ではなく缶のギネス)が好きな人は、同じく好印象なのではないかと思います。ギネスの印象じゃないですけど、ツマミには牡蠣を合わせたいですね。というわけで、つい先日やっとキラーパスが終わったばっかりなんですが…w 引っ張り凧の召喚獣バカワイン強制召喚!(氏曰く…私のMPはカップ麺で回復するらしいw)


さて、本日の一杯は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 富山白えびラーメン」です。2015年に「富山ブラックラーメン」の姉妹品として開発されたカップ麺で、3年目のリリースとなる今回は、「麺がおいしくなりました!」とのこと。2015年2016年にリリースされた富山白えびラーメンも記事にしているので、当ブログでは3回目の紹介になります。ちなみに2015年は★6+、2017年は★7の超高評価でした。今回は麺の変更がキーポイントになるようですが、最近の寿がきや食品がリリースしているノンフライ麺どんぶり型のカップ麺は、もれなく製造所が加ト吉(テーブルマーク)なんですよね。しっとりとした口当たりが印象的だった、かつてのノンフライ麺が私は好きだったので、これも加ト吉仕様になっていたら、少し寂しいなぁ…





スープは、「富山県産白えびのパウダーを使用し、白えびをはじめとした魚介に豚骨・鶏ガラスープを合わせた、味わい深い塩ラーメンスープ」とのこと。原材料の構成は2016年と全く同じなんですけど、2016年版と比較して、まずスープの色からして別物ですよね。そして、体感的なイメージも全く異なります。と言うのも、オレンジ色の油脂成分が一見して明白に増えた分、それに伴って海老殻を彷彿とさせる海老油系の芳ばしさが飛躍的に増した反面、あの印象的だった有頭海老のミソっぽい特有の癖が随分と弱くなっているんですよね。海老殻を思わせる甲殻類特有の芳ばしさは確かに力強く打ち出されていたし、それとはベクトルの違う旨味も存在しているのですが、生の海老や有頭海老のミソが苦手な人は鼻に付くかも…と、そのように感じていた、あの秀逸な海老の癖が鳴りを潜めていて、没個性な印象が先行してしまいました。もちろん、まろやかな豚骨に、すっきりとした鶏ガラが重なり、白えびをサポートしているホタテ、旨味の相乗効果を感じさせてくれる昆布の下支えなど、ひとつの海老を題材にしたスープとしては値段相応のクオリティではあるものの、これまで感動的だった海老のミソを彷彿とさせる芳醇で濃厚な海老の旨味が鳴りを潜めてしまったことで、随分と面白味のないスープに落ち込んだ気がします。前作での感動を経験してしまっている身としては、残念でなりません。

めんは、「もっちりとした食感で表面が滑らかなつるみのあるノンフライめん」とのこと。やはり、これまでの寿がきや食品が使っていた汎用のノンフライ麺とは異なり、今回も加ト吉仕様に変わっています。おそらく、「ドゥエイタリアン監修 レモンらぁ麺」などに使われていたノンフライ麺と同じで、これが最近の汎用麺として製造ラインに落ち着いているんでしょうね。断面の丸い中太麺で、もっちりとした粘り気とコシを意識しており、今回はスープとの関係か、小麦の甘味が強めに感じられます。もちろん前作のファンという私の個人的な感情は差し引いて評価しますが、前作の麺よりも太くなったことで麺自体の存在感は強くなった反面、スープとのバランスを考慮すると、もう一回り細い麺の方が合うような気がしました。麺単体としてのクオリティは決して低くないので、そろそろ平打ちバージョンだったり、サイズの違いなど、麺のバリエーションを増やしてもらいたいです。

かやくは、「チャーシュー、ネギ、白ネギ、フライドオニオン、糸唐辛子」とのこと。メーカーのホームページには、「かやくの構成を見直すことで、白えびをはじめとした魚介の香りを引出し、より風味豊かな味わいの一杯に仕上げ」たと書かれていたんですけど…まさかの海苔をカットして、典型的な “とりあえずチャーシュー” のペラチャーを復活させる…って何してくれとんじゃw もしやペラチャーの質を見直して改善したのかと思いきや、なんのなんの。毎度お馴染み絶賛ケミカルなアイツですw 他の具材は、具材というよりも薬味ですね。スープの失速に気を取られていたせいか、あんまり記憶に残らない感じだったんですけど、後入れのネギは風味が良かったです。ただ、フライドオニオンは目立って主張していませんでした。


(標準は★3です)

前作からクオリティが落ちたとは言え、スープの味だけで言えば余裕で及第点以上だったんですけど、スープに対して麺のサイズが少しズレていたことと、なぜ具材の構成を見直した上でペラチャーを放り込んできたのかが意味不明だったので、その分を差し引きました。もちろん、メーカーの希望小売価格も加味した上での判断です。単純に海老が芳ばしい塩ラーメンとしての出来栄えは上々だったし、麺の質だって決して低いわけではなかったし、かやくの薬味類も好印象だったんですが、海苔をカットしてペラチャーを復活させたのは、コスト調整に他ならないと思えてなりませんでした。スープのクオリティが落ちていたので、麺が以前の汎用麺よりもコスト高なのか、それとも海苔の原価がチャーシューよりも高いのか…いや、まさかチャーシューのほうが美味しいから入れ替えた…なんてことはないですよねw 後入れかやく入スープに乾燥小海老の導入を検討していただけないか、という私の要望とは裏腹に、まさかのペラチャーカムバックw からのスープは失速、麺は最近のデフォルト仕様を汎用。麺に関しては納得できなくはないものの、あの芳醇だった海老のベクトルが完全に違う路線に乗っていたので、その没個性的な印象から、やはり厳しめに見ざるを得ませんでした。ただ、海老の芳ばしさだったり、その他の複合的な旨味だったり、スープの美味しさは200円オーバーでも納得できる仕上がりかと思いますので、海老が好きなら買っても損はない一杯と言えるでしょう。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:全国麺めぐり 富山白えびラーメン
販売者:寿がきや食品
製造所:加ト吉水産株式会社フーズ部群馬工場
内容量:104g (めん65g)
発売日:2017年9月18日 (月)
発売地区:-(新発売)
取得店舗:ローソン
取得価格:235円 (税込)
希望小売価格:218円 (税別)
JANコード:4901677082169

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:450㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (かやく・液体スープ・後入れかやく入スープ)

~栄養成分表示~

1食 (104g) あたり

エネルギー:340kcal
たん白質:9.8g
脂質:10.4g
炭水化物:51.9g
食塩相当量:6.1g
(めん・かやく:1.8g)
(スープ:4.3g)
カルシウム:103mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:340kcal (めん・かやく:282kcal / スープ:58kcal)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、植物油脂、小麦たん白、大豆食物繊維、たん白加水分解物)、スープ(チキンエキス、動植物油脂、香味油、食塩、チキンブイヨン、ポークエキス、乳糖、昆布エキス、ホタテエキス、白えびパウダー、たん白加水分解物、酵母エキス)、かやく(チャーシュー、ねぎ、フライドオニオン、唐辛子)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工デンプン、アルギン酸Na、増粘多糖類)、酒精、かんすい、炭酸カルシウム、香料、乳化剤、着色料(クチナシ、カラメル)、酸化防止剤(V.E、V.C)、リン酸塩(Na)、酸味料、カゼインNa、(一部に卵・乳成分・小麦・えび・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・えび・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン

引用元URL:http://www.sugakiya.co.jp/products/sokuseki/soku_n_8216.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事