ヤマダイ「ニュータッチ 横浜家系豚骨醤油ラーメン」 - ヤマダイ

ヤマダイ「ニュータッチ 横浜家系豚骨醤油ラーメン」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


すっかり紹介が遅くなってしまったんですけど…我が盟友バカワイン氏が、今回も私のキラーパスを華麗にシュートしてくれました!「GRAND KIRIN IPA350ml缶は美味しいの?感想を述べる」「マンゴーのアロマ!GRAND KIRIN WHITE ALE」ビール好きは必見ですよ! そしてビールが苦手な人も必見ですよ!(特に後半戦!)



さて、本日の一杯は、ヤマダイの「ニュータッチ 横浜家系豚骨醤油ラーメン」です。一応、新商品としてリリースされたカップ麺なんですが、以前あった「ニュータッチ 横浜豚骨醤油」のリニューアルでしょうか。ノンフライ麺の「凄麺」シリーズにも家系の「横浜とんこつ家」がありますけど、そのローコストバージョンっぽい雰囲気ですよね。で、希望小売価格170円という製品でありながら、ちょっと注目したいのがパッケージの右下に描かれている「フード・アクション・ニッポン」のロゴマーク利用許諾を得た「国産具材だけを使用」しているカップ麺ということ。とは言うものの、値段が値段ですから、凄麺シリーズのような本格さではなく、カップ麺らしいノスタルジックな仕上がりに期待しながら食べてみたいと思います。





スープは、「白湯系ポークエキスをベースに超特撰醤油、粉末醤油を配合した家系ラーメン風のスープ」で、「ガーリックペースト、ジンジャーパウダーを配合して、香味野菜の風味を付与」し、「油部にはローストガーリックオイルを配合し、さらに豚の炊き出した香りを加えて香り立ちを良くし」たとのこと。醤油の主張を前面に感じるような、とにかく醤油のキレが先行してくるエッジの利いた醤油豚骨スープで、かなり鋭い面持ちです。最初に感じられた豚骨のコクは好印象だったんですが、私の軟弱な舌は早々に醤油の勢いに飲まれてしまったので、途中から厳しかったです、スイマセン…。醤油のキレがバシッ、と効いた醤油豚骨スープが好きな人にとっては、それなりに好印象なスープになるのではないでしょうか。ただ、家系の特徴とも言える鶏油の風味が希薄だったので、そこは物足りないかもしれません。ガーリックもパウダー的なタイプではなく、ガーリックペーストが使用されていたんですけど、にんにくの勢いに特筆すべきインパクトはありませんでした。

めんは、「つるつると滑らかで、しっかりとしたコシのあるフライ麺」とのこと。表面の滑らかな口当たりのいい質感は製品説明通りですが、コシや歯応えなどは特に感じられず、3分ジャストで食べ始めても柔らかい食感の軽い油揚げ麺です。しょうゆ、食塩、チキンエキス、ポークエキス、野菜エキスなどで下味が施されており、さらにラードも練り込まれているため、油揚げ麺特有の風味も含めて典型的なスナックタイプというか、いかにも実売価格100円前後のカップ麺に使われている油揚げ麺といった感じですね。いい意味でチープというか、お求め安い価格のカップ麺らしいノスタルジックさは個人的に好印象だったし、この安っぽさもカップ麺の醍醐味でしょう。ただ、家系らしさは皆無に等しく、また今回のスープは醤油のエッジが強かったので、麺が押し負けているような印象を受けました。ニュータッチというブランドの方向性や実売価格を加味すると、このスナック的な方向性は間違っていないと思うので、もうちょっとサイズが太いとバランスがよかったかな。

具材は、「チャーシュー、ねぎ、焼のり(全て国産品を使用)」とのこと。お、おぅ…w 国産具材かなりシンプルですねw 家系では定番のホウレン草が入っていないのが少し寂しいところではあるものの、きちんと焼のり確保は嬉しいですね。チャーシューは国産だから特別美味しいとか、そういった個性は感じられなかったんですけど、値段の割に厚みがあって、何気に食べ応えのある肉具材でした。とあるスポンジ野郎は勿論、某ペラチャーにも見習っていただきたいw ネギは…色が悪かったですw いや、逆に科学的な着色とかしてなくて安全なのかな? いや、わからないけど…w 焼のりは芳ばしくて美味しかったんですが、スープの鶏油が希薄だったので、家系に於ける海苔のポテンシャルは活かし切れていない気がしました。


(標準は★3です)

醤油のエッジがビシッと効いた、という部分には家系らしい攻撃性が感じられたんですけど、他は値段相応というか、もうちょい頑張って欲しかったかなぁ…安っぽい油揚げ麺は、そのチープさが個人的に好きなタイプだったんですが、今回の鋭い醤油豚骨スープと合わせるにはサイズ的に頼りなく思えてしまったのと、やっぱり家系なら鶏油には頑張ってもらいたかったですね。具材のホウレン草は国産縛りのコスト上カットせざるを得なかったと許容できなくはなかったんですけど、最近は100円前後で入手可能なカップ麺の基礎クオリティが全体的に高くなってきたので、それを加味すると厳し目に見ざるを得なかったです。もしオープン価格だったら、とりあえず★3かな。家系の雰囲気を手軽に感じたいのであれば、同社の「凄麺 横浜とんこつ家」や、日清食品の「麺ニッポン 横浜家系ラーメン」がオススメです。



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:ニュータッチ 横浜家系豚骨醤油ラーメン
製造者:ヤマダイ
内容量:108g (めん70g)
発売日:2017年10月9日 (月)
発売地区:- (新発売)
取得店舗:スーパー
取得価格:116円 (税込)
希望小売価格:170円 (税別)
JANコード:4903088012803

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:390㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (液体スープ・かやく・焼のり)

~標準栄養成分表~

1食 (108g) 当たり

エネルギー:428kcal
たん白質:10.0g
脂質:19.5g
炭水化物:53.1g
ナトリウム:2.5g
(めん・かやく:0.3g)
(スープ:2.2g)

(食塩相当量:6.4g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、ラード、しょうゆ、たん白加水分解物、食塩、チキンエキス、ポークエキス、野菜エキス)、スープ(しょうゆ、ポークエキス、動物油脂、食塩、たん白加水分解物、糖類、ニンニクペースト、でん粉、食用風味油、酵母パウダー、香辛料)、かやく(味付豚肉、焼のり、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素、増粘多糖類、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、香辛料抽出物、(原材料の一部に卵、乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉

引用元URL:https://www.newtouch.co.jp/newsrelease/201710yokohamaiekei.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事