東洋水産「マルちゃん 俺の塩 たらぺぺ味 大盛」 - 東洋水産

東洋水産「マルちゃん 俺の塩 たらぺぺ味 大盛」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、ハウス食品の新商品「オー・ザック アンチョビガーリック味」です。オー・ザックといえば、やはり一般的なポテトチップスとは違う成型したポテトスナックならではのジャンクさが魅力的なブランドだと思っているのですが、アンチョビガーリックですよ、アンチョビガーリック。コンビニで見つけた瞬間、ソッコーでカゴにダンクシュートですよw でもって肝心の味はですね…うん、相変わらずイメージとは若干ニュアンスがズレていたw オー・ザックの変化球な新商品って、なぜかテーマの「○○味」と実際の仕上がりにズレが生じているときが多くないですか?w とは言え、ほぼ無条件で美味しいんだよなぁ…こう、ジャンクな感じがw 割と香りからアンチョビは感じられるんですけど、これがアンチョビガーリック風味シーズニング(香料)の限界か、さほど味覚には訴えかけてこないんですよね。それにガーリックもシーズニングの一部として組み込まれているため、ダイレクトに攻めてくるタイプではありません。シーズニングで香りのイメージは掴めるけど、実際の味としてはインパクトがない、というのがギャップの要因なんだと思います。しかし、誰が食べても「オー・ザック」と分かりそうな個性のある独特の旨味(?)は毎度の事乍ら踏襲されていたので、たとえアンチョビとガーリックにインパクトがなかったとしても、私の気分は満たされましたw 塩っぱかったけど…


さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん 俺の塩 たらぺぺ味 大盛」です。東洋水産が誇るカップ塩焼そばの定番「俺の塩」からの新作で、その亜種製品として定期的にリリースされている「たらこ味」なんですけど、今回はペペロンチーノ風味を合わせて「たらペペ味」…かわいいw(どうでもいいけど「ペペ」ってカタカナですよね?)一見するとネタのように思えるネーミングですが、「たらこ味」と「ペペロンチーノ味」という組み合わせはイメージ的に相性バッチリなので、かなり期待しています。ちなみに余談なんですけど、定番シリーズの中で一番好きなカップ塩焼そばは何かと聞かれたら、今まで迷うことなく「俺の塩」と即答してきました。もちろん、これから先も定番品の中では「俺の塩」が揺るぎない地位に存在し続けると思います。その割にブログでは紹介してないんですけどねw(まさかの過去記事が3つしかなかった…w)それでは、たらペペ味の実食に参りましょう。





ソースは、「チキンをベースに、魚介の旨味とたらこの風味を利かせ、ガーリックと唐辛子でぺペロンチーノ風味を加えたソース」に、「オリーブオイルを加え、パスタ風に仕上げ」て、「たらこ加工品・粗挽唐辛子・にんにくチップ・パセリ・バジル入り」で、「『赤穂の塩』を使用してい」るとのこと。調理方法には液体ソースを先に入れ、それから粉末ソースを入れるように書いてあったので、もちろん液体ソースを先に投入したんですけど、液体ソースからはオリーブオイルと魚醤、軽めにガーリックの香りが漂い、たらこは粉末ソースに仕込まれていて、にんにくチップでガーリック感がブースト。で、かなりガツンと塩気が効いてます。たらこ加工品の塩気ですかね、なかなか体感的な塩分濃度が攻撃的…w 唐辛子の辛さはピリ辛か、ピリ辛ちょい上くらいでしょうか。私が強めの塩気に過剰反応することを除いても、やや麺のサイズに対して味が濃過ぎるような気がしました。ただ、思っていた以上に「たらこ」と「ペペロンチーノ」が拮抗していますね。それほど油脂成分の量は多くなかったんですけど、割とオリーブオイルの香りがハッキリしていたことと、にんにくチップが明白なガーリック感を打ち出していたので、きちんとペペロンチーノらしい雰囲気が感じられました。たらこサイドは塩気も含めw つぶつぶ感とかが結構リアルで、まさに明太子をペペロンチーノに足したような(で、自ずと塩気も余分にプラスされちゃたような…w)しっかり両者の個性は感じられると思います。ちなみにオリジナルの “たらこ味ではない” 「俺の塩」では印象的な「赤穂の塩」なんですけど、今回その恩恵を感じる余裕はありませんでした。

めんは、「1分で戻る、コシが強く弾力のある細麺」とのこと。おそらく既存の「俺の塩」に使われている油揚げ麺と同じでしょう。熱湯1分です。早いw で、かなり細めの油揚げ麺なんですけど、極細サイズの割に歯応えがあるんですよね。昔から変わらなくて、個人的に好印象。ただ、その細さが仇となり、今回はソースの塩気に対してアンバランスな弱みを感じてしまいました。とは言え、熱湯1分の極細麺がシリーズのアイデンティティなわけですから、最初に粉末ソースは全投入せず、様子を見ながら量を調節するのがいいかもしれません。いや、私は味が濃過ぎると感じただけで、このくらいが丁度いいよ、という感想もあると思います。うん。

具材は、「きざみのり」…いや、キャベツを入れる余裕すら無かったんかいw とは言うものの、たらこスパゲッティやペペロンチーノを例に挙げると、あんまり具沢山な印象はありませんよね。それに、オリジナルの「俺の塩」は具材のラインナップが豊富なんですけど、「たらこ味」ではキャベツも入っていないのがデフォなんです。ただ、今回はソースの塩気がストロングだったのと、麺が大盛使用の130gなので、途中の箸休めにキャベツが欲しかったなぁ…あ、刻み海苔は相性バッチリでしたよ。もうちょい入ってたら嬉しかったけど。たらこ加工品とガーリックチップも具材の一部としてカウントしてやれば、とりあえず許容範囲内ですかね。


(標準は★3です)

「たらペペ」という可愛げのあるネーミングとは裏腹に、思っていたよりも体感的な塩分濃度が高く、さらに「たらこ」と「ペペロンチーノ」が力強く張り合っていて、ちょっとビックリしました。そんな力強い味わいから、カップ焼そばを好む顧客層から一定の支持が得られそうと思えた反面、極細麺の存在感に対してソースの味が強すぎるように感じてしまったことと、濃い味+固形具材無しという構成だったので、後半にかけての単調さが否めなかったです。主観的感想は「★3かなぁ…」だったんですけど、麺とソースのバランスに関しては私の軟弱な舌によるところが大きいか…とも思ったので、総評は★4が妥当かと判断しました。「『たらぺぺ』とかカワイイ~♪」みたいなテンションで行くと、「いや…お前さんゴリゴリのオッさんやったんかいw」みたいなギャップを感じてしまうかもしれませんがw その分、「たらこの塩気もガーリックの塩気もまとめてかかってこんかい!」という男気あふれるユーザーからは、★4以上が得られるポテンシャルを秘めていると思います。私としても味はストライクだったので、粉末ソースの投入量を⅔に抑えてリトライしてみたいですね。たらこがガツン! ガーリックもガツン! そしてオリーブオイルでパスタらしさも演出している、なかなか面白いカップ麺でした。あ、ちなみに本文中にて一箇所だけ「ペペ」を平仮名で打ち込んだんですけど…わかります?w


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん 俺の塩 たらぺぺ味 大盛
製造者:東洋水産
内容量:154g (めん130g)
発売日:2017年10月16日 (月)
発売地区:全国新発売 (CVS・量販店・一般小売店 他)
取得店舗:ÆON
取得価格:221円 (税込)
希望小売価格:210円 (税別)
JANコード:4901990339049

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:720㎖
調理時間:熱湯1分
小袋構成:3袋 (液体ソース・粉末ソース・きざみのり)

~標準栄養成分表~

1食 (154g) 当たり

エネルギー:722kcal
たん白質:13.6g
脂質:37.0g
炭水化物:83.7g
ナトリウム:2.0g
ビタミンB1:0.58mg
ビタミンB2:0.61mg
カルシウム:280mg

(食塩相当量:5.1g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、精製ラード、食塩、醤油、卵白)、添付調味料(植物油、たらこ加工品、チキンエキス、魚醤、香辛料、砂糖、デキストリン、食塩、野菜エキス、魚介エキス、醤油、パセリ、酵母エキス)、ふりかけ(のり)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、炭酸カルシウム、増粘多糖類、酒精、かんすい、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、ベニコウジ色素、クチナシ色素、パプリカ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、さけを含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・大豆・鶏肉・さけ

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/entry/2017/10/post_1444.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

(正解は「『たらぺぺ』とかカワイイ~♪」の「ペペ」でしたw)
関連記事