エースコック「一度は食べたい名店の味 狼煙 行列必至の豚骨魚介ラーメン」 - エースコック

エースコック「一度は食べたい名店の味 狼煙 行列必至の豚骨魚介ラーメン」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「紫いものおさつスナック はちみつバター風味」です。以前、冒頭ネタで「おさつスナック」を紹介したときにも書いたんですけど、やっぱり今年も出ましたねー、紫いものおさつスナック。おさつスナックの姉妹品として開発された製品で、原材料には蒸し紫いも、焼きさつまいも、さつまいもパウダーが使われており、蒸し紫いもが種子島産紫いも(100%)だそうです。ふんわり優しい食感はオリジナルと同じなんですが、セクシーバイオレットな見た目は勿論、テイストもオリジナルとは違う「はちみつバター風味」となっていて、最初は芋と砂糖の甘味が先行し、それから鼻を抜ける蜂蜜特有の香りと、こってりバターの風味、そして適度な塩気が後味を引き締める甘塩っぱい系。目を瞑って食べると、このサツマイモのベクトルは紫芋なのか、それともプレーンなのか…というニュアンスまでは分かりませんがw(本物だと違うんですけどね)見た目の雰囲気や味付けはオリジナルと一見して明白に違いますからね。ただ、体調の関係か、消化器官が老いたのかw 今年はバターが濃いめに感じられて、後半ちょっとムネヤケエクスペリエンス…w で、1枚1枚が軽いから、50gでも結構な量なんですよねw 値段も手頃だし、ちょっと摘んで満足できる、個人的にコスパ高い系でしたw 甘塩っぱい系のスナック菓子が好きな人は、食べる価値ありですよ。おそらく私は、またリピートすると思います。胸焼けに懲りずw あ、原材料に「はちみつパウダー」が使用されているので、1歳未満の子どもさんには与えないでくださいね。


さて、本日の一杯は、エースコックの「一度は食べたい名店の味 狼煙 行列必至の豚骨魚介ラーメン」です。つい先日、PREMIUMバージョンの「ぜんや」がリリースされたばかりなのに、早くも定番のタテ型カップから新作が登場しました。エースコックは休眠状態のシリーズが多く、新商品のリリースが1年ぶり…というパターンも珍しくないメーカーなんですけど、この「一度は食べたい名店の味」シリーズに限っては、かなり意欲的に新商品が開発されているんですよね。今回の監修店「狼煙 ~NOROSHI~」は、同シリーズでもカップ麺になった「ぜんや」や「四つ葉」と同じく、埼玉で屈指の人気を誇る名店なんだとか。お店では「つけ麺」や「辛つけ」「かれつけ」なんかが人気みたいなんですけど、こちらも看板メニューとされている「濃厚狼煙らーめん」を再現したようですね。動物系と魚介系を煮込んだ濃厚なWスープに大量の魚粉が特徴らしいので、濃厚こってりな仕上がりに期待したいと思います。最近ちょっと魚介豚骨系に飢えていたのでw ちゃんと濃厚だといいな。





スープは、「チキン・ポークをベースにかつおや煮干しなどの魚介の旨みをガツンと利かせた濃厚なスープ」に、「魚介の旨みを強化する別添のふりかけを加えることで、お店の臨場感をしっかり感じ取れる一杯に仕上げ」たとのこと。まず別添の魚粉を入れる前のスープですが、随分と動物系の押しが弱いですね。ポークコラーゲンの旨味は感じられるものの、豚骨っぽいニュアンスは感じられず、かなりギミック的で浅はかなスープです。で、早々に魚粉を攪拌したんですけど、うーん…ちょっと濃厚とは言えないですね。いや、さすがに量が量なので、魚介の旨味はブーストしますが、魚粉の含有量は圧倒的に節系の割合が高く、エッジの効いた鋭い煮干系の魚介豚骨をイメージしているとギャップを感じてしまうでしょう。ただ、節系特有の膨よかな旨味が全体を包み込んでいて、煮干がアクセント的に優しく香る、そのような魚介感には個性を感じました。反面、動物系の旨味はギミック的なタイプだったので、足場の悪い土台に大量の魚粉を乗せた挙げ句こぼれているような、少し支え切れていない印象は残念でした。エースコックのカップ麺にしては割と塩気が常識的で、食塩の塩気よりも魚粉の塩分が先行しているようなニュアンスは個人的に嬉しかったです。ちなみに事前の粉末スープにトロミ成分が含まれていたので、液体スープを入れる前にしっかりとかき混ぜ、液体スープを入れてからも念入りにかき混ぜましょう。同社の「極どろ」シリーズほど濃度の指標を履き違えた仕上がりではなかったものの、もう少し動物系の厚みが欲しかったかなぁ…でも節系の旨味は濃厚だったので、結果そこまでネガティブではありませんでした。

めんは、「しっかりとした噛みごたえのある角刃の太めん」で、「スープとの相性もよく、食べごたえのあるめん」とのこと。同シリーズの「ぜんや」などに使われていた油揚げ麺の流れを汲む存在感の強い太麺で、カドメンのように角張った形状ではなく、口当たりのいい滑らかな太麺です。「ぜんや」の麺と似ていますが、お前つけ麺仕様か? ってほど強烈な存在感ではありません。とは言え、やっぱり熱湯5分じゃ厳しいかなぁ…今回は熱湯を注いでから4分前後でフタを開けて、スープがダマにならないように混ぜた後、撮影の前(この時点で大体6分前後)に食感を確かめてみたんですけど、まだ戻りきっていないというか、ちょっと主張が強すぎたので、の~んびり撮影してw 熱湯を注いでから8分前後あたりからが食べ頃だと感じました。やや麺の下味に施されていた塩気が気になるところではあったものの、今回は存在感の強い太麺の割にスープの塩気が常識的なレベルだったので、歯車としては効果的だったと思います。ただ、それでも少し麺勝ちしているような印象を受けました。もちもちとした粘り気のある密度の高い弾力は好印象だったし、麺単体としてのクオリティも高く、実際のラーメンでも極太仕様の自家製麺を合わせているそうなので、この麺を支えられるだけの濃度がスープに欲しかったですね。

かやくは、「程良く味付けした肉そぼろと、風味の良い玉ねぎ、色調の良いねぎに食感の良いメンマ」とのこと。例のスポンジ野郎を筆頭に…と思いきや、今回の程良く味付けした肉そぼろは “まともな子” じゃないですかw 結果そんなには目立っていませんでしたが、あの邪魔になるスポンジ食感がないだけで好印象です。玉ねぎはスライス状で、玉ねぎ特有のフレッシュな香味が魚粉の効いたスープに映えますね。メンマは随分と小振りだったんですけど、かなり歯応え強い系だったので、具材の中では最も存在感がありました。これといって特筆すべき個性のある具材は入っていませんが、ねぎも色調が良かったし、 蛇足のない構成が良かったです。


(標準は★3です)

濃厚と謳う割に動物系の存在感が随分と弱かったことと、それに伴って麺勝ちしているような印象が気になってしまったんですが、大量の魚粉による魚介の要素は明白だったし、それも節系が主軸という部分に個性が感じられたので、及第点に★ひとつプラスしました。ネットで実際のラーメンを食べた人の感想を読んでみると、かなり粘度の高いドロドロとした超濃厚系で、なおかつ動物と魚介が拮抗し合っているようなスープ、という印象を受けたので、カップ麺的には美味しかったけど、このバランスは少し違うんじゃないかと思います。あと、それなりに粘性は高かったんですけど、徹底的に混ぜても言うほど高粘度ではなかったので、もうちょっと粘度を上げてもよかったんじゃないのかなと…あ、でも余計に動物系の弱さが浮き彫りになるか(苦笑)とは言え、カップ麺的には余裕で及第点以上と思えたし、節系の膨よかな旨味が効いた味が気になる人は、試して損のないカップ麺だと思いますよ。節系の膨よかな旨味が特徴的な、イメージの割に食べやすい魚介系でした。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:一度は食べたい名店の味 狼煙 行列必至の豚骨魚介ラーメン
製造者:エースコック
内容量:96g (めん70g)
発売日:2017年10月9日 (月)
発売地区:全国新発売 (スーパー・コンビニ等)
取得店舗:ミニストップ
取得価格:216円 (税込)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901071239428

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:2袋 (液体スープ・ふりかけ)

~標準栄養成分表~

1食 (96g) 当たり

エネルギー:391kcal
たん白質:10.7g
脂質:13.7g
炭水化物:56.2g
ナトリウム:2.4g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.6g)
ビタミンB1:0.21mg
ビタミンB2:0.23mg
カルシウム:202mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:391kcal (めん・かやく:275kcal / スープ:116kcal)
食塩相当量:6.1g (めん・かやく:2.0g / スープ:4.1g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、砂糖)、スープ(鶏・豚エキス、糖類、動物油脂、魚介パウダー、食塩、植物油脂、香味油、おからパウダー、たん白加水分解物、ポークコラーゲン、カツオエキス、しょうゆ、香辛料、酵母エキス、コンブエキス、オニオンパウダー、全卵粉)、かやく(鶏・豚味付肉そぼろ、玉ねぎ、ねぎ、メンマ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、炭酸カルシウム、重曹、酒精、カラメル色素、かんすい、香料、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、微粒二酸化ケイ素、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に卵、乳成分、ゼラチン、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン・ごま

引用元URL:http://www.acecook.co.jp/news/pdf/1709_TLNGS.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事