明星食品「RIZAP 濃厚味噌ラーメン」 - スポンサー広告明星食品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明星食品「RIZAP 濃厚味噌ラーメン」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、勝手に47都道府県の一番搾り企画、「一番搾り 新潟に乾杯」です。新潟は米の生産量が多いので、てっきり副原料には米が使用されているものと思いきや、原材料は麦芽とホップのみという正統派。アルコール度数は少し高めの5.5%で、「○○産○○使用」みたいなポイントは見られませんが、新潟らしい雪のような泡と、芳醇でキレのある味わいが特徴だそうです。たしかに泡立ちが木目細かく、炭酸の粒子も小さくて、とてもクリーミーな口当たりですね。ややフルーティな面持ちを兼ね備え、アンバーラガーを彷彿させるモルトの甘味と、すっきりとした雑味の無い後口から、「芳醇でキレのある味わい」というのが伝わってきます。通常の一番搾りよりも色が濃く、実際の味わいにも確かな深みを感じるのですが、コクがあるけど澄んでいて、キレがあるけど軽くない、とても丁寧な作りですね。飲む前は白米のように…あ、雪のようにw 繊細なビールかと思っていたんですが、予想に反して重心が低く、アンバータイプの飲み応えを感じた一番搾りでした。これ…めちゃ好みw タイプは全く違うけど、「名古屋づくり」に匹敵するかも…ちなみに醸造所は、北海道千歳工場となっていました。いや、これマジで美味しい…

進行状況:「北海道」「岡山」「福岡」「神戸」「仙台」「横浜」「滋賀」「取手」「名古屋」「三重」「新潟」


さて、本日の一杯は、明星食品の「RIZAP 濃厚味噌ラーメン」です。すっかりと定番の商品になってきた、ファミリーマート・サークルK・サンクス限定で発売されているRIZAPとのコラボカップ麺で、早くも5回目のタイアップになりました。このRIZAPシリーズは、明星食品の「はじめ屋」と「ローカーボヌードル」がベースになっているのですが、既存の通年商品として、すでに「はじめ屋 こってり味噌味」が一般チャンネルで絶賛発売中なんですよね。ただ、既存の「はじめ屋」と大きなコンセプトの違いがあり、塩分量に制限がありません。定価購入必須のコンビニ限定品という立場上、コストパフォーマンス的なハンディキャップを埋められるだけの味に仕上がっているのか、また既存の「はじめ屋 こってり味噌味」との明白な差別化が図れているのか、そういった部分に注目しながら食べ進めたいと思います。





スープは、「生姜の香りをきかせた濃厚な味噌スープ」とのこと。お、これは明らかに既存の「はじめ屋 こってり味噌味」よりも力強いですよ。目立って油脂成分の量が増えているわけではなかったんですが、基礎にある動物系の濃度が上がり、味噌が輪郭のあるタイプだったことと、塩気に制限を設けていない分、味の密度が高く、中でも一見して明白な違いは、力強い生姜の香味ですね。本日の主役級に効いていて、後味には舌の上に生姜の清涼感がハッキリと残ります。そこに山椒の刺激も重なってくるので、なかなかのキレ味ですね。かと言って強烈に塩気が強いわけではなく、でも味噌ラーメンには味噌の主張がないと…って人でも楽しめると思うし、トゲトゲした味噌は苦手…という人でも厳しいレベルではないでしょう。

めんは、「食物繊維を練りこんだノンフライ麺」とのこと。ベースは「こってり味噌味」に使われているノンフライ麺と同じ麺だと思うのですが、原材料を比較してみると、わずかに食塩の含有量が増えていたので、そのまま使い回しているわけではないようです。ただ、麺のサイズや質感などに体感的な差はなかったので、感想の詳細が気になる人は…過去記事で麺の項目をチェックしてくださいw 食塩の含有量が増えた分、麺の下味が濃くなっていて、スープとの一体感が高かったです。

かやくは、「蒸し鶏、鶏そぼろ」とのこと。あと、ネギですね。豚肉や牛肉を使用した挽肉や、チャーシュー系の肉具材ではなく、2種類とも鶏肉を使用している…というのが糖質を意識しているRIZAPらしい…気がしました漠然とw で、ちょっと蒸し鶏の色が少し怪しかったんですが…w(味付けの加減かな?)味付け濃いめで歯応えあり。鶏そぼろもスパイシーな味付けが施されていて、こちらも拾って食べると存在感あったんですが、量は全然だったので、値段を思うと貧弱でした。


(標準は★3です)

既存の「はじめ屋 こってり味噌味」と比較して、明らかにスープの味が濃くなっていたことや、具材のラインナップなどから違いは感じられたし、塩分の使用量に制限がない分、機能性を意識した製品にありがちな “味の物足りなさ” というネガティブな要素は感じられず、実際に糖質の量も一般的なカップ麺より明らかに低いわけなんですけど…やはり、現行で「はじめ屋」が存在している以上、わざわざコンビニで手に取る価値はないと思います。RIZAPのネームバリューによる訴求力は認めざるを得ませんが、それに伴うライセンス料が生じているのか(あくまで私の偏見による憶測ですw)これで税込268円は正直かなり高いですね。「はじめ屋」ならスーパーやドラッグストアで200円ちょっとなので、それに自分で生姜を足したほうがコストパフォーマンスは高いですよ。ただ、前述したようにRIZAPの広告効果による訴求力は認めざるを得ないので、とりあえず総評は及第点としました。せっかく特定のコンビニで数量限定という特別感があるわけですから、黒マー油とんこつラーメンとか、濃厚しおラーメンとか、既存の「はじめ屋」にはないテイストでリリースしてもらいたいですね。(過去のRIZAPシリーズは、コチラをご覧ください)


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:RIZAP 濃厚味噌ラーメン
製造者:明星食品
内容量:86g (めん57g)
発売日:2017年10月3日 (火)
発売地区:ファミリーマート・サークルK・サンクス限定・数量限定
取得店舗:ファミリーマート
取得価格:268円 (税込)
ファミリーマート通常価格:249円 (税別)
JANコード:4902881472029

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (かやく・かやく入り粉末スープ・液体スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (86g) 当たり

エネルギー:269kcal
たん白質:13.3g
脂質:11.5g
糖質:22.3g
食物繊維:19.4g
ナトリウム:2.5g
(めん・かやく:0.3g)
(スープ:2.2g)

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:269kcal (めん・かやく:193kcal / スープ:76kcal)
食塩相当量:6.4g (めん・かやく:0.8g / スープ:5.6g)

名称:カップめん

原材料名:めん(小麦粉、植物性たん白、植物油脂、食塩、大豆加工品、香辛料、酵母エキス)、スープ(みそ、ポークエキス、ラード、食塩、香辛料、ごま、香味油、香味調味料、たん白加水分解物、粉末油脂、酵母エキス、発酵調味料、植物油脂)、かやく(味付鶏肉、ねぎ、香辛料)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(増粘多糖類、アルギン酸エステル)、環状オリゴ糖、カラメル色素、香料、カロチノイド色素、かんすい、乳化剤、微粒二酸化ケイ素、セルロース、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(アセスルファムカリウム)、リン酸塩(Na)、酸味料、香辛料抽出物、(原材料の一部に卵、乳成分、えび、さけ、さば、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・豚肉・鶏肉・さけ・さば・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:https://www.family.co.jp/goods/processed_foods/3816493.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。