日清食品「AKIBAヌードル 肉汁麺ススム監修 肉汁麺」 - 日清食品

日清食品「AKIBAヌードル 肉汁麺ススム監修 肉汁麺」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


本日の一杯は、ちょっと当ブログでは珍しく、日清食品の「AKIBAヌードル 肉汁麺ススム監修 肉汁麺」です。当ブログでは珍しく…と言うのも、まだ発売日前の製品なんですよねコレ。たまたま土曜日にイオンで宵積みされているところを発見してしまったので、たまには前倒しで紹介しようかと。監修店の「肉汁麺ススム」は、「肉量を『レベル』で選べる、秋葉原発祥の肉盛ラーメン店」で、「看板メニューの『肉汁麺』は、秘伝のタレで焼いた厳選豚肉を、麺が見えなくなるほど豪快に盛りつけ、たまごで絡めて食べるのが特長」だそうです。フタの上には例の「卵黄だれ」が別添されているのですが、先日の「卵黄ソース」(プレーンタイプ)ではなく、「チキンラーメンビッグカップ 卵黄だれ鶏つくね」に使用されていたような、味付けの施されたタイプでしょうか。私は実際の「肉汁麺」を知りませんが、こってり甘辛醤油だれに卵黄の組み合わせから、ふと徳島のラーメンを思い出したり…あ、すき焼きっぽいのかも? さて、パッケージには、「『まんがライフSTORIA』(株式会社竹書房刊)で『ラーメン大好き小泉さん』を、『月刊ヤングマガジン』(株式会社講談社刊)で『渡くんの××が崩壊寸前』を連載中の人気漫画家」「鳴見なる」さん描き下ろしによる “ラーメン好きな女子高生” のイラストを…って、鳴見なるさんも知らなかったんですけどw AKIBAの萌えポな印象(?)は、漠然と伝わった気がします。はいw ちなみにパッケージ曰く、「肉盛レベル2」だそうです。





スープは、「こってりとした甘辛醤油スープ」に、「ガーリックをガツンときかせ」て、「コクとまろやかさを加える卵黄だれ」を別添とのこと。甘味の強い醤油ダレを肉汁で割って、ガーリックパウダーでパンチを付与しているような、かなりジャンクでワイルドなテイストですね。ガーリックのパンチは感じられますが、先日のハロウィントリオほど非常識なレベルではないのでw 食後の歯磨きで解決かと思います。使用している動物性の原材料は、豚脂に牛脂、ポークエキスにチキンエキスなど、動物系御三家が勢揃い。ごくごくスープを飲んだら後から喉が渇きそうな甘濃い味付けで、醤油のキレも重なってくるのですが、塩気のカドが鋭利なタイプではなく、ただただ甘濃いw ええ、私は好みです。甘味のレベルも牛脂の風味も「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 牛すき焼味+卵黄ソース」ほど強くありませんが、味の方向性としては同系統ですね。具材の肉から滲み出ている旨味も相俟って、肉汁麺というネーミングから得られる雰囲気を感じられたのが良かったです。ちなみに卵黄だれは、プレーンタイプの「卵黄ソース」とは異なり、だし醤油ベースの味付けが施されていました。チキンラーメンの「卵黄だれ鶏つくね」で感じたような炭火の香りなどは特に意識されていませんでしたが、卵黄のコクが印象的で、甘濃いスープとの相性は勿論、麺や具材の肉に絡めながら食べると、物の見事に美味しかったです。「途中で入れて味の変化を楽しんでください」と小袋にも書かれているように(あとフタの上で温めちゃダメですよw)最初から全投入して攪拌するのではなく、食べながら意図的に麺や具材に絡めて食べるのがポイントですね。最初は量が少ないかと思ったんですけど、卵黄だれ自体に味付けが施されているので、ほんの少量ずつでも味に結構な変化が生じた結果、量的な物足りなさは感じませんでした。なので、ちょっとずつ使用しながら、というのもポイントです。

は、「食べごたえのある中太ストレート麺」とのこと。熱湯5分の油揚げ麺なんですが…ちょっとこれ、原材料が面白いですよ。あまり一般的なカップ麺には見られない「小麦胚芽」に加えて、さらに珍しい「サイリウム種皮」まで練り込まれています。サイリウム種皮は、同社の「サイリウムヌードル」(トクホ認定のカップ麺)にも使用されているのですが、こういった新商品系のカップ麺には見られない表記ですね。ちなみにサイリウム種皮とは、オオバコ科の植物「サイリウム」の種子(外皮)から精製した水溶性食物繊維のことで、腸内の善玉菌を増やしたり、血液中の余分なコレステロールを排出する作用など、「お腹の調子を整える食物繊維」として積極的に特定保健用食品などにも使用されている成分です。で、なぜ機能性を意識しているとは思えない今回のカップ麺に採用されているのかは分かりませんがw(しかも大してアピールもしていないw)無意識に健康的なのは嬉しいですよね。しかし、体感的にはジャンクなタイプで、「有名店シリーズ」などに使われている油揚げ麺ほど繊細な面持ちではありません。下味は強めに施されていて、それなりに油揚げ麺特有の風味も感じます。ごわごわ系ほどワイルドな麺質ではありませんし、日清食品らしく歯切れの良さが印象的な、加水率低めの平打ち麺ではあるものの、カップ麺らしいジャンクな雰囲気と野性味を感じるものでした。ただ、そんなジャンクでワイルドな面持ちは、スープの雰囲気に合っていたし、そもそも「肉汁麺」という上品さの片鱗も見せないネーミングなのでw 油揚げ麺らしさがプラスに作用していてよかったです。と、食べ始めから一瞬にして、小麦胚芽やサイリウム種皮のイメージは吹っ飛んだんですけどw 多少は身体にいいの…かな?w

具材は、「味付豚ミンチ、チャーシュー、ネギ」とのこと。うん、肉肉しいw 味付豚ミンチは、カップヌードルに入っている謎肉ですね。さすがに「謎肉祭」ほど大量ではないものの、ざっと数えて20個くらい入っていたので、なかなかのボリュームです。麺を食べ終わった段階では、まだまだゴロゴロとカップの底に溜まっていました。チャーシューはチップ状のハムっぽいやつで、情緒が感じられないタイプだったんですけど、2種類の肉具材というのは単純に嬉しいですね。明らかに肉推しのタイトルということもあり、そのイメージを裏切らない構成が好印象でした。


(標準は★3です)

肉の旨味たっぷりなジャンクで甘濃い味付けに、ややワイルドな面持ちの平打ち太麺、さらに肉っ気たっぷりの具材構成ということで、テーマのイメージに合ったジャンクさが感じられたし、このままでは後半に飽きてくるようなテイストだったんですが、そこを飽きさせない卵黄だれのアクセントなど、かなりジャンクで不健康そうな味わいでありながら(サイリウムの意味…w)飽きそうで飽きない、大味そうで大味ではない、きちんと計算された一杯でした。ただし、スープの甘味だったり、具材を含めた全体のジャンクさなど、それなりに人を選ぶカップ麺になるかと思います。とりあえず、極太U.F.O.の牛すき焼味が大丈夫だった人は、特に問題ないでしょう。謎肉系のジャンクさが苦手な人や、普段はカップ麺を食べ慣れていない人は少し気を付けてくださいね。ガーリックをガツンときかせた、という製品説明の割にはガーリックが弱かったかなぁ…というのが若干の不満だったんですけど、これは私の基準値バロメーターがハロウィントリオによって一時的にブッ壊れてしまっている可能性が高いのでw まぁそれなりに効いていたとは思います。たぶん、きっと、メイビー…さて、フタの裏に萌えキャラの設定が書かれていたので、軽く紹介しておきましょう。名前は「鳴門 まき」高校2年生のチアリーディング部で、マイブームは一人で食べるこってりラーメン、最近よく行くのが秋葉原の「肉汁麺ススム」だそうです。「ラーメン店をこれからも紹介していきます!!」とも書かれていたので、もしかしたら「AKIBA」をテーマにシリーズ化されるのかもしれませんね。で、これは余談なんですけど…標準栄養成分表のテンプレや、原材料名の表記方法が普段と違ったんですよ。なぜサイリウム種皮…というギャップも含め、ちょっと不思議なカップ麺でしたw ちなみに発売日は明日、10月9日(月)です。



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a



【製品情報】

商品名:AKIBAヌードル 肉汁麺ススム監修 肉汁麺
製造者:日清食品
内容量:113g (めん80g)
発売日:2017年10月9日 (月)
発売地区:全国新発売 (全チャンネル)
取得店舗:ÆON
取得価格:192円 (税込)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902105249246

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋 (卵黄だれ)

~栄養成分表示~

1食 (113g) 当たり

エネルギー:532kcal
たんぱく質:13.1g
脂質:24.6g
炭水化物:64.5g
食塩相当量:6.4g
(めん・かやく:2.1g)
(スープ:4.3g)
ビタミンB1:1.23mg
ビタミンB2:0.36mg
カルシウム:167mg

※参考値:調理直後に分別して分析
熱量:532kcal (めん・かやく:436kcal / スープ:96kcal)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、小麦胚芽、たん白加水分解物、しょうゆ、チキンエキス、サイリウム種皮、香辛料)、スープ(糖類、動物油脂(豚、牛)、粉末しょうゆ、ポークエキス、卵黄ソース、でん粉、香辛料、卵粉、チキンエキス、小麦粉)、かやく(味付豚ミンチ、味付豚肉、ねぎ) / 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、かんすい、炭酸Ca、香料、グリセリン、ソルビトール、カロチノイド色素、増粘多糖類、酒精、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・牛肉・大豆・ごま

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/6405

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事