日清食品「カップヌードル リッチ 松茸薫る濃厚きのこクリーム」 - 日清食品

日清食品「カップヌードル リッチ 松茸薫る濃厚きのこクリーム」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、湖池屋の新商品「カラムー超 濃厚ビーフ煮込みXO醤仕立て」です。同時発売品に「すっぱムー超トリュフ香る帆立のカルパッチョ」があって、「ムー超」というシリーズ名の通り、「ムーチョ」シリーズに高級感を付与したエクステンションブランドみたいですね。 “新生湖池屋” として生まれ変わってから、「PRIDE POTATO」や「ドンタコスひとくちDELI」「スゴーン」など、既存のブランドを高級路線に仕上げたブランドが続々とリリースされましたが、今回は濃厚ビーフ煮込みXO醤仕立てのカラムーチョですよ…さて、このポテトチップスを食べる前、荒ぶるアギアギ破界神eva様w(ときどきエマちゃん)と暮らしている「猫とふたり暮らし~evaとaiaiの日常~」のaiaiさんから、「おいしかったけど甘かったなぁ~」という感想を頂いていたんですよね(そして何故か唇を切ったらしいw)で、実際に食べてみて納得。テイストは甘味を帯びていて、明らかにオリジナルのカラムーチョとは別物です。ルーツにカラムーチョらしい面影は感じるものの、全く異なるベクトルを歩んでいるような仕上がり。パッケージの裏面には、「まさに料理のようなスナック」と書かれているのですが、「ドンタコスひとくちDELI」で感じたような、スナック菓子以上、料理未満というニュアンスがあり、手軽に楽しむスナック菓子というよりも、深呼吸してから腰を据えて食べたくなる…そんな高級感が1枚1枚に宿っています。辛さはピリ辛に毛も生えない程度で、オリジナルよりも穏やか。その分、味の深みにフォーカスを絞っている感じ。スパイス感はクミンを筆頭に、パプリカの香りやスターアニス、オレガノのアクセントが加わり、ガーリックはオリジナルよりも控えめ。原材料にXO醤は使用されていませんが、大袈裟に例えるとフォン・ド・ヴォーベースの煮込み料理を彷彿とさせるような味わい深さを感じました。素っぴんはカラムーチョだけど、いつもは勝気で活発なイメージなのに、お化粧したらアラやだビックリ…みたいなw 一般的なスナック菓子よりも高級感の漂うテイストですが、雰囲気にジャンクな面持ちが残っていたことと、しっかりめに効いた味の濃さから、アルコールのアテにもピッタリですね。いつものカラムーチョとは明らかに違う、ワンランク上の高級感が確かに感じられました。


さて、本日の一杯は、日清食品の「カップヌードル リッチ 松茸薫る濃厚きのこクリーム」です。「カップヌードル リッチ」シリーズからの新作で、第5段となる今回のテーマは松茸。秋が旬の食材ですから、今の季節にピッタリですね。そして、「香る」ではなく「薫る」…こういうニュアンス大好きですw パッケージに書かれている今回のポイントは、「3種のチーズの濃厚クリームスープ」「松茸の芳醇な薫りとエリンギのハーモニー」「カルシウムたっぷり」だそうです。松茸香料使用とのことなので、松茸の薫りは永谷園の「松茸の味お吸いもの」みたいな感じなのかな。それからカルシウムの数値は195mgだったので、特筆して多いわけではないです。ただ、チーズの濃度に関しては、「カップヌードルライトプラス チーズフォンデュ」などの印象もありますし、期待してもよさそうですね。今回は「カップヌードル史上最高級贅沢スープ」で、しかもシリーズ初の洋風仕立てということもあり、何かと期待値を煽られている実食前の現在…私も気合を入れて挑みますよ。





スープは、「3種のチーズ(パルメザン、エメンタール、チェダー)のコクをきかせた洋風の濃厚ホワイトクリームスープ」に、別添で「松茸の芳醇な薫りが特長の香味油(松茸香料を使用)」とのこと。残念ながら本物の松茸を使用しているわけではありませんが、こういったインスタント食品の場合、本物よりも香料のほうが分かりやすく、確実なインパクトを打ち出せるので、なんらネガティブではないですね。美味しかったら勝ち!w さて、まずベースのスープなんですが、チーズの風味が適度に効いた、とろみのあるホワイトソース系のポタージュっぽい仕上がりで、どろ系ほど高粘度ではありません。正しい熱湯の量で作ったときのカップポタージュスープくらいか、それと比較して、やや控えめな粘性です。とろみを確認するまでに結構な時間を要したので(約2分間ほど掻き混ぜ続けた)調理の際は意識してみてください。さて、ベースの方向性は、かなり王道のホワイトソースを意識していて、奇を衒ったような要素は微塵も感じられない、ど安定の洋風スープです。そこにチーズでコクを深めている感じで、確かに濃厚で美味しいんだけど、レギュラーサイズで希望小売価格230円という値段を思うと、値段の割に想像の域を超えるほどの味ではありません。しかし、そこに確実な個性を演出してくれるのが松茸の薫りを仕込んだ別添の香味油。薫りのベクトルは想像通り、永谷園の「松茸の味お吸いもの」と同系統のタイプだったんですけど、これが加わることによって、はっきりと松茸の表情が生まれます。洋風のホワイトクリームスープにMATSUTAKE? と、思われるかもしれませんが、クリームパスタにポルチーニ茸や、チーズリゾットにトリュフなど、きのこと乳製品系の相性は基本的に約束されてるようなものですし、香料であることが功を奏しているというか、ホワイトソース系の洋風スープと松茸の薫りが違和感なく噛み合っているんですよね。これまでのシリーズで感じたような驚きこそ得られなかったものの、値段相応に美味しいスープでした。

は、「カップヌードルならではの、しなやかでコシとつるみのある麺」とのこと。原材料の構成は、同社の「シーフードヌードル」に使われている油揚げ麺と同じですね。カップヌードルのレギュラーと比較して、シーフードヌードルの麺は一回り細いんですけど、今回も少し細めだったので、おそらく共用でしょう。微妙にサイズや原材料の違うカップヌードルの麺ですが、その中で最も主張の弱い油揚げ麺で、今回はスープが優しいタイプだったこともあり、バランスが良かったです。濃厚なチーズのコクと松茸の風味が麺の油揚げ麺臭を覆ってくれていたので、油揚げ麺特有のネガティブな印象は控えめでした。麺の量は50gと少なめですが、さして麺の量が少ないとは思わなかったです。かと言って、多くもなかったけどw

具材は、「松茸風味に味付けしたエリンギ、ブロッコリー」とのこと。前回の「あわび風味オイスター煮込み」にも使用されていたエリンギですが、貝に擬態を試みてはみたものの、しょせんキノコはキノコ…逆立ちしてもエリンギはエリンギだったんですけどw 今回のネタ元はエリンギと同じく同族のキノコ類なので、鮑よりもイメージのギャップが少ないですね。主に松茸は軸をメインに食しますが、その縦に割けるような繊維質から、独特のシャキシャキとした歯切れの良さが特徴になるので、既に乾燥加工済みのエリンギとは、やや弾力のニュアンスに違いが生じています。しかし、雰囲気の演出には効果的な存在ですね。それに実際、松茸風味の味付け(これも永谷園の「松茸の味お吸いもの」っぽい)が施されているので、なんちゃって松茸としては申し分のないクオリティでしょう。そして、カップ麺の具材としては珍しいブロッコリーは、本物さながらのリアリティです。いや、これは紛れもなく本物なんですけどw よくブロッコリーだけ冷凍して売ってあるじゃないですか、あれシチューに放り込んだ感じですね。ちなみに私はクリームシチューなんかを作るときに必ずブロッコリーを入れるので、勝手に印象が良かったですw もちろん、濃厚なクリームスープとの相性はバッチリでした。具材の構成は2種類とシンプルですが、ご覧の通り量も多く、満足感が高かったです。


(標準は★3です)

ど安定に美味しいホワイトソースベースの洋風スープに、違和感なくマッチしていた松茸の薫り、効果的だった松茸風味のエリンギと、カップ麺では珍しいブロッコリーという構成から、間違いなく美味しい一杯ではあったものの、私は過去作品の感動を加味してしまったので、少し期待値が高過ぎたのか、感動するほどではなかったです。もちろん、味だけで言えば余裕で★5以上でも差し支えのない美味しさだったんですけど、カップヌードル史上最高級贅沢スープとまで謳うのであれば、もう一捻り驚きが欲しかった…というのが正直な感想ですね。希望小売価格も踏まえた上で、今回は★4が妥当だと判断しました。しかし、濃厚なポタージュ系スープに松茸の薫りという組み合わせには新鮮味が得られると思いますし、具材のエリンギは勿論、ブロッコリーが意外なダークホースだったので、高くても一度は試しておいて損のないカップ麺と言えるでしょう。もちろん、クリーム系の洋風スープが好みの人を相手にすれば、値段が高くてもリピートされるだけのポテンシャルは秘めていると思います。そして、注目して欲しいのが…食塩相当量の数値。このシリーズって味は濃厚なのに、それに反して食塩相当量が低いんですよね。今回も全体の数値は3.8gで、スープのみだと2.0gというカップ麺にしては非常にライトな数値なんです。塩分の高さが懸念されているカップ麺というジャンルですから、ここも高く評価できる点なのではないでしょうか。ちなみに機能性が意識されていた、「カップヌードル ナイス 濃厚! キムチ豚骨」の食塩相当量は4.6g(スープ3.3g)だったので、それよりも塩分が低いことになります。カロリーや脂質の低さでは負けちゃいますけどねw つまり、お湯の量を少なめにしても塩気のカドが立つ心配が控えめなので、濃厚な味わいを楽しみたい人は、気持ち喫水線よりも少なめに熱湯を注ぐことをオススメします。スープの粘度も高まると思いますし、もちろん当たり前に味も濃くなるので、よかったら念頭に置いてやってください。さて、洋風にも手を出し始めたので、そろそろトリュフかな? 黒トリュフ系のカップ麺は何度かリリースされているので、ぜひ白トリュフのベクトルを開拓してもらいたいものです。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:カップヌードル リッチ 松茸薫る濃厚きのこクリーム
製造者:日清食品
内容量:71g (めん50g)
発売日:2017年10月2日 (月)
発売地区:全国新発売 (全チャンネル)
取得店舗:ÆON
取得価格:213円 (税込)
希望小売価格:230円 (税別)
JANコード:4902105242261

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:310㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (香味油)

~標準栄養成分表~

1食 (71g) 当たり

エネルギー:353kcal
たん白質:6.6g
脂質:18.4g
炭水化物:40.3g
ナトリウム:1.5g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:0.8g)
ビタミンB1:0.83mg
ビタミンB2:0.20mg
カルシウム:195mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:353kcal (めん・かやく:274kcal / スープ:79kcal)
食塩相当量:3.8g (めん・かやく:1.8g / スープ:2.0g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、醤油)、スープ(豚脂、乳等を主要原料とする食品、加工油脂、植物油脂、小麦粉、糖類、でん粉、食塩、オニオンパウダー、チーズパウダー、香味調味料、たん白加水分解物、バターオイル、パセリ)、かやく(ブロッコリー、味付エリンギ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、増粘多糖類、かんすい、カラメル色素、酸味料、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に鶏肉、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/6389

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事