明星食品「明星 大砲ラーメン 赤とんこつ」 - 明星食品

明星食品「明星 大砲ラーメン 赤とんこつ」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、キリンビールの新商品「グランドキリン IPA(インディア・ペールエール)」(缶)です。「非日常の特別な時間だけではなく、家庭や一般の飲食店などでの日常の生活の中でクラフトビールをより身近に楽しんでいただきたいという思いから、好評いただいているびんに加えて、350ml缶の『グランドキリン』シリーズをコンビニエンスストア限定で先行発売」とのこと。いやいや、グランドキリンはワンウェイ瓶だから美味しいのに…という思いが無きにしも非ずではあるものの、350mlが何気に嬉しかったりw(ワンウェイ瓶は330ml)一応、中身は瓶タイプと全く同じようですね。「I.P.A.」とは、平均してアルコール度数7%以上の高いアルコール度数と、長期保存を目的として大量に投下されたホップによる強烈な苦味が特徴として挙げられる、かなり人を選ぶビアスタイルです。しかし、グランドキリンのI.P.A.は、ホップの苦味よりも香りのフルーティさにフォーカスを当てていて、アルコール度数は5.5%とI.P.A.の中では低く、それほど苦味も意識されていません。というか…苦くないw むしろ甘味を強く感じるほどで、とても飲みやすいテイストです。I.P.A.を飲みやすくしたビアスタイルを「セッションI.P.A.」と言うのですが、そちらに傾倒した印象ですね。ちなみにオリジナルのワンウェイ瓶とも飲み比べてみたんですけど、気持ち缶の方が軽めに感じられたような…(※どちらもワイングラスに移してテイスティングしています)いや、雰囲気の問題かなw ほら、缶ビールよりも瓶ビールの方が美味しく感じるような気がする的なw あと、ロット差によるニュアンスもあるので、先に醸造された瓶と新しい缶とでは、中身の鮮度が違います。醸造から間もないビールは若く、日が経つと深みが増す傾向にあると私は感じているのですが、その傾向がグランドキリンは特に強いように感じるので、その差異も影響していたのかもしれません。とは言え、稀少ホップを使用した、エールタイプならではの華やかなホップの香りと、余韻に続く甘味との兼ね合いが確かなクラフトマンシップを演出しているので、クラフトビールの入門編としては勿論、きちんと玄人も楽しめるビールだと思います。ジョッキに注がれるような生ビールは苦手…という人でも、これなら楽しめるかもしれませんよ。とてもフルーティなビールなので、よかったら試してみてください。さて、当ブログでは恒例となっている「バカワイン強制召喚の儀」ですが、無論ですよ。もちろん彼のレビューが見たい気持ちがあってのことではあるものの、ただ純粋に、彼にも楽しんでもらいたい…という気持ちが強いので、強制召喚!w ちなみに彼のブログはポイントサイトに関するお得情報がメインなので、そちらの記事もご覧になってくださいね。「ポイントサイトで美味しいワイン!~貯めたポイントでワインを満喫~



さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 大砲ラーメン 赤とんこつ」です。どんぶり型の「昔ラーメン」では★8を叩き出している「大砲ラーメン」なんですが、新作ではタテ型の「neo とんこつ+牛だし」と「黒とんこつ」は両方とも★4で、今回もタテ型から新作が登場しました。ちなみに「neo とんこつ+牛だし」はノンフライ麺で、「黒とんこつ」から油揚げ麺に変更されたんですけど、今回も油揚げ麺みたいですね。早くも漠然とスナック的な雰囲気が立ち込めている実食前なのでw 再現カップ麺らしい本格さ重視の構えは捨て、肩の力を抜いて食べてみたいと思います。ちなみにパッケージには「YOBIMODOSHI RED」と書かれているのですが、お店で実際のメニューにある「呼び戻しレッド」を再現したカップ麺みたいですね。





スープは、「コクのある濃厚なとんこつスープに、『大砲ラーメン』で提供されているレシピを再現したにんにく風味の特製ラー油を合わせ」た、「とんこつ、にんにく、辛味のバランスが良い、パンチのあるスープ」とのこと。ひとまずラー油の刺激は置いといて、甘味の強い豚骨味なんだなぁ…というのが第一印象でした。ただ、純粋な豚骨からの甘味ではなく、あくまでも糖類による演出に過ぎなかったことと、豚骨の指標が粉末スープ的なタイプだったので、やはり本格的な豚骨スープではないですね。総じてスナック的な味わいです。でも廉価版チックな豚骨ではなく、若干ながら奥から動物系の癖だったり、それなりの厚みは感じられたので、単に安っぽい味ではありませんでした。ちなみにラー油の辛さは一般的に見てもピリ辛レベルで、にんにく風味の…って、私この前日まで連チャンして「日清のハロウィントリオ」やっつけちゃってるんでw にんにくのインパクトは感じらなかったんですけど、とんこつ、にんにく、辛味のバランスが良いと製品説明にもあるように、何かが突出するわけでもなく、かと言って物足りないわけでもない、無難に美味しいピリ辛とんこつ味です。にんにく風味の特製ラー油とのことですが、調味油を入れたときにニラっぽい香りを感じたので、そういったフレーバーも添加されていたのかもしれません。総じて本格的な印象は皆無に等しく、いかにもカップラーメンらしいタイプの豚骨味だったんですけど、まさにカップ麺ならではというか、こういうスープが美味しいんですよねー。お店の雰囲気とかは全然だったけどw

めんは、「お店の麺をイメージした中心が硬めの細麺」で、「濃厚スープとしっかりと絡」むとのこと。縮れた細めの油揚げ麺で、スープの方向性と同じく、いかにもカップ麺らしいスナック的な油揚げ麺です。私は実際の大砲ラーメンを食べたことはありませんが、まず再現性は皆無と言っても差し支えないでしょうw 食べ始めは少し硬めの食感で、サイズの割に経時劣化耐性が高く、思っていたよりも食感が持続してくれました。油揚げ麺特有の風味は、どこか袋麺に通じる面持ちで、よりインスタントらしさが強まっていたんですけど、全体の雰囲気を思えば統一性がありますね。ほんのり奥から上がってくる油揚げ麺特有の甘味とスープの甘味がマッチしていて、カップ麺らしいジャンクな相乗効果が得られているようでした。

かやくは、「挽肉、タマゴ、ネギ、ゴマ」とのこと。挽肉はダイスミンチ的な賽の目切りではなく、大きさ形ともにランダムな肉そぼろ系で、ちょっと粉っぽい舌触りが気になるものの、よくある感じの普通に美味しい肉具材です。で、タマゴ。「ぶぶか」シリーズをはじめ、なぜか明星食品の豚骨味で頻繁に見かける子w カップヌードルのレギュラーに入っているスクランブルエッグのような、ほんのり甘味を帯びた優しい子で、これも思いっきりカップ麺らしい具材ですから、なおさら本格的な印象から遠ざかりますw 無論、今回は全体が潔くスナック的だったので、相性はバッチリだったんですけどね。スープも麺も甘かったので、なんかこう、一体感w このタマゴが入ることによって、本格的な印象から遠ざかると書きましたが、それをメーカーも狙っているのかもしれません。大きめにカットされていたネギは好印象だったんですけど、個人的に豚骨ラーメンのネギは小葱が嬉しいなw あと、スープの方向性を思えば、ネギよりもニラを入れて欲しかったです。ゴマは結構たくさん入っていて、ぷちぷち食感と芳ばしい風味がスープに合っていました。


(標準は★3です)

お店の雰囲気だったり(実際に行ったことはないけれどw)「呼び戻し」から抱くような癖のあるイメージだったり(完全に想像だけどw)そういった部分は控えめだったんですが、カップ麺らしい豚骨味の中に若干の癖が漂っていたことと、それなりの重厚感によって、多少なりとも個性は感じられたし、麺のタイプや具材のタマゴなど、良い意味でカップラーメンらしいカップ麺でした。当ブログでの★3は、「無難」とか「フツー」とか「スルーしても問題無し」みたいな印象が強いかもしれませんがw 決して「イマイチ」なわけではありませんよ。今回は良い意味で “普通に美味しかった” ので、スナック的な豚骨味のカップ麺が好きな人は、買って損をするような製品ではないと思います。ただし、友人の感想から察するに、実際のラーメンを知っている人や、どんぶり型で感じられるような攻めの姿勢に期待すると、少し物足りないかもしれませんね。カップ麺らしい一杯である、ということを念頭に置き、あらかじめ期待値を調整した上で、肩の力を抜いて食べましょう。次は原点回帰で王道の豚骨ラーメンかな? そろそろ「昔ラーメン」のレベルに匹敵する逸品をタテ型でも打ち出してもらいたいところです。ちなみに2017年は、「とんこつラーメン」が福岡県・久留米市で発祥して80周年になるんですって。知らなかったw「2017年10月14日(土)、15日(日)には、この発祥の地の久留米で『久留米・ラーメン会』企画によるラーメンイベント『とんこつラーメン発祥80周年記念イベント』が開催予定」だそうなので、興味のある方は足を運んでみてくださいね。そして私に「行ってきたぞ!」と、これ見よがしに自慢話を聞かせろくださいw


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 大砲ラーメン 赤とんこつ
製造者:明星食品
内容量:102g (めん75g)
発売日:2017年9月25日 (月)
発売地区:全国新発売 (全チャンネル)
取得店舗:ミニストップ
取得価格:216円 (税込)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902881428743

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:350㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (調味油)

~標準栄養成分表~

1食 (102g) 当たり

エネルギー:475kcal
たん白質:11.6g
脂質:21.9g
炭水化物:57.8g
ナトリウム:2.5g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.6g)
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.38mg
カルシウム:125mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:475kcal (めん・かやく:372kcal / スープ:103kcal)
食塩相当量:6.4g (めん・かやく:2.3g / スープ:4.1g)

名称:カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩)、スープ(豚・鶏エキス、ラード、糖類、でん粉、小麦粉、たん白加水分解物、香味油、香辛料、食塩、香味調味料、しょうゆ、デキストリン)、かやく(豚・鶏味付肉、卵、ごま、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、香料、炭酸カルシウム、セルロース、乳化剤、カロチノイド色素、かんすい、カラメル色素、リン酸塩(Na)、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、膨張剤、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:https://www.myojofoods.co.jp/news/6245.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事