ヤマダイ「ニュータッチ 凄麺 魚介豚骨の極み」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、勝手に47都道府県の一番搾り企画、「一番搾り 取手づくり」です。ちょっと味の感想を書く前に…これ(笑)めっちゃパッケージで「いばら」を強調しているのがツボだったw さて、いばら県の取手工場にて醸造された今回の一番搾りは、「滋賀づくり」と同じく、米やスターチなどの副原料は用いずに、原材料は麦芽とホップのみ。アルコール度数も5.5%と少し高めの設定で、オリジナルのニュアンスを大切にしているような仕上がりから、雰囲気は「滋賀づくり」と似ています。しかし、「滋賀づくり」と比較すると、フルーティな印象が強く、余韻に響く甘味も控えめで、よりスッキリと飲み易い印象を受けました。「横浜づくり」や、「とれたてホップ」ほどホップが鮮烈ではないので、そこまでインパクトの強いフルーティさではないものの、一番搾りらしさが活かされた、幅広い層から愛されるオールマイティな一杯だと思います。故に、ちょっと没個性というか、物足りなさも感じてしまったんですけどね。でも、この平均的な仕上がりこそが、飽きることのない定番の味わいと言えるのかもしれません。あ、これは地域限定の一番搾りですけどw ちなみに「取手」が茨城県の地名であることを知ったのは、初めて一番搾りの取手づくりを飲んだ時でした(しかも「とって」だと思っていたw)

進行状況:「北海道」「岡山」「福岡」「神戸」「仙台」「横浜」「滋賀」「取手」


さて、本日の一杯は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 魚介豚骨の極み」です。以前、同シリーズから「中華そばの極み」という「極み」がテーマのカップ麺がリリースされていたんですけど、私の行動圏内では発見できなくて、記事に残せませんでした。で、今回のテーマは魚介豚骨…これはもう何がなんでも! と、意気込んでいたら、あっさり1軒目のコンビニ(ミニストップ)で難なく捕獲w 魚介豚骨の極みですよ、極み。どっしり豚骨、攻撃的な魚粉、みたいなスープに期待しています。





スープは、「濃厚な豚骨スープをベースに絶妙なバランスを追求した5種類の魚粉(いわし煮干、鰹節、さば節、むろ節、宗田鰹節)の力強いダシを合わせた贅沢な魚介豚骨醤油スープ」に、「オイルにも鰹節の風味を加えることで、味だけでなく風味からもダシの力強さを感じられるように仕上げ」たとのこと。お、かなり王道ですね。ただ、なんとなく実食前、どろどろ高粘度スープをイメージしていたんですけど、思いの外さらさら系でした。個人的な好みで言えば、これで高粘度だと最高だったんですけど、豚骨の重厚感を土台にして、5種類の魚粉が群れをなして暴れ回っているような、力強い両者の鬩ぎ合いが見どころです。ポークエキスを筆頭に、植物油脂ではなく動物油脂がコクを固め、5種類の魚粉を解き放ち、あくまで醤油は二の次。そう、醤油の立ち位置が絶妙で、豚骨がピンボケしないように調整する役割を担いつつ、一歩半ほど後ろに引いて、下支えに徹しているような雰囲気というか、エッジは魚粉のインパクトに任せ、そこを後押ししているような印象でしょうか。私は基本的にスープを飲まないので、もっとスープに粘性が欲しいと感じてしまったんですけど、スープを飲みながら食べる人にとっては(普通そうですよねw)、このくらいサラサラしているくらいが丁度いいのかもしれません。多分、どろどろしていたら…絶対に重いw サラサラでも豚骨のコクは確かに存在していたし、ぐいぐい攻め立ててくる魚群が物足りなさを一切感じさない、シンプルイズベストな王道の魚介豚骨でした。あ、そうそう。調理方法には、「5分後にめんをよくほぐし、先にかやく入り粉末スープを入れよくかきまぜ、次に液体スープを入れさらによくかきまぜ」と書いてあったので、順番に気を付けてください。あ、それから、もうひとつ…こいつ、めちゃくちゃ体感的な塩分濃度が高いですw 魚粉の含有量も影響していたのだと思うんですけど、途中から舌をヤられましたスイマセン…

めんは、「モチモチっとした食感としっかりとした太さの感じられるゆでたての旨さを再現した極太麺」とのこと。通常に調理して食べ始めるくらいの段階(熱湯を注いでから計6分ちょいを想定)だと、やや主張の強さが気になったんですけど、以前の凄麺に有り勝ちだった特有のゴリゴリとした不自然さは気にならなくなったし、基礎の質感からして、既存の熱湯5分の太麺とは明らかに毛色が異なりますね。ラーメンのラインではあるものの、つけ麺を彷彿とさせるような、かなり厚みのある麺で、小麦の風味が強く、もっちりとした弾力が印象的な極太麺です。中でも好印象だったのは、小麦の風味と甘味。一応、規定通りの待ち時間で食べられる状態ですが、スープの馴染みを向上させる為にも、気持ち1~2分ほど長めに待ったほうがいいかもしれません。なっかなか伸びない麺なので、その点は心配ご無用です。

具材は、「チャーシュー、タマネギ、ネギ、柚子チップ」とのこと。この四角いチャーシュー美味しいですねw 日清食品の厚切焼豚みたいな圧倒的高級仕様ではないものの、一般的なカップ麺の丸型チャーシューとは一線を画す、豚バラ系のジューシーな肉具材です。決してサイズは大きくありませんし、厚みのあるタイプとは言えませんが、満足度は高し。さらに、他の具材も好印象。タマネギは特有のシャープな香味感と、シャキッとしたフレッシュな食感がアクセントに効果的で、濃厚なスープでも最後まで飽きさせません。反面、ネギは目立っていなかったんですけど、柚子チップ。これ、かなり秀逸です。タマネギよりも一回り小さい、つまり結構な大きさで、スープを飲んでいる時や、麺に絡んで口にの中に入ってきた際、柚子の清涼感が味覚を経由して鼻腔を抜け、王道の魚介豚骨スープに絶妙なアクセントをもたらします。柚子のアクセントは、つけ麺なんかでも定番のトッピングですよね。で、何故か製品説明には書かれていませんでしたが、海苔。これがデカい! なんとか写真に収めようと粘っていたら、あれよあれよとヘタれてしまったんですけどw 1枚あたりが通常のサイズ(「日清麺職人」の「しょうゆ」を基準として)の2枚分ほどで、それが3枚も入ってるんですよね。詳しいコスト事情なんかは分かりませんが、かなり力を入れた部分なのではないでしょうか。濃厚な魚介豚骨スープに浸し、麺をローリンしたら最高でした。しかも、それが3回も楽しめます。幸せ。


(標準は★3です)

大層なネーミングのカップ麺ですが、しっかり王道を極めてきたような仕上がりでしたね。つけ麺を意識しているような極太ノンフライ麺に、魚粉が暴れまわっていた力強い豚骨魚介スープ。さらに一般的なチャーシューとは一線を画していた四角いチャーシューと、タマネギの香味や柚子の香りが効果的な薬味のアクセントに、どでかい焼のり。定価240円の製品なので、決して安いカップ麺ではありませんが、スーパーなんかで取得価格が200円を下回ると、値段相応か、それ以上の満足感が得られるでしょう。ひとつ懸念要素を挙げるとするならば、相変わらず強烈な食塩相当量の数値ですね…w(私は中盤から味覚をヤられました…)スープだけで7.9gという核弾頭レベルなので、普段から血圧に問題がない人でもスープの完飲はオススメできません。ちなみに「凄麺」シリーズは、基本的に食塩相当量の数値が高い傾向にあるのですが、このようにw メーカーも意識し始めたようです。個人的にサラサラとした粘性の低さに意外性を感じてしまったんですけど、魚粉のエッジがバッチリ効いた、王道ど真ん中の魚介豚骨ラーメンが食べたい気分の時、きちんと満足させてくれるカップ麺になると思います。これで定価が通常の「ご当地シリーズ」と同じく210円であれば、★5を付けたい感じだったので、気持ち差し引きました。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:ニュータッチ 凄麺 魚介豚骨の極み
製造者:ヤマダイ
内容量:124g (めん65g)
発売日:2017年9月18日 (月)
発売地区:-
取得店舗:ミニストップ
取得価格:259円 (税込)
希望小売価格:240円 (税別)
JANコード:4903088012599

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:4袋 (焼のり・かやく入り粉末スープ・液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (124g) あたり

エネルギー:395kcal
たん白質:13.2g
脂質:8.2g
炭水化物:67.1g
ナトリウム:3.2g
(めん・かやく:0.1g)
(スープ:3.1g)

(食塩相当量:8.1g)
(めん・かやく:0.2g / スープ:7.9g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、大豆食物繊維)、スープ(ポークエキス、糖類、チキンエキス、食塩、動物油脂、たん白加水分解物、魚介粉末(イワシ煮干、鰹節、さば節、ムロ節、宗田鰹節)、しょうゆ、おからパウダー、デキストリン、鰹節エキス、ニンニクペースト)、かやく(味付豚肉、焼のり、タマネギ、ねぎ、ユズ)、加工でん粉、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素、乳化剤、トレハロース、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、リン酸塩(Ca)、クチナシ色素、(原材料の一部に卵、乳成分を含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・さば・大豆・鶏肉・豚肉

引用元URL:https://www.newtouch.co.jp/newsrelease/201709gyokaitonkotsunokiwami.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事

コメント

王道の魚介系豚骨醤油なんですね。
もう出し切った感がありますが、まだまだ新しい商品が出るのがスゴいっ!
豚骨醤油に飢えたら購入してみます。
No title
確かにスープの塩分はかなり感じましたね。
最初は魚粉の風味でいいのですがやはり途中で塩っぱくなりました。
そこで塩分量の数値見てガ~~ン!
美味しいのにスープ完飲を止めざるを得なかったのはツラかったです。

麺はニュータッチさんのツイで聞いてみたのですが
「今年デビューした、新開発の「極太麺」を使った商品の一つにゃのです」
ということでした。

なんでニュータッチさんはいつも「にゃ~」なのかいつも不思議ですww
Re:バカワインさん
たしかに出し切った感ありますよねꉂ(ˊᗜˋ;)‘`,、’`,、

ただ、「有名店監修ではない」
というのが地味に珍しいかもしれません!

> 豚骨醤油に飢えたら購入してみます。
あれ? 魚介は??ww
Re:たういパパ
やはり大量の魚粉を使うと、必然的に塩っぱくなりますからね(;´・ω・)
で、自分には耐えられない塩気でした…そして実際の食塩相当量ww

ただ、ちょっと不思議なのが、「鶏しおの逸品」とか
食塩相当量が高くても、あんまり気にならないときも
あるんですよねぇ…恐ろしいことにw

> 「今年デビューした、新開発の「極太麺」を使った商品の一つにゃのです」
誤字脱字かと思ったら…実際に公式が「にゃ」口調なんですねww

やっぱりアイコンが招き猫(「にゃんタッチ」)だから?(笑)
No title
いばらきってどうしてもいばらぎと読みたくなっちゃうんですよね(^_^;)
あれ何でだろう(笑)

〉5分後にめんをよくほぐし、先にかやく入り粉末スープを入れよくかきまぜ、次に液体スープを入れさらによくかきまぜ

これ!!
このパターン(笑)

もれなく僕が失敗しちゃうパターンです(ノД`)
説明書きを見ないから悪いのですが、ついいつもの通りに何も考えずにやっちゃうんですよね~

何度か失敗経験があります。


てか蓋の注意書き(笑)
ちゃんと自覚しているんですね( ´艸`)
これはちょっと微笑ましい…

いや、核弾頭レベルの塩分に対する注意書きだから微笑ましくないか(*_*;


てか昨日が馬肉会の当日だったんですね(^_^;)
何故か馬肉会への準備期間で今から忙しくなりますよ~の告知だと思い込んでしまいました(笑)

今回はコメント欄閉じなかったからかな??←人のせいにする
Re:もりりん もりりあ〜ん もりりあ〜のっ(もりりん三段活用)
ふふふ…もう俺は「いばら」に慣れたぜ◝( ꒪౪꒪)◜ケケケ…

小袋の投入順はカップの側面にしか書いてないことも多いので、
うっかり見落としちゃっている人も多いんですよね(;´・ω・)

ってか、しっかり読んでいる人のほうが少ないかもしれない…(苦笑)

蓋の注意書きは、やっとこさ…って感じなんですけど、
とりあえず現段階では抑える気ないようですねww

「本日は定例の馬肉会があるので、」
って、ちゃんと書いてたのに〜( •́з•̀) いや…
そもそも…もりりんさんそれどころじゃなかったやん(; ꒪д꒪)!!

管理者のみに表示

トラックバック