からし屋 大祐「焙煎鬼殺し(激辛一味)」 - 勝手に激辛コーナー

からし屋 大祐「焙煎鬼殺し(激辛一味)」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


本日の記事は不定期更新の勝手に激辛コーナーで、からし屋 大祐の「焙煎鬼殺し(激辛一味)」です。以前、勝手に激辛コーナーで取り上げた「超鬼殺し」の姉妹品ですね。こちらは「焙煎」がポイントで、刺激の強さは勿論、風味や挽き方も違うため、完全に別物です。さら〜っと紹介するので、箸休め的にご覧ください。



風味は、非常に芳ばしいですね。これぞ焙煎の妙と言うか、唐辛子特有の芳ばしさが一般的な一味唐辛子よりも秀でていて、焙煎の風味が印象深く、また唐辛子本来の持つ甘味を引き立てています。その分、料理の味に影響を及ぼしますが、それも醍醐味。味を損なわずに辛味を添加したいのであれば、「超鬼殺し」が圧倒的に優勢ですが、唐辛子特有の風味が欲しい場合には、こちらを併用するのがいいでしょう。使用している唐辛子は天鷹種のみですから、ハバネロやジョロキアのような癖のある風味はありません。

辣味は、目分量通りというか、うん。大量に入れたら当たり前のように辛いし、少量であればアクセントに止められます。「超鬼殺し」のように、なにこれ量の割に思わぬ辛い…! と、そのような事態に陥ることはないでしょう。いや、当たり前ですが、正真正銘の唐辛子なのでw 量を増やせば文句なしに激辛ですよ。でも、常識的。粗挽きタイプなので、パウダー状の唐辛子ほど浸透力はありませんが、粗挽きならではのアタックは感じられると思います。


満足度:★★★★☆☆☆☆☆☆ (4)
辛さ満足度:★★★★☆☆☆☆☆☆ (4)
(標準は★3です)

刺激に関して言えば、至って常識的(いや、辛いですよw)なんですが、特筆すべきは焙煎ならではの芳ばし香りと、唐辛子特有の風味ですね。もちろん大量に入れたら激辛クラスに仕上げることは可能ではあるものの、度を超えると添加の料理先が唐辛子味になってしまうのと、舌触りに影響を及ぼすのが難点でしょうか。完全パウダー状の「超鬼殺し」は大量に入れてもジャリジャリしませんが、こちらは大量に使うと歯触りや舌触りにも影響してくるので、適量での使用をオススメします。しかしながら、「超鬼殺し」だけでは唐辛子特有の芳ばしさが得られないため、私と同じく唐辛子を愛している 変態な 人は、二刀流で常備されるのがいいでしょう。で、満足度は★5でも差し支えない一味唐辛子なんですけど…いや、うん。えっと、ここまで書いといてアレなんですが、入手の手軽さ的にもコストパフォーマンス的にも、一般のスーパーで購入できる、ハウス食品の「唐がらし族 <大辛>」で充分だよねw というのが正直な感想なので、★ひとつ差し引きました。ただ、唐辛子マニア的にはですね…この「焙煎鬼殺し」と「超鬼殺し」が卓上に肩を揃えて並んでいる、というブランド的な満足感には代え難い魅力があったりもするわけでs(ry



【追伸】ブログサークルの皆様へ:いつも温かいコメント、ありがとうございます。本日は定例の馬肉会があるので、落ち着くまでの間(たぶん2~3日の間)コメント活動がラフになりますので、ご了承ください。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:焙煎鬼殺し(激辛一味)
製造者:有限会社 大祐
内容量:65g
JANコード:4528425030014

名称:一味唐辛子

原材料名:唐辛子

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事