エースコック「全国ラーメン店マップ 苫小牧編 味の大王 元祖カレーラーメン」 - エースコック

エースコック「全国ラーメン店マップ 苫小牧編 味の大王 元祖カレーラーメン」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「ポテトチップス マシマシにんにく味」です。昨日の「ガリマシステーキ味」と一緒に買ったんですけど…もうダイレクトなタイトルからしてコッチのほうがヤヴァそうですよねw で、肝心の仕上がりは…ガーリックフルスロットルエクスペリエンスw(マシマシにんにく体験w)いや、もうね…こう、何て言ったら…というか、もはや “にんにく味” としか形容できないほどニンニク味ですw 肉の旨味が添加されているわけでもなく、醤油とかタレ系の味付けが施されているわけでもなく、ニンニクで味付けしました的なw で、塩で味を整えました、以上。みたいなw 原材料を見ても動物系のエキスは勿論、主な味付けの調味料は食塩以外に見当たらず、ガーリックはガーリックパウダー&フライドガーリックパウダーの二段構えで、まさにマシマシにんにく味。これ…超好みです私w ガリマシステーキ味のポテトスナックインスパイアな仕上がりにも魅力を感じたんですが、純粋に強烈なニンニクを楽しみたいのであれば、迷わずコチラを手に取ってください。ちなみに私の満足度は、迷うことなく★6以上の逸品でした。集え、にんにくバカどもです。最寄りのセブンイレブンが車で片道約1間20分ほどの距離にあるんですけど、これ買い足すためだけに車を走らせようか本気で悩んでいる今…w



さて、本日の一杯は、エースコックの「全国ラーメン店マップ 苫小牧編 味の大王 元祖カレーラーメン」です。実食の前に、ひとつツッコミよろしいでしょうか…お前まだ北海道おったんか〜い!w と言うのも…この「全国ラーメン店マップ」シリーズ、今回で第6弾になるのですが、「全国各地の人気ラーメン店の味を手軽に味わうことが出来る」というメーカーの言葉とは裏腹に、第1弾は大阪の「麺や 而今」(なにわ編)から始まり、第2弾「らーめん空監修 コク味噌ラーメン」(すすきの編)、第3弾「らーめん空監修 コク味噌ラーメン(2回目)」(すすきの編)、第4弾「らーめん空監修 辛味噌ラーメン」(すすきの編)と、「らーめん空」が何故か怒涛の3連チャンかましましてw やっとこさ第5弾の函館編「函館麺や一文字 コク塩らーめん」にて “空の呪縛” を逃れたので、これから徐々に南下してくれるのかと思いきや…第6弾「苫小牧編」…未だ悠々自適に北海道を停滞中ですかコノヤローw 全国行脚する気ゼロですよね? ま、まぁ今回はシリーズ初のカレー味ですし、多少は新鮮味ありますけども…エースコックは全国を何だと思っているのだろうかw それは扨置き、業界で初めてカレー味のカップ麺を開発したのって、実はエースコックなんですよね。「カップヌードルカレー」のイメージ的に、カレー味のカップ麺は日清食品が先駆者と思われがちなんですが、カレー味のカップ麺を誰よりも早く開発したメーカーはエースコックなんです。そして監修店の「味の大王」は、北海道に於けるカレーラーメンの発祥店と言われているので、まさに元祖カレーのパイオニア同士とも言える今回のタイアップですから、思わず期待に胸が膨らみます。





スープは、「牛脂や野菜の旨みを閉じ込めた固形ルゥを使用し、複数種のカレースパイスミックスを加えることで、食欲をそそる濃厚なカレースープに仕上げ」たとのこと。これぞエースコックの十八番として名高い “ごろっと固形ルゥ” の真骨頂と褒め称えても過言ではないでしょう。原材料を見ると様々な下支えが見られますが、味の主役は間違いなく “固形ルゥ” ですね。スパイスの複雑味と刺激の強さが売りの本格的なインドカレーとは違う、どこか素朴で家庭的なカレー味で、スープの粘度は高く、そのまま〆に白ご飯をダイブさせたらカレーライスとして楽しめそうな、これぞ正しくニッポンのカレー味と言えるテイストなのではないでしょうか。ゴリゴリのスパイスカレーをイメージしていると確実に裏切られますが、ライスよりもナンが合うような、思わず白ご飯を合わせたくなっちゃうタイプのカレー味。刺激の強さは、市販のカレールゥで言う所の中辛くらいでしょうか。そこまで刺激的なスパイス感ではないものの、しっかりと香辛料のメリハリは感じられました。サンヨー食品の「カレーは飲み物。」とは対極にあるような仕上がりで、おそらく一般的にカレー味のカップ麺と言われて思い浮かぶのは、圧倒的にコチラのテイストだと思います。スープ単体で口に含むと、やや私には塩気の強さが気になる濃さではあったものの、後述する存在感の強い油揚げ麺とのバランスは好印象でした。

めんは、「適度な弾力と滑らかさを併せ持った角刃の太めん」とのこと。同社の「カドメン」を彷彿とさせる力強い食感の油揚げ麺で、形状は軽く縮れた平打ち麺ですが、ヌードル系の麺とは一線を画した歯応えがあります。ややゴワゴワとしている主張の強い油揚げ麺ではあるものの、前述したようにスープとのバランスは良好でした。今回のスープは家庭的な路線でありながら、実際に家で作る際にルゥは多め、水は少なめで作ったような力強さを感じる重心の低い濃厚なカレー味だったので、もしも麺の主張が軽かったら、間違いなく埋没していたでしょう。それはそれで面白かったような気もしますがw 今回は適切なバランスだと感じました。

かやくは、「程良く味付けした肉そぼろと、広がりの良いわかめ、食感の良いもやしに、色調の良いねぎ」とのこと。エースコックのカレー味なのに定番の玉ねぎが入ってない、というのが少し意外だったりもしたんですけど、もっと意外だったのがワカメですよw 調べてみると、実際のラーメンにもワカメが入っているのですね。ワカメの入ったカレーに馴染みのない自分としては、カレーにワカメという組み合わせにイメージ的な違和感を抱いてしまったんですけど、なかなかどうして意外と違和感ないじゃないですか。しかも、さすが「わかめラーメン」ブランドを主砲に持つエースコックですね。ワカメのクオリティが実に高く、まさに業界最高品質と言っても過言ではないでしょう。他社からもワカメの入ったカップ麺が発売されていますが、未だエースコックのワカメを超える個体に出会ったことはありません。写真の通り量も多かったし、ワカメの持つ磯の香りと家庭的なカレー味が思いのほかベストマッチで、単体で拾って食べると気分転換に、また麺に絡めて食べると味に変化を与えてくれていて、かなり好印象な具材でした。そして例の程良く味付けした肉そぼろなんですが…なんと、あの “エースコック史上最悪の粗悪なスポンジ肉そぼろ野郎”(略して「スポンジ野郎」)ではござません。ちゃんと “味のある” 美味しい肉そぼろです。日清食品やサンヨー食品の肉そぼろに比べると、まだ劣る印象は否めないものの、スポンジ野郎とは月とスッポンですから、これを機に卒業して欲しいもんですな。もやしが玉ねぎだと嬉しかったかな、とも思ったんですけど、シャキシャキ食感がアクセントに効果的で、意外と存在感ありました。何と言ってもカレー味には珍しいワカメを筆頭に、具材の不満は皆無に等しかったです。


(標準は★3です)

方向性としては家庭的な路線だったので、インドの方が働いているようなカレーショップで出てくる本格カレー味ではありませんでしたが、そもそもカレーは苦手…とかでさえなければ、このカレー味に悪い印象を抱く日本人は稀だと思います。さすが元祖カレー味のカップ麺を作り出したエースコックというか、まさにエースコックならではの固形ルゥが面目躍如していた濃厚カレー味も然る事乍ら、これまたエースコックの得意分野と言える業界内で最もクオリティの高いワカメが持つポテンシャルが存分に活かされている、かなり力の入れようを感じた非常に満足度の高い一杯でした。おそらく、一般的にカレー味のカップ麺と言われて真っ先に思い浮かぶタイプのカレー味だと思いますし、それでいて私のようにカレーとワカメの組み合わせに馴染みの無い方にとっては新鮮味も感じられる一杯になるでしょう。そして、カップ麺の〆にはライスダイブ派の諸君…これ、サイコーだと思いますよ。でもって市販のカレールゥ的なカレー味が好きなら…この一杯で狂喜乱舞できるんじゃないですかねw 私は実際のラーメンを食べたことがないので、再現性の高さは断言できませんが、実際の店舗でも〆にライスを注文してカレーライス的に楽しまれる方も多いようですし、そういった印象から憶測してみると、それなりに再現度は高いのではないかと。食べる前は「また北海道かよ…」と、少し億劫な気持ちがあったりもしたんですけど、なんのなんの。食べ始めて途中から、これが「全国ラーメン店マップ」シリーズとか気になりませんでしたw かなりオススメです。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:全国ラーメン店マップ 苫小牧編 味の大王 元祖カレーラーメン
製造者:エースコック
内容量:100g (めん70g)
発売日:2017年8月14日 (月)
発売地区:全国新発売 (コンビニ・スーパー等)
取得店舗:ローソン
取得価格:216円 (税込)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901071239336

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:420㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:無

~標準栄養成分表~

1食 (100g) 当たり

エネルギー:447kcal
たん白質:10.2g
脂質:18.1g
炭水化物:60.7g
ナトリウム:2.8g
(めん・かやく:1.2g)
(スープ:1.6g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.27mg
カルシウム:210mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:447kcal (めん・かやく:334kcal / スープ:113kcal)
食塩相当量:7.1g (めん・かやく:3.0g / スープ:4.1g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、しょうゆ、砂糖)、スープ(カレールゥ、豚エキス、香辛料、砂糖、食塩、米粉、酵母エキス、おからパウダー、動物油脂、オニオンパウダー、たん白加水分解物、香味調味料、クリーミングパウダー、乳等を主要原料とする食品、全卵粉)、かやく(鶏・豚味付肉そぼろ、わかめ、もやし、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、炭酸カルシウム、カラメル色素、重曹、かんすい、甘味料(カンゾウ、スクラロース、アセスルファムK)、カロチノイド色素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、香辛料抽出物、微粒二酸化ケイ素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、オレンジ、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・オレンジ・大豆・鶏肉・豚肉・ごま

引用元URL:http://www.acecook.co.jp/news/pdf/1707_TLKC.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事