日清食品「日清の黒歴史トリオ 日清焼そば熱帯U.F.O.」 - 日清食品

日清食品「日清の黒歴史トリオ 日清焼そば熱帯U.F.O.」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、三幸製菓の「かりかりツイスト キャラメル」です。ずっと前から探していて、やっとこさゲットしたんですが、コンビニでの購入だったのが少々納得いかなかったりw とは言え、このシリーズは大好きで、お気に入りは「特濃ミルク」なんですけど、同じく甘いテイストのキャラメルも…イメージ通りクリーンヒットw 練乳街道まっしぐらの特濃ミルクほど甘くなくて、でもキャラメルの甘味とコクはあって、ほんのちょっとだけホロ苦いキャラメリゼな風味がイイ感じ。堅め食感と適度なサイズから、ひとつひとつの満足感が高く、洋風かりんとう的な立ち位置として、もはや完成系にあるんじゃないですかね。誰か箱買いして送ってくれてもいいでs(ry ←殴打w いやでもホントに、特濃ミルクを超えることはないと思っていたんですが、一瞬にしてマイランクで肩を並べるラインにまで喰い込みやがりました。私の見付けたコンビニではラスイチだったので、再入荷され次第、何個か確保…いや、ネットで買った方が早くて安いか…やばいレッドゾーンw


さて、本日の一杯は、「サマーヌードル」「だし天茶うどん」に続きまして、日清食品の「日清の黒歴史トリオ 日清焼そば熱帯U.F.O.」です。日清の黒歴史トリオ、最後の一品ですね。「だし天茶うどん」と同じく、2002年に発売されていたカップ焼そばで、何故か「エスニック」を「熱帯」と勘違いしていたらしいですw いや、なんとなく発想のイメージは理解できますけどね。ただ、時期的に…あまり見たくない文字ではある。暑苦しいw と、それは扨置き。タイの屋台で食べる "パッタイ風" の甘辛ソース焼そばとのことで、ミーゴレン的な味付けなのかな。甘辛エスニックな味は基本的に無条件で私のツボに入りやすい傾向にあるのでw とても楽しみです。しっかしパッケージが暑苦しいなぁ…(気持ちとは裏腹に軽く戦意喪失なうw)





ソースは、「チキン、ポーク、魚醤をベースに、ローストナッツや香味野菜などで香りづけした甘辛ソース」とのこと。お、これは面白いですよ。暑苦しいパッケージの割に、思っていたよりもファーストインプレッションが大人しめで、「今回は★3かなぁ…」と、思ったのも束の間、まず個人的に印象的だったのは、調味オイルに添加されていたローストナッツの芳ばしさでした。ナッツ系のオイルを彷彿とさせる癖が手前にあって、この芳ばしい独特の香りと風味に強い個性を感じたんですよね。「サマーヌードル」と同じく、ちょっと味の核を見出し難いタイプだったんですけど、軽いレモンの酸味だったり、魚醤のアクセントだったり、印象的だったローストナッツの個性だったり、それに具材のニラとは別に、オイルからもニラっぽい風味が感じられて、そんな迷走感が個性的で楽しいと思える、後半にかけてジワジワと癖になるような面白い味でした。ただ、糖類による甘味は兎も角、刺激はピリ辛に毛も生えない程度だったし、これがパッタイ風かと言われたら怪しい味付けだったんですけどねw あ、ちなみに今回の調理方法には、注意が必要です。と言うのも、粉末ソースと調味オイルを入れる順番が指定されていて、「先に粉末ソースをかけてよく混ぜ合わせ、最後に調味オイルをかけてよく混ぜ合わせて出来上がり」とのことなので、調理の際は留意してください。日清食品の汁なしカップ麺では頻繁に見られるようになったテクニックなんですけど、この順番を逆に調理してしまった場合、仕上がりに顕著な差が生じることもある為、面倒でも意識してみてくださいね。多分、先に調味オイルを入れてしまったら、特に個性的だと感じたローストナッツの風味なんかは、ひっそりと奥に隠れてしまうと思うので。

は、「ソースがよく絡む中太ウェーブ麺」とのこと。お、現行のU.F.O.に使われている油揚げ麺とは別物ですね。「サマーヌードル」「だし天茶うどん」では、そのまま現行の油揚げ麺が使われていたんですけど、明らかに現在のU.F.O.に使われている油揚げ麺ではありません。そもそもウェーブ麺という説明からして、現行の油揚げ麺でないことは明白ですし、この麺どこかで…と、思って自分の過去記事を調べてみたところ、どうやら「日清焼そばプチU.F.O.ビッグ」に使われていた油揚げ麺と同じみたいですね。原材料の構成や麺量も同じだったし、体感的な印象も酷似していました。現行のU.F.O.よりもスナック的で、ちょっとチープな面持ちなんですが、今回は15年前の復刻版。そんなテーマも相俟って、旧世代感あふれる仕上がりが復刻版のイメージに寄与しているというか、非常に好印象でした。

具材は、「エビ、たまご、ニラ」とのこと。お、シンプルながらも効果的な構成ですよ。エビとタマゴはカップヌードルに入っている個体と同じだと思うんですけど、漠然とエスニックな雰囲気にエビの風味がピッタリとハマっていて、全体の雰囲気を盛り上げてくれます。タマゴは例の甘いスクランブルエッグで、これまた今回のカップ麺にベストマッチ。でもってニラが非常に効果的で、ソースの味付けが大人しかった分、スタミナ感あふれるニラの風味が目立っていて、これまた今回のカップ麺にベストマッチ。量も特に不満を感じさせないほどに入っていたし、ややソースの味付けが大人しかったことで、具材も含めて完成する、そんな全体の力加減を計算しているかのように感じられたバランスが良かったです。


(標準は★3です)

これがパッタイ風かと言われたら微妙な仕上がりだったし、意外にも大人しい味付けだったので、食べ始めこそ★3かなぁ…と、思ったんですけど、ローストナッツの個性だったり、具材の存在感も含めた全体のバランスだったり、現行の油揚げ麺とは違った仕様の当時を思わせる麺だったり、また少し大人しいくらいの味付けだったからこそ、最後まで飽きずに楽しめたと思うんですよね。むしろ最初は無難と思わせておきながら、徐々にテンションを上げていき、濃い味で飽きることなく、それでいて日本製の安心できる優等生なカップ麺とは少し違う魅力というか、ちょっとカオスで謎な印象が相俟ってw 食べ終わる頃には「また食べたいかも…」と、思ってしまった不思議な一杯でした。と、ここまで感想を書いていた時点では★4くらいが妥当かと思っていたんですが、なんかこう、いま後味に残っている少し謎でジャンクな旨味成分の囁きがですね…w いや、もうこれは★5いったれとw なんだか不思議な魅力の持ち主でした。ほんと食べ始めのテンションは低かったんですけど、少しずつ速度を上げていき、食べ終わる前ではなく、食べ終わってから尾を引くように時間差で煽ってくるって…ちょっと卑怯なんじゃないですかねw いやでもほんとに、これぞカップ麺でしか味わえないような、それも十数年前を思わせる迷走感がプラスに作用した良品だと感じました。テイスト的に好みが別れる製品になってしまうかもしれませんし、人によっては味が(濃さ的に)物足りないかもしれませんが、昔のカップ麺が好きな人は、ほんと素直に楽しめるんじゃないですかね。今流行のインパクトや、本格さを意識しているような洗練された要素は皆無に等しい仕上がりなんですけど、それが足を引っ張っていた「夏のラ王」や「サマーヌードル」とは違い、復刻版であるが故のノスタルジックで少し謎な迷走感が功を奏している一杯だと感じました。ポイントは、当時のチープさと “迷走感” を意識ですよ。あ、それから…くれぐれも「小袋を投入する順番」に気を付けてください。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:日清の黒歴史トリオ 日清焼そば熱帯U.F.O.
製造者:日清食品
内容量:99g (めん85g)
発売日:2017年7月3日 (月)
発売地区:全国新発売 (全チャンネル)
取得店舗:スーパー
取得価格:138円 (税込)
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902105244098

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:460㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (粉末ソース・調味オイル・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (99g) 当たり

エネルギー:480kcal
たん白質:7.6g
脂質:22.1g
炭水化物:62.6g
ナトリウム:1.3g
ビタミンB1:1.15mg
ビタミンB2:0.54mg
カルシウム:149mg

(食塩相当量:3.3g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、醤油、香辛料)、ソース(植物油脂、糖類、野菜調味油、鶏脂、香味油、香味調味料、魚醤、香辛料、食塩、たん白加水分解物、レモン果汁、チキンエキス、ポークエキス)、かやく(味付卵、味付えび、ニラ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、かんすい、カラメル色素、焼成Ca、カロチノイド色素、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、増粘多糖類、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、落花生、ごま、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・落花生・えび・豚肉・鶏肉・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/6087/

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事