エースコック「スーパーカップ1.5倍 いか焼そば味ラーメン」 - エースコック

エースコック「スーパーカップ1.5倍 いか焼そば味ラーメン」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、三幸製菓の「おつまみかりかりツイスト ペッパーベーコン味」です。かりんとうっぽさは控えめで、「特濃ミルク」なんかと比べて生地の形が違いますね。味付けの方向性は江崎グリコの「クラッツ ペッパーベーコン」に通じる面持ちなんですけど、比較するとスモークの風味やペッパーのアクセントは弱め。生地のニュアンスもプレッツェルとは別物で、入っているナッツもアーモンドではなくピーナッツ…いや、比べること自体お門違いなのかもしれませんがw どうしてもペッパーベーコンの土俵で戦わせてしまうと、クラッツに軍配を上げたいです。たしかに「かりかりツイスト」ならではと思える個性は垣間見れたものの、ペッパーベーコン系が食べたい気分の時は、王道のクラッツでイイんじゃないですかね。というのが正直な感想だったので、今回はクラッツの広告を貼っておこうww


さて、本日の一杯は、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 いか焼そば味ラーメン」です。店頭で見掛けて「…?!」となった人は少なくないでしょうw 「『いか焼そば』の味わいがラーメンに、『しょうゆラーメン』の味わいが焼そばに」というコンセプトをテーマに、スーパーカップの「いか焼そば」と「しょうゆラーメン」を入れ替えてしまったようです。スーパーカップの鶏ガラ醤油が焼そばになるのは全く以て違和感ないと思うんですけど、いか焼そばがラーメンって…要するに汁ありソース焼そばですよw ただ、実はソース味のラーメンがカップ麺になったのは今回が初めてではなく、数年前にサンヨー食品が「ふなっしーの船橋ソースラーメンタテビッグなっしー!」というカップ麺を発売しておりまして、実際に千葉県の船橋でも船橋名物としてソースラーメンが提供されているそうなんですよね。ですから、単なるキワモノではないんじゃないかと…いや、まぁかなり奇抜ですけどw サンヨー食品がリリースしていた船橋ソースラーメンの印象は良かったと記憶していますし、割と違和感なく楽しめちゃいそう。っていうか…普通に美味しそうww ちなみに当たりだったら、500円のオリジナルQUOカードが入っているそうです。


無論…QUOカードが入っているはずもなくw



スープは、「数種のソースをベースにペッパーなどの香辛料を利かせたソース味のスープ」で、「選び抜いた二種類のチキンエキスを加え、酸味・旨み・甘みのバランスが取れた食べやすい味わいに仕上げ」たとのこと。ハイブリッドエクスペリエンス!w(ソースラーメン体験w)まさにw まず後入れの液体スープなんですが、これ「液体ソース」ですねw 多分、湯切りした油揚げ麺に混ぜ合わせたら、普通にソース味のカップ焼そばが出来上がってしまうと思います。ただ、騙されたと思って食べてみてください。とても美味しいですw まず液体スープ(ソース)の内容としては、同社の「大盛りいか焼そば」に通じるフルーティな面持ちで、おそらく原材料の基本構成は同じでしょう。そして粉末スープからは「めちゃうまふりかけ」を彷彿とさせるホワイトペッパーを中心とした香辛料の香りが感じられ、本家いか焼そばの面影が…というか、思いっきり本家いか焼そばの顔してますw とは言え、べちゃべちゃなソース焼そばを食べているかのようなゲテモノ感は皆無に等しく、しっかり “ソース味のラーメン” として違和感なく成立しているのが素晴らしいところ。ソース味のスープには奇抜な個性を感じるものの、得てしてキワモノ路線を狙っているわけではなく、製品説明にもある酸味・旨味・甘味のバランスが絶妙で、食べ進める毎にジワジワとクセになってくるというか…何とも罪なスープでしたw

めんは、「しっかりとした弾力があり、口の中で存在感のあるカドメン」とのこと。「しょうゆラーメン」からの汎用かと思いきや、原材料に醤油が練り込まれていないことから、どうやら違うカドメンみたいですね。やや油揚げ麺特有の風味を手前に感じたんですけど、割と最近に発売されていた「コーン醤油バター味ラーメン」のときほど頼りない食感ではなく、カドメンらしい力強さが感じられました。今回はスープが中々にストロングだったんですが、しっかり張っていますね。力強い弾力が麺の存在感を確立させ、個性的なスープに埋没していなかったのが良かったです。両者のバランスも整っていたし、きちんと計算されていると思えました。

かやくは、「風味の良いいか、キャベツ、ねぎ、紅しょうが」とのこと。一見すると寂しく見えてしまうかもしれませんが、普段はイカが粗悪なスポンジ野郎(スッカスカな肉そぼろ)ということもザラにあるので、それを思えば上出来ですよ。多分、イカやキャベツは「大盛りいか焼そば」に入っている具材と同じ個体でしょう。しっかりとした弾力のある歯応えと、海鮮具材ならではの風味が好印象なイカは、いか焼そばを演出する上で欠かせない存在だったし、ソース味のスープとも違和感なくマッチしています。さらに滲み出る旨味によって、スープに海鮮の風味を添加してくれる嬉しい効果も。そしてソース味のスープとキャベツの相性は言うまでもなく、イメージ的にも外していませんね。ネギの存在感は希薄だったんですけど、時折ふと感じる紅生姜のアクセントが効果的で、これも焼そばのニュアンスを色濃くしつつ、同時に味の引き立て役として、的確に貢献していました。


(標準は★3です)

一見するとゲテモノに思えてしまうかもしれませんが、騙されたと思って食べてみてください。ちょっとクセになる味というか、この個性的な味わいにハマってしまう人は多いんじゃないかと思います。実食前のイメージでは、とりあえず★3以上は大丈夫だろうと思ってはいたものの、不覚にも何個か買い置きしておきたいと思ってしまいましたw 今回の総評は★5が妥当かとも思ったんですけど、このジワジワとクセになるような味わいには強い引きを感じたし、ソース味のラーメンとして違和感なく成立していたこと、そんな個性も然る事乍ら、スーパーでも販売しやすい価格帯に抑え、誰もが手に取りやすい販路を確保してくれていたことにも好感が持てたので、★ひとつプラスしました。あとは実際に製品を見た時、手に取ってもらえるかどうかが問題なんですが…おそらくイメージで避けている人は多いでしょう。エースコックさん、代理アピールは任せてください…これ美味しいですよぉ〜!w いや、マジで。スープ単体で飲むと結構ストロングな塩気を感じたんですけど、麺と食べる分にはベストマッチだと思えたし、単なるキワモノと侮るなかれ、臆することなかれ。ソース味のラーメン…? お、なんや結構イケるやん。と、中毒性を感じちゃう人続出なんじゃないかと思います。ただ、根本的にダメだったら…その時はゴメンナサイw なんやかんや言うてソース味のカップラーメンなんで、ほんとニュアンスは汁ありソース焼そばのイメージで全く以て正解ですw ただ、調理ミスしたカップ焼そばとは一味違う、こんなラーメンもアリかも…と、一種の新しいラーメンとして、麺類の世界観が広がる切っ掛けになるのではないでしょうか。根本的にダメだったら…ゴメンナサイw とりあえず私としては、強く推したい一杯です。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:スーパーカップ1.5倍 いか焼そば味ラーメン
製造者:エースコック
内容量:116g (めん90g)
発売日:2017年6月5日 (月)
発売地区:全国新発売 (コンビニ・スーパー等)
取得店舗:スーパー
取得価格:138円 (税込)
希望小売価格:200円 (税別)
JANコード:4901071231316

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
容器胴巻:紙
必要湯量:500㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (116g) 当たり

エネルギー:476kcal
たん白質:8.6g
脂質:17.4g
炭水化物:71.3g
ナトリウム:2.8g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.9g)
ビタミンB1:0.31mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:244mg

(食塩相当量:7.1g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩)、スープ(ソース、糖類、動物油脂、食塩、植物油脂、発酵調味料、香辛料、鶏・豚エキス、オニオンパウダー、魚介エキス、酵母エキス、でん粉、香味油)、かやく(キャベツ、いか、ねぎ、紅しょうが)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸カルシウム、かんすい、香料、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、大豆、りんご、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・乳成分・いか・大豆・鶏肉・豚肉・りんご・ごま

引用元URL:http://www.acecook.co.jp/news/pdf/1705_LSI.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事