日清食品「チキンラーメンどんぶり キムラー」 - 日清食品

日清食品「チキンラーメンどんぶり キムラー」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、チロルチョコの新商品「チロルチョコ クロワッサン」です。6月6日からローソンで先行発売されているチロルチョコの変わり種なんですけど、こうやって意識的に追いかけてみると、いろんな種類があるんですねー。ってか…クロワッサンってw 何でもアリかw なんて思いつつ調べてみると、どうやら昨年にも販売されていた模様。まずパッケージデザインがスタイリッシュで、とても魅力を感じました。何種類かデザインがあって、どれにしようか店頭で迷ってしまったw さて、気になる味なんですけど、まず開封した時の香りがですね…まさしくクロワッサンw 芳醇なバターの香りがクロワッサンのイメージを確立させていて、目を瞑って香りを嗅いでみると、パンじゃないのに頭の中ではクロワッサンの映像と直結する不思議w もちろんチョコレートなので、実際に食べたらチョコレートなわけなんですが、中に入っているサクサクとしたビスケット生地が何と無くクロワッサンっぽいような、そうでもないようなw バターの風味が濃厚だったのと、ビスケット生地+チョコレートという組み合わせから、ブルボンの「アルフォート ブロンドミルク」に似ていると自分は感じました。芳醇なバターの香りや、洗練されたパッケージのデザイン性には引けを取ってしまうものの、コスパを優先して味だけで言えば、アルフォートのブロンドミルクでいいかもしれないw でも何かパッケージを撮影して、インスタグラムに投稿するのが流行っている? みたいなので、気になった人はローソンで探してみてください。ところでローソンと言えば、いつもコンビニスイーツなどの魅力的な記事をアップしてくれている、「素敵!元気! アラフィフ!毎日を自分らしく生きる!」というブログがあってですね。以前、当ブログも記事にて紹介(しかもベタ褒め!)してもらっちゃったんですが(「ローソンの新作スイーツ ~Uchi Café SWEETS×GODIVAショコラロールケーキ~」)管理人であるEmiさんの人柄に私は惚れてまして。アラフィフという立場からのリアルな発信や、前述したコンビニスイーツ、ほかにも美味しい食べ物だったり、日々の何気ない日常など、きっと共感を覚える女性の方は多いと思いますし、世の男性陣は女心を理解すべくw ぜひ立ち寄ってみてください。特に食べ物を紹介している記事では、本当に好きなんだなぁ…っていう雰囲気が伝わってくるんですよね。で、紹介されているオススメは、まずハズさない。食いしん坊さんも要チェックなブログですよ。


さて、本日の一杯は、日清食品の「チキンラーメンどんぶり キムラー」です。「話題の "ねとめし" レシピがついに商品化!」だそうで、「SNSやネットニュースで話題になっているチキンラーメンとキムチを組み合わせたアレンジレシピ "アクマのキムラー" を再現した商品」とのこと。へ…へぇ~(知らなかったw)キムラくんが作ったチキンラーメンとか、そういうニュアンスではなかったんですね。そういえば以前、インスタグラムやツイッターなどのSNSで、「悪魔トースト」や「デビルサンド」なる魅惑の食べ物が流行っていると話題になっていましたが、その続編あたりの立ち位置なんでしょうか。なんだかメーカーのニュースリリースでは、 “満を持しての!” 的な書き方で紹介されていたんですけど、過去に「チキンラーメンどんぶり キムチ」や、「チキンラーメンどんぶり キムチ鍋風」といった変わり種のリリースがあったので、キムチとチキンラーメンの組み合わせは今回が初の試みではないんですよね。話題になる前にキムチ入りのチキンラーメンを開発していたのに、話題のレシピ “アクマのキムラー” を本家のチキンラーメンが満を持しての商品化! みたいな雰囲気って、どうなんでしょう…いや、余計なお世話ですよねスイマセンw





スープは、「チキンラーメンの "元祖鶏ガラスープ" にキムチの旨みと辛みを加え、ごま油の風味をきかせて仕上げたやみつきになる旨辛スープ」とのこと。今回は別添で粉末スープなどは付属していないので、基本はチキンラーメンのスープそのものですね。ただ、オリジナルのスープとは明らかに表情が異なっています。今回は具材から滲み出てくるキムチやニラの風味も関係してくるのですが、調味オイルからもニラキムチっぽい風味が感じられたんですよね。ほんのり胡麻油の香りと辣油っぽいピリ辛感、そこにニラっぽい風味が重なって、ただ単純に辣油を浮かべましたよ、という仕上がりではありません。そこそこ唐辛子のピリ辛感も頑張っていたし、それよりも私が目立っていると感じたのは生のニラを想起させるような雰囲気の辛味成分で、そういったニュアンスの一捻りが印象に残るスープでした。

は、「香ばしい『チキンラーメン』の麺」とのこと。はい、おっしゃる通りでございます。それ以上でも以下でもありませんw ノーマルの「チキンラーメンどんぶり」と、全く同じ麺だと思います。相変わらずの俊足ヘタレ麺なので、カタ麺派の人は1分ちょいでフタを開けちゃいましょう。自分はチキンラーメンの麺に限っては、ふやっふやにフヤけたのが好きだったりするのでw 敢えて3分以上放置することもあります。きっと皆さん、それぞれチキンラーメンにはマイベストタイムがありますよね。なので、私からは言うことは何も(つまり書くことがw)ございません。

具材は、「キムチ、たまご、ニラ」とのこと。もうちょっとメインのキムチは酸味や発酵感が強いと嬉しかったんですが、スープに於けるキムチ感のブーストには確実に貢献していたし、調味オイルの風味と重なることで、しっかり相乗効果は感じられました。ボリュームこそ大量とは言えないものの、ひとつひとつに厚みがあったのが良かったです。ふわふわのスクランブルエッグとチキンラーメンの相性は疑う余地もなく、キムチ風のピリ辛スープにタマゴの優しい風味が対比を描くように映えていてイイですね。そして取り分けニラの存在感が強く、かなりニラの風味が濃厚で、今回のカップ麺には絶対に欠かすことのできない、重要なマストアイテムだと思いました。むしろ…メインのキムチよりも目立っていた件w 調味オイルからもニラっぽい風味を感じていた為、その相乗効果はハンパじゃなかったです。


(標準は★3です)

まぁ単純にキムチが入っているだけなら★3でしたけど、調味オイルから感じられたニラの風味だったり、それとの相乗効果を感じた具材の構成など、またベースのチキンラーメンとも相性バッチリだったので、及第点に★ひとつプラスしました。っていうか商品名を “ニラキムラー” に改名したほうがいいのではなかろうかw ってくらい存在感が絶大だった具材のニラも然る事乍ら、調味オイルからもニラっぽい風味が感じられたのが意外なサプライズで(私の所為でサプライズが消えましたねスイマセン…w)きちんと印象に残るチキンラーメンでした。基本的にチキンラーメンの変わり種って、ちょっと手詰まり感が否めないイメージというか、どう頑張ってもチキンラーメン、でも大きく路線を外すとファンを裏切ることになる、そんなニュアンスが非常にシビアなブランドだと思うんですよね。そんな中で今回、シリーズとしては初ではないキムチ系のアレンジでしたが、ニラのインパクトと調味油の風味で個性を演出しつつ、でもオリジナルのアイデンティティは損なわない、なかなかのバランスだったと思います。目覚ましい驚きや打ち震えるような感動は得られないかもしれませんが、チキンラーメンらしい安心感と変わり種の個性を兼ね備え、尚且つオリジナルとの相性も良好なアレンジだったので、幅広い方々が楽しめるかと。いやでも今回のポイントはニラですよ、ニラ。ニラキムラーですよコイツは、うん。あ、幅広い方々が——と、書きましたけど…軽めにニラ注意報ですw

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【企画品】チキンラーメンどんぶり キムラー (1コ入)
価格:187円(税込 / 送料別) (バラ売り)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:チキンラーメンどんぶり キムラー
製造者:日清食品
内容量:84g (めん80g)
発売日:2017年6月5日 (月)
発売地区:全国新発売
取得店舗:ÆON
取得価格:127円 (税込)
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902105243091

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (調味オイル)

~標準栄養成分表~

1食 (84g) 当たり

エネルギー:378kcal
たん白質:8.6g
脂質:15.1g
炭水化物:52.0g
ナトリウム:2.2g
(めん・かやく:1.1g)
(スープ:1.1g)
ビタミンB1:0.29mg
ビタミンB2:0.37mg
カルシウム:129mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:375kcal (めん・かやく:333kcal / スープ:45kcal)
食塩相当量:5.6g (めん・かやく:2.8g / スープ:2.8g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、醤油、食塩、チキンエキス、糖類、たん白加水分解物、香辛料、デキストリン、香味調味料、オニオンパウダー)、オイル(植物油脂)、かやく(白菜キムチ、味付卵、ニラ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、かんすい、香料、酸味料、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、乳化剤、増粘多糖類、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、豚肉、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/6034

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事