まるか食品「ペヤング 酸辣MAXやきそば」 - スポンサー広告まるか食品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるか食品「ペヤング 酸辣MAXやきそば」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「じゃがりこ オリーブ&ガーリック味」です。「オーマイ “ガーリック” 」「とってもいいか “オリーブ” 」「強 “がーりっく” なんだから、仲な “おりーぶ” しよ」など、パッケージの側面に書かれた相変わらず苦しいセンスのダジャレが地味にツボだったりするんですけどw 今回はオリーブ&ガーリック味ということで、なんともアルコールのアテに良さげな雰囲気。ガーリック感に期待しながら開封してみると、あんまりガーリック臭は強くありませんね。いや、それよりオリーブでもガーリックでもない、独特の香りが少し気になる…で、取り敢えず食べてみますと、やっぱりガーリックは強くないし、そんなにオリーブも…そして気になる独特の風味。食べ進めていくとガーリックが少しずつつ増してきて、そこに重なる塩気と唐辛子のピリ辛感で、アルコールのアテには悪くなかったんですけど、いまいちこうパッとしないというか、自分はガーリックやオリーブオイルがガツンと効いたアヒージョっぽい味を想像していたので、イメージとのギャップを感じてしまいました。それにしても若干のクセが…って、原材料を確認したら、コリアンダー(パクチー)入っとるがなーw いや、記載は末端だったので(最も含有量が少ない)隠し味程度だったんですけど、なるほど煙の火種はコイツだったのか…と。まぁガンガンに効いてるわけではなかったし、あの独特な カメム… ニオイを感じるほどではなかったものの、このアクセントが複雑味というより単なる雑味としか思えなくて、オリーブをマスクしている要因になっているような気がしたんですよね。コリアンダーの存在感は、パクチーが苦手な人でも気にならない程度の弱さではあったものの、味の中で “ガーリックでもオリーブでもない何か” として確かに存在しているので、もしタイトルを見てアヒージョっぽい味を想像した人は、少し実食前のイメージを調整しておいたほうがいいかもしれません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

じゃがりこ オリーブ&ガーリック味 (52g)
価格:145円 (税込 / 送料別)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)


さて、本日の一杯は、まるか食品の「ペヤング 酸辣MAXやきそば」です。「にんにく」「わかめ」「パクチー」「背脂」と続きまして、第5弾のテーマには「酸味」が起用されました。なんとなく、汁なし酸辣湯麺(汁がないのに湯麺ってのもアレですけどw)みたいな雰囲気ですよね。「極限的酸味」とパッケージにも書かれているように、兎にも角にも酸味を強調しているようなので、あまり辣味は意識されていないのかもしれませんが、酸味の強さにはMAXシリーズの名に恥じない強烈な刺激を期待させてもらいますよ。(注意:筆者は自他共に認める酸味バカです)





ソースは、「最大限に『酸味』を効かせた、酸辣湯風」とのこと。まず気になる酸味の程度ですが、たしかに一般的なカップ麺としては強烈に効いてますね。酢酸は揮発性の刺激になる為、湯気がムンムン立ち込める調理段階(ソースを混ぜている時)から、しっかりと酸味のインパクトが感じられました。で、実際の味わいも然り。原材料には米黒酢と醸造酢の両方が使われていて、しっかりと味覚に感じる酸味も然る事乍ら、揮発性の刺激レベルが高く、熱々の食べ始めに勢いよく啜り上げてしまうと耐性値によっては盛大に咽せることになるでしょう。それに意外と辣味(辛さ)も意識されていて、しっかりピリ辛…いや、一般的に見たらピリ辛以上かもしれません。さすが「激辛ペヤング」を世に送り出しているメーカーだけあって、辣油の刺激には芯を感じました。味付けのベースは醤油で、まさに酸辣湯風。強烈な酸味と唐辛子系のアクセントから、酸味の効いた酸辣湯風の味付けとして非常に手堅く纏まっていて、実食前に思い描いていた通りの仕上がりでした。

は、いつものペヤング麺ですね。ほんとブレないw いや、これがブレたら「ペヤング」じゃなくなってしまうので、いつも通りが正解なんですけども。ペヤング経験者には親しみのあるスナック的な油揚げ麺で、油揚げ麺特有の風味も感じるのですが、今回はソースに強烈な酸味がある為、その清涼感が先行し、油っぽい印象や、油揚げ麺臭などは控えめに感じました。もちろんソースとの一体感、また相性などに一切の問題はありません。どんな環境にでも順応してしまうようなフレキシブルの高い麺なので、カップヌードルの油揚げ麺に匹敵する万能麺だと思います。

かやくは、キクラゲ,にんじん,たまご,ねぎの組み合わせで、まさに酸辣湯らしい構成です。全て細切れなんですけど、それぞれ量が多く、また役割分担が明白なので、きちんと存在価値が見出せるラインナップ。まずキクラゲは細切れながらに歯応えが強く、コリコリとした食感がアクセントに効果的。人参も同じく歯応えが強く、でも少しキクラゲとはベクトルの違うコリコリ感で、別の方向からアプローチ。タマゴは意外にも優しいタマゴの風味が強く(なんか文字の並び的に表現のニュアンスが変に見えますけどw)強烈な酸味の中でもタマゴらしい風味が目立っていて、ふわとろ食感が嬉しい掻き玉タイプ。酸味の効いたソースと対比を描きながら、しっかりと映えていました。ネギもキクラゲや人参とは違う歯触りに存在感があったし、どの具材も酸辣湯のイメージにピッタリで、文句無しの構成でした。


(標準は★3です)

個人的には冷めてからも厳しいくらい酸味が強くても…と、思ったりもしたんですけど(酸味を感知するバロメーターがイっちゃってますスイマセンw)一般的な市販のカップ麺としては非常識なレベルだったし、意外と辣油の刺激も頑張ってくれていたので、ほんと酸味の効いた酸辣湯風そのものというか、実に裏切りのない仕上がりでした。反面、MAXシリーズにしては常識的というか、ちょっと優等生というか、手堅く美味しいイメージが先行する仕上がりとも言えたので、酸味には確かに規格外の突き抜けたインパクト(★6)を感じたんですけど、総評は上出来の★5が妥当だと判断した次第です。と、このように纏めてしまうと物足りなかったような感想に見えてしまうかもしれませんがw 食べ始めの攻撃力には結構なインパクトが感じられたし、酢の酸味が苦手な人は絶対に手を出さないほうがいいです。苦手じゃなくても普通のカップ焼そばを食べる感覚で食べ始めると、最初の一口目で盛大に咽せる可能性大です。お気を付けください。私は酸辣湯が大好きなので、何個か買い置きしておきたい一杯でした。酸味の効いた酸辣湯が好き、という人は、是非お試しください。ちなみに余談なんですけど、こいつは発見に至るまで捜索に難儀しましてですね…(9軒目のコンビニでヒット)一応、販路はコンビニ限定とかではないので、ドラッグストアやディスカウントショップなんかが狙い目なのかもしれません。かなりパッケージも目立つデザインなのに、コンビニでの発見率が悪過ぎましたw(いや、自分の周りがアレなだけだったのかもしれませんけど…)


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:ペヤング 酸辣MAXやきそば
製造者:まるか食品
内容量:111g (めん90g)
発売日:2017年4月10日 (月)
発売地区:北海道・沖縄除く全国新発売 (全チャンネル)
取得店舗:ローソン
取得価格:195円 (税込)
希望小売価格:185円 (税別)
JANコード:4902885004349

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:480㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (ソース・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (111g) 当たり

エネルギー:507kcal
たん白質:9.1g
脂質:24.3g
炭水化物:63.0g
ナトリウム:1.2g

(食塩相当量:3.0g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(しょうゆ、糖類、米黒酢、食塩、ラー油、植物油脂、醸造酢、チキンエキス、香辛料、たん白加水分解物、ポークエキス)、かやく(キクラゲ、にんじん、たまご、ねぎ)、酸味料、酒精、増粘多糖類、トレハロース、加工でん粉、かんすい、調味料(核酸等)、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ソルビトール、カロチノイド色素、グリセリン、香辛料抽出物、パプリカ色素、リン酸Na、ビタミンB2、(原材料の一部にごま、大豆を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・ごま・大豆・鶏肉・豚肉

引用元URL:http://www.peyoung.co.jp/products/690/

ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。