日清食品「カップヌードル シンガポールチリクラブ」 - 日清食品

日清食品「カップヌードル シンガポールチリクラブ」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


紹介が遅くなってしまいましたが…数日前に開催した馬肉会の様子を「おっちょこ主婦の家計救出ブログ」のビー玉ちゃんが記事にしてくれました。私は生ビー玉ちゃんと今回が初対面だったんですけど、それはそれは素敵女子でして、ブログから受けるイメージ通りの…いや、それ以上に魅力的な方だったんですよね。今回は旦那さんも一緒に参加して頂いて、まさに理想の夫婦像というか、そんな新メンバーを迎え、非常に有意義な会となりました。そんな馬肉会の様子が伝わってくるかと思いますので、是非ご高覧くださいませ。「オフ会に参加させて頂きました♪」ちなみに彼女の記事では…私の容姿がベタ褒めされておりますw(※ビー玉ビジョン)



さて、本日の一杯は、日清食品の「カップヌードル シンガポールチリクラブ」です。カップヌードルでシンガポールといえば、通年商品の中に「シンガポール風ラクサ」がありますし、チリクラブといえば、過去に期間限定で「チリクラブシーフードヌードル」という変わり種のリリースがあったんですけど、どうやら両者の再販ではないようですね。メーカーのニュースリリースでは、「『カップヌードル エスニックシリーズ』の新たなラインアップとして」という説明書きがあったので、「トムヤムクンヌードル」や、「シンガポール風ラクサ」と同列に分類されるようです。エスニックシリーズの例に漏れず、今回も現地メーカーの「シンガポール日清」が製品開発に協力したとのこと。ちなみに「チリクラブ」とは、シンガポールを代表する料理のひとつで、端的にイメージを例えると、エビチリのカニバージョン玉子綴じアレンジ的な雰囲気でしょうか。現地メーカー共同開発ということで、今回も期待が高まります。しっかりエスニックしてるといいなー。ってか、日清食品の製品情報ページでは、「夏の辛口エスニックヌードル」と書かれていたんですけど…ちょいと気が早すぎやしませんかねw あ、辛口なのかコレ(わくわく)





スープは、「カニのうまみとチリソースの辛み、トマトの酸味をきかせ、たまごのまろやかな風味で仕上げた辛口スープ」に、別添で「カニの芳醇な風味が特徴のチリクラブペースト」とのこと。ファーストインプレッションとして印象的だったのは、芳醇なカニの風味と唐辛子特有の芳ばしさ。そして、次に甘味でしょうか。 ほんのちょっとエビのサポートも入りますが、カニの指標は甲殻類特有の芳ばしさで攻めてくる押しの強いタイプではなく、カニの身を彷彿とさせる柔らかい甘味と旨味で包み込んでくる感じ。もちろん甘味に関しては糖類による効果が強かったんですけど、唐辛子の芳ばしさと刺激のアクセントがスープの甘味とクセになるような対比を描いていて、同時に異国情緒あふれる雰囲気に寄与しているというか、自分は甘味が好印象だと感じました。味のベースはエビチリなんかに通じるチリソース系で、そこにエビではなくカニの旨味を付与し、甘味でクセになる後味を演出。思っていたよりも粗挽き唐辛子は沢山入っていて、開封の段階から唐辛子特有の芳ばしい香りが感じられたことに好感が持てました。この点がハッキリとしていたので、スープの甘味も野暮じゃないと思えたんですよね。ちなみに辛さ自体は見た目ほど大したことありませんでしたが、ピリ辛を超えたら無理ッ! という人は、ちょっとヒーハーしちゃうかもしれません。人を選ぶほど強烈ではないものの、きちんと異国情緒の感じられるアジアンテイストな仕上がりで、チリクラブらしいと思えるポイントは押さえられていると思いました。そして異国情緒の演出に効果的だったアンニャロウな工作員が約1名紛れ込んでいたんですけど…詳しくは後述で。

は、「カップヌードルならではの、しなやかでコシとつるみのある麺」とのこと。原材料の構成と麺のサイズから察するに、「シーフードヌードル」からの汎用ですね。カップヌードル御三家(「レギュラー」「シーフード」「カレー」)の中で最も麺の下味が控えめで、麺の幅も少しだけ細めに切り出されています。それが大きく功を奏したか、今回は油揚げ麺特有の風味も目立って気にならず、それを感じたとしても良い意味でスナック的だと思えるアクセントに思えたし、麺を食べている時にもカニの柔らかい旨味を感じられたバランスに好感が持てました。もしレギュラーやカレーに使われている汎用麺だったら、おそらくカップヌードル特有のスナック感が勝ち過ぎていたと思うので、配慮を感じられたのが良かったです。

具材は、「カニ風味かまぼこ、たまご、ネギ、パクチー」とのこと。カニ風味かまぼこは、お馴染みシーフードヌードルのアレなんですけど、180円のカップヌードルに本物のカニを放り込むのは土台ムリな話だと思いますし、雰囲気を醸し出す分には申し分のない存在でしょう。かまぼこ特有の甘味がスープとマッチしていて、なかなか美味しかったです。タマゴはスクランブルエッグ系ではなく、掻き玉系のタマゴだったので、具材としての存在感は強くないものの、タマゴの優しい風味がスープ全体に行き渡り、これまたチリクラブの演出として効果的な要員でした。ちなみにスープの項目でも触れたアンニャロウな工作員はパクチーだったんですけどw かなりサイズは小さく、表立って主張してくるほど量は入っていなかった為、そこまで存在感は強くありません。ただ、時折ふと、あの風味が流離うように訪れます。しかし、決してネガティブな存在ではなく、程よい異国情緒の演出に効果的と思えるアクセントになっていると私は感じました。パクチニスト的には物足りないでしょうけれど、今回はパクチー推しというわけではありませんし、この程度であれば苦手な人でも気にならないと思うので、程よい効かせ方だったと思います。


(標準は★3です)

しっかりとチリクラブらしい個性や異国情緒が感じられ、尚且つ万人に愛されるカップヌードルとしても成立している、絶妙な立ち位置にある良品だと感じました。柔らかくも芳醇なカニの旨味に、唐辛子特有の芳ばしさが好印象なチリのアクセント。具材の掻き玉によるマイルドなタマゴの風味も効果的で、パクチーも幅を利かせ過ぎずに異国情緒を加速させる効果的な要員となっていて、最も主張の弱い汎用麺が、それぞれの個性を口腔内にリフト。これだ! というズバ抜けたインパクトを打ち出しているわけではなかったものの、細部にわたって見所が多く、カップヌードル的にアレンジされていながらも本格さは失っていない、さすがシンガポール日清との共同開発品というか、実に華麗な着地だったと思います。あ、これは海外製の袋麺やカップ麺では結構あるあるネタなんですけど、小袋のペーストは中身が出しにくいので…頑張ってくださいw カニ,チリ,タマゴ,ほんのちょっとパクチーが絶妙に絡み合う、ちょっとクセになるタイプの異国情緒あふれるカップヌードルでした。一応、シリーズ第3弾になるんですかね。今から続編が待ち遠し…いや、「夏の辛口エスニックヌードル」らしいのでw 次の新作は秋以降でしょうか。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:カップヌードル シンガポールチリクラブ
製造者:日清食品
内容量:78g (めん60g)
発売日:2017年4月3日 (月)
発売地区:全国新発売 (全チャンネル)
取得店舗:ローソン
取得価格:184円 (税込)
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902105242117

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:310㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (チリクラブペースト)

~標準栄養成分表~

1食 (78g) 当たり

エネルギー:367kcal
たん白質:7.8g
脂質:16.7g
炭水化物:46.3g
ナトリウム:1.8g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.0g)
ビタミンB1:1.06mg
ビタミンB2:0.27mg
カルシウム:86mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:367kcal (めん・かやく:310kcal / スープ:57kcal)
食塩相当量:4.6g (めん・かやく:2.1g / スープ:2.5g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、醤油)、スープ(糖類、豚脂、香辛料、かにエキス、でん粉、卵粉、植物油脂、小麦粉、食塩、醤油、オイスターソース、香味油、魚醤、トマトパウダー、トマトペースト、醸造酢、えび)、かやく(卵、魚肉練り製品、赤唐辛子、ねぎ、香菜)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、カラメル色素、炭酸Ca、かんすい、カロチノイド色素、乳化剤、ベニコウジ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、甘味料(スクラロース)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、鶏肉、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・かに・豚肉・鶏肉・大豆・ごま

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/5906

ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事