まるか食品「ペヤング 背脂MAXやきそば」 - スポンサー広告まるか食品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるか食品「ペヤング 背脂MAXやきそば」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、サントリーの新商品「ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール」です。いや、新商品というかリニューアル商品ですね。ちなみにサブタイトルが、「〈香るエール〉」から、「〈香る〉エール」に変わりました。サントリー曰く、「ご好評いただいている “フルーティな味わい” はそのままに、醸造工程を見直すことで、よりすっきりと心地よい後味に仕上げ」たとのこと。相変わらずホップの適度にフルーティな爽やかさと、タイトルで「香り」を括っているだけあって、確かに以前の香るエールよりも香り立ちが良くなったような気がします。ただ、本家リニューアルの時ほど目立ったブラッシュアップは感じられず、体感的にはロット差のニュアンスでしょうか。いや、オリジナルのプレモルは頻繁に楽しませていただいているのですが、香るエールは指折り数える程しか飲んだことがないので、自分が変化に気が付いていないだけかもしれませんがw ただ、やっぱりオリジナルと比較して、香りを意識している分、どうしてもコクに欠けるというか、うん。でもコンセプトが「プレモルにして、かろやか。」なので、立ち位置としては間違っていないのでしょう。しっかり香りを楽しむ為に、是非ともワイングラスを使用して楽しんでみてください。で、今回は “彼” を強制召喚しますよー。ちなみに前回のコラボ記事で、「惜しむらくは、4月11日に発売される『ザ・プレミアム・モルツ<香る>エール』。これと飲み比べをしてみたかったなぁ。」と、自ら公言してるんですよねw(フラグ?)ってことで…出でよ! バカワイン!(ゴゴゴゴゴ…)


さて、本日の一杯は、まるか食品の「ペヤング 背脂MAXやきそば」です。「にんにく」「わかめ」「パクチー」に続くMAXシリーズ第4弾で、背脂ですよ、背脂。今のところMAXシリーズは、良くも悪くも漏れ無くMAX(パクチーとかトラウマレベルで…w)だったので、今回の背脂にも期待と安心感を抱いている反面、問題は私の内臓が許容するかどうか…w 味としては背脂とか大好物なんですけど、身体が受け付けないという…いや、食べますよw ええw っていうか、ここまでハッキリとモノクロームのパッケージも珍しいですよね。店頭で異色なオーラを放っていましたw





ソースは…すんごいアブラです。ひと口目から唇ギットギト。かなりギッシュな仕上がりで、液体ソースというか…うん、もはやアブラです。割合としては、アブラ7割:タレ3割な感じですかね。こってり系のラーメン(チルド)に付属している液体スープあるじゃないですか、希釈用の。あんな感じw ただ、これがですね…美味しいんですよw とても美味しいw 嗚呼…アブラってウマイんだなぁ…ってw 植物油脂も含まれているのですが、ほぼ動物油脂だと思ってください。背脂の粒感とかは特に意識されてなかったんですけど、ひとくち食べた瞬間に背脂(豚脂)と分かる、こってこての旨味。でも闇雲にギッシュなわけではなく、豚脂の芳ばしさや特有の甘味など、きちんとアブラの “ウマミ” を意識してるんですよね。方向性は焼そばというよりも完全に油そばのニュアンスでしたが、酸味などのサッパリとしたアクセントは皆無に等しかった為、怒涛の如くアブラが押し寄せてきます。とんでもなくジャンク。意識高い系の海外セレブとか悲鳴を上げて逃げ出すんじゃないですかねw でも油そばに一定の耐性さえあれば、ほんと素直に楽しめる旨味だと思います。反面、苦手な人は絶対に手を出さないでください。出した手を喰い千切られますよw もちろん液体ソースにはアブラだけでなく、きちんとタレの要素も含まれていて、適度に醤油のキレを効かせながらもカドは立たせず、焼豚のタレを彷彿とさせる甘味を帯びたタイプ。チキンエキスとガラスープがレトロな中華そばを彷彿とさせるテイストを演出し、ガーリックペーストが然りげ無く旨味を補強。たしかにオイル感のインパクトはハンパじゃなかったんですけど、単純に脂っぽいだけでなく、ひとつの油そばとして、意外にも硬派な一面を魅せてくれた味わいでした。

は、いつものペヤング麺ですね。全体の方向性は油そばのイメージが強かったんですけど、いつものペヤングに使われている油揚げ麺を使用することで、なんとか「ペヤングのカップやきそば」という体裁を保っているようでしたw ソースの背脂が打ち出していたインパクトが強烈な分、麺は埋没しているのでは…と、思われるかもしれませんが、タレが鋭いタイプではなかったことと、油揚げ麺ならではの芳ばしいスナック感が功を奏し、ジャンクさの相乗効果を感じるような相性の良さで、意外と麺単体としての存在感は保たれていたんですよね。もともとがスナック路線邁進中な油揚げ麺なので、カップ麺ならではと言えるジャンクさが好印象でした。サイズも細めですから、ソースのアブラを容赦なく絡め取ってくれますよw

かやくは、メンマ、ねぎ、ナルトですね。肉系の具材は入っていませんが、あのペットフードみたいなヤツが入ってたら逆にテンションが下がるのでw 潔くカットしてくれたほうが好印象。で、やはり具材の構成も硬派な油そば、または中華そばに通じる内容ですね。で、それぞれの役割が非常に効果的です。まずメンマ、特有の風味に目立った主張は感じられませんでしたが、厚みがあって歯応えが明確。量も多く、箸休めに嬉しい存在でした。ネギの量も多く、歯触りと風味が脂一辺倒にならない工夫として寄与しています。ナルトも量が多く、箸休めとしてメンマとは違った方向性から存在感をアプローチ。それぞれが効果的に作用していたことで、強烈な油脂感を制することができた、と言っても過言ではないかもしれません。


(標準は★3です)

結論…「アブラはウマイ」w ここまで清々しく不健康だったら、もはや開き直って食べられちゃうというか…うんw ちょっと個人的には厳しい一杯(内臓的に)だったんですけど、それでも素直にウマイと思わされたことに、ひとつの油そば系カップ麺としての説得力の高さを感じた次第です。酸味の有無が大きな違いと言えるかもしれませんが、硬派でクラシックな油そばが好きな人は、ほんと違和感なく楽しめると思いますよ。反面、動物油脂に対する抵抗力に自信が無い人は、まず避けられたほうが賢明です。そのくらい強烈にアブラ推しだったので、かなり人を選ぶカップ麺になるとは思うんですけど、ここまでアブラの旨味をストレートに伝えてくれるカップ麺は珍しいですよ。変わり種のカップ麺や油そばに馴染みのない一般客層からのウケはイマイチかもしれませんが、コアな客層からは猛烈に支持されそうというか、そんな敢えて人を選ぶようなインパクトで勝負してきた部分に確かな価値が見出せました。ついてこれるヤツだけついてこい…的な、うん。これぞMAXシリーズの醍醐味だと思います。個人的に再食することは叶いませんがw(こう見えてマニア級の健康志向なのでw)このクレイジーな仕上がりには素直に好感が持てました。とりあえず今回の背脂MAXは…マジで背脂MAXなのでw ご利用は計画的に。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:ペヤング 背脂MAXやきそば
製造者:まるか食品
内容量:130g (めん90g)
発売日:2017年3月27日 (月)
発売地区:北海道・沖縄を除く全国新発売 (全チャンネル)
取得店舗:ミニストップ
取得価格:216円 (税込)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902885004387

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:480㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (ソース・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (130g) 当たり

エネルギー:696kcal
たん白質:9.9g
脂質:44.7g
炭水化物:63.4g
ナトリウム:1.3g

(食塩相当量:3.3g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(動物油脂、植物油脂、しょうゆ、ポークエキス、糖類、チキンエキス、ガラスープ、食塩、でん粉、ガーリックペースト)、かやく(メンマ、ねぎ、ナルト)、調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素、増粘剤(グァーガム)、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、パプリカ色素、クチナシ色素、ビタミンB2、ベニコウジ色素、(原材料の一部にごま、大豆、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン

引用元URL:http://www.peyoung.co.jp/products/686/

ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。