東洋水産「マルちゃん 本気盛(マジモリ) キムチ豚骨」 - 東洋水産

東洋水産「マルちゃん 本気盛(マジモリ) キムチ豚骨」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、ジャパンフリトレーの新商品「ロイヤル・ドリトス ビーフ&ペッパー味」です。しっかりビーフ! しっかりペッパー! しっかりジャンク!w いやもうビールの供に間違いないヤツですよコレは。生地(トルティーヤチップス)のサイズはレギュラーのドリトスよりも大きくて、2度がけ製法で味付け濃いめ。ザ☆身体に悪そう♡ の、王道を地で行くようなスナック菓子ですw いやでもね、めちゃくちゃビールに合うんですよ、こういう危険なヤツほど。ジャンクなビーフの旨味にブラックペッパーの刺激が後引く味わいで、これぞフリトレーというか、うん。まさに健康を度外視しているような仕上がりなんですけど…そういう食べ物ですよね? ドリトスってw 「ザクリッチ」とか、「肉厚チップス」とか、もちろん「ドリトス」も該当しますが、フリトレーのジャンクな味付けが好きな人にとっては、どストライクなスナック菓子だと思います。これ激しくレギュラー化希望!(鼻息)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【コストコ通販】フリトレー バラエティパック24(4種類×6袋:24パック)
価格:1,543円(税込・送料別) (2017/03/28時点)
※冒頭の「ロイヤル・ドリトス」ではありません


さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん 本気盛(マジモリ) キムチ豚骨」です。随分とシンプルな本気盛の新商品がリリースされましたねw 具材に強い東洋水産で、しかもガッツリ系の本気盛ですから、キムチ豚骨との相性は非常に良さそうな予感。ちょっとエースコックの「ブタキム」とイメージが重複しているような雰囲気が無きにしも非ずですけどw 自分は本気盛が好きなので、かなり楽しみです。





スープは、「ポークの旨味をベースに、唐辛子で辛味を利かせた豚骨スープ」で、「粗挽唐辛子入り」とのこと。別添で調味油系の小袋は付属していなかったので、比較的すっきりとした路線だったのですが、柱となっているポークの旨味が指標を履き違えていなかったのが好印象。決して本格的な豚骨感ではなく、東洋水産らしい粉末ポーク的な豚骨感と言いますか、カップ麺らしいスナックタイプの豚骨感だったんですけど、ほんと東洋水産は粉末スープ系の豚骨を見事に使いこなしてきますね。本気盛というブランドが持つイメージと、油揚げ麺の方向性から、ジャンクでスナック的な豚骨感がピタッ、と違和感なくハマっていて、まさにカップ麺ならではの良い意味でチープなテイストに仕上がっています。この旨味、実際のラーメン屋さんじゃ味わえませんからね。っていうか、もし実際のラーメン屋さんで出てきたら…軽くクレームレベルの話ですけどw このスナック的な旨味には、カップ麺でしか味わうことのできない魅力を感じてしまいます。下手に気張ったスープではなく、完全に割り切っているような豚骨感だったんですけど、ブランドのイメージ的に正解。ちょっぴりピリ辛でしたが、辛い食べ物が苦手な人でもヘーキなレベルだと思います。具材のキムチから滲み出ていたキムチの風味と、いい意味でチープな豚骨感も絶妙にマッチ。最初は少し物足りないかな? という嫌いを若干ながらに感じたんですけど、油脂感の無さが食べ終わる頃には丁度いいと思えるバランスというか、それがプラスにも思えたのが良かったです。ちなみに必要なお湯の目安量は450mlとのことでしたが、410mlで喫水線に達しました。ただ、本気盛シリーズは喫水線の見極めが難しい為、ちょっと多いかな? くらいが良いと思います。

めんは、「なめらかでコシのある、太めの角麺」とのこと。いつもの本気盛らしい食べ応えのある太めの油揚げ麺なんですけど、ひと昔まで感じていたネガティブな無骨さは随分と控えめになりましたね。それに今回のスープはスナック的な路線だったので、本気盛の油揚げ麺らしい油揚げ麺は相性バッチリ。で、嬉しかったのが油揚げ麺特有の油脂感。通常、マイナスに作用しがちな項目ですが、今回は別添として調味油系の小袋が付属していなかった分、油揚げ麺の油脂感がスープにコクをプラスしてくれているというか、油で揚げてあることがプラスに働いていたんですよね。そういった意味でも兼ね合いが好印象だったし、実際に麺とスープの取り合わせにも難は感じられず、本気盛らしい太麺の良さが活かせていました。

具材は、「味付豚肉、白菜キムチ、ねぎ」とのこと。まず白菜キムチですが、同社の「やみつき屋 辛味噌キムチ」に入っていたようなフリーズドライの具材ではなかったので、そこは少々寂しいポイントではあったものの、分厚くてフレッシュな食感は中々リアルだったし、きちんとキムチらしい風味も感じられ、意外とピリ辛だったのがサプライズ。カップ麺のキムチって風味だけ、みたいな物も多いので、このピリ辛感は嬉しい予想外でした。もうちょい酸味も強かったら、モアベター。で、味付豚肉も相変わらず秀逸ですね。クラシックなチャーシューを思わせるリアルな質感で、歯応えのある赤身の繊維質がハッキリと感じられます。でもって量が多い! 白菜キムチも遠慮なく入ってたんですけど、味付豚肉もゴロゴロと入ってます。白菜キムチがフリーズドライではなかったのが…と、先に書いてしまいましたが、豚肉も白菜も申し分の無い量だったので、メーカーから全力疾走でドロップキックかまされそうですねw 全く以て満足できる内容の具材でした、ハイ。


(標準は★3です)

白菜キムチがフリーズドライではなかったことと、別添で辣油系の調味油が付属していなかったことに若干の不満を感じたものの、メーカーの希望小売価格は205円ですよ。それに汎用の本気盛麺もスープに対して適切なバランスで、特有の油脂感もプラスに作用し、それを上手く活かせていたスープの方向性と、食べ応え抜群の豚肉に白菜キムチ。もうね、取り立てた文句の付け所が見当たりませんでした。感動するようなサプライズだったり、目の覚めるような新鮮味こそ感じられなかったものの、しっかりと本気盛らしさを活かすことに重きを置いていたように思えたし、実際にブランドのイメージ通りというか、これぞ本気盛の正しい着地点とでも言わんばかりの完成度に大満足です。本気盛好きは勿論、ジャンクなカップ麺らしいカップ麺が好きな人や、豚キムチ系のカップ麺が好きな人は間違いなく楽しめると思いますよ。それに、ひとつのスタミナ系カップ麺としての総合力も高かったので、これは素直にオススメしたいです。反面、ちょっと本気盛は…という人は避けたほうが賢明かもしれませんが、そんなに人を選ぶタイプではないと思いますし、本気盛ってこういう食べ物なのでw 自分が本気盛ファンというバイアスを抜きにしても上出来の★5で差し支えないと判断しました。メーカーに蹴られるかもですけどw もし具材のキムチがフリーズドライだったら…という希望的不満を踏まえて、★6ちょっと満たずな感じですかね。ぜひFD白菜キムチを起用しての再販お願いします!



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん 本気盛(マジモリ) キムチ豚骨
製造者:東洋水産
内容量:102g (めん80g)
発売日:2017年3月13日 (月)
発売地区:全国新発売 (CVS 他)
取得店舗:ローソン
取得価格:216円 (税込)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901990337953

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ+紙
必要湯量:450㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:無

~標準栄養成分表~

1食 (102g) 当たり

エネルギー:452kcal
たん白質:12.5g
脂質:18.0g
炭水化物:59.9g
ナトリウム:2.4g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.6g)
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.37mg
カルシウム:188mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:452kcal (めん・かやく:359kcal / スープ:93kcal)
食塩相当量:6.1g (めん・かやく:2.0g / スープ:4.1g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、粉末野菜、チキンエキス、香辛料、卵白)、添付調味料(ポークエキス、食塩、香辛料、砂糖、でん粉、たん白加水分解物、植物油、発酵調味料)、かやく(味付豚肉、白菜キムチ、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、かんすい、増粘多糖類、着色料(カラメル、クチナシ、パプリカ色素、パプリカ粉末、紅麹)、酸化防止剤(ビタミンE)、pH調整剤、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、大豆、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/entry/2017/02/post_1348.html

ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事