サンヨー食品「サッポロ一番 麺の至宝 四川麻婆味刀削風麺」 - サンヨー食品

サンヨー食品「サッポロ一番 麺の至宝 四川麻婆味刀削風麺」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、湖池屋の新商品「KOIKEYA PRIDE POTATO 松茸香る極みだし塩」です。前回記事の「秘伝濃厚のり塩」に続くプライドポテトで、まず開封した瞬間から漂ってくる香りが実に豊潤。目を瞑って香りを嗅ぐと、まるで高級料亭のお吸い物の蓋を開けた瞬間と錯覚するほどの香りです。そして、実際の味わいも然り。鰹と昆布による繊細かつ大胆な臨場感あふれる上品な出汁の旨味から入り、そっと松茸の香りが鼻を抜け、ラストノートを3種の塩(焼塩,藻塩,平釜炊きの塩)が引き締めます。やや自分には塩気が強かったことと、ブドウ糖による甘味の演出が若干ながら気になったものの、有無を言わせない上品さ、特に印象的だった香りから、ウマい…と、言わざるを得ない説得力を感じました。取り分けリアル過ぎる香りは特筆すべき水準にあったので、是非これを食べる前は開封時に袋の中へ鼻を突っ込んでくださいw ほんと、高級料亭のお吸い物に匹敵するレベルですから。


さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 麺の至宝 四川麻婆味刀削風麺」です。定期的にリリースされている「刀削風麺」ですが、タテ型は今回が初めてですかね。当ブログでは、どんぶり型の「とろみ醤油」と、「とろみ塩」の2品、そして「汁なし担担」を記事にしてきました。テーマが四川麻婆味なので、麻婆豆腐好きとしては自ずと期待値がw しかもパッケージの側面には「四川省花椒使用」なんて書いてあるじゃないですか。具材の豆腐にも期待しつつ、麻婆らしい花椒の麻味(痺れ感)と、唐辛子の辣味(辛さ)にも注目ですね。





は、「特殊切刃を使用することで刀削風麺を再現し」て、「麺の厚みの違いによりつるつるとした食感と、しっかりとした食べ応えを楽しめる、スープの絡みがよい麺に仕上げ」たとのこと。汁なし,どんぶり型ともに熱湯5分の太麺だった刀削風麺ですが、容器の仕様に合わせてか、湯戻し時間は5分から3分に縮まり、麺の幅は狭く、厚みも薄くなっています。なので、これまでよりも麺単体としての自己主張は弱いですね。麺の片側は厚く、もう片側は薄い独特の形状から、ランダムな口当たりが個性となっているのですが、熱湯5分の刀削風麺ほどインパクトは感じられません。トロミのあるスープは保温性が高く、また麺自体が伸びやすいタイプだったので、のんびり食べてたら後半はコシもヘッタクレも無くなってしまいます。ただ、麺とスープの一体感は特筆すべきレベルにあって、今回の刀削風麺は食感の個性よりもスープとの一体感を最重要視しているように感じました。麺の存在感はスープに埋没気味だったんですけど、この敢えて同化したような状態も悪くないな、と。自分は猫舌なので、食べ終わるまでに時間が掛かり、後半は伸びてフヤけたカップヌードルの麺(カップヌードルにしては異例の太麺バージョン)みたいな感じになってしまったのですがw これはこれで悪くなかったです。

スープは、「厚みのある味わいのポークエキスをベースに、みそ、しょうゆのうまみを合わせ、唐辛子、四川省産の花椒で辛みを加え、さらにラー油を使用することで、奥深い味わいに仕上げた麻婆味のスープ」とのこと。ベースには甜麺醤を彷彿とさせる甘味を帯びた味噌感が漂い、きちんとポークエキスで動物系の厚みを演出。表面に浮かぶ辣油で見た目は辛そうにも見えますけど、辣味は大したことありません。一般的に見てもオマケしてピリ辛ちょい上くらいで、少なくとも辛口には満たない刺激レベルでしょう。唐辛子の刺激に期待すると物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、多めの辣油は雰囲気の演出に効果的だったし、今回は花椒の清涼感が印象的だったんですよね。そこまで強烈な麻味ではなく、あくまでも上品な痺れ感だったんですけど、鼻を抜ける香りと鮮度の高い清涼感は印象に残るポイントでした。自分の期待値が高すぎたのか、やや刺激の面では物足りなさを感じてしまったものの、ビリビリとした花椒の刺激に慣れていない人が食べたら、ちょっとビックリしてしまうかも。味の方向性としては、本場よりも日本人向けのテイストでしたが、麻婆豆腐らしいポイントはソツなく押さえていたし、一般ウケを狙った路線としては花椒も強めに感じたので、良い立ち位置だったと思います。トロミも自然だったし、これによって麺とスープの一体感も飛躍的に向上していました。

具材は、「豆腐のやわらかな食感と甘み、肉そぼろのうまみがスープとよく合い、食欲をそそ」り、「ねぎのさわやかな風味がスープのおいしさを引き立て」るとのこと。今回のメイン具材とも言える豆腐ですが、これは完成度が高いですよ。カップ麺に入る豆腐にしてはサイズが大きく、滑らかな質感と自然な大豆の風味からリアリティは高かったし、昔の乾燥豆腐に有り勝ちだった不自然な酸味も感じられません。今回は刀削風麺や四川省産の花椒がセールスポイントになっていたんですけど、最もインパクトを感じたのは、ある意味この豆腐だったかもしれません。美味しい。肉そぼろはサイズが小さく、量も少なかったのですが、やや濃い目の味付けと明白な肉の旨味から、時折ふと口に入った時の存在感は効果的で、引き立て役に徹した挽肉らしい旨味のサポート感が麻婆らしさの演出としても大きく寄与していました。毎度の事乍ら、どこぞの肉そぼろにも見習っていただきt(ry

(標準は★3です)

自分は「四川」の文字に期待し過ぎてしまったのか、やや刺激の面で物足りなさを感じてしまったものの、日本人好みの麻婆豆腐として見れば、そのイメージを裏切らない仕上がりだったので、一般的にはギャップの少ない味だと思います。花椒のうち四川省産花椒70%使用というのがポイントになっていましたが、今回はタテ型のカップ麺なので、原材料の質よりも含有量を意識したほうがインパクトになって良かったんじゃないのかなー、っていうのが個人的な見解だったりもするんですけど、花椒の清涼感は印象に残りました。どうしても四川=本格的なイメージが生まれてしまうので、本場の本格感に期待すると日本人向けのテイストに物足りなさを感じてしまうのですが、麻婆豆腐としてのイメージに激しい狂いはなかったし、スープとの一体感を重視した油揚げ麺と、クオリティの高かった豆腐の満足度から、及第点に★ひとつプラスしました。あくまでも方向性は四川より日本の麻婆豆腐、って感じだったので、それを念頭に置いて挑めばイメージ通りの味なのではないかと思います。で、以下余談…ふと思ったんですけど、豆腐を乾燥させてるのに高野豆腐っぽくないのって不思議ですよねw あ、凍結させなかったら関係ないのかな…どうなんだろう。豆腐干ともニュアンスは違うし…いや、マジで気になってきたw


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 麺の至宝 四川麻婆味刀削風麺
製造者:サンヨー食品
内容量:96g (めん70g)
発売日:2017年1月16日 (月)
発売地区:全国新発売
取得価格:税込216円 (ファミリーマート)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901734030010

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
容器胴巻:紙
必要湯量:420㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (仕上げの小袋)

~標準栄養成分表~

1食 (96g) 当たり

エネルギー:438kcal
たん白質:9.1g
脂質:19.1g
炭水化物:57.5g
ナトリウム:2.6g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.8g)
ビタミンB1:0.72mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:224mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:438kcal (めん・かやく:339kcal / スープ:99kcal)
食塩相当量:6.6g (めん・かやく:2.0g / スープ:4.6g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でん粉、食塩、大豆食物繊維)、スープ(食塩、糖類、ポークエキス、香辛料、みそ、豚脂、植物油脂、でん粉、米粉、しょうゆ、デキストリン、香味食用油、酵母エキス、たん白加水分解物、発酵調味料)、かやく(豆腐、鶏・豚味付肉そぼろ、ねぎ、唐辛子)、調味料(アミノ酸等)、加工でん粉、増粘剤(加工でん粉、キサンタン)、炭酸カルシウム、カラメル色素、香料、かんすい、クチナシ色素、パプリカ色素、レシチン、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、酸味料、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、ごま、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン

引用元URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0589.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事