東洋水産「マルちゃん 本気盛(マジモリ) 背脂醤油チャーシュー麺」 - 東洋水産

東洋水産「マルちゃん 本気盛(マジモリ) 背脂醤油チャーシュー麺」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


多忙につき(記事作成日に大寒波到来)冒頭ネタすっ飛ばしまして、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん 本気盛(マジモリ) 背脂醤油チャーシュー麺」です。これまで様々なバリエーションの変わり種をリリースしてきた本気盛シリーズですが、なんと背脂醤油ラーメンは今回がシリーズ初らしく、なんか王道っぽい雰囲気なのに意外だなー、って。そして東洋水産の背脂と言えば、「でかまる 尾道ラーメン」に入っていた背脂顆粒が記憶に新しいんですけど、果たして二匹目のドジョウを狙ってきたのでしょうか。おそらく具材のチャーシューは大丈夫だと思うので、背脂の質とシリーズ最大の懸念要素である存在感の強い油揚げ麺を手懐けられているのか否か、そういった部分に注目しながら食べ進めていきたいと思います。





めんは、「丸刃で切ったなめらかな太めの麺」とのこと。ちょっと前から麺のマイナーチェンジを感じてたんですけど、随分と表面が滑らかになりましたね。相変わらず無骨な印象は拭えないままとは言え、それもシリーズの顔だと私は思ってますし、かなり口当たりが良くなったので、馴染み易い印象が強くなったというか、今まで人を選んできたような取っ付きにくさが大幅に和らいできたように感じています。それに最近の本気盛麺は食感の持続力が明らかに向上していて、これまでのように早い段階から太めの油揚げ麺に有り勝ちなフカフカとした食感に変わることなく、モチモチとした密度の高い弾力が最後まで感じられるようになったので、然りげ無くも日進月歩してるんだなー、って。それでも主張の強いタイプの油揚げ麺に変わりはないなので、しばしばスープと喧嘩する傾向にあるのですが、明白な動物系の厚みが感じられる濃いめのスープが麺の手綱をしっかりと握り、懸念されがちな均整を傾ける放し飼い状態になっていなかったのが良かったです。うむ、躾が行き届いていて宜しい。って、コレはスープの項目で書くべきコメントですかねw

スープは、「チキンと野菜をベースに醤油を利かせた、甘めでコクのあるスープ」に、「別添特製油で背脂の風味を出し」て、「一味唐辛子入り」とのこと。基盤は鶏ガラベースの醤油味なんですけど、甘味を帯びた濃いめの甘濃い味付けと、豚脂特有の芳ばしさが印象的だった多めの油脂成分から、チャーシューのタレを彷彿とさせるような方向性にあるスープです。甘濃いタイプの味付けということもあり、スープ単体で続けざまに飲むと喉が乾く感じだったし、醤油も輪郭のあるタイプだったのですが、確かな動物系のコクと甘味が塩気のカドを幾分か包んでくれていて、舌を突き刺してくるような塩カドのネガティブさは控えめでした。基本的に甘濃い味付けには一味唐辛子のアクセントが映えるので、勿論その相性は言わずもがなだったんですけど、もうちょっと一味唐辛子は量が欲しかったかなー。私は甘濃い味付けが大好きなので、最後まで素直に美味しく楽しめたのですが、やや後半にかけて単調なイメージを抱かれる場合があるかもしれまん。一味唐辛子の存在感が希薄というわけではなかったんですけど、まぁちょっとピリピリしてるかな、程度の刺激だったので、もうちょっと強いほうが甘味の中にメリハリが生まれて良かったかなー、って。まぁ一味唐辛子ならコンビニでもポットの横とかに置いてありますし、自分で追加投入できる至ってハードルの低い調味料なので、好みに合わせて事前にスタンバイ&追加投入なさっちゃってください。

具材は、「FD チャーシューブロック、背脂加工品、メンマ、ねぎ」とのこと。うん、やはり東洋水産のチャーシューブロックは間違いないですね。もともとフリーズドライ具材に強い東洋水産ですが、その強みを今回も遺憾無く発揮しています。通常の乾燥具材として用いられているリアル系の味付豚肉は、やや甘辛い味付けが基本なんですけど、こちらはクラシックタイプのチャーシューそのものというか、肉質や風味の再現度が極めて高いのが特徴的です。赤身がメインの素朴なタイプのチャーシューなんですけど、本物さながらの現実味があるんですよね。カップ麺の肉は加工的でマズイ、みたいなイメージを持たれている方にとっては、その先入観を払拭してくれる切っ掛けになるでしょう。ある意味、スーパーに売ってあるラーメントッピング用の安い(でも地味に高いw)焼豚よりも美味しいと思うし、単純にボリュームでは日清食品の「ラ王」や「行列のできる店のラーメン」シリーズに入っている厚切焼豚には引けを取ってしまうものの、こと本物を強く意識したナチュラルな再現度の高さで言えば、このチャーシューに分があると私は評価しています。基本的にタテ型でしか見ないので、それこそ「正麺カップ」なんかでも意欲的に使用してもらいたいですね。ほんと、これガチでリアルですよ。そして背脂加工品は、でかまるの尾道ラーメンに使用されていた背脂顆粒と同じタイプの背脂で、ナチュラルな柔らかい口当たりと背脂らしい甘味、そして最後まで形状を維持してくれる秀逸な背脂でした。スープの特製油が多かったんですけど、尾道ラーメンの時と同じく相乗効果を感じられたのも印章的でしたね。メンマは甘濃い醤油スープと相性が良かったし、そこそこのサイズで厚みがあったので、甘濃いスープの中で箸休めにも効果的。さすが具材にも強く力を入れている本気盛シリーズで、満足度の高いチャーシューを筆頭に、具材への不足感は皆無に等しかったです。

(標準は★3です)

背脂醤油チャーシュー麺というタイトルを実直に体現した仕上がりで、尚且つシリーズの特色であり欠点にもなり得る油揚げ麺の存在感もマイナスに作用することなく、むしろ全体的にガッツリ系のタテ型らしさが功を奏していて、ひとつのカップ麺としての総合力の高さも然る事乍ら、しっかりとシリーズの強みを活かせていたことに好感が持てた一杯でした。そもそも本気盛シリーズが苦手な人にはオススメできませんし、甘濃い味付けがダメな人は回避したほうが賢明ですけど、個人的にはオススメしたくなった一杯です。油揚げ麺も随分と取っ付き易くなってきたし、今回はスープとの均衡も問題なく保たれていたし、満足度の高いリアルなクラシックタイプのチャーシューに、質の高い優秀な背脂と多めの油脂成分が織り成す相乗効果が印象深く、ひとつ不満要素を挙げるとするならば、もうちょい一味唐辛子を効かせて欲しかったことくらいでしょうか。コンビニ定価購入だったので、支払額は税込225円だったんですけど、今回は迷うことなく上出来の★5即決でした。とりあえず念の為、別途一味唐辛子を用意しておくと安心かもしれません。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん 本気盛(マジモリ) 背脂醤油チャーシュー麺
製造者:東洋水産
内容量:108g (めん80g)
発売日:2016年12月5日 (月)
発売地区:全国新発売 (CVS 他)
取得価格:税込225円 (ローソン)
希望小売価格:210円 (税別)
JANコード:4901990337151

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙+プラ
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋 (特製油)

~標準栄養成分表~

1食 (108g) 当たり

エネルギー:495kcal
たん白質:12.9g
脂質:22.0g
炭水化物:61.3g
ナトリウム:2.9g
(めん・かやく:1.1g)
(スープ:1.8g)
ビタミンB1:0.61mg
ビタミンB2:0.45mg
カルシウム:179mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:495kcal (めん・かやく:367kcal / スープ:128kcal)
食塩相当量:7.4g (めん・かやく:2.8g / スープ:4.6g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、粉末野菜、チキンエキス、香辛料、卵白)、添付調味料(醤油、チキンエキス、ラード、ゼラチン、植物油、香味油脂、砂糖、乳糖、食塩、野菜エキス、ポークエキス、酵母エキス、香辛料)、かやく(焼豚、背脂加工品、めんま、デキストリン、ねぎ、ゼラチン)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、カラメル色素、炭酸カルシウム、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、クチナシ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部にごまを含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・ごま

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/entry/2016/11/post_1302.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事