ユーザータグ : CoCo壱番屋監修の記事 (1/2)

エースコック「CoCo壱番屋監修 豚南蛮カレーそば」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、勝手に47都道府県の一番搾り企画、「一番搾り 信州に乾杯」です。信州らしい爽やかな森の香りを…ん? ハーバルホップを使って…? これってコンセプトが「岐阜に乾杯」と酷似していますね。ただ、それとは随分と印象が異なります。独特の香りが個性的だった「岐阜」で感じた渋みなどは目立っておらず、逆に「岐阜」では控えめだった苦味と甘味が増しているようなテイスト。アルコール度数は5%と平均的な値で、これは共通していたんですけど、木の皮を彷彿とさせる渋みだったり、森の香り的な個性だったり、苦味や甘味の強度など、酷似していたコンセプトとは裏腹な味わいです。ただ、こちらの方が日本のビールとして硬派というか、ホップは香りよりも苦味、そして一番搾りらしく麦の旨味を意識している、とても好印象なビールでした。ちなみに醸造所は、「岐阜」と同じ名古屋工場となっています。同じ醸造所でも「名古屋づくり」とは別物ですし、同じ醸造所で同じハーバルホップを使用している「岐阜」とも違う…ビールって面白いですね。

進行状況:「北海道」「岡山」「福岡」「神戸」「仙台」「横浜」「滋賀」「取手」「名古屋」「三重」「新潟」「長崎」「岐阜」「信州」



さて、本日の一杯は、昨日の「彩り野菜カレーうどん」に続きまして、エースコックの「CoCo壱番屋監修 豚南蛮カレーそば」です。「鶏南蛮」なら定番ですけど、「豚南蛮」って珍しいですよね。しかもパッケージの写真を見た感じ…肉そぼろじゃないw(勝った!w)もし「鶏南蛮カレーそば」だったら、昨年にリリースされた「CoCo壱番屋監修 とび辛鶏南蛮カレーそば」のトラウマ再発は避けられなかったでしょう。アレは酷かった…で、もしかしたらカドメンなんじゃないかと期待していた麺ですが、同時発売品のカレーうどんがカドメンではなかったことと、熱湯3分(カドメンの蕎麦は熱湯5分)と書かれているので、おそらく従来の蕎麦でしょう。





スープは、「豚の旨みをしっかり利かせたカレースープに、風味豊かな鰹だしと醤油を合わせた、そばと相性抜群の和風カレースープ」で、「とび辛スパイスの爽やかな辛みがアクセントとなり一層食欲を刺激」とのこと。同時発売品のカレーうどんと原材料を比較してみると、やや並びは前後していますが、ほぼ同じような構成ですね。ベースは同様に豚エキスで、香辛料の表記がカレー粉に変わり、カレーうどんには入っていたクリーミングパウダーやコンブエキスなどはカットされています。しかし、体感的にはルーツ同じくした全くの別物でした。蕎麦のイメージにあわせてか、キリッとした雰囲気に調整してあって、とろみは随分と軽くなり、香り付けだった醤油の風味が意識され、「スープ」よりも「つゆ」という表現が適切に思える味わいに仕上がっています。それに、カツオのニュアンスもカレーうどんとは異なっていて、動物系のコクと競り合うような力強さを感じたカレーうどんの魚介に対し、こちらはカツオの出汁を思わせる上品な風味というか、ちょっとした原材料の調整で、こうも印象が変わるものかと驚きました。とび辛スパイスは、おそらく全く同じものでしょう。飛び上がるほど辛くありませんが、クミンと一味唐辛子をミックスしたような、そして追ってジワジワくる蓄積型なので、辛い食べ物が苦手な人は好みの量を見極めてください。個人的な好みで言えば、クリーミーでコクのある濃厚なカレーうどんのスープが圧倒的に美味しいと感じたんですけど、きちんと蕎麦に合わせた調整が見られたことには素直に好感が抱けました。

めんは、「適度な弾力と歯切れの良さを併せ持った角刃のめん」で、「そばの風味豊かなめんに仕上げ」たとのこと。昨年の「とび辛鶏南蛮カレーそば」と比較して、な~んの進化も遂げていない…と、真顔で断言することはできませんが、カドメン仕様の蕎麦ではない、油で揚げた何の変哲もない従来型の蕎麦です。「日清のどん兵衛」とは対極にあり、イメージは「緑のたぬき」に近いんですけど、それよりも若干ながら太めかな? 縮れが強く、ややザラついた舌触りと、ポソポソとした食感の歯切れがエースコックらしい油揚げ蕎麦です。いい意味でチープな蕎麦というか、カップ麺の油揚げ蕎麦ならではの魅力が感じられる蕎麦ではあるものの、ちょっと廉価版チックな雰囲気ですね。ちなみに麺の量ですが、カレーうどんと同じく78gでした。もともとは90gがデフォルトだったんですが、どうやら昨年の鶏南蛮カレー蕎麦から78gに統一されているようです。まぁ、やんごとなき事情があr(ry

かやくは、「程良く味付けした豚肉、色調の良いねぎ」とのこと。程良く味付けした豚肉は、例のスポンジ肉そぼろとは比較にならない、とてもリアルで質の高い肉具材です。味付けも程よく、肉の旨味が感じられる適切な塩梅。ただ、如何せん細切れなんですよコイツw 撮影直後に拾って食べると印象的だったんですけど、一度かき混ぜたら最後…もれなく行方不明(涙)スポンジ野郎のように邪魔ではないだけマシと言えるかもしれませんが、麺を食べ終わってから底に溜まった子達を掻き集めて…あ、みたいなw ちょっと切ない。そして、蕎麦で謂うところの「南蛮」は「ねぎ」のことを指すので、それが多めに入っていたのは好印象だったんですけど、青ねぎじゃなくて白ねぎを大きめにカットして入れて欲しかったかなぁ。


(標準は★3です)

麺の違いは勿論、スープの味も蕎麦に合わせて同時発売品とは別物だった、という部分には素直に好感が抱けた反面、具材の豚は存在感が希薄、ねぎも南蛮のイメージとは異なっていて、最終的に無難な印象に終わってしまいました。美味しいか美味しくなかったかで言えば、ちゃんと美味しかったですよ。ただ、ちょっと没個性的というか、あまりCoCo壱番屋監修の恩恵が感じられなかったことと、総じてフツーな印象だったので、標準の及第点(★3)としました。豚南蛮という目の付け所には新鮮味が感じられたんですが、まぁ普通に美味しい、ここ止まりだと思います。ある意味、この “普通に美味しい” って大切なんですけどね。今回のCoCo壱番屋コラボ2品、当ブログとしては「彩り野菜カレーうどん」をオススメします。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

エースコック「CoCo壱番屋監修 彩り野菜カレーうどん」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、湖池屋の新商品「KOIKEYA PRIDE POTATO 今金男しゃく 幻の芋とオホーツクの塩」です。すでに店頭でキンピカパッケージのプライドポテトと出会った方も多いかと思いますが、ご存知ない方のために…これね、メーカーのホームページではオープン価格になってるんですけど…なんと1袋300円ちかくするんですよ。ちなみに私が買ったスーパーでは、 “税抜” 298円という信じられない価格だったので、思わず仲のいい店員さんに「これ値段間違えてへん…?」と、聞いてしまいましたw さて、なんでこんなに高いのかというと、日本全国で生産されるじゃがいもの中で約0.3%しか生産されないことから “幻のじゃがいも” と呼ばれている「今金男しゃく」を使っているからだそうで、男爵いもの中でも糖分やデンプンの多い今金男しゃくは焦げやすく、ポテトチップスにするのは非常に困難とされているそうなんですけど、湖池屋さん頑張っちゃったみたいです。そんな最高級品質の男爵いもをポテトチップスにするなんて…と、最初は少し勿体無くも思えてしまった私なんですが…なるほど、もうコレは “おやつ” じゃないですね… “てんぷら” の勢いですw 噛めば噛むほど美味しくて、塩気のバランスも程よく、舌触りも一般的なジャガイモとは異なって感じられました。あとは、1袋のポテトチップス(73g)に300円ちかく出せるかどうか、そこだけだと思います。ただ、せっかく最高級品質の男爵いもを使っているのに、調味料(アミノ酸等)を使っているのは残念だったかなぁ…これによって誰もが美味しいと思える味に仕上がってはいるものの、どうせなら完全なる玄人向けの製品と割り切って食塩のみで味付けして欲しかったかな。とは言え、さすが高いだけあって、今までに私が食べたことのある大手メーカーのポテトチップス(うすしお)の中では、過去最高級の味わいだったことは言うまでもありません。価格的にリピートしたいとは思えませんでしたが、一度は試してみて損のない逸品だと感じました。小腹が空いたときの感覚で食べるには高いけど、まるで天麩羅のような仕上がりだったので、これも料理という枠組みの中にある一品と思えば、意外と値段もネックではないのかもしれません。いや、高いけどw


さて、本日の一杯は、エースコックの「CoCo壱番屋監修 彩り野菜カレーうどん」です。ここ最近のCoCo壱番屋コラボは、紹介数の関係でスルーしてしまっていたんですが、私の 子分 ブログ仲間である伏兎氏にレビューして欲しいと せがまれt(ry ありがたくもリクエストを頂いたので、この度もれなく取り上げる運びとなりました。CoCo壱番屋コラボのスープは安定して美味しいので、それに関しての心配は全然なんですけど、ちょっと今回は油揚げ麺の仕様が気になっているんですよね。と言うのも、これはスーパーカップシリーズではありませんが、「スーパーカップ1.5倍 担担うどん」で麺の仕様がカドメンに変わったので、その技術が応用されているかな…って。とりあえず、パッケージに「カドメン」の文字は見当たりません。





スープは、「豚ベースのカレースープに、複数種の野菜の旨みと鰹や昆布の風味が溶け込んだコク深い味わいの和風カレースープ」で、「とび辛スパイスの爽やかな辛みがアクセントとなり一層食欲を刺激」とのこと。とろみのあるマイルドなスープで、醤油は香り付け。じんわりと染み込んでくるような、とても優しい味わいです。もし刺激的なカレー味に期待して手に取ってしまったら、間違いなく肩透かしを喰らうタイプではあるものの、マイルドながらも奥深く、誰が食べても美味しいと感じてもらえるような、その包容力が最大の魅力でしょうか。とび辛スパイスから大した刺激は感じられず、でもクミンの香りがスパイシーで、全体に撹拌するとピリ辛ちょい上くらいの刺激になります。「お好みにより量を調節してご使用ください」とのことですが、そんなにビビらなくて大丈夫です。ただ、食べ進めるとジワジワくる感じというか、思っていたよりも後半は蓄積されてくる唐辛子の刺激が追ってきたので、唐辛子の刺激が苦手な方は様子を見ながら投入されたほうが安全かもしれません。そして、マイルドながらもカレーらしい香りや旨味に目立った不満は感じられず、土台を支えていたポークの丁寧なコクも然る事乍ら、なかなか魚介も力強いですね。魚介の要素にサバやニボシ系の旨味は感じられず、ほぼカツオの一本勝負だったんですけど、そこに昆布の下支えを噛ませることで旨味の相乗効果を図り、またカツオの旨味が濃く、動物系のコクと競っています。そんなこんなでインパクトや新鮮味は皆無に等しく、非常に優等生なカレー味のスープではあるものの、丁寧なポークのコクだったり、魚介の厚みなど、バランス型の優等生を極めたような仕上がりから、素直に高い満足感が得られました。エースコックの大盛バケツ型ですが、塩気で食わせるようなタイプではなかったのも良かったです。

めんは、「ツルっと滑らかな幅広いうどんらしいめん」で、「適度に味付けをし、スープと相性良く仕上げ」たとのこと。まず結論から入りますが、カドメンではありませんでした。しかし、カドメン仕様ほどの力強さこそ感じられなかったものの、昨年のCoCo壱番屋コラボ(もう1年ちかくもブログでは紹介していなかったんですね…)の画像と比較しても分かるように、少し幅が狭くなり、厚みが増しています。それによって麺の耐久力が上がり、1年間ほどブランクのある私としては、この1年間での成長が感じられました。ちなみに麺の重量は、なんとも微妙な78gとなっています。ただ、昨年のCoCo壱番屋コラボでも麺の重量は78gだったみたいですね。まぁ…うん。やんごとなき事情があるのでしょうw

かやくは、「食感の良いキャベツ、色調の良いねぎ、コーン、人参」とのこと。肉具材は入っていませんが、これまでの経験上、おそらく入っていたら例のスポンジ野郎である確率が非常に高いのでw このように潔くカットしてくれて正解。キャベツは少しサイズが小さめだったんですけど、けっこう入ってますね。で、やたらネギの食感が主張してきますw エースコックのネギは他社と比較して、地味に存在感が強いんですよね。人参は飾りでしたが、ふとした拍子に感じたコーンの甘味は好印象でした。ここはエースコックのカレー味らしく、フレッシュなタマネギの食感が欲しかったところではあるものの、まぁ…うん。やんごとなき事情があr(ry


(標準は★3です)

もし麺がカドメンだったら…と、淡い期待を抱いていたので、ちょっと麺の仕様が寂しくもあったんですけど、日清食品の「どん兵衛」は勿論、東洋水産の「赤いきつね」とも違う、耐久性のある油揚げうどんは個性であり、また大盛バケツ型だからこそ経時劣化耐性の高さが魅力となっていて、何と言ってもスープ…ど安定に美味しかったです。サプライズやインパクトは感じられませんでしたが、とび辛スパイスの効果も感じられたし、ど安定に美味しかったです。もし “麺がカドメン仕様だったら…” “とび辛スパイスの量が多かったら…” “具材にタマネギが入っていたら…” などという希望的な不満が無きにしも非ずではあったものの、ど安定に美味しいカレー味のスープは本当に間違いなかったし、幅広い方々にオススメしたいカップ麺ですね。同時発売品に「豚南蛮カレーそば」もあるので、そちらも楽しみです。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

エースコック「CoCo壱番屋監修 とび辛鶏南蛮カレーそば」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、サントリーの新商品「ザ・プレミアム・モルツ〈芳醇ブレンド〉」です。「黒」の内容は昨年と同じでしたが、今年の1月にオリジナルのプレモルがダイヤモンド麦芽を増量してリファインされたので、「コクのブレンド」も商品名を新たにブラッシュアップして登場、みたいな感じですかね。いやーしかし相変わらず美味しいですよ、このビールは。昨日の「ドライブラック」と同じ週に新発売としてリリースされましたが、これからの季節に飲むなら間違いなくプレモルをオススメします。本家も黒も秀逸ですが、そのちょうど中間的な位置にあっても決して中途半端な印象ではなく、緻密に計算されているようなバランス感から、互いの長所が協調してるんですよね。本家の洗練されたイメージを踏襲した上品な酸味と適度な苦味、そこへ黒が持つ重厚感と甘味が混ざり合うことで本家よりもコクが深く、それでいて黒よりも飲み易い絶妙な立ち位置から、単純なハーフ&ハーフではないことが伝わってきます。ネット上ではチラホラ酷評された記事も目にしますが、私としてはオススメしたいビールですね。できればワイングラスに注ぎ、ゆっくりと余韻を楽しんでもらいたいです。まぁプレモル信者の戯言ということでw

さて、本日の一杯は、前回記事の「とろうまかき玉カレーうどん」に続きまして、エースコックの「CoCo壱番屋監修 とび辛鶏南蛮カレーそば」です。こちらはテーマが「とび辛」ということで、うどんとは真逆を行く仕上がりなのでしょうか。カレーうどん=動物系、カレーそば=出汁系、みたいなイメージが漠然とあるんですけど、カレーうどんサイドが意外にも出汁ハイブリッド系だったので、蕎麦つゆの方向性が気になるところ。あと、鶏南蛮の “鶏” ですよ…パッケージの写真を見る限りでは肉そぼろっぽいので、エースコックの十八番とも言えるスポンジ状のスカスカ無味なハズレ系 “程良く味付けした肉そぼろ” だったらヤだなぁ…(苦笑)





めんは、「適度な弾力と歯切れの良さを併せ持った角刃のめん」で、「そばの風味豊かなめん」とのこと。「厚切太麺」の時ほどワイルドな麺ではありませんが、タイプとしては更科蕎麦よりも田舎蕎麦寄りな雰囲気ですね。日清食品の「どん兵衛」とは対極にある仕上がりで、縮れが強く、食感はポソポソしてます。原材料に山芋が練り込まれていることや、如何にもカップ麺な質感的にも東洋水産の「緑のたぬき」に近い印象なんですけど、それよりも荒いイメージですね。やや質感に廉価版チックな雰囲気が無きにしも非ずではあるものの、インスタントらしい油揚げ蕎麦が好きなら素直に楽しめると思うし、私個人的には大好きなタイプでした。油で揚げた本格さ皆無のチープな蕎麦って無性に食べたくなる時ってないですか?w それにカレーつゆの中にあっても蕎麦らしい風味は強めに感じられたし、荒っぽい質感も良い方向に作用していて、原材料の山芋も効果的に感じられたのが良かったです。ちなみに容器のサイズは大盛バケツ型ですが、うどんと同じく麺量は78gと少なめでした。今までは90gがデフォだったんですけど、原材料の高騰ですかね。

スープは、「ポークとビーフの旨みが利いたカレーベースに、魚介を加えた和のテイストを味わえるスープ」で、「別添のとび辛スパイスを加えることで、味にメリハリがつき最後まで飽きのこない商品に仕上がってい」るとのこと。前半の製品説明はカレーうどんと同じなんですけど、受ける印象は異なりますね。まず相方には入っていなかった、お馴染み「とび辛スパイス」が別添されているので、相方のスープよりもカレー感にメリハリがあります。ただ、そんなに量が多いわけではなかったので、全量投下しても “とび辛” ってほどの刺激は感じられませんでした。もちろん体感的な辛さに関しては個人差が大きく影響してくるものの、一味唐辛子を一振りしただけでもダメ…とかじゃなかったら、お好みにより量を調節してご使用しなければいけないほどの刺激ではないです。ちなみに粘性は控えめで、比較的サラサラとした仕上がり。そんな表情の違いは感じられたものの、ベースの基本構成は同じタイプで、ポークとビーフによる畜肉系の旨味をベースに節系のエキスで和風の出汁感を演出していて、カレーうどんのスープから粘度を抑えて醤油の香りを気持ち少しだけ強調した感じでしょうか。CoCo壱番屋らしい香辛料の配合感は印象が良かったし、味としては普通に美味しかったんですけど、刺激の面は「とび辛」というネーミングが誇張に思えるようなスパイス感だったので、辛さの質を高められないのであれば、せめて名前負けしないような量で挑んできて欲しかったです。

かやくは、「程良く味付けした肉そぼろ、香ばしい揚げ玉、色調の良いねぎ、唐辛子」とのこと。はい、えーっとですね…実食前の悪い予感は見事に的中し、今回の程良く味付けした肉そぼろは残念ながらハズレでした。基本、茶色い肉そぼろはハズレが多く、白い肉そぼろであれば比較的安心して食べられる印象だったのですが、最近は白くても味の無いスカスカな食感の肉そぼろが登場するようになりまして、今回まさにです。えっ、なにキミ脱色してフェイントかけてきたの? みたいな裏切られた感。エースコックの “白い悪魔” と呼ばれているとかいないとか…(ちょっと流行らせたいw)鶏南蛮ということで量こそ多めに入ってはいるものの、これ大量に入れられても…正直、困ります。むしろ私としては多ければ多いほど減点対象となる具材だったので、非常に不愉快でした。美味しくない、邪魔。一応、南蛮サイドも意識されていて、取り立てて個性のない小葱と、少し大きめにカットされた2種類の葱が入ってます。ただ、やっぱりメイン具材の鶏がコレっていうのは…。揚げ玉は特有の油脂感がコクをプラスしてくれていて好印象だったのですが、どう頑張って贔屓目に見ても肉そぼろには一切の価値が見出せなかったので、こんな内容なら具材の小袋を入れずに麺とスープだけで食べたかったです。いっそ揚げ玉を大量に入れてハイカラそば的な方向に持っていくとか、2,3個でも良いから質の高い鶏肉団子を入れるとか、この肉そぼろに鶏南蛮の名を背負わせるのであれば、何か他にテーマはあったんじゃないですかね。唐辛子は…ちょっとビニールみたいな質感だったんですけどw 見た目の飾り的な唐辛子ではなく、きちんと辣味の感じられる唐辛子で、口に入ってきた時の自己アピールが好印象でした。直接的な刺激の面で言えば、「とび辛スパイス」よりも貢献してくれていたような気がします。

(標準は★3です)

結論として、敗因は完全に肉そぼろですね。粗末な具材にも程度があります。麺の量も大盛バケツ型の標準以下だったし、だからと言って他に特別コストが嵩んだような要素は見当たらず、強いてポイントを挙げるなら、肉そぼろの量が無駄に多かったことくらいですが、鶏南蛮を冠しているくせにメインの鶏肉具材がコレってどうよ…みたいな。どれだけ寛容な心で見ても許容できないレベルだったので、今回の総評は厳しめに見ざるを得ませんでした。蕎麦は普通に美味しかったし、カレーつゆも普通に美味しかったんですけどね。兎にも角にも具材の粗悪な肉そぼろが大きく足を引っ張っていて、トータルで見ると及第点は付けられませんでした。もし「とび辛スパイス」の量が最低でも今回の3倍~4倍は入っていたら、そこにかかったコストを考慮して、麺量の少なさや質の悪い肉そぼろも許容できたんですけど、ちょっとコレはオススメできないです。せめて少量でも質の高い鶏肉団子を入れてくれていたら、味的に★3は付けたい感じだったんですけどね。いやーもうダメですホント…この肉そぼろ。しかも今回は文字通り “無駄に” 量が多かったので、ただ邪魔になるだけの存在を通り越して、この肉そぼろが苦手な私には軽く拷問でした…w 安定して美味しいイメージが強い安心感のあるCoCo壱番屋コラボだったので、ちょっと今回の仕上がりは悲しかったです。なんで鶏南蛮にしたんだろう…ってか、この肉そぼろを大量に入れただけで、よく鶏南蛮を名乗れたもんだt(ry

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

エースコック「CoCo壱番屋監修 とろうまかき玉カレーうどん」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、アサヒの新商品「アサヒスーパードライ ドライブラック」です。サブタイトルは「ビアホール仕立ての黒」ということで、パッケージの装いもガラッと一新しましたね。新商品というか、厳密にはリニューアルに当たります。私は元来、真夏の猛暑日だけは例外として、あまりスーパードライは好んで飲まないんですけど、ドライブラックは割と印象が良かったりするんですよね。スタウトらしい洗練された苦味のロースト感や、シュバルツらしい甘味を帯びた重厚感に期待すると物足りなさを感じてしまうものの、根底にスーパードライのスピリッツを忍ばせた喉越し重視のキレが確かな個性となっていて、そこへ黒ビールを思わせる適度な芳ばしさが重なることで、唯一無二の存在となっています。悪い言い方をすると中途半端というか、どっち付かずな印象が無きにしも非ずなんですけどw まず喉を鳴らすキレの辛口を意識したような姿勢がスーパードライらしくて良いんじゃないですかね。で、どのへんがビアホール仕立てなのか体感的に特筆すべきポイントは感じられなかったのですが、何と無く “鮮度実感パック” 的な鮮度高い系の雰囲気は感じられたような気がしましたw そもそもスーパードライが肌に合わない人にはオススメできませんけども、たまの気分転換に飲んでみるのもいいかもしれませんよ。ただ、どうせなら夏の前くらいに合わせてリニューアルして欲しかった…w

さて、本日の一杯は、エースコックの「CoCo壱番屋監修 とろうまかき玉カレーうどん」です。もはや第何弾になるかも分からないほど頻繁にリリースされてきたエースコックとCoCo壱番屋のタイアップ製品ですが、今回はカップうどんとカップそばの大盛バケツ型2品同時リリース。在庫の関係で今回ちょっと記事化は見送ろうか思ったんですけど、まだスーパーなんかでも見かける機会が多いですし、せっかくなんで書き留めておきましょうか。「とろうま」「かき玉」というフレーズから、刺激的な要素よりもマイルド路線な印象を受けますね。ちなみに余談ですが、私は和出汁の効いたサラッとタイプのカレーつゆよりも、うどんを優先的に食べているのに丼の底が見えてきそうな高粘度どろどろタイプのカレーつゆが好みですw





めんは、「つるっと滑らかな幅広いうどんらしいめん」で、「適度に味付けを行いスープと相性良く仕上げ」たとのこと。日清食品の「どん兵衛」ほど厚みはありませんが、東洋水産の「赤いきつね」よりも耐久性があって、製品説明通りツルツルとした滑らかな口当たりと、サイズの割にガッシリとしとした歯応えが特徴的な油揚げうどんです。ちょっと塩気が強めかな? でも表面がツルツルしてるので、多少強めの塩気もスープとの一体感を高めていることに貢献しているというか、うどんっぽさの演出にもなっていて、そんなにネガティブな印象は受けませんでした。以前は鶏・豚エキスや野菜エキスも練り込まれてたんですけど、最近のコラボでは食塩と砂糖のみですね。どん兵衛ほどの厚みがなかったとは言え、耐久性の高さと歯応えから、最後までヘタレた食感にならなかったのが良かったです。ただ、カップのサイズは大盛バケツ型(平均麺量90g)なのですが、麺の量は78gと少なめでした。前回前々回のコラボでは、ちゃんと平均値の90gだったんですけどね。

スープは、「ポークとビーフの旨みが利いたカレーベースに、魚介を加えた和のテイストを味わえるスープ」で、「とろみを強くつけることで、めんにスープが程よく絡みスープの味をしっかりと感じ取れる」とのこと。CoCo壱番屋コラボらしくポークとビーフによる畜肉系の旨味がベースになっているのですが、魚介パウダーの含有量も多く、和風出汁の要素も強めに感じられます。しかし、カレーを出汁で割ったようなサラサラとしたタイプではなくて、製品説明にもあるようにスープの粘性は高め。カレー専門店監修らしくスパイス感には複雑味があり、そのメリハリから粘度の高さでピンボケするような嫌いも感じられません。ちょっと塩気が強めかな? でも刺してくるようなカドのある塩気じゃなくて、ちょっと味が濃いめ、みたいな。いつものように別添で「とび辛スパイス」は付属していないので、刺激的な要素は控えめですね。でもテーマは「とろうまかき玉」ですし、マイルド系でも動物系の旨味+和風出汁+香辛料の複雑味で特に目立った物足りなさは感じなかったです。これといって強いインパクトや物珍しい個性のあるスープではなかったものの、CoCo壱番屋コラボらしいスパイス感は相変わらず好印象だったし、安心と信頼の実績的なカレー味は、どこか食べててホッとする味わいでした。いやー何なんでしょうねーこの安心感w さすが長年のお付き合い、といったところでしょうか。とろみ成分が含まれているので、熱湯を注ぐ際は粉末スープを目掛けて集中的にアタックし、フタを開けてからトロミが確認できるまでダマにならないよう、しっかり底から掻き混ぜましょう。うん、良い意味で普通に美味しかったw

かやくは、「ふんわりとした口当たりの卵、色調の良いかまぼこ、ねぎ」とのこと。「かき玉」と銘打つだけあって、しっかり主役級の存在感ですね。ふんわりと口当たりが良く、きちんと玉子らしいマイルドな風味を感じられたのが好印象。もうちょっとスープのスパイス感に尖った要素を持たせて、玉子の優しさでコントラストを描くような絵面だったら、もっと玉子の丸みを帯びた特性を活かせたような気もしたんですけど、「とろうま」というテーマのイメージから、マイルドなカレーつゆ+玉子の優しさは相乗効果として映ったので、これはこれで良かったです。量も申し分なかったし、裏切られた感のなさに好感が持てました。あ、でも今回ちょっと麺もスープも塩気を強めに感じていたので、そういった意味では玉子の優しさが緩和剤的な効果になっていて良かったです。葱の緑と玉子の黄色で彩りも良かったし、カマボコもカレーうどんらしい雰囲気を醸し出すことに寄与していて、実際に食べると魚肉練り製品らしい風味が強めに感じられる美味しいカマボコでした。ほんのり甘くて、その優しい感じが玉子と同じく塩気の緩和剤的で良かったです。これ完全に余談なんですけど「カマボコ」って実際に声に出して発音したら何か可愛くないですか?w 「かまぼこ」…あ、ひらがなで書いたほうが可愛いw はい、それでは皆さんもご一緒に。りぴーとあふたーみー「KAMABOKO」←

(標準は★3です)

いつもの「とび辛スパイス」が入ってなかったのは残念だったんですけど、日清食品とも東洋水産とも違う個性の感じられる耐久性の高い油揚げうどんに、CoCo壱番屋らしい香辛料のバランスが確かな安定感を演出していたカレーつゆ、そしてイメージ通りの優しい掻き玉という構成から、ほんと安心できる裏切りのない美味しさでした。それだけに無難な印象が先行してしまったので、総評は及第点としましたが、今回は良い意味で “普通に美味しい” の★3です。麺量が普段よりも少なかったので、スープか具材に特筆した個性があるのかと思いきや、まぁそうでもなかった、というのが点数的な評価を伸び悩ませてしまった要因でしょうか。とは言え、当ブログの総評は、あくまでも “オススメ度” ではありませんし、スーパー,ディスカウントショップ,ドラッグストアなどで買えば、おそらく税込価格130円前後で捕獲可能だと思うので、オーソドックスでマイルドな間違いない安定感のあるカレーうどんが食べたい気分になった時の為に、取り敢えず見掛けたら買っておいても損はないと思いますよ。実食前のイメージを裏切らない、そんなギャップの無さに好感の持てた一杯でした。ちなみに日本で初めてリリースされたカレー味のカップ麺は、日清食品の「カップヌードルカレー」ではなく、実はエースコックが作った「カレーヌードル」なんですよね。なので、カレー専門店CoCo壱番屋との積極的なタイアップは、ある意味、必然の組み合わせと言えるのかもしれません。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

エースコック「CoCo壱番屋監修 カレー油そば」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


サントリーの「ザ・プレミアム・モルツ〈〈秋〉香るエール〉」を飲みました。(青字のタイトルをクリックすると写真が表示されます)去年の秋は「芳醇エール」でしたよね。あんまり昨年の印象は良くなかったんですけど、新商品のポップを見るとついつい手が…。で、やっぱり今年も同じ感想。軽いw いや、「香るエール」なので、香りはバッチリなんですよ。ワイングラスなんかに注いで飲むと、それはもう。ただ、琥珀色っぽい見た目の割にコクや甘味は控えめで、苦味も穏やか。ある意味それが飲み易さに繋がっている、という前向きな捉え方が出来なくはないものの、軽いテイストのせいでアルコールの風味が露骨になっているというか、せっかく “フルーティで芳醇” をテーマにしたプレミアムブランドからの限定醸造品なので、そのような着地点が勿体無いように感じました。冷蔵庫でキンキンに冷やして直ぐの状態だと、なおさら前述したようなネガティブさが目立って先行してくるので、大きめのワイングラスに半量ほど注ぎ、敢えて5~10分ほど待ってから、軽くビールの温度を上げて飲んだ方が美味しく飲めると思います。待ってる間はホップの香りを楽しみながら、アロマのリラックス効果に期待しましょう。時間に余裕を持って、という意味では、秋の夜長にピッタリな秋らしいビールと言えるかもしれませんね。

さて、本日の一杯は、エースコックの「CoCo壱番屋監修 カレー油そば」です。エースコックとCoCo壱番屋といえば、言わずと知れた仲良しコンビですが、油そばのリリースは今回が初めてですね。そういえば、ここ最近になって汁なしカップ麺の新商品リリースが多いなー、って漠然と感じてたんですけど、「即席めん業界では汁なしめんがブーム!2015年は昨年対比で約3倍の新商品が誕生」していたそうです。…根拠の無い勘違いではなかったw 基本、CoCo壱番屋とエースコックがコラボしたカップ麺に大きなハズレはない為、初登場の油そばでも一定の安心感が漂ってはいるものの、エースコックの油そばは異様に塩カドが強い場合もあるので、ちょっと(いや、結構…w)不安な懸念もあったり。そろそろ自分的には汁ありが嬉しい気温に入りつつあるのですが、例の如く在庫の順番的に汁なしの在庫が残っているので…w 毎度ながら、お付き合いいただけると幸いです(ぺこり)





めんは、「しっかりとした噛み応えのある角刃の太めん」で、「めんにも味付けを行い、たれと相性良く仕上げ」たとのこと。熱湯5分の太麺で、ブリンッとした加水率の高い粘り気と噛み応えのある弾力が個性的。「カドメン」のように角張った麺ではないのですが、かなり力強く、麺単体としての自己主張が強い油揚げ麺なんです。しかし、今回はタレにも醤油のキレやカレーのスパイス感を筆頭に力強さがあったので、麺が独り歩きすることなく、お互いのバランスは保たれていました。麺量も120gと大盛仕様なので、食べ応えもバッチリだと思います。

たれは、「ポークをベースにガーリックでアクセントを加え、カレーの風味もしっかりと利かせた醤油だれ」に、「別添のとび辛スパイス入りシーズニングを加えることで、より強いカレーのコクや辛味を感じられる」とのこと。一般的なカップ焼そばと比べ、やや多めの油脂が油そばっぽさを演出しているのですが、そこまで凶暴性のある油脂感ではありません。底に油脂成分が溜まることもありませんし、油そば系のカップ麺としては控えめです。まず別添のスパイスを避けて味を確認してみたところ、ベースの醤油ダレは軽く甘味を帯びていて、醤油の風味も強め。一定の塩気によるカドを感じますが、麺の主張を思えば必要と思えるキレでした。そして濃いめの醤油ダレに負けないカレーの存在感が好印象で、スパイスを加える前の段階でもカレーらしさを明白に感じられるのが良いですね。そして別添のスパイスですが、これが非常に効果的。まず量が多く、カレーらしい香辛料の複雑味とシャープな印象をブースト。今までは「とび辛」の要素が名前だけの時も多かったんですけど、最近の「とび辛」は刺激的な要素も意識してくれていて、激辛とまではいかないものの、刺激はピリ辛以上にアップしていたし、唐辛子特有の芳ばしさを感じさせてくれたことに好感が持てました。それにスパイスの複雑味と辣味だけでなく、砂糖によって甘味も添加されるのですが、その甘味が辣味やスパイス感とコントラストを描いていてイイ感じ。油そばらしく一定の油脂感を持たせながら、カレーのスパイス感と唐辛子の辣味がクドさを感じさせない工夫となっていて、力強くも衝突しない適度な力関係にありました。醤油にカレーという組み合わせから、イメージ的に最初は若干の違和感があったんですけど、実際に食べてみると意外にも違和感なく楽しめたのは、それだけバランスが良かったということなのかもしれません。きちんと動物系の旨味も感じられたし、ひとつのカレー油そばとして、なかなか満足度の高い内容でした。

かやくは、「シャキシャキとした食感のキャベツ、風味の良い玉ねぎ、程良く味付けした肉そぼろ、色調の良い人参」とのこと。まず程良く味付けした肉そぼろですが、例の如くスポンジ状の肉そぼろだったので、詳細は省きます。まぁ混ぜちゃったら気にならないんですけどねw 存在感ないのでw キャベツは力強いタレの中で箸休めに効果的で、意識的に食べると瑞々しさがインターバルに。そして、注目して欲しいのが玉ねぎ。具材の中では主役級の働きで、玉ねぎのフレッシュな食感と香味感がカレー味と相性抜群だったし、アクセントとして多大に寄与しています。エースコックはカレー味の製品に玉ねぎを入れてくれることが多いんですけど、これ本当に相性がいいんですよね。肉そぼろ要らないので、その分だけ玉ねぎを増やして欲しいです。マジで。人参はコリコリ食感かと思いきや、意外に柔らかかったのですが、単体で意識して食べてみると人参の甘味が感じられて、ちょっと感動。混ぜたら肉そぼろ同様に存在感は薄かったんですけど、きちんと人参だったのが嬉しかったです。扇型か、せめて幅の広い短冊だと存在感あるんだけどなー。

(標準は★3です)

まず単純に量的なボリュームと、あとは醤油の風味とカレーのスパイス感の兼ね合いを受け入れられるかどうかが評価のターニングポイントになってきそうですが、ひとつのカレー油そばとして、素直に完成度の高いカップ麺だと感じました。個人的に量はレギュラーサイズだと良心的だったんですけどw しっかりとしたカレーのスパイス感と、確かな唐辛子の辣味と芳ばしさが好印象で、塩カドも立たせ過ぎず、油脂の量も多過ぎず少な過ぎずの適量と思えたし、最期まで美味しく食べることができました。油そばを好みそうなユーザーの視点に立って見ると、やや油脂の量に物足りなさを感じてしまう人も出てきそうな気もしましたが、総合力の高いバランスを思えば素直に納得できると思うし、着地点は履き違えてなかったと思います。それに最近のCoCo壱番屋コラボは、ちゃんと「とび辛スパイス」の刺激的な面も意識してくれているのが嬉しいですね。前まで名前だけのスパイス、というイメージが強かったんですけど、ここ最近の配分は印象が良いです。それに主張し過ぎない砂糖の甘味、これも効果的でした。油そばが苦手な人は射程圏外でしょうけれど、ひとつのカレー油そばとしての仕上がりは上々だと思います。この完成度であれば、これから夏の定番商品として、定期的に発売されるかもしれませんね。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

エースコック「CoCo壱番屋監修 甘口派に捧げる とろ甘カレーうどん」



5月10日からエリア限定の「キリン 一番搾り」が発売されましたが、今回で3回目ですかね。自分は兵庫県に住んでいるので、近所で売ってるのは「神戸づくり」なんですけど、いやー相変わらず山田錦ええ仕事してはりました。基本的にオリジナルの「一番搾り」が好きではない(安さが売りの居酒屋などで仕掛けられる生中トラップのバイアスが少なからず影響しているw)のですが、亜種は結構好みなんですよね。ちなみにシールを集めて応募系には、とことん運のない筆者ですけど(「絶対もらえる!」系でもハズれる奇跡w)今回は「47都道府県の一番搾り 全47本セット」を本気で取りに行きます!(鼻息)← いつも気合だけは充分w

さて、本日の一杯は、昨日の「辛口派に捧げる とび辛カレーラーメン」に続きまして、エースコックの「CoCo壱番屋監修 甘口派に捧げる とろ甘カレーうどん」です。エースコックとCoCo壱番屋のタイアップ商品は数あれど、カップ麺での甘口路線は今回が初めて。 “とろ甘ソース” が決め手になっているようですが、実際の店舗でも林檎や蜂蜜をベースにした “とろ~り甘くなるソース” というのがあるみたいですね。2015年6月1日より導入されたソースらしいので、カップ麺にも反映してみたのでしょう。ただ、自分は日清食品の「得正カレーうどん」よろしく、蜂蜜の影響力が強いカレーうどんは苦手ジャンルなので、少々…いや、かなり構えてます…w 野菜や果物由来の自然な甘口だと好きなんですけどね。ちょっと個人的なバイアスが影響してきそうなので、あんまりアテにしないでください…って、いつもかw





めんは、「ツルっと滑らかな幅広いうどんらしいめん」で、「適度な味付けで、スープと相性良く仕上げ」たとのこと。おそらく「魚辛カレーうどん」の時と同じ油揚げ麺だと思います。日清食品や東洋水産の油揚げ麺と比較すると、そこまで厚みはないんですけど、意外と耐久力があって、なかなか歯応えのある食感なんですよね。麺の量は大盛仕様の90gなのですが、食べ終わる頃になっても歯応えは持続していたし、きちんと大盛に対応している仕上がりに好感が持てました。日清食品とも東洋水産とも違う個性を持っていて、私は結構好きな油揚げ麺です。

スープは、「ポークとビーフの旨みが利いた甘口のカレーベースに、イリコを加えた和風カレースープ」で、「とろ甘ソースを加えることで、魚介の旨みとしっかりとした甘みが利いた、甘口派向けの一杯に仕上げてい」るとのこと。ベースのスープは極めて普通のカレー味なんですけど、テーマが和風だからとって一般的な出汁の効いたカレー味ではなく、動物性の厚みが中心となったカレー味となっています。刺激は抑えられているのですが、CoCo壱番屋らしいスパイスの複雑味は感じられました。で、とろ甘ソースなんですけど…甘いですw まさに林檎と蜂蜜のバーモントカレーインスパイアw 最初は嫌味な甘さではなかったし、甘味とスパイスの兼ね合いがクセになる感じだったんですけど、徐々に甘さが蓄積されていって、途中から鼻に付くというか、ちょっと後半はクドくて野暮ったかったです。お好みで様子を見ながら入れれば問題は解決だと思いますけどw 今回は甘草の他にもスクラロースやアセスルファムKが使用されていたので、それが後半に野暮ったく感じてしまった要因だったのかもしれません。大盛だったしなー。スープの粘性は高く、これでもかと麺に纏わり付いてくるので、しっかり麺を食べてる時も甘かったですw

かやくは、「程良く味付けした肉そぼろ、彩りの良いねぎ、かまぼこ」とのこと。肉そぼろは「辛口派に捧げる」と同じく例の “アイツ” なので、詳細なコメントはカットしますw ちなみに量は無駄に多かったんですけど、ほんと無駄に多いだけでしたw ネギは食感の感じられる唯一の具材だったので、それなりに価値は見出せると思います。カマボコは小さくて雰囲気だったんですけど、見た目には嬉しいですね。食べたらちゃんとカマボコでした(当たり前w)

(標準は★3です)

とろ甘ソースを全量投入したら、もう甘いのなんのって…w でも一応、それがコンセプトだし、うん。調理方法にも小袋にも「とろ甘ソースはお好みにより量を調節してご使用ください」って書いてあるし、うん。CoCo壱番屋とのタイアップで甘口路線という新鮮味と、好みで調節出来る別添のメリットを加味して、★ひとつプラスしました。私は別添のメリットを完全に無視してましたけどw きっと林檎や蜂蜜の主張が強い甘口カレーが好きな人は、全く以て★5レベルだと思います。このあたりは完全に好みの問題なので、差し引いてやってください。そもそも「甘口派に捧げる」なので、好み云々たれる以前に甘口派じゃないなら買うな、って話ですからねw でもでも、これまでに無かったCoCo壱番屋コラボということで、確かな個性とインパクトを感じられたのが良かったです。これまで数あるタイアップ商品がリリースされてきましたが、甘口路線という新鮮味は大きな収穫でした。でもこれ焼そばとかだったら…ある意味、かなり攻撃的なカップ麺になりそうですよね…w

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

エースコック「CoCo壱番屋監修 辛口派に捧げる とび辛カレーラーメン」



東ハトから「焼肉チップス・濃厚ビーフ味」というスナック菓子が出ていて、東ハトのチップス系って珍しいなー、っていうか爆肉とか超美味しそうw と、勢いで買ってみたんですけど、ちょっとイマイチでした(苦笑) まず生地がジャガイモスライス系ではなく、「オー・ザック」みたいなマッシュポテト加工系だったんですけど、あんな感じのエアーが入ったザクザク食感ではなくて、表面は平坦、風味の印象からも「おっとっと」の生地を平らにして焼いた感じ?(伝わりますかねw)で、肝心の爆肉感が微妙…w 他社から強力なビーフ系のチップスが頻繁に出ているので、それに慣れてると物足りなさを感じてしまいました。うーん、やっぱり東ハトは「キャラメルコーン」ですな。あ、「パイクロ」も好きです。あー、「ハーベスト」と「オールレーズン」も好きです。だから何だって話ですねw 前から「オールアズキ」も気になってるんですけど、売ってるの見たことないんだよなぁ…。

さて、本日の一杯は、エースコックの「CoCo壱番屋監修 辛口派に捧げる とび辛カレーラーメン」です。エースコックとCoCo壱番屋のコラボは、歴の長さからも抜群の安定感を誇っていて、これまでにも定期的にカレーラーメンのリリースはありましたが、「辛口派に捧げる」とは攻めてきましたね。やはり “とび辛スパイス” が肝になってくると思うんですけど、これまでの傾向からするとね、コイツそんなに辛くないんですよ。でもでも、今回はテーマがテーマですから、ちょっと刺激的な要素にも期待しちゃってたりします。ちなみに「辛口派」と「甘口派」の2品同時リリースなので、順番に紹介しますね。まずは「辛口派」から。





めんは、「適度な弾力とコシを併せ持つ丸刃のめん」で、「食べ応え充分なめんに仕上げ」たとのこと。「カドメン」よりも「ガッシリ3Dめん」に近い印象を抱かせる油揚げ麺で、食塩,しょうゆ,鶏・豚エキス,砂糖,野菜エキスなどで味付の施されたエースコックお得意の味付麺となっています。個人的にエースコックの味付麺が大好きなんですけど、今回も丁寧な下味がスープとの一体感を高め、非常に効果的だと思いました。食感も強過ぎず弱過ぎずで、麺単体としての主張にも嫌味がなく、素直にスープとの兼ね合いが楽しめたのも好印象。高級感のある麺ではないのですが、油揚げ麺特有の風味は穏やかなタイプで、製品の方向性ともマッチしていたし、麺の持つスナック感と辛口仕様のカレー味は相性が良かったです。

スープは、「数種類のポークエキスとじゃがいもの旨みを利かせたカレースープ」で、「とび辛スパイスを加えることで、スパイスの辛みが利いた辛口派向けの一杯に仕上げてい」るとのこと。まず気になっていた辛さレベルですが、きちんと一般的に辛口と言える辣味に達していますね。激辛に期待したら完全に肩透かしを喰らうものの、今回は激辛というわけではありませんし、舌にピリピリとした刺激は確かに感じて、程よい刺激だと思いました。普段、カップ麺ではスパイスの複雑味や香りを増幅させることに専念しているような印象の強かった “とび辛スパイス” ですが、今回は “辛” の要素も意識していて、きちんとコンセプトに沿った仕上がりだったのが好印象。激辛ではなかったとは言え、辛い食べ物が苦手な人は少し厳しいかもしれません。ただ、「辛口派に捧げる」とまで豪語するのであれば、もう少し刺激は強くてもよかったかな、とも思ったんですけどね。ベースのカレー味は安定のCoCo壱番屋クオリティで、スパイスの複雑味と厚みのある動物系の旨味、そして原材料のポテトパウダーが印象的なカレースープでした。おからパウダーも相俟って、ややザラついた舌触りだったんですけど、スパイス感を増幅させているようで良かったです。スープの粘性は高く、とろみのつけられたスープだったんですけど、麺とスープの一体感を確実に高めていたことと、きちんとベースにコクと旨味があったので、素直に濃厚さを加速させているようで好感が持てました。

かやくは、「シャキシャキとした食感のキャベツ、程良く味付けした肉そぼろ、色調の良いねぎ」とのこと。キャベツはサイズが少し小振りだったこともあり、混ぜるとスープに馴染んでしまう感じだったんですけど、歯応えのある食感は確かなアクセントになっていたし、スープに埋没してしまうような沈み方ではなかったので、ちゃんと価値が見出せました。程良く味付けした肉そぼろは…ええ、私が普段から酷評しているエースコック史上最悪のスカスカな味無し肉そぼろです。どう加工したら “肉” がこうなるんだろう…w なんかもう謎な物体に思えてきて怖いです若干…w ただ、今回はスープにパンチがあったことと、旨味の強いカレー味だったので、いい意味で埋没してましたw ネギは存在感なかったです(記憶に残ってないw)

(標準は★3です)

決して激辛系ではなかったものの、ある意味これまで辛さという点に於いては看板に偽りありだった “とび辛スパイス” が、やっとこさ刺激の面でも仕事してくれた感じでしたw きちんと辛口仕様だったのが良かったです。多分、「ジャワカレー」の辛口が余裕ならヘッチャラだと思いますけど、ちょっと厳しいかなー、って人は避けた方が無難、くらいの辛さレベルですかね(伝わりますかねw)スープには確かな旨味があって、とろみも自然で、CoCo壱番屋らしいスパイスの複雑味と辛口仕様の相性は言わずもがな。やや具材が寂しくもあったんですけど、今回はスープに価値が見出せたので、具材に関しては良くも悪くも気にならない感じでした。麺とスープの相性も良く、敢えて奇を衒わなかったような王道の路線が功を奏していて、シンプルに美味しかったです。辛さに対して過度な期待を抱くと人によっては物足りなさを感じてしまうと思うので、刺激物に強い人は、そこそこ刺激的なカレーラーメン、みたいなスタンスで臨むと素直に楽しめると思います。今後もCoCo壱番屋とのタイアップ商品は定期的に開発されると思うので、 “とび辛スパイス” を別添で付けるときは、最低限このくらいの刺激は確保してもらいたいですね。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

エースコック「CoCo壱番屋監修 香ばし小海老天カレーそば」



私は毎日の食事にキノコを取り入れるよう心がけているのですが、最近ハマってるのが「たもぎ茸」という黄色いキノコで、見た目ちょっと怪しいんですけどw なんか栄養あるらしいです。北海道ではメジャーなキノコらしいんですけど、こっちでは滅多に見かけることはなくて、行き付けのスーパー3店舗の中でも取り扱っているのは1店だけ。それも1〜2週間に1回入るかどうかなので、見かけたらソッコー複数購入するんですけど、どうしても時間が経つと鮮度が落ちる…長持ちさせる秘訣とかないですかね。できたら1週間は冷蔵で保たせたいのですが…やっぱ冷凍?

さて、本日の一杯は、エースコックの「CoCo壱番屋監修 香ばし小海老天カレーそば」です。これまでにも数々のコラボ商品を開発してきたエースコックとCoCo壱番屋ですが、蕎麦は今回が初めてですよね。カレー味の蕎麦というと、お蕎麦屋さんのカレー南蛮蕎麦然り、やはり和風出汁がメインのカレー味を想像してしまいますが、監修者はカレー専門店。カレー味の方向性が気になるところです。





は、「適度な弾力と歯切れの良さを併せ持った角刃のめん」で、「そばの風味豊かなめんに仕上げ」たとのこと。縮れが強めの油揚げ蕎麦で、やや舌触りにはザラつきがあり、食感はポソポソとした軽めの食感です。しなやかさや繊細さなど、日清食品のような高級感こそありませんが、蕎麦の風味はカレーの中にあっても感じられたし、廉価版に近い雰囲気の蕎麦ではあったものの、製造者と容器の形状を考慮すれば全く以て許容範囲内でしょう。っていうか個人的にはインスタントらしくて大好きなタイプだったんですけどねw 日清食品や東洋水産のような安定感はありませんが、悪くなかったと思います。たまに出るスーパーカップの蕎麦に通じるものがありますね。練り込まれた粉末状の山芋も効果的だったと思います。ただ、スープがカレー味なので、もうちょっと蕎麦の風味が強いと嬉しかったかな。前述した2社と比べてしまうと見劣りしてしまう部分はありますが、油揚げ麺らしいスナック的な蕎麦と割り切って食べれば素直に楽しめるのではないかと思います。

スープは、「ポークとビーフの深みとコクが利いたカレーに、鰹や昆布、いりこなどの魚介だしを加えた、和のテイストを味わえるカレースープ」で、「小海老天の香ばしい風味もさることながら、とび辛スパイスの爽やかな辛みがアクセントとなり、一層食欲をそそ」るとのこと。なんともバランス重視な仕上がりで、非常にソツのないカレー味です。大きく魚介のパンチに振るわけでもなく、カレーらしいスパイス感に振るわけでもなく、中庸的と言えば中庸的な位置にあるのですが、ベースにはCoCo壱番屋らしさを感じさせてくれるカレーの香りがあって、牛・鶏・豚と3種類の動物エキスを効かせた旨味と蕎麦に合わせて調整された魚介の風味がバランス良く混ざり合い、バランス型だからといって目立った不足感はなかったと思います。バランス型ということで、やや無難な印象も覚えますが、CoCo壱番屋らしいカレーの香りは適度に感じられたし、きちんと計算した上でバランスに重点を置いて仕上げられているような雰囲気には好感が持てました。ただ、カレーのスパイスと魚介で軸は出来ていたので、醤油の香りは少し蛇足的だったかなぁ…と、いや、これは好みの問題かもしれませんね。ちなみに “とび辛スパイス” は直接舐めるとピリッ、とキますけど、全体に混ぜると辣味が強くなるわけではなく、辛さはピリ辛程度。スパイスらしい複雑味と香りを手伝うことに専念しているようでした。バランス重視の方向性としては悪くなかったのですが、言い方を変えれば「とび辛」の名に偽りあり、ということになってしまうんですけどねw

かやくは、「風味豊かなえび天、色調の良いねぎ」とのこと。海老天は「魚辛カレーうどん」に入ってた海老天と同じですかね。海老天とネギだけのシンプルな構成ですが、今回は “あの邪魔な肉そぼろ” も入ってませんしw その分(か、どうかは知りませんけどw)海老天は申し分の無い量だったので、満足度は高かったです。ちなみに今回は具材が海老天とネギだけだったので、独断で後入れしました。前半は海老天のサクサクとした食感と干し海老っぽい海老殻の芳ばしい風味が立ちますし、後半は衣が馴染んでフワフワになっていく変化が楽しめるので、海老天はネギもろとも後入れで問題ないと思います。あれ…ネギの記憶が無いw

(標準は★3です)

どうも私は醤油の香りと風味が蛇足的に思えてならなかったので、総評は★5に満たない感じだったんですけど、これは個人的な好みの問題かもしれませんね。というわけで、お手数ですが差し引いてやってください。具材の海老天は大きくて存在感があったし、多めに入っていたことにも強く好感が持てたんですけど、蕎麦のクオリティは可も無く不可も無しだったし(個人的には大好きですインスタントらしくてとてもw)スープもバランス型であるが故の大人しさが少し裏目に出てしまっているような印象も。でも味としては素直に美味しかったし、CoCo壱番屋らしいカレーの香りも感じられたので、標準から★ひとつプラスです。もうちょっと蕎麦の存在感に押しの強さを持たせ、CoCo壱番屋らしいスパイス感や辣味を強めてパンチの効いたワイルドなカレー蕎麦にしてみても面白いかな、と思いました。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

エースコック「CoCo壱番屋監修 チリトマカレーラーメン」



本日2回目の更新で、「CoCo壱番屋監修 魚辛カレーうどん」に続きまして、エースコックの「CoCo壱番屋監修 チリトマカレーラーメン」です。こちらも全く以て新鮮味はありませんが、実食前の安心感だけはズバ抜けてますねw たまにカレー&チリトマト系が無性に食べたくなるので、この製品はありがたいです。





は、「適度な弾力とコシを併せ持つ丸刃のめん」で、「食べ応え充分なめんに仕上げ」たとのこと。ナイス not カドメン!w しかも味付麺で、内容も食塩,しょうゆ,鶏・豚エキス,砂糖,野菜エキスなどエースコックらしい構成でフルカスタマイズ。総じてカップ麺らしい麺ですが、油揚げ麺特有の風味は殆ど気にならず、麺単体として素直に美味しいと思える油揚げ麺でした。細身の形状はスープをよく掬い上げてくれるし、麺の味付からスープとの一体感も高く、歯切れの良さで食感も楽しませてくれます。細身でありながら、経時劣化体制も比較的高め。スープとの兼ね合いも取れていたし、特に文句の無い取り合わせでした。

スープは、「数種類のポークエキスとトマトの旨みがきいたカレースープに、別添のホットチリとび辛スパイスを加える事で、トマトの旨みの中にも、辛みがきいたスパイシーな一杯に仕上げ」たとのこと。前回と原材料を見比べてみると、内容の構成から並びの順序まで全く同じです。その味わいも然り。辛味は相変わらず頼りなかったものの、カレーらしいスパイス感あふれるスープに軽めのスナック的なトマトの風味が合わさって、ピリッ、とした刺激がチリらしさを演出。ホット系の刺激とトマトの風味はもうちょっと強くてもいいような気もしますが、カレー優勢のスープは専門店監修らしかったです。動物系のコクや野菜の旨味もきちんとあって、トロミも麺との一体感を自然に高めてくれていました。相変わらず軸はブレてないですね。もしかしたら微調整しているのかもしれませんが、前回のスープをそのまま使用していたとしても、むしろ好印象とすら思えたでしょう。そして今回は特に印象に残ったのが、後入れスパイスから感じる唐辛子特有の香りと風味。まぁこれに関しては、私が去年よりも唐辛子に対して情熱を注いでいる、という単なる不可抗力のようなものだと思いますけどねw

かやくは、「シャキシャキとした食感の良いキャベツ、風味の良い玉ねぎ、程良く味付けした肉そぼろ、色調の良いねぎ、唐辛子」とのこと。肉そぼろは終わってます。ハズレ系。論外。というわけでスルーしまして、キャベツや肉そぼろなどは前回と同じ構成なのですが、今回は玉ねぎが新たに入ってます。しかも注目すべきポイントは、その大きさ。通常、エースコックの玉ねぎは食感重視の細切れ系が多いのですが、この玉ねぎは白菜と見紛うような大きさでカットされていて、特有の甘味が強く、仄かな芳ばしさが印象に残る野菜具材となっています。カレー味との相性も申し分なく、キャベツに負けない存在感があったし、新鮮味が感じられました。もちろんキャベツもカレー味と相性が良かったし、安定した組み合わせ。そして輪切り唐辛子も時折ピリッ、とした刺激を与えてくれて、食欲を増進してくれます。ちゃっちい肉そぼろが良い意味で気にならなくなりましたw エースコックの白い鶏肉そぼろは基本的に美味しいのですが、この色の肉そぼろはマズいw

(標準は★3です)

こちらも方向性は昨年とほぼ同じですね。まず麺がカドメン風の角刃の麺じゃなかったのが嬉しかったのと、スープのトータルバランスの高さは相変わらず。そして具材の玉ねぎ。アクセントの枠を超えた存在感のある玉ねぎが加わることによって個性が強まり、前作よりも完成度が上がったような気がしました。相変わらずホットな刺激に関しては物足りなさが否めませんが、総合力は高く、「チリトマカレー」と言われた時に抱くイメージから連想される期待は殆ど裏切らない仕上がりだと思います。まぁ個人差はあるでしょうけど…w 留意点を挙げるとするならば、日清食品の「カップヌードル チリトマトヌードル」のようなチリトマト感に期待すると、少し肩透かしかもしれません。あくまでメインはカレー味で、トマトは割と軽いので。個人的に来年の夏にも是非再び製品化して欲しいカップ麺なんですけど、出来ればもうちょっとトマトらしい酸味なんかを強めてもらえると嬉しいです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

エースコック「CoCo壱番屋監修 魚辛カレーうどん」



ちょっと忙しいので、予約投稿です。

さて、本日の一杯は、エースコックの「CoCo壱番屋監修 魚辛カレーうどん」です。「CoCo壱番屋監修 チリトマカレーラーメン」というカップ麺が同時発売でリリースされているのですが、どう見ても去年発売されていた「だし振りカレーうどん」と、「トマ辛カレーラーメン」の微妙に商品名を変えた二番煎じにしか思えないんですけど…w 組み合わせの題材も魚介カレーうどん&チリトマトカレーラーメンですし、全くと言っていいほど新鮮味はありません。あんまり食指が~…って感じなんですけど、前年と比較しながら食べてみたいと思います。





は、「ツルっとなめらかな幅広いうどん」で、「適度に味付けをし、スープと相性良く仕上げ」たとのこと。エースコックのうどんは薄くて縮れがあって、インスタントらしい傾向にあります。今回も例に漏れず、ペラペラうどん。私は好きなんですけどね。印象は前回と殆ど同じです。高級感こそ無かったものの、スープをよく拾ってくれたし、薄さの割に耐久力があるんですよね。時間が経つにつれてグングン吸水していくのですが、不思議と最後までヘタレることは無かったです。インスタントらしさを残しつつ、廉価版のような安っぽさは無いというのが絶妙なライン。ただ、去年は鶏・豚エキスや野菜エキスも練り込まれていたんですけど、今年の味付は塩と砂糖だけっていう…w 去年の自分の感想を読む限り、麺単体の味としてはやはり前回のほうが美味しかったようです。

スープは、「ポークとビーフのカレーベースに、鰹・イリコなどを加えた魚介カレースープ」で、「別添の魚だしとび辛スパイスを加える事で、魚介の旨みの中にも、辛みがきいたスパイシーな一杯に仕上げ」たとのこと。これも前回と方向性は同じですね。出汁の旨味で——的な繊細なカレー味ではなくて、ヘビーで力強い仕上がり。和風出汁でカレーを割ったような所謂「お蕎麦屋さんのカレー」みたいなカレー味とは対極にあるというか、動物系の厚みとスパイス感のあるカレーに魚粉でパンチを加えたタイプ。なかなか重厚感のあるカレースープです。辛味は大したことありません。ピリ辛以下。でもイスラムカレーらしいスパイス感が複雑味を生んでいて、メリハリはきちんとあります。前回同様、CoCo壱番屋監修らしい香りとスパイス感が感じられたし、完成度の高いスープに仕上がっていました。粘度は少し高めですが、野暮ったいほどではなかったです。麺の形状とトロミによって、麺とスープに一体感があったことと、麺の吸水率の高さとリフト性能が相俟って、スープを飲まずに麺だけ食べても麺と一緒にスープも食べちゃう感じというか、麺を食べ終わる頃になるとスープはそんなに残ってませんでしたw

かやくは、「風味の良いえび天、程良く味付けした肉そぼろ、色調の良いかまぼこ、ねぎ、唐辛子」とのこと。予想はしていましたが、肉そぼろはスッカスカなスポンジ状のハズレ系。美味しくないです。無いほうがマシ。カマボコは小さかったんですけど、雰囲気を醸し出すという点に於いての視覚的効果は充分ありました。エビ天はちょっと意外でしたが、その存在感は大きく、エビ殻っぽい芳ばしさが魚介の要素を強めています。これはこれで悪くはなかったんですけど、やっぱり個人的にカレーうどんにはシャキッ、とした玉ねぎをたっぷりと入れてほしかった、というのが最終的に残った不満でした。微々たる不満ですけどね。

(標準は★3です)

前作の流れを汲んでいるので、トータルとして見ると完成度は高く、個性がありながらも安定した仕上がりでした。メイン具材にエビ天が加わることによって、魚介の要素は前回よりも強まっていますね。玉ねぎがなかったのは不満でしたが、それでもスパイス感がメインのカレーうどんとしての個性があったし、他の製品とも差別化が図られていて、そのスパイス感もCoCo壱番屋監修らしく本格的だったのが良かったです。もうちょっとホットな刺激があるとモアベター。前作を食べている身としては新鮮味こそ無かったものの、具材の変化は大きかったと思うし、同じようなテーマでも違う楽しみ方ができました。玉ねぎカットは悲しかったけど(泣)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram