ユーザータグ : 焼そばモッチッチの記事 (1/1)

エースコック「塩焼そばモッチッチ ふわり鰹だし」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、キリンビールの新商品「グランドキリン WHITE ALE(ホワイトエール)」(缶)です。前回記事の「IPA」と同じく、こちらも中身は既存のワンウェイ瓶と変わらないみたいですね。私の行動圏内では既存の瓶バージョンが見付からなかったので、今回は飲み比べていませんが、いやぁ…これも絶品ですよ。パッケージに「白ワインのような」とあるように、ネルソンソーヴィンホップによる独特な香りが印象的で、それも特筆すべきレベルにあり、まさに白ワインの芳香を彷彿とさせるニュアンスが目覚ましく伝わってくるんですよね。そこに小麦麦芽特有の柔らかさか重なり、苦味は穏やかで、甘味が強く、余韻は長く続きます。ビールという飲み物に対して、一般的な日本のピルスナー(「スーパードライ」や「一番搾り」など)の印象しかない人は、「ビール」という飲み物に対するイメージの概念が軽く引っくり返されると思いますよ。今だと各種コンビニでは缶がプッシュされていると思いますが、缶に直接口をつけて飲むのではなく、必ずグラスに移してから、じっくりと楽しんでみてください。オススメのグラスはワイングラス、もしくはシャンパングラスです。さて、昨日の記事で強制的に要請を飛ばしたばかりなんですが…バカワイン氏w これは絶対に記事にしてください! っていうかしなさい!w この白ワインに通じる面持ちの華やかなビールは、ワインにも精通している氏が詳細なレビューを書くべきビールです。いやぁ…でも久々に飲んだけど、本当に美味しいホワイトエールですね。個人的に、かなりオススメしたいビールです。


さて、本日の一杯は、エースコックの「塩焼そばモッチッチ ふわり鰹だし」です。「真空仕立て麺」が秀逸だった、「焼そばモッチッチ」シリーズからの新作で、今度は鰹だしをベースにした塩焼そばが出ました。前回も鰹だしがベースのソースとなっていましたが、塩焼そばのほうがマッチングは高そうですね。ちょっと容器が混ぜにくい(で、縦型に深いから地味に撮影しにくい…w)ので、頑張りますw





ソースは、「鰹だしと野菜を炒めたような風味がバランスよく合わさった塩だれ」に、「別添のふりかけを加えることで最後まで飽きの来ない味に仕上げ」たとのこと。ベースの塩だれは優しい路線なんですけど、油脂成分による適度な厚みがあって、塩気も強過ぎず、弱過ぎず。濃い味が好きな人には少し物足りない味に感じられてしまうかもしれませんが、鰹だしの旨味が好印象な、とてもシンプルな塩だれ風です。このシリーズは麺の風味が印象的なので、あんまりソースは派手じゃないほうが美味しいですね。ふりかけは魚粉とペッパー系の香辛料をミックスしたもので、マイルドな塩だれをピシッ、と引き締めます。そして、野菜を炒めたような風味による調理感。この調理感に関しては、麺の芳ばしさによる作用も大きかったんですけど、ソースの調理感が麺の芳ばしさと手を取り合っているような相乗効果が感じられました。塩、鰹、スパイスがバランスよく混在していて、あまり派手さの感じられない味なので、人によっては物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、後述する麺の風味を考慮すると、これこそ計算されたバランスだと思います。

めんは、「まるで家庭で調理した焼そばのような、モチモチとした食感が特長の真空仕立て麺」とのこと。うん、相変わらず一般的なカップ焼そばの麺とは一線を画す存在ですね。前回、想像していたよりも柔らかく感じていたので、今回は4分25秒ほどで湯切りしたんですが、そのくらいを目安に湯切りを行うのがベストかもしれません。麺自体は通常のモッチッチと同じだと思うんですけど、初めて食べた時よりもモチモチしていたし、若干ちょっとモタつくような印象は否めなかったものの、気持ち早めの湯切りがオススメです。で、麺の風味が非常に個性的なんですよね。油揚げ麺特有の風味は感じるものの、一般的な “カップ焼そばの油揚げ麺臭” とは違っていて、フライパンで調理する袋麺に使われている油揚げ麺に近いニュアンスなんです。これによって鉄板で炒めたような調理感が明白になり、製品のリアリティが大幅に跳ね上がります。カップ麺なので、もちろん実際に焼く工程は入りませんが、まるでフライパンや鉄板を用いて焼いて作ったような、袋麺の焼そばに近い雰囲気なんですよね。その芳ばしい調理感を掻き消すことのない、出しゃばらないソースが絶妙なバランスで、まさに麺の風味を楽しむ、そのような全体像が印象的でした。チルドの蒸し麺みたいな食感も含め、秀逸な油揚げ麺だと思います。

かやくは、「シャキシャキとした食感の良いキャベツ、玉ねぎ、人参」とのこと。あんまり人参の存在感はなかったんですけど、まず多めのキャベツが単純に嬉しかったし、時折ふと感じる玉ねぎの香味が実に効果的だったんですよね。風味は玉ねぎのシャープさを意識しているフレッシュなタイプで、ふりかけのペッパーと共にソースを引き締めるアクセントになっています。そして、野菜具材が今回のソースと絶妙にマッチしているんですよ。と言うのも、ソースに野菜を炒めたような風味が意識的に添加されているので、その風味と実際の野菜が重なることにより、まるで野菜炒めを食べているような錯覚が得られるんですよね。麺を食べ終わってから、まだカップの底角に溜まっている野菜を食べた時、その野菜炒め的な感覚が強くて、最後の最後で全体の調理感がブースト。これによってカップ焼そばらしからぬ炒めて作った感が得れらたので、より個性と本格さが感じられました。


(標準は★3です)

うん、文句なしに上出来ですよ。普段、がっつり系の大盛カップ焼そばや、こってり濃厚ソースに慣れている人は、今回の優しい路線に少し物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、私個人的には全く不満を感じなかったし(いや、なんだったら、もうちょい薄くてもいいw)「女性がオフィスや自宅でもオシャレな気分で楽しめる」という背景がコンセプトにあるので、普段はカップ焼そばを食べないユーザーを意識していることを考慮すると、この塩梅で大正解だと思います。それに、全体の調理感を決定付けていた、麺の芳ばしい風味を活かしているような方向性を加味すると、このくらいのバランスがベストだと思うんですよね。兎にも角にも、カップ麺だから焼いてないんでしょ? という定番のギャップを覆してくれるような(いや、まぁ結果的にコレも焼いてないんですけどw)まるで袋麺の焼そばをフライパンで調理したかのような、この臨場感は体験しておいて損のない経験だと思います。ソースの雰囲気的に、青海苔が合いそうだった…あ、柚子七味とかいいかも。あ、山椒とか、いろいろ試したくなってきたw カップの形状で麺が少なく見えてしまうんですけど、麺量は85gなので、特別に少ないわけではないですよ。カップ焼そばとしては控えめな量ではあるものの、女性の方には程よく嬉しいと思いますし、グラム換算で言えば、「カップヌードル ビッグ」と同じ麺量ですからね。スタイリッシュな容器ですが、それなりの食べ応えは得られますよ。このシリーズは麺の風味を活かしてこそだと思うので、今後も派手さの感じられないソースでお願いしたいところです。あたくしカップ焼そばなんて庶民的な食べ物は喫食いたしませんことよオホホホ…というマダムや淑女の方々も、たまにはよろしゅうございますよ。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

エースコック「焼そばモッチッチ」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、ジャパンフリトレーの新商品「ドリトス フラマス ライムチリ味」です。以前(もう半月以上も前の話なんですけどw)「大地宅配!息子達に残すレシピノート」のmarronroyさんから、もし見掛けたら感想を聞きかせて欲しいと言われておりまして…何気に手間取りましてw やっとこさ発見しましたよw 日本では1987年に発売が開始され、今年で30周年を迎えたドリトス。その記念商品として、55ヶ国以上で販売されているドリトスの中から厳選した世界で人気のドリトスを発売する、という企画を行っているようです。キャンペーン第1弾では、既存の「メキシカン・タコス味」と「ナチョ・チーズ味」の30%増量パッケージが発売されていて、「フラマス ライムチリ味」は第2弾。トルティーヤの本場メキシコや、アメリカで実際に販売されている人気アイテムだそうです。でもって気になる味なんですけど…うん、これは面白いですよ。端的に表現すると、辛くて酸っぱい系なんですが、酸味がビネガーではなくライムなので、タバスコとはニュアンスが違います。そして、予想以上に海老の芳ばしい風味が目立っていたんですよね。一応、パッケージの裏面には、「隠し味のエビがあと引く!」との記載があるんですけど…いやいや、隠し味どころか結構あなた主役級よw みたいな。で、原料の海老が「発酵えびパウダー」だったことと、唐辛子の刺激、ライムの酸味、魚醤のアクセントなどが相俟って、かなり雰囲気がトムヤムクンっぽいですね。メキシコやアメリカで人気の味とのことですが、もう完全に気分はタイですよw あ、その地域で人気の味ってだけで、メキシコやアメリカをイメージした味、というわけではないのかな…まぁどうでもいいけどw レモングラスではなくライムなので、酸味のベクトルは少し違ってくるんですけど、いや…そもそも別にトムヤムクン味じゃないですしw でも至極トムヤムクンっぽい雰囲気の味だったので、トムヤムクンが好きな人は大好きな味だと思いますよ。斯く言う自分がそうなんですが、これは素直にリピートしたいと思いました。美味しい、うん。ちなみに刺激は、カラムーチョよりも少し辛いです。marronroyさんが執筆されている「大地宅配!息子達に残すレシピノート」は、その名の通り魅力的なレシピの数々、お取り寄せにコストコなどの食をテーマにしたジャンルから、めちゃんこキュートな愛犬の様子など、魅力に満ち溢れたブログになっております。私はレシピの記事が大好きで、頻繁にインスパイアされているのはココだけの話w(別に隠してないけどw)本当に素敵なブログですよー。


さて、本日の一杯は、エースコックの「焼そばモッチッチ」です。一見すると新商品としては地味なパッケージに思えるのですが、店頭で対峙した瞬間、これは気合を入れて食べなければ…と、思ったんですよね。と言うのも、パッケージに書かれている “真空仕立て麺” という文字。最近では実際のラーメン屋や製麺所などにも取り入れられている、「真空ミキサー」という機械を使用した製麺技術があるらしいんですけど、その技術をエースコックが応用した模様。さらに、「一般的な食品としての〝焼そば〟は、男女問わず日本の国民食としてたくさんの人から支持されていますが、〝カップ焼そば〟市場に限定すると女性を中心に食用経験が少ないとの調査結果がで」たらしく、「〝カップ焼そば〟のイメージや改良して欲しい点に関して詳しく意見を聞くと、幾つかの共通した不満点を持っていることがわか」り、「その共通した不満点の中でも特に『めん』に関して、家庭やお店で作った手づくりの焼そばの味わいとは違う点を不満に思う人が多いことが判明し」たとのこと。アンケート調査によると、約6割以上の人がカップ焼そばを全く食べない、もしくは食べても頻度が少ないという結果が出たらしく、中でもカップ焼そばに対するイメージとして多かったのが、「生めんの食感と違う」「めんに歯ごたえがない」という印象。そして、カップ焼そばの麺について改良してほしい点は、「生めんの食感に近づけて欲しい」「コシを良くして欲しい」「モチモチ感を出して欲しい」という声が多かったそうです。そんな開発背景から、エースコックが徹底的に “めん” にこだわって開発したという「真空仕立て麺」と聞けば、注目せざるを得ないでしょう。果たして本当に新食感なのか、お手並み拝見と参りましょうか。





めんは、「まるで家庭で調理した焼そばのような、モチモチとした食感が特長の真空仕立て麺」とのこと。お、これは面白いですよ。ちょっと自分が期待していたほどのモチモチとした食感ではなかったんですけど、カップ焼そばの麺というよりも、フライパンで調理するタイプのチルド麺だったり、一度お湯でフヤかしてから水気を飛ばして調理する袋麺の焼そばに近いニュアンスです。油揚げ麺特有の気泡が少ないというか、フカフカとした食感ではなく、とても丁寧な密度の質が今回の注目すべきポイントですね。エースコックが得意とする加水率の高さで勝負するというよりも、製造の過程で極限まで気泡を減らし、自然な食感を演出しようとしているような背景がハッキリと見えました。油揚げ麺特有の風味も目立って気にならなかったし、わざよ意識的に追い掛けて垣間見えた時も、特有の芳ばしさが調理感の演出に寄与していたので、むしろ手放しに印象が良かったです。

ソースは、「複数の野菜と果実の甘みが楽しめる、鰹の旨みを利かせた、だし香る特製ソース」とのこと。まず特筆すべきは、実際に火を使って炒めたような調理感。油揚げ麺の芳ばしさと相俟って、まるでフライパンで炒めたような臨場感が演出されていました。そして、ちょっと不思議だったのがソースの雰囲気。今回のソースは完全なる液体ソースが1袋のみだったんですけど、そこはかとなく粉末ソースっぽいというか、フライパンで調理するタイプの焼そばに付属しているような粉末ソースに近い印象を受けたんですよね。単純に調理感の印象とイメージの記憶がリンクしただけの話になるかもしれませんが、それも含めた上で調理感の演出に効果的だと感じました。その他、ソース自体に目立った味のインパクトは感じられず、特に酸味が目立っているとか、特に甘味が目立っているとか、特に魚介が目立っているとか、何かしら癖のあるソースではなく、ウスターソースをベースにしつつ、そのシャープさにはヤスリがかけられていて、魚介が補足的に組み込まれます。こってりソース味が好きな人や、シャープなソース味が好きな人には物足りない味付けになるかもしれないんですけど、カップ焼そばは味が濃いから…と、自分から近寄らない人にとっては丁度いい塩梅と思える優しい出汁ソース味だと感じられるでしょう。味にインパクトはありませんが、個人的に薄味だとは思いませんでした。

かやくは、「シャキシャキとした食感の良いキャベツ」に、「別添ふりかけの鰹節と紅生姜の風味でアクセントをつけた、クセになる味わい」とのこと。固形具材はキャベツだけだったので、これといって書くこともないんですけど、量は結構たっぷりと入っています。もうちょっと日清食品みたいに甘味の強いキャベツだと嬉しかったんですが、量は単純に嬉しいですね。ふりかけの鰹節はソースに於ける魚介感の演出に寄与していたんですけど、もうちょっと紅生姜のアクセントは強くてもよかったかなぁ。豚肉の端材でも入っていると嬉しかったんですが、麺の仕上がりと希望小売価格を考慮すると、エースコック的に妥協するしかなかったのでしょう。私は認めますw あの粗悪なスポンジ野郎で誤魔化していなかっただけ好印象w


(標準は★3です)

まず今回の売りである真空仕立て麺ですが、一見の価値ありですよ。一般的なカップ焼そばに使われている油揚げ麺とは一線を画していたし、さらにソースの調理感が相俟って、よく言われている「焼そばなのに焼いていない」というイメージを覆してくれる製品になると思います。ただ、ここで浮上してくる問題は、普段からカップ焼そばを食べている人にとっては少し物足りなく、普段からカップ焼そばを食べ慣れていない人にとっては既存の製品と比較した際のレベルの違いが分からないんじゃ…というジレンマでしょうかw とりあえずカップ麺を食べ慣れている私からの意見としては、コンセプトの新食感はバッチリ演出できていたと思います。今回のようなボックス型の容器は、ソースが混ぜにくい…というデメリットが生じるものの、液体ソース1本という構成が救いとなっていたし、一般的なカップ焼そばの容器と比較して口径が狭い分、温度の持続時間が長いというメリットが得られるんですよね。さらにデザイン性も高く、「カフェのコーヒーを思わせるデザインで、女性が自宅やオフィスでお洒落な気分で楽しめるパッケージにし」たとメーカーがニュースリリースで説明して…あー、これカフェの紙コップをイメージしていたんですねw とまぁ一般的な焼そばの容器よりもスタイリッシュに見えるし、そういった背景からも明らかに普段はカップ焼そばを食べないであろうユーザー層を意識していることが分かります。そのような背景も踏まえた上で、今回は上出来の★5としました。スーパーなどでは比較的安価な部類に入るので、普段はカップ焼そばを食べないけれど、まぁ taka :a が大丈夫そうっていうなら試してみようかな…くらいの軽~いスタンスでw(特に女性読者の皆様)気が向いたら試してみてください。あ、ちなみにメーカーの指定は熱湯5分なんですが、沸騰直後の熱湯を使用する場合、待機時間は4分30秒~4分40秒くらいで大丈夫だと思います。と言うのも、私は律儀に5分守ったんですけど、ちょっと戻し過ぎたかな? と、感じたので、参考までに。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

焼そばモッチッチ (1コ入)
価格:194円(税込 / 送料別) (バラ売り)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

焼そばモッチッチ 99gx12個
価格:1,555円(税込 / 送料別) (ケース販売)
@東乾


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram