ユーザータグ : スーパーカップ1.5倍の記事 (1/1)

エースコック「スーパーカップ1.5倍 鶏南蛮そば」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、ロッテの新商品「ガーナローストミルク」です。私はダイレクトにブラックチョコレートなら明治、ロッテのガーナは手作り用のチョコレート、ココアはやっぱり森永(?)という認識なんですけど、ガーナから9年ぶりの新商品ということで、元重篤なチョコレート中毒者として見過ごすわけにはいきません。さて、テーマは題目通り「焦がしミルク」なんですけど、それを「ミルククラム」で演出しているようですね。ミルククラムとは、ミルクと砂糖を焦がして作るキャラメル風味の乳由来原料で、まさしく焦がしミルク(そのまんまエクスペリエンスw)ただ、実際の味わいは、そこまで焦がしの芳ばしさが顕著なわけではなく、定番のガーナミルクをベースにして、ほんのりカラメル感が加わっている感じ。それよりも個人的に印象的だったのは、ヘーゼルナッツペーストのコクと風味でした。こちらも強く主張してくるわけではなかったものの、ミルククラムの芳ばしさとはベクトルの違うコクが味わい深かったです。で、相変わらず執拗なまでに歯や舌に纏わり付いてくるネッチョリとしたキメの細かさが個人的にアレだったりもしたんですけど…w ロッテ曰く、「噛まずに舌の上で溶かしてお召し上がりください」とのことだったので、これは私の食べ方に問題があったのでしょうw でも板チョコは冷蔵庫で冷やしてパキッと噛んで食べたいんだよなぁ…と、それは扨置き。定番のミルクやブラック、ホワイトの何れにも属さない、なおかつ日本の三大板チョコとも言える明治、森永のラインナップにはない焦がしミルクというテーマには、需要と個性を感じました。もちろんダイレクトに食べても美味しかったんですけど、製菓用に溶かして使ったら、ひと味違ったチョコレート菓子が作れそうですね。


さて、本日の一杯は、昨日の「担担うどん」に続きまして、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 鶏南蛮そば」です。こちらも蕎麦がカドメン仕様になっているのが大きなポイントになるんですけど、「厚切太麺」の蕎麦みたいな田舎蕎麦系の力強い蕎麦に仕上がっているのでしょうか。だとすれば、かなり期待できそうです。





つゆは、「鶏をベースにした鰹や昆布の旨みが利いた和風つゆ」に、「鶏油の香りを合わせることで、クセになる味わいに仕上げ」たとのこと。かなり醤油の色が濃いので、写真では少し分かりづらいんですけど、パッケージに「黄金鶏油」と書かれているように、よく見ると黄金色の油脂成分が浮かんでいます。そして、つゆの濃い色合いが物語っている通り、体感的にも率先して醤油が強く主張してくるような、ゴリッゴリの関東風です。原材料を見てみると、しょうゆ、たん白加水分解物、食塩…と、もれなく手前からから3番目に食塩が鎮座w 筆頭は醤油w 食塩相当量が良心的だった「担担うどん」と比較して、こちらはスープのみで5.6gと塩気にも遠慮がありません。もともと私は醤油の立った関東風の蕎麦つゆが苦手なので、思いっきり好み外でしたスイマセンw とは言え、今回はカドメン仕様の蕎麦がハンパじゃない存在感を放っていたので、麺を食べている時には程よい濃さだと思えたんですよね。それに、ただ醤油が濃いのではなく、ふわっと香る鶏油の芳ばしさだったり、鰹や昆布の下支えなど、決して醤油が一辺倒ではありません。関東風の蕎麦つゆが苦手な人には厳しい濃さになりますが、逆に醤油のエッジが効いた力強い蕎麦つゆが好きな人には好印象に映ると思いますし、麺とのバランスを考慮すると、このくらい濃くないと成立しなさそうだったので、苦手でも正解だと思えました。

めんは、「しっかりとした弾力があり、口の中で存在感のあるカドメンのそば」とのこと。原材料の構成は、「タテロング 厚切太麺 濃いつゆラー油肉そば」に使われていた蕎麦と全く同じで、その生地をベースに少しだけ番手の大きな切刃でカットしたのかな…? とも思ったんですけど、大盛バケツ型という口径の広い容器の形状から、比較して少し細く見えたような気がしただけかもしれません。断定はできませんが、とりあえず厚切太麺の蕎麦と同じイメージで問題ないでしょう。ボソボソとした食感だったり、粉っぽい舌触りも含め、そんな質感がワイルドさの演出に寄与していたし、蕎麦の風味も力強く、いい意味で醤油の濃い蕎麦つゆと張り合っています。厚切太麺の印象があるので、そこまで私は驚きを感じませんでしたが、あの蕎麦を厚切太麺シリーズよりも多い90gの大盛仕様で食べられて、しかも値段は厚切太麺シリーズよりも安い、という部分には非常に強い魅力を感じました。

かやくは、「程良く味付けした鶏肉そぼろ、揚げ玉、ねぎ、唐辛子」とのこと。独断と偏見で具材は勝手に後入れしましたスイマセンw まぁ鶏肉そぼろは何とかなるだろうし、ネギも後入れで問題ないだろうし、やっぱり揚げ玉は後入れがいいなぁ…(あと撮影が楽w) ってことで、まず程良く味付けした鶏肉そぼろですが、先に入れようが後に入れようが相方と同じスポンジ野郎です。 “鶏” 南蛮そばというテーマではあるものの、具材に鶏を求めてしまうと、盛大な肩透かしを喰らうでしょう。揚げ玉は赤みがかっていて、ほんのちょっとピリ辛。後入れしても一瞬にして馴染んでしまったので、サクサクとした食感は得られませんでしたが、揚げ玉特有の油脂感が蕎麦つゆのコクを後押ししているようでした。そして、蕎麦の南蛮といえばネギですが、細かくカットされた薬味系だったので、これも頼りない印象ですね。正直、具材は貧弱です。ただ、それぞれの量は、それなりに入っていたので、なんかこう…いろいろプカプカ浮いてて見た目は賑やかでしたよw そういえば2014年にも「冬季限定スーパーカップ1.5倍 鶏南蛮そば」というカップ麺が同ブランドからリリースされていたんですけど…まだ3年前のほうが “らしい” かもしれませんw


(標準は★3です)

バランス型で勝負していた「担担うどん」に対し、こちらは蕎麦も蕎麦つゆもストロングでワイルドな仕上がりだったんですけど、これぞスーパーカップならではの力強さというか、そんなブランドイメージに価値を見出だしている人にとっては、かなり好印象に映る一杯になるのではないかと思います。つゆ単体だと私には厳しく、とても3口以上は飲めないような代物ではあったものの、他社の蕎麦とは存在感の強さが逸脱しているカドメン仕様の蕎麦を飼い馴らすには、これくらいのエッジがないと成立しないと思ったし、同時発売品との差別化を図る上でも効果的だと感じたので、総評は上出来の★5としました。具材の貧弱さは相変わらずといったところですが、無骨な田舎蕎麦路線の力強い蕎麦に、それに引けを取らない力強いスープは、いい意味でスーパーカップらしい仕上がりだったと思います。主観的には★4だけどw でも厚切太麺ばりの蕎麦に関しては、無条件で★6をつけたいくらいです。それこそ厚切太麺の「濃いつゆラー油肉そば」じゃないけれど、今度は醤油で麺を飼い馴らすんじゃなくて、辣油の刺激で麺の存在感を統率するような、シゲキ的ラー油蕎麦をスーパーカップからもリリースしてもらいたいです。スーパーカップらしからぬバランス型の「担担うどん」に、スーパーカップらしさの際立ったワイルドな「鶏南蛮そば」と、今回の2品同時発売品は両方とも当たりだと感じました。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

エースコック「スーパーカップ1.5倍 担担うどん」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、でん六の「ポリッピーチョコ」です。これ知ってます? めっちゃ美味しいですよw イメージとしては「チョコボール」に近いんですけど、55gで税込108円が相場というコストパフォーマンスの高さが魅力となっていて、さすが豆のプロフェッショナルでん六…ピーナッツの質は折り紙付き。チョコボールと比較して、コーティングされているチョコレートの比率が少なく、間のカリカリしたクリスピーっぽい部分(なんて言うんだろう…w)がチョコレートと1:1くらいのバランスで、これがまた甘過ぎず絶妙なんですよね。チョコレートの甘さをメインに楽しみたい場合は、やはりチョコボールに軍配かもしれませんが、チョコボールって28gなのに80円以上が相場じゃないですか…その点、このポリッピーは55gで108円ですよ、108円。金のエンゼルも銀のエンゼルも入ってないけど、コストパフォーマンスの高さは圧倒的です。ピーナッツ系のチョコレートが好きで、なおかつクリスピーなカリッとサクサクした食感が好きな人には、もう手放しでオススメしたいですね。ちなみに私は前回の楽天お買い物マラソンでケース買いしましたw(2箱w)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

でん六Eサイズ55gポリッピーチョコ1箱10袋入
価格:860円(税込、送料別) (2017/10/14時点)
@でん六


さて、本日の一杯は、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 担担うどん」です。エースコックのニュースリリースでは「うどんとそばでは初となるカドメンを採用」とのことだったんですけど、「(コンビニ限定)近畿大学水産研究所×つるとんたん監修 スーパーカップ1.5倍 近大マグロ使用 魚だしカレーうどん」や「(コンビニ限定)スーパーカップ1.5倍 ピリ辛ブタキムうどん」など、すでに「カドメン」を意識していたような麺は開発されているんですよね。ただ、メーカーが大々的にカドメン仕様を名乗るのは今回が初めてなので、仕上がりが楽しみです。とりあえずパッケージ写真のビジュアルから察するに…肉具材は例のスポンジ野郎でしょうw





スープは、「豚の旨みと味噌のコク、香辛料を利かせたスープに、香りのよい深煎り練り胡麻で仕上げたまろやかな担担スープ」で、「ピリッとした辛味でクセになる味わいに仕上げ」たとのこと。担担うどんという和風の麺を採用した製品ですが、魚介出汁などの和テイストは特に意識されておらず、このまま中華麺を合わせても違和感のない担担スープです。方向性は極めてマイルドで、唐辛子の辣味も花椒の麻味もアクセントの枠を超えず、これなら刺激の強い担担が苦手な人でも大丈夫でしょう。なので、刺激の強さに期待すると肩透かしを喰らいますが、バランス型の担担スープとして、非常に美味しいですね。まず大盛バケツ型、しかも麺がカドメン仕様になったことも含め、スーパーカップというブランドの特製上、食塩による強い塩気を覚悟していたんですが…意外や意外。塩気に過剰反応する私がスープ単体で口に含んでも、厳しいほどの塩気ではありませんでした。でも味は割と濃いめで、飲み応えがあります。動物系の旨味は豚エキスが確固に支えていて、さらに芝麻醤(ねりごま)がコクをブースト。味付けは主に和味噌が担い、そこへ豆板醤が和味噌にはないアクセントを添えてくれます。エースコックのカップ麺では手前から3番目以内に記載されることの多い食塩ですが、今回は後ろから数えて3番目という含有量の低さで、なるほどトゲトゲしていないのにも納得。香辛料の表記が末端にあるように、花椒のアクセントは香り付けに過ぎなかったものの、ふと鼻を抜ける清涼感が担担感を高めてくれています。スーパーカップにありがちだった、 “質より量” という “大味” な印象は皆無に等しく、ライトユーザーからヘビーユーザーまで楽しめるような、万人ウケするバランス型の完成系にあるようなスープでした。これ、本当にスーパーカップですか?w と、このようにマイルドな路線だった場合、存在感の強いカドメン仕様の麺とのバランスが危惧されるところですが…

めんは、「しっかりとした弾力があり、 口の中で存在感のあるカドメンのうどん」とのこと。やはり冒頭で挙げたコンビニ限定スーパーカップ2品の流れを汲んでいる印象で、原材料を見比べてみると、まったく同じ内容ですね。ただ、当初よりもレベルが上がっているように感じました。がっしりとした力強い噛み心地はそのままに、より麺に粘り気が生まれ、ただハードなわけではない、もっちりとした弾力と、うどんっぽい風味に加え、麺の存在感に反して油揚げ麺特有の風味は控えめです。この手のタイプは、今まで日清食品の「どん兵衛」が他社を寄せ付けないほどのカリスマ性を誇っていましたが、それに勝るとも劣らない、秀逸な出来栄えだと感じました。厚みのある平打ちの太麺ですが、ごわごわしたような無骨さや変な粉っぽさも気にならず、時間経過による劣化への耐性も高かったので、大盛バケツ型でも食べ終わるまでヘタらない、というのも大きな利点。経時劣化耐性に関しては、どん兵衛の上を行くと思います。今回のスープはスープ単体でも厳しくないレベルの適度な塩気でしたが、麺の下味には少し強めに塩味が効かせてあったので、スープとの一体感は高く、また存在感の強い麺を食べているときにも孤立しているような印象は与えない、まさに計算されたバランスでした。やればできる子w

かやくは、「風味の良いごま、チンゲン菜、肉そぼろ、ねぎ、唐辛子」とのこと。うん、やっぱり肉そぼろはパッケージ写真のイメージ通り、ちょっと久しぶりのスポンジ野郎でしたよw なんか茶色バージョンは久々に食べた気がするんですけど、相変わらず秀逸?(ある意味w)だと思いますw まるで絵に描いたような、見事なまでのスポンジ食感Death!w ただ、今回は事前に粉末スープまみれになっていたことが功を奏したか、無味ではありませんでした。かやく入り粉末スープに仕込まれていた場合、それほど害を及ぼす具材ではないのかもしれません。いや、お世辞にも美味しいとは言えませんけどw 全体的に具材が貧弱というイメージの否めないスーパーカップですが、今回も具材が豊富とは言えません。しかし、胡麻の芳ばしさからは芝麻醤の効いたスープとの相乗効果が感じられたし、青梗菜は甘味があって、スープとも合っていておいしかったです。今回は麺とスープの満足感が高かったので、特に具材の貧弱さがネックになるとは思いませんでした。


(標準は★3です)

いや、うん…コンビニ限定じゃないスーパーカップで★5を即決したのは久々かもしれないw まず食べた瞬間から「これは上出来だ!」なんて思っちゃったので、そこから蓄積されていく塩気だったり、質より量といった単調で大味なイメージが先行して、まぁ食べ終わる頃には★3くらいなんだろうなぁ…と、思いきや、なんのなんの。食べ始めの満足感から一切の失速を見せることなく、最初から最後まで美味しい一杯でした。まずカドメンうどんですが、申し分ありません。ちょっと塩気が強めの下味だったり、かんすいを使った中華麺系とは違う風味から、うどんっぽさが確かに感じられたし、また粘り気のある弾力やコシなど、日清のどん兵衛に匹敵するクオリティだと思いました。これがコンビニ限定ではなく、スーパーなども販路の視野に入れた和風スーパーカップのデフォルトになるのであれば、かなりの脅威になるのではないでしょうか。そして、もうひとつ感激したのは、いい意味でスーパーカップらしからぬスープですよ。スープ単体で飲んでも厳しい塩気ではなく、同時に唐辛子や花椒などの刺激的な要素も控えめだったんですけど、確かなポークと芝麻醤のコクが味に物足りなさを感じさせません。また今回は存在感の強いカドメン仕様の油揚げ麺を起用していましたが、麺自体に適度な塩味が施されていたので、麺勝ちしているようなチグハグ感も受けなかったんですよね。具材こそ寂しさが否めない印象ではあったものの、バランスを重視した大盛バケツ型の担担うどんとして、もはや完成系にあると言っても過言ではないと思います。食べ応えを重視したあまりに質より量といった単調なイメージが先行してしまう…そんなネガティブ要素が一切感じられない、素晴らしい出来栄えでした。いやぁ…これは予想外w これまでスーパーを販路に見据えた2品同時リリース系のスーパーカップは、どうしても大味に傾倒していたイメージが強かったんですけど、麺とスープの計算されたバランスなど、私の中でスーパーカップというブランドのイメージが一気に覆されました。同時発売品に「鶏南蛮そば」があるんですけど、食べるのが楽しみです。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

エースコック「スーパーカップ1.5倍 いか焼そば味ラーメン」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、三幸製菓の「おつまみかりかりツイスト ペッパーベーコン味」です。かりんとうっぽさは控えめで、「特濃ミルク」なんかと比べて生地の形が違いますね。味付けの方向性は江崎グリコの「クラッツ ペッパーベーコン」に通じる面持ちなんですけど、比較するとスモークの風味やペッパーのアクセントは弱め。生地のニュアンスもプレッツェルとは別物で、入っているナッツもアーモンドではなくピーナッツ…いや、比べること自体お門違いなのかもしれませんがw どうしてもペッパーベーコンの土俵で戦わせてしまうと、クラッツに軍配を上げたいです。たしかに「かりかりツイスト」ならではと思える個性は垣間見れたものの、ペッパーベーコン系が食べたい気分の時は、王道のクラッツでイイんじゃないですかね。というのが正直な感想だったので、今回はクラッツの広告を貼っておこうww


さて、本日の一杯は、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 いか焼そば味ラーメン」です。店頭で見掛けて「…?!」となった人は少なくないでしょうw 「『いか焼そば』の味わいがラーメンに、『しょうゆラーメン』の味わいが焼そばに」というコンセプトをテーマに、スーパーカップの「いか焼そば」と「しょうゆラーメン」を入れ替えてしまったようです。スーパーカップの鶏ガラ醤油が焼そばになるのは全く以て違和感ないと思うんですけど、いか焼そばがラーメンって…要するに汁ありソース焼そばですよw ただ、実はソース味のラーメンがカップ麺になったのは今回が初めてではなく、数年前にサンヨー食品が「ふなっしーの船橋ソースラーメンタテビッグなっしー!」というカップ麺を発売しておりまして、実際に千葉県の船橋でも船橋名物としてソースラーメンが提供されているそうなんですよね。ですから、単なるキワモノではないんじゃないかと…いや、まぁかなり奇抜ですけどw サンヨー食品がリリースしていた船橋ソースラーメンの印象は良かったと記憶していますし、割と違和感なく楽しめちゃいそう。っていうか…普通に美味しそうww ちなみに当たりだったら、500円のオリジナルQUOカードが入っているそうです。


無論…QUOカードが入っているはずもなくw



スープは、「数種のソースをベースにペッパーなどの香辛料を利かせたソース味のスープ」で、「選び抜いた二種類のチキンエキスを加え、酸味・旨み・甘みのバランスが取れた食べやすい味わいに仕上げ」たとのこと。ハイブリッドエクスペリエンス!w(ソースラーメン体験w)まさにw まず後入れの液体スープなんですが、これ「液体ソース」ですねw 多分、湯切りした油揚げ麺に混ぜ合わせたら、普通にソース味のカップ焼そばが出来上がってしまうと思います。ただ、騙されたと思って食べてみてください。とても美味しいですw まず液体スープ(ソース)の内容としては、同社の「大盛りいか焼そば」に通じるフルーティな面持ちで、おそらく原材料の基本構成は同じでしょう。そして粉末スープからは「めちゃうまふりかけ」を彷彿とさせるホワイトペッパーを中心とした香辛料の香りが感じられ、本家いか焼そばの面影が…というか、思いっきり本家いか焼そばの顔してますw とは言え、べちゃべちゃなソース焼そばを食べているかのようなゲテモノ感は皆無に等しく、しっかり “ソース味のラーメン” として違和感なく成立しているのが素晴らしいところ。ソース味のスープには奇抜な個性を感じるものの、得てしてキワモノ路線を狙っているわけではなく、製品説明にもある酸味・旨味・甘味のバランスが絶妙で、食べ進める毎にジワジワとクセになってくるというか…何とも罪なスープでしたw

めんは、「しっかりとした弾力があり、口の中で存在感のあるカドメン」とのこと。「しょうゆラーメン」からの汎用かと思いきや、原材料に醤油が練り込まれていないことから、どうやら違うカドメンみたいですね。やや油揚げ麺特有の風味を手前に感じたんですけど、割と最近に発売されていた「コーン醤油バター味ラーメン」のときほど頼りない食感ではなく、カドメンらしい力強さが感じられました。今回はスープが中々にストロングだったんですが、しっかり張っていますね。力強い弾力が麺の存在感を確立させ、個性的なスープに埋没していなかったのが良かったです。両者のバランスも整っていたし、きちんと計算されていると思えました。

かやくは、「風味の良いいか、キャベツ、ねぎ、紅しょうが」とのこと。一見すると寂しく見えてしまうかもしれませんが、普段はイカが粗悪なスポンジ野郎(スッカスカな肉そぼろ)ということもザラにあるので、それを思えば上出来ですよ。多分、イカやキャベツは「大盛りいか焼そば」に入っている具材と同じ個体でしょう。しっかりとした弾力のある歯応えと、海鮮具材ならではの風味が好印象なイカは、いか焼そばを演出する上で欠かせない存在だったし、ソース味のスープとも違和感なくマッチしています。さらに滲み出る旨味によって、スープに海鮮の風味を添加してくれる嬉しい効果も。そしてソース味のスープとキャベツの相性は言うまでもなく、イメージ的にも外していませんね。ネギの存在感は希薄だったんですけど、時折ふと感じる紅生姜のアクセントが効果的で、これも焼そばのニュアンスを色濃くしつつ、同時に味の引き立て役として、的確に貢献していました。


(標準は★3です)

一見するとゲテモノに思えてしまうかもしれませんが、騙されたと思って食べてみてください。ちょっとクセになる味というか、この個性的な味わいにハマってしまう人は多いんじゃないかと思います。実食前のイメージでは、とりあえず★3以上は大丈夫だろうと思ってはいたものの、不覚にも何個か買い置きしておきたいと思ってしまいましたw 今回の総評は★5が妥当かとも思ったんですけど、このジワジワとクセになるような味わいには強い引きを感じたし、ソース味のラーメンとして違和感なく成立していたこと、そんな個性も然る事乍ら、スーパーでも販売しやすい価格帯に抑え、誰もが手に取りやすい販路を確保してくれていたことにも好感が持てたので、★ひとつプラスしました。あとは実際に製品を見た時、手に取ってもらえるかどうかが問題なんですが…おそらくイメージで避けている人は多いでしょう。エースコックさん、代理アピールは任せてください…これ美味しいですよぉ〜!w いや、マジで。スープ単体で飲むと結構ストロングな塩気を感じたんですけど、麺と食べる分にはベストマッチだと思えたし、単なるキワモノと侮るなかれ、臆することなかれ。ソース味のラーメン…? お、なんや結構イケるやん。と、中毒性を感じちゃう人続出なんじゃないかと思います。ただ、根本的にダメだったら…その時はゴメンナサイw なんやかんや言うてソース味のカップラーメンなんで、ほんとニュアンスは汁ありソース焼そばのイメージで全く以て正解ですw ただ、調理ミスしたカップ焼そばとは一味違う、こんなラーメンもアリかも…と、一種の新しいラーメンとして、麺類の世界観が広がる切っ掛けになるのではないでしょうか。根本的にダメだったら…ゴメンナサイw とりあえず私としては、強く推したい一杯です。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

エースコック「スーパーカップ1.5倍 コーン塩バター味ラーメン」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「ポテトチップスクリスプ コンソメパンチ」です。昨日の「うすしお味」と同じく、ベースのポテトはチップスターよりもカタメ食感で、味は皆様お馴染みコンソメパンチ。驚き無しw ただ、ポテトのニュアンスが違う分、やはり受ける印象は異なりますね。そういえばチップスターにもコンソメがありますけど、あんまり食べた記憶が…というか、そもそも見掛けた記憶すらw いや、意識してないから気が付いてないだけなのかも…そういうのありますよねー。あ、ポテトチップスクリスプのコンソメパンチは、イメージ通りで美味しかったです(他に言いようが…スイマセンw)これぞ安定感ですな。新商品だけどw


さて、本日の一杯は、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 コーン塩バター味ラーメン」です。同時発売品の「コーン醤油バター味」がイマイチだったので、もはや嫌な予感しかしない心境での実食になるのですが、逆に言えば心の準備が整っているとも言えるわけでしてw で、何気なしに自分の過去記事を漁ってみると、2015年の3月に「三つ星スーパーカップ」シリーズから、同じくバター状ブロックを売りにした「塩バター味ラーメン」というカップ麺のリリースがありまして、また2015年の8月にも「じわとろ」というタテ型カップのブランドから、バター状ブロックがメインの「塩バター味ラーメン」と、2016年9月にも「コーン塩バター味ラーメン」というカップ麺のリリースがありまして、自分で自分の過去記事を読み返してみると…どれも煮え切らない評価だったw とりあえずコーン塩バター味は定番のイメージなので、せめて味は普通に美味しいと思える水準にあると嬉しいのですが…





スープは、「ポークをベースに野菜や香辛料、ホタテの旨みを加えた塩スープ」に、「後入れの『バター状ブロック』を加えることでバターの風味が食欲をそそり、後引くコクをしっかり感じ」られるとのこと。ベースのスープは少し洋風テイストで、塩ラーメンというよりも、味のイメージとしてはポタージュに近い雰囲気です。でも粘土の高さは意識されておらず、サラサラとしているのですが、クリーミングパウダーや乳等を主要原料とする食品が洋風な面持ちを醸し出していて、適度なガーリックとブラックペッパーのアクセントもイイ感じ。ホタテエキスの含有量は少なく、製品説明にあるようなホタテの旨味は目立ってなかったんですけど、この段階だと普通に美味しいスープです。でもって真打ちのバター状ブロックを溶かしてみると…うん、普通に美味しいですねw もともとベースが洋風路線という部分が功を奏していて、クリーミングパウダーや乳等を主要原料とする食品が醸し出していたポタージュ的な雰囲気を後押ししてくれているというか、リッチとまでは言えないものの、大味ってほど雑な仕上がりでもなく、きちんと相乗効果は感じられました。良くも悪くも当たり障りのない味でしたが、裏を返せばギャップも控えめで、ちくしょうハズした…と、落胆するようなショックは受けないでしょう。

めんは、「しっかりとした弾力があり、口の中で存在感のあるカドメン」とのこと。多分、「コーン醤油バター味」と同じ油揚げ麺だと思うんですけど…うーん、やっぱり今までのカドメンと比較して、印象は少し異なりますね。食べ始めて直ぐの段階は兎も角、食感の緩みが早いことと、どうも油揚げ麺特有の風味が気になります。ガッシリ3Dめんからカドメンに変更された後、油揚げ麺特有の風味が随分と控えめになり、そこにレベルの高さを感じていたのですが、なんかこう、かつての「ガッシリ3Dめん」と「カドメン」を足して割ったような状態というか。いや、自分は食べるのが遅いので、それも影響しているのかもしれませんが…少なくともコンビニ限定の「ブタキム」に使われているカドメンとは別物だと感じました。

かやくは、「色調の良いコーン、人参、ねぎ」とのこと。うーん、メインのコーンは「コーン醤油バター味」と同じく、イマイチな歯触りですね。きちんと甘味は感じられるんですが、どうもこう、乾燥具材チックというか、なんというか。で、人参はコリコリとした歯応えがアクセントに寄与してくれるのかと思いきやクッタクタw でも人参の甘味は好印象でした。意識して拾わないと見た目だけで存在感は薄かったけどw ネギは食感も風味も目立っていたのですが、あんまりスープと合ってなかったです。そもそも「かやく入りスープ」という時点でヤル気が感じらr(ry


(標準は★3です)

うーん、スープなんかの味だけで言えば、取り立てて酷評するほど粗雑ではなく、普通に美味しかったので、及第点でもいいかな…と、思ったんですけど、コーン塩バターなのにイマイチなコーンは正直いただけなかったし、カドメンの劣化したような印象も否めず…いや、取得価格が138円だったので、それを思えば及第点でも差し支えなかったのかもしれないんですけどね。ただ、この中途半端な5月にコーン塩バター味を食べたいかと言われたら、イマイチこう需要が見出せないというか、もちろん洋風路線のスープにバターの援護射撃は間違いのない組み合わせだったんですけど、じわリッチか? みたいな。裏切りのなさと鉄板のタッグから、醤油か塩かで言えば塩に軍配ですが、まぁ別に今わざわざ食べなくても…という印象から、少し厳しめに見ちゃってるかもしれません。具材の貧弱さを許容できるなら、味の評価は★3です。ただ、これを食べるなら200円出してでも美味しい大盛バケツ型を食べて欲しいのが本音。または質より量、味も無難で結構というスタンスならば、オープン価格の廉価版シリーズを手に取った方がコスパ的にも賢明かと思います。



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

エースコック「スーパーカップ1.5倍 じわリッチ コーン醤油バター味ラーメン」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「ポテトチップスクリスプ うすしお味」です。製品自体は昨年からリリースされていたんですけど、私の住む地域(兵庫県の田舎)では、やっとこさ先週くらいから新商品のポップを掲げ、店頭に並び始めました。2015年8月に発売を予定していたそうなんですが、品質にバラつきがあるとして発売が見送られていた成型ポテトチップスで、2016年8月から北海道エリアを皮切りに、東北・信越エリア、関東エリアと販路を拡大し、我らが近畿地区にも流れてきた模様。成型ポテトチップスといえば、やはりYBCの「チップスター」が定番ですけど、チップスターよりも歯応えがあって、受ける印象は大きく異なっていました。味に関しては似通っていて、ジャガイモそのままカットとは違う、成型ポテトチップスらしい風味です。食感がハードな分、ややクリスプのほうが塩気を強めに意識しているように感じました。サクサクとライトに食べたいならチップスター、ザクザクと食感を楽しみたいならクリスプ。気分やシーンによって食べ分けられる感じで、甲乙つけがたいライバルの登場、といったところでしょうか。プリングルズとも違うんだよなー。むむむ…奥深きかな成型ポテトチップスワールドw


さて、本日の一杯は、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 じわリッチ コーン醤油バター味ラーメン」です。スーパーカップでは定番の?「バター状ブロック」を使用したカップ麺ですね。コーンとバターは鉄板の組み合わせですが、合わせるスープは味噌か塩がデフォ、というイメージが強いので、醤油には少し新鮮味を感じるものの、実食前の現在…なんかもう至極フツー(★3)な印象しかないですw しかも何で5月にコーンバター?w 良い意味で予想を裏切ってくれるのか、はたまたイメージ通りの無難な感想に落ち着いてしまうのか、ちょっとテンションは低めです。





スープは、「チキンをベースにオニオンの旨みとコーンの風味が利いた醤油スープ」に、「後入れの『バター状ブロック』を加えることでバターの風味が食欲をそそり、後引くコクをしっかり感じ」られるとのこと。バター状ブロックを溶かす前のスープは、あまりにも安っぽい味というか、良い意味でチープなら未だしも、廉価版のカップ麺なんじゃないか…? と、思ってしまうほど安っぽい作り。多分、バター状ブロックにコストを費やした結果、ベースの質は落とさざるを得なかったのでしょう。製品説明にあるようなコーンの風味もスープ単体からは感じられず、原材料もシンプルさが裏目に出たか、化調の風味が表立っているような印象。あからさまな粉末醤油の芳ばしさも目立っていて、塩気も強く、少し強めに効かされた香辛料のパンチは印象が良かったんですけど、裏を返せば胡椒で誤魔化している感が無きにしも非ず。で、本日の主役であるバター状ブロックを溶かしてみたところ、うーん…バターの風味は確かに添加されるんですが、リッチというほど劇的な変化は感じられず、むしろベースの安っぽいマイナスイメージが先行する為、せっかくのバターも取って付けたような存在になっているというか、じわリッチな感じも皆無に等しかったし、一体どこに価値を見出したらいいのか分かりませんでした。

めんは、「しっかりとした弾力があり、口の中で存在感のあるカドメン」とのこと。毎度お馴染みカドメンなんですけど、珍しく一切の味付けは施されておらず、動物系のエキスや醤油は疎か、エースコックの油揚げ麺では定番の砂糖すら使用されていません。それが直接的に関係しているのかどうかは定かではありませんが、最近のカドメンにしては油揚げ麺特有の風味が気になりますね。よく「エースコックの油揚げ麺は苦手で…」というコメントを頂戴するんですけど、これモロなヤツですよ。エースコックの油揚げ麺が苦手な人は、回避されたほうが賢明かと思います。袋麺の「ワンタンメン」に通じるところがある風味なので、自分としては全く以てネガティブではないんですけどね。むしろ好きw それよりも気になったのが…こんなに弱っちい麺でしたっけ? カドメンって。特に撮影で時間を取られたわけでもなかったのに、食べ始めの段階からエッジが控えめというか、あまり力強さが感じられず、割と早い段階から柔らかくなってきます。食感が緩んでくると、必然的に油揚げ麺特有の風味も増してきて、ちょっと全体がボヤけてくるというか、それも全体が大味に傾いてしまった要因なのかもしれません。しばらく既存のレギュラー陣を食べていないので、何とも言えないところではあるんですけど、カドメンが退化したとの噂も耳にしているし、それも納得せざるを得ないカドメンでした。

かやくは、「色調の良いコーン、風味の良い玉ねぎ、ねぎ」とのこと。まず「かやく入り粉末スープ」という時点で気合が感じられないわけなんですけどもw とりあえずメインのコーン、その名を商品名に掲げている割には量が少なく、また質も高いとは言えません。コーンの甘味は好印象だったんですが、どうも舌触りがよろしくない。あからさまに乾燥具財を戻しました的な質感というか、瑞々しさに欠けるコーンでした。玉ねぎは甘味よりもフレッシュな香味感を意識したタイプだったので、コーンとの対比には効果的だったんですけど、意識的に拾って食べないと、そんなに実食中は存在感なかったです。ネギは相変わらずエースコックらしく、異様に主張が強かったんですけどw 製品名にコーンを冠している割に残念な質感だった主役のコーンは力不足だったし、これといって取り立てて書くようなポイントも見当たらず、具材に貧弱なスーパーカップらしさを遺憾無く発揮しておりましたw


(標準は★3です)

「カップ麺に固形バターだなんて、リッチだわ~♡」というよりも、「あ~はいはい、また例のバター状ブロックねぇ」みたいな。そんな私のテンションにも問題があったのかもしれませんが、新鮮味の無さだけなら兎も角、どうも一本調子というか、退化を感じてしまったカドメンらしからぬカドメンに、化調の主張が激しい単調で安っぽい廉価版も顔負けなスープ。肝心のバター状ブロックも全く活かされていなかったし、全体的な量も多いので、後半にかけての飽きが否めませんでした。如何せんバター状ブロックにコストを費やしている感が顕著というか、悪い意味でのスーパーカップらしさが強く出てしまっていて、質より量といった大味な印象が先行してしまったのが残念です。もともとスーパーカップに繊細さを求めること自体、ナンセンスな話だとは理解しているつもりですが、それを差し引いても大味過ぎやしませんかね。スーパーにて税込138円だったので、まぁ納得と言えば納得ではあったんですけれども、他に美味しい大盛カップ麺は沢山ありますから、わざわざコレを手に取る必要はないと思います。私は元来、スーパーカップに強く当たる傾向にある為、そのバイアスが多少なりとも影響しているのかもしれませんが、それを差し引いても今回のスーパーカップはオススメできません。やはり、バター系は東洋水産のほうが確実ですね。一応、ネットで1個あたり158円にて販売しているショップはあったんですけど、あんまりオススメしたくないので、広告は貼らないでおきます。もうひとつ塩バージョンもあるんですが…早くも嫌な予感しかしないw



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram