ユーザータグ : ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆(1)の記事 (1/2)

まるか食品「ペヤング チョコレートやきそば ギリ」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、おやつカンパニーの新商品「ベビースター パンメン メープルシナモン味」です。今回の3品中、唯一の甘い系で、「オリーブソルト味」「やさしいチキン味」はベビースターラーメンらしさがファーストインプレッションとして先行する仕上がりだったのですが、今回はイメージ的にフランスパン工房寄りな雰囲気ですね。最近ちょっとシナモンの主張が強いと苦手系な筆者なんですけど、シナモンの風味は強過ぎず、それでいてアクセントに程よく、自分でも素直に楽しめた適度な主張。割とメープル感は強めにあって、生地の形以外にベビースターラーメンらしさが感じられません。形はベビースターラーメンっぽいんだけど、テイストのイメージはファーストインプレッションからフランスパン工房が優勢でした。なので、前回,前々回のフレーバーで印象的だったラーメンっぽさからパンっぽさにシフトする変化は感じられないものの、メープルシナモン味という甘い系は2者との差別化に効果的だったし、味だけで言えばコレが自分的に1番ヒットだったかも。しっかりメープル、ほんのりシナモン、でも甘過ぎない。これに合わせる飲み物は、やっぱり紅茶がマストだと思います。ラーメンからパンにシフトする感覚が新しかった「オリーブソルト味」と「やさしいチキン味」そして味のイメージを裏切らなかった「メープルシナモン味」一見すると商品のネーミングから、最初はキワモノっぽいスナック菓子に思えたのですが、硬派に作り込まれた良品たちでした。


さて、今日はバレンタインデーということで、本日の一杯は満を持してのコイツw まるか食品の「ペヤング チョコレートやきそば ギリ」です。「ギリ」なのか、「I♡YOU」なのか、ハッキリしないパッケージが気になるところではあるんですけどw カップ麺界の問題児「明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース」に挑戦するべく? まるか食品もバレンタインデー関連カップ麺に殴り込み。もうね、見るからにネタですから、味どうこう言うこと自体ナンセンスなのかもしれませんが、そういうわけにもいかんのでw 百聞は一見に如かず! さっさと片付けたいと思いますw





は、いつもの油揚げ麺です。ぶれない。いつも当ブログではソースを選ばない万能麺だと褒めてるんですけど…ありましたね、合わないソースが。と言うのも、油揚げ麺特有の風味だったり、ノスタルジックな食感だったり、普段なら良い意味でのチープさがプラスに作用してくれるんですけど、それが今回の甘さ一辺倒なチョコソースの中にあると、油揚げ麺特有の油っぽい風味が嫌に目立つというか、そのせいでゲテモノの烙印が確定してしまう感じ。油揚げ麺の存在によって、「やきそば」としての体は保たれてはいるものの、ソースの方向性から食事として許容することが出来ず、スイーツと呼ぶにも厳しい雰囲気だったし、スナック的とは言ってもスナック菓子とはベクトルが異なっているので、なんだかもう想像通りというか、まぁこうなっちゃうよね…みたいな。ある意味ギャップの無さは好印象? だったりもしたんですけどw 美味しいか美味しくないかで言えば、後者です。

ソースは、溶かしたチョコレートです。それ以上でも、それ以下でもありません。スーパーの製菓材料コーナーや、ジャムとかハチミツとか置いてある所で見掛けるチョコレート系のシロップあるじゃないですか、アレと同じような代物だと思ってください。ちなみにソース(添付調味料)の原材料は「チョコレートベース」となっていて、これ以上ないシンプルな表記でしたw 一平ちゃんのソースは甘塩っぱい系を意識していましたが、こちらは完全にチョコレート味として割り切っていたので、いつものペヤング麺にチョコレートシロップを使って味付けしたら…多くを語らずとも味の想像は付きますよね。とりあえず、小袋に書かれている「やきそばソース」は完全に誤表記レベルですw ある意味、見方によってはスイーツ路線として非常に硬派な仕上がりではあるものの、焼そば的な雰囲気は皆無に等しく、油揚げ麺臭との兼ね合いが悪かったので、ひとつの食べ物として自分は許容できなかったです。ホットケーキとか、甘さ控えめのホイップクリームとか、チョコレートシロップ本来の用途に基づき、用法用量を守って正しくお使いしたい感じでしたw

かやくは、クルトン,イチゴ加工品となっているのですが、一平ちゃんの単一色な見た目とは違い、仕上がりのビジュアルは宜しいです。イチゴ加工品は態とらしい人工的な風味とは言え、甘さ一辺倒のチョコソースの中でアクセントとして効果を発揮していたものの、如何せん量が少ないので、途中から気にならなくなってきます。クルトンはカップスープやシーザーサラダのトッピングに使用されているようなクルトンと同じプレーンタイプで、特に味付けなどは施されておらず、食感のアクセントとして放り込まれた模様。ただ、今回は完全にスイーツな路線を狙っていたようなので、どうせならシュガートッピングしたラスクとか入れて欲しかったです。だからと言って結果的に★の数が増えるわけではないですけどw

(標準は★3です)

一応、話題性を加味して★ひとつプラスしましたが、味だけで言えば★0です。食事(やきそば)として許容するには甘さ一辺倒で厳しかったし、かと言ってスイーツ的に美味しかったかと言われたら、嫌に目立っていた油揚げ麺臭が完全に邪魔だったし、ある意味これは想像通りの仕上がりではあったものの、ひとつの製品(食べ物)としては、まだ一平ちゃんのほうが許せる感じでした。やはり「やきそば」であるからには、食事として許容できるようなポイント(甘塩っぱい系のアクセントとか)が無いと成立しないと思いますし、いつもの油揚げ麺にチョコレートシロップかけただけ、みたいな仕上がりだとゲテモノで終わって当然、みたいな。そう考えたらスイーツ系のカップ焼そばとして、一平ちゃんのショートケーキ味は優秀だったなぁ…って。まぁアレも随分と人を選ぶカップ麺ではありましたけどw 少なくともチョコレート系のカップ焼そばよりは完成度が高かったですからね。チョコレートとカップ焼そばのコラボレーションには、まだまだ乗り越えなければいけない課題が多いようです。あまりに甘い一辺倒だったので、ちょこっと塩を振ってみたのですが、解決策にはなりませんでしたw ちなみに商品名の「ギリ」は、「義理チョコ」と「ギリギリやきそば」を掛けてるらしんですけど、まずギリギリも何も自分は焼そばとして許容できなかったし、義理も人情も感じられなかったですw


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

渡辺製麺「風来軒 宮崎とんこつ」



湖池屋の「スティックカラムーチョ 特製ホットチリ味」を食べました。2日前に紹介した「激辛選手権」の湖池屋サイドですね。こちらも激辛企画の割に刺激は全然だったんですけど、焙煎したような唐辛子の芳ばしさとエスニック感の漂う香辛料の複雑味が印象深く、オリジナルの路線を尊重しつつ実直にブラッシュアップさせたような仕上がりが実に好印象。ことスパイス感に関しては特有の粉っぽさを感じるほどで、先日の「ポテとんがらし ドッとチリチキン味」が一瞬で霞んでしまいましたw カラムーチョらしく絶妙な酸味が旨味を引き立てていて、まさにワンランク上のスティックカラムーチョ、って感じですね。今回の企画、私は湖池屋に一票です。(後で調べてみたら、やはり優勝したのは湖池屋だったみたいですね。)

さて、本日の一杯は、渡辺製麺の「風来軒 宮崎とんこつ」です。月一で定期的に発売されている渡辺製麺のローソン専売カップ麺で、「ラーメンデータバンク有名店コラボ」の第4弾。ちょっと面白いのが、「一般的な監修商品は『店の味に近づける』というものが多いなか、本商品は『店の味をベース』にコンビニ向け商品として、『風来軒』の大きな特徴である『こってりとしたとんこつスープ』という個性を最大限に活かしたおいしい商品を完成させ」たというコンセプト。つまり、お店のメニューを再現しているのではなく、あくまでも店主が監修したオリジナルカップ麺ということですね。実際のラーメンを知らない私としては好都合なのですが、そうなってくると単純にカップ麺として価格に見合った価値が見出せるかどうか、という部分に総評のスポットが当たります。相変わらず税込298円という強気な価格設定なので、それなりのハードルで行きますよ。





は、「氷結乾燥したノンフライ麺」で、「生めんに近いもちもち感が楽しめ」るとのこと。いつもの旧世代感が否めない氷結乾燥ノンフライ麺で、湯戻し4分の段階だとゴリゴリとした食感や、ネガティブなノンフライ麺らしいクセを感じます。で、今回のスープと合わせるには随分と麺勝ちしているような印象を受けました。氷結乾燥ノンフライ麺は小麦の風味と香りが強いんですけど、それが前半から思いっきりスープに滲み出していて、いかにも戻し湯で作りました的なカップ麺のネガティブさがスープに強く反映されてしまっているというか、今回は小麦感の強さが仇となっていました。時間が経てばスープの馴染みも向上してくるのですが、馴染んでくる頃合いには強い小麦感が必然的に増長して更に幅を利かせてくるし、麺の加水率に豚骨が追い付いてなかったので、やっぱりバランスが悪かったです。

スープは、「クリーミーでこってり濃厚な豚骨スープ」とのこと。おっと…随分とタレ勝ちしている豚骨スープですね。もはや豚骨控えめな醤油豚骨スープと言っても過言ではなく、むしろ体感的な割合としては、醤油(タレ)7:豚骨3。製品説明にあるような豚骨の “クリーミー” さとか、 “こってり濃厚” なエッセンスは微塵も感じられませんでした。税込298円のスープにしては個性の無い仕上がりで、旨味やコクに欠ける浅い味わいにガックリ…。それなりに動物性の油脂成分による油脂感はあるのですが、ベースに豚骨の濃度を感じない為、豚脂の相乗効果は得られず。そして麺の項目でも触れましたが、旨味やコクが希薄だったせいで、初っ端から滲み出していた小麦の戻し汁的な風味が安っぽい雰囲気を増長させていて、まさに負のスパイラルに陥っているような状態。タレ押しということで塩気も強く、これをキレと取れなくもないのですが、ここまで塩分を効かせなければいけないほど豚骨が濃厚ではなかったので、単純にバランスが悪いというか、このスープに豚骨ラーメンとしての価値が自分には見出せませんでした…すいません。

かやくは、「叉焼、ネギ、海苔」とのこと。叉焼の質は低く、税込298円の肉具材として、あまりに頼りなく、チープさが否めません。おそらく汎用だと思うんですけど、今回はスープの関係か若干ケミカルな風味が鼻に付いたし、あんまり美味しくなかったです。ネギは風味があって良かったのですが、量的に飾りですね。で、海苔の存在価値が微妙。魚介の効いたスープや家系など、磯の相乗効果が得られるスープだったり、どっしりと濃厚な路線では効果を発揮するトッピングですが、今回のスープは豚骨の濃度が低かったので、海苔の必要性が見出せなかったです。海苔自体は芳ばしくて美味しかったんですけど、キミなんでココにいるの? みたいな。ちなみに大きさは特筆すべきことのないサイズで、枚数は1枚でした。

(標準は★3です)

有名店監修のハイエンド商品にしては個性が感じられなかったことと、それ以前にカップ麺として厳しいと感じたので、このような総評とさせていただきました。お店のメニューを再現したカップ麺ではないので、再現度云々は扨置いたとしても、没個性は元より、麺の小麦感がスープに悪影響を及ぼしていたり、そもそもの麺とスープの相性や、海苔の必要性など、イマイチこう全体が噛み合ってなかったというか、しかもコレで税込298円ですからね。ひとつのカップ麺として評価した場合、厳し目に見ざるを得ませんでした。いや、200円前後でも買わないかも…。せっかくカップ麺ならではの味わいというコンセプトだったので、そこを活かして欲しかったんですけどね。このような仕上がりだと、カップ麺ならではというよりも、所詮カップ麺だし…みたいな、そんなネガティブな印象が先行しそうな雰囲気が残念でした。お世辞にもコストパフォーマンスに優れているとは言えないし、これよりも完成度が高くて300円で釣りの来る豚骨味のカップ麺は他に沢山ありますから、わざわざ狙って定価で買うほどの価値は無いと思います。パッケージには “ラーメンデータバンク 味保証” の太鼓判が押してありますけど、あくまでも味の保証をしているのは実際のラーメンで、このカップ麺に対しての太鼓判ではないような気がしました。ここまで書いた段階でお店の情報を軽く調べてみたのですが、材料は水と豚骨のみで作った丁寧なスープに中太の縮れ麺を合わせているそうで、今回のタレ勝ちした豚骨スープではなく、しっかり豚骨が濃厚な一杯なんだろうなー、って。お店の豚骨ラーメンが純粋に気になったので、今度は他社から「店の味に近づける」という “一般的な監修商品” のコンセプトに基づいて再現してもらいたいです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

渡辺製麺「八王子みんみんしょうゆラーメン」



5月24日からローソン限定で発売中のポテトチップス「ビーフとフォアグラ味」を食べました。自分はフォアグラを題材にしたポテトチップスを食べるのは初めてだったんですけど、過去にもカルビーや山芳が製品化してたみたいですね。原材料を見るとフォアグラフレークなるものが入っていて、おぉ~そんなのあるんだ! って、新たな発見が嬉しかったりw で、私の駄舌では肝心のフォアグラを察知することは出来なかったんですけど、濃厚なロッシーニ風の味付で、なかなか美味しかったです。ただ、予想以上に濃いめの味付だったので、ちょっと自分は枚数いけない感じでした。ちなみに本物だとフォアグラよりも鮟肝の方が好きですw

さて、本日の一杯は、渡辺製麺の「八王子みんみんしょうゆラーメン」です。ローソン限定発売のカップ麺で、ローソンとラーメンデータバンクのコラボ商品第3弾に当たります。ちなみに第1弾は「秋田名店の味 中華そば 末廣ラーメン本舗 醤油味」で、第2弾は「富山ブラック 麺家いろは」でしたね。税込298円という限界に近い値段設定なので、それに伴った価値が見出せるといいのですが、「八王子ラーメン」と言えば、日清食品の「麺ニッポン」シリーズからコスパの高いカップ麺が出てますし、なおさら費用対効果がネックになりそう…w 表面の油膜と刻み玉葱が八王子ラーメンの個性と記憶しているので、パッケージにもあるように玉葱の甘味や油脂成分の量なんかに注目して食べたいと思います。





は、「氷結乾燥したノンフライ麺【特許出願中】は生めんに近いもちもち感が楽しめ」るとのこと。生麺風のナチュラルなノンフライ麺とは反対の位置にある麺で、ゴリゴリとした不自然な歯応えとゴムっぽい質感の目立つノンフライ麺です。何世代か前に作られてから進化を感じない過去の遺物的な印象は今回も拭えず、相変わらずノンフライ麺特有のクセが強い麺でした。食感は時間が経てば馴染んでくれるんですけど、今回はスープが単調だったので、明白な小麦感が裏目に出てしまったというか、麺が馴染む頃合いには小麦感の風味がスープに強く影響してきて、さすがに今回は幅の利かせ方が野暮ったいと感じてしまいました。

スープは、「透明な油で覆われた澄んだ醤油スープ」で、「きざみ玉ねぎとの相性は抜群」とのこと。かなり醤油の主張が強く、絵に描いたような醤油で喰わせるタイプのスープです。醤油特有のクセを感じるほどだったので、醤油好きには嬉しいスープなのかもしれませんが、それ以前に旨味が希薄というのは致命的かと…。それに何を以ってして刻み玉葱との相性が抜群だと言っているのかは分かりませんが、醤油のキレが玉葱の甘味を引き立てるとか、そういうことが言いたかったのであれば、ちょっと違う感じ。と言うのも、具材の玉葱は甘味よりも生で食べた時の辛味を感じるような風味だったので、玉葱のリアルなフレッシュ感と醤油のカドでキレの相乗効果は生まれていたものの、パッケージに書いてある謳い文句とは随分と印象が異なります。スープの表面に浮かぶ油脂成分も特筆すべき量ではなかったし、っていうかジャンルとしては完全にアッサリw このスープからは八王子ラーメンの特徴がイマイチ汲み取れませんでした。油脂成分が多いと醤油の主張も上手く包めたと思うんですけど、そういったフォローも感じられず、後にも先にも醤油が威張り散らしていて、砂糖や味醂も追い付いてなかったし、原材料を見ると鰹節調味エキスや煮干調味エキスなど、魚介系の素材も使用されているのですが、醤油の影に覆われて存在感は希薄。動物系の旨味も弱く、醤油が独り歩きしていて、なんとも醤油一辺倒なスープでした。個人的な好みのバイアスが多少なりとも影響しているのかもしれないんですけど、ほんと醤油以外に何も見えてこなくて、好みのバイアスを差し引いても到底298円もするカップ麺のスープとは思えなかったです。

かやくは、「玉ねぎ、肉そぼろ、メンマ、ねぎ」とのこと。まず目を引くのが大きな玉葱で、あくまでも乾燥具材とは言え、このサイズの玉葱をカップ麺で見たのは初めてです。ただ、これは果たして “刻み” 玉葱なのだろうか…w 八王子ラーメンの玉葱って微塵切りのイメージが強かったので、このサイズは意表でした。スープの項目でも触れましたが、どちらかというと生の玉葱が持つ特有の辛味が優勢で、パッケージの謳い文句を鵜呑みにして玉葱の甘味に期待していた自分としては肩透かし。スープのカドを緩和させるような甘味を強調するか、玉葱のキレを包み込むような要素をスープに持たせるなど、対比を描いた方が互いの長所を活かせたように思いました。肉そぼろは味付が濃いめ美味しかったんですけど、そんなに量は入ってなかったし、メンマはフニャフニャで特有の発酵感も控えめ。ネギは風味が強くて印象は良かったものの、玉葱の他は飾り程度の存在感でした。

(標準は★3です)

「やさしいラーメンは好きですか?」いやいや、優しさの欠片も見当たらなかったし…「この玉ねぎの甘み、もはや癒し。」癒されるどころか後ろから刺された気分なんですけど?w ビッグサイズの玉葱は個性的でしたが、それ以外に価値が見出せませんでした。で、その玉葱に298円の価値が伴っていたかと問われたら、否。端的に言えば玉葱が入っている醤油の風味が効いたラーメンなんですけど、ほんとスープからは醤油以外に何も個性が見えてこなくて、油脂成分の量も大して多いわけでもなく、ひとつのスープとして見ても旨味の欠落した仕上がりから、税込298円という値段設定には無理があると感じました。これがお店の特徴だと言われれば、それまでなのかもしれませんが、単純にカップ麺として見た場合、とても値段相応の価値があるとは思えなかったです。醤油一辺倒なスープが好きな人は、まぁそれなりにハマれると思うんですけど、それを踏まえたとしても、わざわざ298円払ってまでコレを買うメリットってあるのかな…。値段を差し引いて見てもパッケージの謳い文句と実際の仕上がりには正反対に近いギャップが生じていたし、やはり希望小売価格を評価対象から除外することは出来ないので、ちょっと今回はゴメンナサイ。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

明星食品「明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース」


ついにコイツを食べる日が・・・

というわけで、本日の一杯は、明星食品の「明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース」です。ええ、2月14日にはバレンタインデーの特設コーナーに置いてありましたよw すっかりピークは過ぎてしまいましたし、記事にしないでおこうかとも思ったんですけど、記事にしないと食べないと思うのでw 完全に旬を過ぎているので、個人の記録的な記事になりますが、さらっとお付き合いいただけたらと思います。





は、「ソースとの絡みがよい、しなやかで食べやすい油揚げ麺」とのこと。いつものスナック的な油揚げ麺で、これといって特筆すべき点はありません。ソースやチョコレートとのバランスも悪くないように思えましたが、そもそも味のバランスがメチャクチャだったので、相性以前の問題がですね…(苦笑)いっそ麺にもチョコレートを練り込んでしまえばよかったのに…と、思った私は既にヤラれてしまっていたのかもしれません…w

ソースは、「甘めのソースに牛の旨みとココアパウダーを加え、カフェラテ風味を付けて、チョコソースと合う味覚に仕上げたソース」に、別添で「チョコ焼そばを仕上げる、少しビターな特製チョコソース」とのこと。何故にウスターソースと牛の旨味をベースにしたんだw メーカーとしてはチョコソースと合わせることで “甘じょっぱい” を狙ったようですが、完全にハズしてると思いました。チョコソースが影響してない部分はココアパウダーの他には然程チョコレートっぽさは感じず、まだネタとして許容できる範囲の味付ではあったものの、チョコソースが合わさることでバランスは一気に崩壊し、瞬く間にカオスな世界へと誘われます。さらにフリカケのシナモンが理解できないアクセントになっていて、何とも迷走感あふれる仕上がりに。これならベースのソースもチョコソースとフリカケの路線に合わせ、焼そばらしさを完全に排除し、スイーツな方向に振り切ったほうが無難だと思いました。美味しいかどうかは別として、ベースのソースだけなら何とか食べ物として解釈できそうだったんですけどね。

ふりかけは、「チョコ風チップとシナモンを組み合わせたふりかけ」とのこと。他にもフリカケには砂糖と思われる粒が入っていました。ソースの項目でも触れましたが、シナモンの存在が完全に浮いていて、混沌とした世界観に拍車がかかります。しかもフリカケの量が意外と多いw チョコ風チップもチョコソースと手を取り合ってソースの焼そば感を完全に否定していたし、なんかもうヤリたい放題…w いつものキャベツが入ってなくて安心したんですけど、いっそキャベツも入れて完全にゲテモノ化させてもよかったか…いや、やっぱ微妙ですかねw ある意味、食事というスタンスで食べるなら(食事として食べられるならw)キャベツの清涼感が欲しくなったんですけど、入ってたら入ってたで文句言ってそうなので。

(標準は★3です)

こういった悪ふざけは好きなんですけど…自分に向けられたらダメでしたw メーカーの説明では、「チョコソースとウスターソースの甘じょっぱい組み合わせがクセになるおいしさ!」との事でしたが、柿の種にチョコレートだったり、ポテトチップスにチョコレートだったり、そういう甘じょっぱい組み合わせとはワケが違っていて、焼そばとして見るとチョコソースとシナモンは完全に邪魔だったし、スイーツとして見ると今度はウスターソースの存在が邪魔に思えてくるので、とにかく相性がメチャクチャ。全く美味しいとは思えませんでした。ベースのソースをチョコレートのみに絞ってくれていれば、まだ割り切れたような気もするんですけどね。最終的に食べ物として許容できない仕上がりだったので、★0を付けようかとも思ったんですけど、少なからず話題性のインパクトはあった為、それを加味して★1を付けました。少なくともバレンタインデーに貰っていたら、私は新手のテロだと判断します。今のところホワイトデーに向けて「明星 一平ちゃん夜店の焼そば ホワイトチョコソース」とかのニュースリリースは出ていないので(2月22日現在)再び迷走しない事を祈ってるんですけど、完全にソースがホワイトチョコレートだったら、ちょっとだけ気になるかも。いや、進んで食べたいとは思わないですけどw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

サンヨー食品「サッポロ一番 名店の味 魁龍 ど・トンコツラーメン 大盛」



昨日の朝、右の脇に痛みが走りまして、ふと目が醒めました。すると服の裾からム○デが・・・あんにゃろぅ、とうとう寝床にまで。ある意味、田舎では夏の風物詩みたいなものなんですけど、ヒューマンサイドとしては唯々迷惑ですw

さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 名店の味 魁龍 ど・トンコツラーメン 大盛」です。定期的に発売されているサッポロ一番×魁龍のタイアップ商品で、最近はミドルカップの油揚げ麺が続いていたのですが、今回は大盛仕様(麺量80g)のノンフライ麺で登場。過去にもノンフライ麺での再現モノが発売されていたようですが、ノンフライ麺の魁龍を食べるのは今回が初めてです。「創業来、毎日減った分のスープを継ぎ足しする“呼び戻し”製法を用いた、熟成されたクセのある“ど・トンコツスープ”」が特徴ということで、今回はどんぶり型のノンフライ麺でハイエンド価格のカップ麺ですし、麺とスープには期待したいですね。





は、「歯切れと粘りを両立した小麦本来の食感のノンフライ麺」とのこと。やや低加水寄りのノンフライ麺で、そこそこ歯切れは良かったものの、豚骨ラーメンの麺にしては少し太め。久留米がルーツということでサイズに関しては納得なんですけど、規定の湯戻し時間を守ると柔らかいかも。ちょっと伸びちゃった感がありました。そして麺自体の塩気が強いです。小麦感はあるはずなんですけど、麺の塩気とスープの雑味にマスクされているようで、そこが残念でした。基本的に最近のサンヨー食品はノンフライ麺を外しませんが、もう一捻り欲しかったです。

スープは、「豚骨ごと磨り潰したざらつきのあるポークエキスをベースに、豚脂のうまみを合わせ、濃厚な味わいと香りを出し、ガーリックで深みのある味わいに仕上げ」たとのこと。たしかにクセはあるものの、豚骨のクセではなく、バキバキに化調です。悪い意味で、鼻に付く。まずスープの色に驚きました。写真で見るよりずっと黒くて、粉末スープを入れた瞬間、え?煮干?ってw 原材料を見るとイカスミ色素が入ってるみたいですね。なんで入れたのかは分かりませんけど、煮干ラーメンでもないのに灰色のビジュアルには食欲を削がれるし、のっけから舌に纏わり付いてくるような化調の主張がイヤらしくて、面喰らってしまいました…。おからパウダーや米粉を使って骨粉を彷彿とさせるザラつきを演出しようとしているようでしたが、豚骨感がそんな感じではなかったし、それに伴って粘度の高さも不自然で、全ての演出がこじつけっぽかったです。他社になりますが、「マルちゃん やみつき屋 濃いめとんこつ」での化調のイヤらしさによく似てました。

かやくは、「チャーシュー、メンマ、焼のり、ねぎ」とのこと。チャーシューは箸で持ち上げると千切れそうなくらい薄っぺらくて、寿がきや食品のような鼻に付くケミカルな風味こそなかったものの、正直この価格帯の肉具材じゃないですね。メンマも歯応えがなかったし、発酵感もビミョー。焼海苔はとても風味が豊かだったのですが、特別スープと相性が良いわけでもなかったし、まぁ普通に焼海苔w これに関しては、スープ側に問題ありですね。ネギも風化系だったので、余計に具材のチープさが浮き彫りに。サンヨー食品はタテ型カップなら具材の基礎クオリティも高いんですけど、どんぶり型でハイエンドになると弱点なんですよねぇ…。

(標準は★3です)

うーん、どこを褒めたらいいのやら…(苦笑)実際のお店のラーメンを食べたことがないので、あまり偉そうなことも言えないんですけど、ミドルカップの方が安定していたように思いました。ミドルカップは油揚げ麺ですが、まだカップ麺として素直に楽しめるのではないかな、と。中途半端な麺、化調頼りのスープ、貧弱な具材。食べ始めから食べ終わるまで、終始うーん・・・って感じだったので、残念ながら★1です。かなり期待していたので、余計にスベったのかもしれません。それだけならいいんですけど、スベって後頭部強打して二次災害を被った気分です…w

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram