ユーザータグ : ★★★★☆☆☆☆☆☆(4)の記事 (1/69)

東洋水産「マルちゃん 俺の塩 たらぺぺ味 大盛」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、ハウス食品の新商品「オー・ザック アンチョビガーリック味」です。オー・ザックといえば、やはり一般的なポテトチップスとは違う成型したポテトスナックならではのジャンクさが魅力的なブランドだと思っているのですが、アンチョビガーリックですよ、アンチョビガーリック。コンビニで見つけた瞬間、ソッコーでカゴにダンクシュートですよw でもって肝心の味はですね…うん、相変わらずイメージとは若干ニュアンスがズレていたw オー・ザックの変化球な新商品って、なぜかテーマの「○○味」と実際の仕上がりにズレが生じているときが多くないですか?w とは言え、ほぼ無条件で美味しいんだよなぁ…こう、ジャンクな感じがw 割と香りからアンチョビは感じられるんですけど、これがアンチョビガーリック風味シーズニング(香料)の限界か、さほど味覚には訴えかけてこないんですよね。それにガーリックもシーズニングの一部として組み込まれているため、ダイレクトに攻めてくるタイプではありません。シーズニングで香りのイメージは掴めるけど、実際の味としてはインパクトがない、というのがギャップの要因なんだと思います。しかし、誰が食べても「オー・ザック」と分かりそうな個性のある独特の旨味(?)は毎度の事乍ら踏襲されていたので、たとえアンチョビとガーリックにインパクトがなかったとしても、私の気分は満たされましたw 塩っぱかったけど…


さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん 俺の塩 たらぺぺ味 大盛」です。東洋水産が誇るカップ塩焼そばの定番「俺の塩」からの新作で、その亜種製品として定期的にリリースされている「たらこ味」なんですけど、今回はペペロンチーノ風味を合わせて「たらペペ味」…かわいいw(どうでもいいけど「ペペ」ってカタカナですよね?)一見するとネタのように思えるネーミングですが、「たらこ味」と「ペペロンチーノ味」という組み合わせはイメージ的に相性バッチリなので、かなり期待しています。ちなみに余談なんですけど、定番シリーズの中で一番好きなカップ塩焼そばは何かと聞かれたら、今まで迷うことなく「俺の塩」と即答してきました。もちろん、これから先も定番品の中では「俺の塩」が揺るぎない地位に存在し続けると思います。その割にブログでは紹介してないんですけどねw(まさかの過去記事が3つしかなかった…w)それでは、たらペペ味の実食に参りましょう。





ソースは、「チキンをベースに、魚介の旨味とたらこの風味を利かせ、ガーリックと唐辛子でぺペロンチーノ風味を加えたソース」に、「オリーブオイルを加え、パスタ風に仕上げ」て、「たらこ加工品・粗挽唐辛子・にんにくチップ・パセリ・バジル入り」で、「『赤穂の塩』を使用してい」るとのこと。調理方法には液体ソースを先に入れ、それから粉末ソースを入れるように書いてあったので、もちろん液体ソースを先に投入したんですけど、液体ソースからはオリーブオイルと魚醤、軽めにガーリックの香りが漂い、たらこは粉末ソースに仕込まれていて、にんにくチップでガーリック感がブースト。で、かなりガツンと塩気が効いてます。たらこ加工品の塩気ですかね、なかなか体感的な塩分濃度が攻撃的…w 唐辛子の辛さはピリ辛か、ピリ辛ちょい上くらいでしょうか。私が強めの塩気に過剰反応することを除いても、やや麺のサイズに対して味が濃過ぎるような気がしました。ただ、思っていた以上に「たらこ」と「ペペロンチーノ」が拮抗していますね。それほど油脂成分の量は多くなかったんですけど、割とオリーブオイルの香りがハッキリしていたことと、にんにくチップが明白なガーリック感を打ち出していたので、きちんとペペロンチーノらしい雰囲気が感じられました。たらこサイドは塩気も含めw つぶつぶ感とかが結構リアルで、まさに明太子をペペロンチーノに足したような(で、自ずと塩気も余分にプラスされちゃたような…w)しっかり両者の個性は感じられると思います。ちなみにオリジナルの “たらこ味ではない” 「俺の塩」では印象的な「赤穂の塩」なんですけど、今回その恩恵を感じる余裕はありませんでした。

めんは、「1分で戻る、コシが強く弾力のある細麺」とのこと。おそらく既存の「俺の塩」に使われている油揚げ麺と同じでしょう。熱湯1分です。早いw で、かなり細めの油揚げ麺なんですけど、極細サイズの割に歯応えがあるんですよね。昔から変わらなくて、個人的に好印象。ただ、その細さが仇となり、今回はソースの塩気に対してアンバランスな弱みを感じてしまいました。とは言え、熱湯1分の極細麺がシリーズのアイデンティティなわけですから、最初に粉末ソースは全投入せず、様子を見ながら量を調節するのがいいかもしれません。いや、私は味が濃過ぎると感じただけで、このくらいが丁度いいよ、という感想もあると思います。うん。

具材は、「きざみのり」…いや、キャベツを入れる余裕すら無かったんかいw とは言うものの、たらこスパゲッティやペペロンチーノを例に挙げると、あんまり具沢山な印象はありませんよね。それに、オリジナルの「俺の塩」は具材のラインナップが豊富なんですけど、「たらこ味」ではキャベツも入っていないのがデフォなんです。ただ、今回はソースの塩気がストロングだったのと、麺が大盛使用の130gなので、途中の箸休めにキャベツが欲しかったなぁ…あ、刻み海苔は相性バッチリでしたよ。もうちょい入ってたら嬉しかったけど。たらこ加工品とガーリックチップも具材の一部としてカウントしてやれば、とりあえず許容範囲内ですかね。


(標準は★3です)

「たらペペ」という可愛げのあるネーミングとは裏腹に、思っていたよりも体感的な塩分濃度が高く、さらに「たらこ」と「ペペロンチーノ」が力強く張り合っていて、ちょっとビックリしました。そんな力強い味わいから、カップ焼そばを好む顧客層から一定の支持が得られそうと思えた反面、極細麺の存在感に対してソースの味が強すぎるように感じてしまったことと、濃い味+固形具材無しという構成だったので、後半にかけての単調さが否めなかったです。主観的感想は「★3かなぁ…」だったんですけど、麺とソースのバランスに関しては私の軟弱な舌によるところが大きいか…とも思ったので、総評は★4が妥当かと判断しました。「『たらぺぺ』とかカワイイ~♪」みたいなテンションで行くと、「いや…お前さんゴリゴリのオッさんやったんかいw」みたいなギャップを感じてしまうかもしれませんがw その分、「たらこの塩気もガーリックの塩気もまとめてかかってこんかい!」という男気あふれるユーザーからは、★4以上が得られるポテンシャルを秘めていると思います。私としても味はストライクだったので、粉末ソースの投入量を⅔に抑えてリトライしてみたいですね。たらこがガツン! ガーリックもガツン! そしてオリーブオイルでパスタらしさも演出している、なかなか面白いカップ麺でした。あ、ちなみに本文中にて一箇所だけ「ペペ」を平仮名で打ち込んだんですけど…わかります?w


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

エースコック「一度は食べたい名店の味 狼煙 行列必至の豚骨魚介ラーメン」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「紫いものおさつスナック はちみつバター風味」です。以前、冒頭ネタで「おさつスナック」を紹介したときにも書いたんですけど、やっぱり今年も出ましたねー、紫いものおさつスナック。おさつスナックの姉妹品として開発された製品で、原材料には蒸し紫いも、焼きさつまいも、さつまいもパウダーが使われており、蒸し紫いもが種子島産紫いも(100%)だそうです。ふんわり優しい食感はオリジナルと同じなんですが、セクシーバイオレットな見た目は勿論、テイストもオリジナルとは違う「はちみつバター風味」となっていて、最初は芋と砂糖の甘味が先行し、それから鼻を抜ける蜂蜜特有の香りと、こってりバターの風味、そして適度な塩気が後味を引き締める甘塩っぱい系。目を瞑って食べると、このサツマイモのベクトルは紫芋なのか、それともプレーンなのか…というニュアンスまでは分かりませんがw(本物だと違うんですけどね)見た目の雰囲気や味付けはオリジナルと一見して明白に違いますからね。ただ、体調の関係か、消化器官が老いたのかw 今年はバターが濃いめに感じられて、後半ちょっとムネヤケエクスペリエンス…w で、1枚1枚が軽いから、50gでも結構な量なんですよねw 値段も手頃だし、ちょっと摘んで満足できる、個人的にコスパ高い系でしたw 甘塩っぱい系のスナック菓子が好きな人は、食べる価値ありですよ。おそらく私は、またリピートすると思います。胸焼けに懲りずw あ、原材料に「はちみつパウダー」が使用されているので、1歳未満の子どもさんには与えないでくださいね。


さて、本日の一杯は、エースコックの「一度は食べたい名店の味 狼煙 行列必至の豚骨魚介ラーメン」です。つい先日、PREMIUMバージョンの「ぜんや」がリリースされたばかりなのに、早くも定番のタテ型カップから新作が登場しました。エースコックは休眠状態のシリーズが多く、新商品のリリースが1年ぶり…というパターンも珍しくないメーカーなんですけど、この「一度は食べたい名店の味」シリーズに限っては、かなり意欲的に新商品が開発されているんですよね。今回の監修店「狼煙 ~NOROSHI~」は、同シリーズでもカップ麺になった「ぜんや」や「四つ葉」と同じく、埼玉で屈指の人気を誇る名店なんだとか。お店では「つけ麺」や「辛つけ」「かれつけ」なんかが人気みたいなんですけど、こちらも看板メニューとされている「濃厚狼煙らーめん」を再現したようですね。動物系と魚介系を煮込んだ濃厚なWスープに大量の魚粉が特徴らしいので、濃厚こってりな仕上がりに期待したいと思います。最近ちょっと魚介豚骨系に飢えていたのでw ちゃんと濃厚だといいな。





スープは、「チキン・ポークをベースにかつおや煮干しなどの魚介の旨みをガツンと利かせた濃厚なスープ」に、「魚介の旨みを強化する別添のふりかけを加えることで、お店の臨場感をしっかり感じ取れる一杯に仕上げ」たとのこと。まず別添の魚粉を入れる前のスープですが、随分と動物系の押しが弱いですね。ポークコラーゲンの旨味は感じられるものの、豚骨っぽいニュアンスは感じられず、かなりギミック的で浅はかなスープです。で、早々に魚粉を攪拌したんですけど、うーん…ちょっと濃厚とは言えないですね。いや、さすがに量が量なので、魚介の旨味はブーストしますが、魚粉の含有量は圧倒的に節系の割合が高く、エッジの効いた鋭い煮干系の魚介豚骨をイメージしているとギャップを感じてしまうでしょう。ただ、節系特有の膨よかな旨味が全体を包み込んでいて、煮干がアクセント的に優しく香る、そのような魚介感には個性を感じました。反面、動物系の旨味はギミック的なタイプだったので、足場の悪い土台に大量の魚粉を乗せた挙げ句こぼれているような、少し支え切れていない印象は残念でした。エースコックのカップ麺にしては割と塩気が常識的で、食塩の塩気よりも魚粉の塩分が先行しているようなニュアンスは個人的に嬉しかったです。ちなみに事前の粉末スープにトロミ成分が含まれていたので、液体スープを入れる前にしっかりとかき混ぜ、液体スープを入れてからも念入りにかき混ぜましょう。同社の「極どろ」シリーズほど濃度の指標を履き違えた仕上がりではなかったものの、もう少し動物系の厚みが欲しかったかなぁ…でも節系の旨味は濃厚だったので、結果そこまでネガティブではありませんでした。

めんは、「しっかりとした噛みごたえのある角刃の太めん」で、「スープとの相性もよく、食べごたえのあるめん」とのこと。同シリーズの「ぜんや」などに使われていた油揚げ麺の流れを汲む存在感の強い太麺で、カドメンのように角張った形状ではなく、口当たりのいい滑らかな太麺です。「ぜんや」の麺と似ていますが、お前つけ麺仕様か? ってほど強烈な存在感ではありません。とは言え、やっぱり熱湯5分じゃ厳しいかなぁ…今回は熱湯を注いでから4分前後でフタを開けて、スープがダマにならないように混ぜた後、撮影の前(この時点で大体6分前後)に食感を確かめてみたんですけど、まだ戻りきっていないというか、ちょっと主張が強すぎたので、の~んびり撮影してw 熱湯を注いでから8分前後あたりからが食べ頃だと感じました。やや麺の下味に施されていた塩気が気になるところではあったものの、今回は存在感の強い太麺の割にスープの塩気が常識的なレベルだったので、歯車としては効果的だったと思います。ただ、それでも少し麺勝ちしているような印象を受けました。もちもちとした粘り気のある密度の高い弾力は好印象だったし、麺単体としてのクオリティも高く、実際のラーメンでも極太仕様の自家製麺を合わせているそうなので、この麺を支えられるだけの濃度がスープに欲しかったですね。

かやくは、「程良く味付けした肉そぼろと、風味の良い玉ねぎ、色調の良いねぎに食感の良いメンマ」とのこと。例のスポンジ野郎を筆頭に…と思いきや、今回の程良く味付けした肉そぼろは “まともな子” じゃないですかw 結果そんなには目立っていませんでしたが、あの邪魔になるスポンジ食感がないだけで好印象です。玉ねぎはスライス状で、玉ねぎ特有のフレッシュな香味が魚粉の効いたスープに映えますね。メンマは随分と小振りだったんですけど、かなり歯応え強い系だったので、具材の中では最も存在感がありました。これといって特筆すべき個性のある具材は入っていませんが、ねぎも色調が良かったし、 蛇足のない構成が良かったです。


(標準は★3です)

濃厚と謳う割に動物系の存在感が随分と弱かったことと、それに伴って麺勝ちしているような印象が気になってしまったんですが、大量の魚粉による魚介の要素は明白だったし、それも節系が主軸という部分に個性が感じられたので、及第点に★ひとつプラスしました。ネットで実際のラーメンを食べた人の感想を読んでみると、かなり粘度の高いドロドロとした超濃厚系で、なおかつ動物と魚介が拮抗し合っているようなスープ、という印象を受けたので、カップ麺的には美味しかったけど、このバランスは少し違うんじゃないかと思います。あと、それなりに粘性は高かったんですけど、徹底的に混ぜても言うほど高粘度ではなかったので、もうちょっと粘度を上げてもよかったんじゃないのかなと…あ、でも余計に動物系の弱さが浮き彫りになるか(苦笑)とは言え、カップ麺的には余裕で及第点以上と思えたし、節系の膨よかな旨味が効いた味が気になる人は、試して損のないカップ麺だと思いますよ。節系の膨よかな旨味が特徴的な、イメージの割に食べやすい魚介系でした。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

サンヨー食品「サッポロ一番 和ラー 三重 伊勢海老汁風」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、勝手に47都道府県の一番搾り企画、「一番搾り 三重に乾杯」です。まだ私の未知なるところが多い「○○に乾杯」シリーズに、いよいよ突入しました。ちなみに「づくり」と「乾杯」というネーミングの違いなんですけど、なにやら業界団体からクレームが入り、キリンの醸造場がある9県以外は「○○づくり」の名を許されなくなったとか。ま、それは扨置き。アルコール度数は5.5%となっていて、少し高めの設定。ホップの苦味を意識した方向性にありながら、集中的に特化しているほどビターなテイストではなく、一番搾りらしい麦の旨味を大切にしながら、クラフト過ぎない繊細な苦味で品のあるアクセントを加えているような印象でしょうか。余韻の甘味は控えめで、酸味も穏やかなタイプですが、ホップのビターなアクセントが残り、その後はスッ…と、引いていきます。それでいて飲み応えがあり、ちょっと一番搾りらしからぬ力強さを感じました。ちなみに醸造所は、名古屋工場です。あ、そう言われてみれば、少し雰囲気が似ているかもしれない。

進行状況:「北海道」「岡山」「福岡」「神戸」「仙台」「横浜」「滋賀」「取手」「名古屋」「三重」



さて、本日の一杯は、昨日の「秋田 きりたんぽ鍋風」に続きまして、サンヨー食品の「サッポロ一番 和ラー 三重 伊勢海老汁風」です。原材料中に「伊勢海老」の文字が見当たらなかったので、あくまでも「伊勢 “の” 海老汁」風かと思いきや、パッケージの側面に「三重県産伊勢海老粉末使用(えび粉末に占める割合20%)」と書かれていました。「和ラー」の「海老汁風」と言えば、あの秀逸だった「能登」の印象が今でも私の中には強く残っているのですが、今回は伊勢海老ですよ、伊勢海老。この期待値が裏目に出ませんように…w 果たして伊勢海老の濃厚な旨味を感じさせてくれるような、高級感が伝わってくる一杯に仕上がっているのでしょうか。





スープは、「三重で食べられている『伊勢海老汁』の味わいをラーメンスープにアレンジし」た、「えびの豊かなうまみと深みのある味噌のコクが合わさったみそ味スープ」とのこと。イメージしているのは、伊勢の旅館に宿泊したときに、朝ご飯なんかで出てくる汁物でしょうか。お湯を注いで3分経ってからフタを開けると、海老の濃厚な香りが漂ってきて、かなりテンションが上がっちゃってですねw 実際の味わいも海老の濃度に密度があって、とても好印象でした。と、ここまでがファーストインプレッション。その後、食べ進めていくうちに段々と舌が海老に慣れてきて、やや後半は味噌のエッジも目立ってきます。どうやら三重の豆味噌も意識しているらしく、味噌の系統は輪郭のある赤味噌寄りで、なかなかエッジのあるタイプだったんですよね。麺を食べているときは味噌のエッジよりも海老の風味が先行していたので、塩気にネガティブな私でもヘーキだったんですが、ちょっとスープ単体だと厳しいものがありました。すいません…w さすがに当ブログで★8を叩き出した「能登」の海老感と比べるのは酷だと思い、そのベクトルとは別物だと途中から割り切ったんですけど、味覚を通してから鼻腔を抜けていく海老の濃厚な風味が印象的だったので、もう少し味噌には自重してもらいたかったかな。とは言え、やや赤味噌寄りの豆味噌を彷彿とさせるテイストも中京地方の特徴と言えるので、ご当地の特徴を演出する要員としては効果的だと素直に思えました。

は、「コシがあり、湯のびが少なく密度感のあるなめらかな麺で、生めんにひけをとらない食感」とのこと。おそらく「秋田 きりたんぽ鍋風」と同じ油揚げ麺ですね。やはり定価180円の製品とは思えない、素晴らしいクオリティの高さです。和ラーの麺は、「高密度製法めん」というサンヨー食品独自の製法を駆使して作られていて、麺の密度を高めることにより、この油揚げ麺らしからぬ質感を打ち出しているそうなんですけど、エースコックの「焼そばモッチッチ」シリーズに使用されている「真空仕立て麺」しかり、麺の密度を高めることがハイクオリティな麺に仕上げる秘訣ということなのでしょうか。いや、また博多系の低加水麺とかになってくると原理が違うんでしょうけれどw しっとりと口当たりが良くて、しなやかで上品な、まるで生めん風の油揚げ麺らしからぬ油揚げ麺です。

具材は、「海老風味団子とシャキシャキとしたキャベツ、ふわふわとした食感のかき卵、さわやかな風味のねぎ」とのこと。「秋田 きりたんぽ鍋」のボリュームが圧巻だったので、やや寂しく見えてしまったのですが、比較対象を抜きにしても、単純に具材の量には物足りなさを感じてしまいました。海老風味団子はサンヨー食品のカップ麺で割と頻繁に見られる具材で、それなりにサイズも大きく、ぷりぷりとした食感が心地よい、きちんと主役を張れるレベルの存在感です。ただ、メイン具材が3種類も入っていたと言っても過言ではない「秋田」と比較して、ボリュームを担当するキャベツの量は意外にも少なく、かき玉も混ぜちゃった後は目立ちません。反面、少量のネギは確かな歯触りから、それなりに存在感がありました。


(標準は★3です)

やや赤味噌の主張が途中からネガティブに思えてしまったんですけど、なんやかんや言いながら最後まで海老の旨味と香りは気張ってくれていたので、その濃度は好印象でした。麺も当たり前のようにハイクオリティだったし、こと麺に関して言えば、もう無条件で★7付けちゃいたいくらいです。そんなスープと麺は好印象だったんですが、ちょっと和ラーにしては具材が弱かったですね。これは和ラーというブランドが自ずとハードルを上げてしまっている部分があったりもするんですけど、伊勢の汁物らしく大きめのアオサを入れるとか、もう一捻り欲しかったかな。とは言え、希望小売価格180円のカップ麺にしては、同価格帯の製品と比較して逸脱している麺のクオリティを筆頭に、豆味噌を彷彿とさせる味噌感や、確かな海老の芳ばしさなど、ご当地の見所が感じられる一杯だと思います。ちなみに「三重」おすすめの〆おにぎりは、1位が梅おにぎり、2位がエビマヨおにぎり、3位が明太子おにぎりだそうですよ。エビマヨおにぎりは、海老の相乗効果だったり、マヨのマイルドさが赤味噌を中和してくれて合いそうだけど、梅と明太子は塩分濃度的にアレなんじゃ…みんな気にならないのかな…w で、この「おにぎり情報」は、公式ホームページ内にある特設サイトから拾ってきた情報なんですけど、1位の梅おにぎりが合う理由として書かれていた説明が…「伊勢海老の濃厚な旨みを残しながら、梅の酸味でさっぱり! 甲殻類が苦手な方にもオススメです」…って、そもそも甲殻類が苦手な人は買わないと思うし、伊勢海老の濃厚な旨みを残しながら…って、どっちやねんw と、疑問に思いつつ、お節介かもしれませんが、おにぎり投下は血圧や腎臓への懸念が否めないので、せめて普通の白ご飯ドボンにしておきましょうw 私の友人は、初版の「能登」で感じた海老の癖(海老みそっぽさ)がネガティブだったらしく、でも海老は嫌いではないらしいんですけどw 海老の芳ばしさは好き、でも頭ごとはちょっと…という人には親しみやすくてポジティブな仕上がりだと思います。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

サンヨー食品「サッポロ一番 和ラー 秋田 きりたんぽ鍋風」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、ビー玉ちょびプレゼンツ「37g 亀田の柿の種 かきの浜焼き味」です。ええ、もう分かっていますよ…「居酒屋横丁」にピーナッツが入っていないことはねw さて、なんとなくイメージ的に広島限定を思い浮かべていたんですけど、既存の「ご当地亀田の柿の種」の中には、東北限定で「牡蠣の浜焼き醤油風味」という柿の種があり、それのスピンオフ作品でしょうか。開封時に鼻を突っ込んでみると(よくやるw)オイスターソースを思わせる香りを感じたんですが、あんまり味にインパクトはありませんね。砂糖の甘味と醤油の芳ばしさ、大豆で作られた醤油とは違う魚醤のアクセントが重なって、ほんのちょっとピリ辛。ただ、食べ進めていくと少しずつつオイスターの表情が見えてくるというか、徐々に個性が現れてきて…で、結果的にインパクトはなかったんだけどw 魚醤のアクセントだったり、オイスターソースっぽい風味が鼻を抜けた時、なるほどな…と、思えなくもない感じでした。味が濃かったので、ビールのアテにはいいでしょう。もうちょい牡蠣っぽさが強いと楽しかったんですけど、安定して美味しい味わいでした。


さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 和ラー 秋田 きりたんぽ鍋風」です。すっかりスーパーでも定番のカップ麺となった、サンヨー食品の「和ラー」シリーズから、今回の「秋田 きりたんぽ鍋風」と「三重 伊勢海老汁風」が新商品としてリリースされ、「博多 鶏の水炊き風」がパッケージの装いを新たにリニューアルされました。メーカーの公式ホームページから、「両国 ちゃんこ鍋風」と、「北海道根室 かにの鉄砲汁風」は消えていたので、おそらく入れ替わりで廃盤でしょう。初版のラインナップは、「能登 海老汁風」「津軽 帆立貝焼き味噌風」「博多 鶏の水炊き風」だったんですけど、「博多」だけリニューアルを繰り返し、定番のラインナップとして根強く定着しているんですよね。やはり、一番人気ということなのでしょうか。ところで私は、お恥ずかしい話、きりたんぽ鍋に全くと言っていいほど縁がありません。そもそも「きりたんぽ」って…というレベルですw いや、炊いたご飯を半練り状にして秋田杉の串に竹輪みたいに巻き付けて焼いた食べ物、くらいの漠然とした知識くらいはありますよ、ええ。とは言え、せっかくだから軽く調べてみたんですけど、言わずと知れた秋田県の郷土料理で、見た目が「たんぽ槍」に似ている、というのが語源らしく、鍋物などに切り入れることから、「きりたんぽ(切蒲英)」と呼ばれるようになったんですって。へー、ちょっぴり賢くなっちゃった。きりたんぽ鍋を題材にしたカップ麺は、おそらく今回が初めてだと思うので、仕上がりが楽しみです。寒くなってきたし、鍋っぽいといいなー。





スープは、「秋田で食べられている『きりたんぽ鍋』の味わいをラーメンスープにアレンジし」た、「鶏のうまみをきかせたコクのあるしょうゆ味スープに、ごぼうの独特な風味と野菜のうまみを加え」たとのこと。私には醤油の主張が強かったので、かなり濃いめの味だと感じたんですけど、きちんとした鶏の旨味だったり、ゴボウの香りや野菜の風味が鍋っぽさを醸し出していて、塩気が濃いめの味付けというのも、寒さが厳しい東北の鍋を思わせる雰囲気(関西生まれ関西育ちの私が勝手に抱いている漠然としたイメージw)の演出に効果的だと感じました。ゴボウの風味に関しては、後述する具材から滲み出ていた旨味が影響している面も強かったです。きりたんぽ鍋と私は縁が遠いと書きましたが、味は近いのではないかと思いました、うん。根拠はないけどw きっと、こんな味なんだと思います、うん。麺はラーメンの麺だけど、まったく違和感はなかったし、うどんとかでも合いそうな味でした。あ、蕎麦でもイケるかもしれない。なんだこのポテンシャルはw

は、「コシがあり、湯のびが少なく密度感のあるなめらかな麺」で、「生めんにひけをとらない食感」とのこと。ちょっとコレは、うん…和ラーの麺は久しぶりに食べましたが、本当に秀逸な油揚げ麺ですね。「生めんにひけをとらない食感」だなんて、かなりの大口を叩いちゃってるわけなんですけど、いやもう仰る通りですよ。コシこそ控えめではあるものの、しなやかで繊細な、非常に上品な麺です。もちろんノンフライ麺とは異なるニュアンスなんですが、油揚げ麺特有の風味も全く気にならず、希望小売価格180円とは思えない、いい意味で値段に相応しくありません。穏やかな面持ちでスープを選ばず、チキンエキスの下支えがスープとの一体感に寄与していて、今回の鍋風スープともカチ合うことなく馴染んでいました。

具材は、「きりたんぽ風のあられと鶏つみれ、さわやかな風味のねぎ、香りと食感のよいごぼう」とのこと。お、きりたんぽ風あられ面白…っていうかゴボウw ちょっと待てゴボウw いや、これまでにゴボウの入ったカップ麺は何度も食べてきましたけど、ちょっと異例の量ですよコレは。麺が見えなくなるので、撮影時は奥に追いやっていますが、このゴボウの下には、もう一層ゴボウの層がありますw と、きりたんぽ風あられの感想に戻りますが、3分ちょっとの段階だと、お茶漬けの素に入っているアラレを太くした感じで、少し芯が残っているような食感。なんですけど、時間が経つとモッチリ感が増してきて、お餅っぽい食感になります。ただ、焼きの芳ばしさというか、炊いた米を練って竹輪みたいに巻き付けて焼いたような、米の芳ばしさが感じられたんですよね。イメージとしては、小さな「ぬれおかき」みたいな印象でしょうか。アラレというよりも、そっちに近かったです。鶏つみれは、おそらく「両国 ちゃんこ鍋」や、「博多 鶏の水炊き風」などに使われていた具材と同じでしょう。これ、めちゃくちゃ美味しいんですよね。今回は事前に投入されていた粉末スープとの関係か、ちょっと味が濃いめに感じられたんですけど、相変わらずナチュラルでリアルな鶏つみれでした。ネギの存在は飾りに過ぎなかったものの、ゴボウですよ、ゴボウ。しっかり混ぜてから食べると…まず不可避ですw と言うのも、笹掻き状になって大量に入っているので、麺を食べている時に必ずと言っていいほどの確率で口の中に入ってくるんですよね。麺の食感が緩んでくる後半になっても、しっかりゴボウの歯応えがあるので、満腹中枢の刺激にも一役買っていました。そんな食感も然る事乍ら、ゴボウらしい芳ばしさや、いい意味で土臭い特有の風味など、リアリティが感じられたのも高印象。ゴボウの風味はスープにも影響していたので、味の決め手とも言える存在でした。具材の個性と質の高さに加えて、この量で希望小売価格180円ですから、かなり頑張っていると思いますよ。


(標準は★3です)

どのくらいオリジナルのRice Stick Hot Pot(きりたんぽ鍋w)に近いのかは分かりませんが、スープの雰囲気からは東北の鍋っぽさが漠然と感じられたし、相変わらず完成度の高さが尋常ではなかった油揚げ麺らしからぬ油揚げ麺は文句の付けようがなく、きりたんぽ風あられの個性に加えて、リアリティの高い鶏つみれに、びっくらこいたゴボウのインパクトw これで希望小売価格180円ですからね。とりあえずゴボウの量がスゴかったんですけど、きりたんぽ風あられも実に個性的だったし。あ、きりたんぽ風あられは時間が経ってからのほうが美味しかったので、もちもちしてくる後半に食べ始めるのがオススメです。そんな新具材の遊び心は勿論、量にもバラエティにも富んだ具材のボリューム感に、完成度の高い麺と、地域の特色を感じさせてくれたスープ…いやいや、相変わらず外しませんね、このシリーズは。「博多 鶏の水炊き風」は、パッケージのみが変更され、内容はリニューアル前と変わらないようなので、当ブログでは紹介しませんが、早くも同時発売品の「三重 伊勢海老汁風」が楽しみです。和ラーでは惜しむらくも廃盤となった、「能登 海老汁風」以来の海老系なので、期待せざるを得ませんよね。ところで、「〆におにぎりを入れて和ラー雑炊!」と、パッケージのフタに書かれているのですが、「秋田」の場合、1位が鶏五目おにぎり、2位がツナマヨおにぎり、3位が鮭おにぎりだそうです。このスープに〆おにぎりって…ちょっと味が濃すぎないか…?w


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

日清食品「AKIBAヌードル 肉汁麺ススム監修 肉汁麺」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


本日の一杯は、ちょっと当ブログでは珍しく、日清食品の「AKIBAヌードル 肉汁麺ススム監修 肉汁麺」です。当ブログでは珍しく…と言うのも、まだ発売日前の製品なんですよねコレ。たまたま土曜日にイオンで宵積みされているところを発見してしまったので、たまには前倒しで紹介しようかと。監修店の「肉汁麺ススム」は、「肉量を『レベル』で選べる、秋葉原発祥の肉盛ラーメン店」で、「看板メニューの『肉汁麺』は、秘伝のタレで焼いた厳選豚肉を、麺が見えなくなるほど豪快に盛りつけ、たまごで絡めて食べるのが特長」だそうです。フタの上には例の「卵黄だれ」が別添されているのですが、先日の「卵黄ソース」(プレーンタイプ)ではなく、「チキンラーメンビッグカップ 卵黄だれ鶏つくね」に使用されていたような、味付けの施されたタイプでしょうか。私は実際の「肉汁麺」を知りませんが、こってり甘辛醤油だれに卵黄の組み合わせから、ふと徳島のラーメンを思い出したり…あ、すき焼きっぽいのかも? さて、パッケージには、「『まんがライフSTORIA』(株式会社竹書房刊)で『ラーメン大好き小泉さん』を、『月刊ヤングマガジン』(株式会社講談社刊)で『渡くんの××が崩壊寸前』を連載中の人気漫画家」「鳴見なる」さん描き下ろしによる “ラーメン好きな女子高生” のイラストを…って、鳴見なるさんも知らなかったんですけどw AKIBAの萌えポな印象(?)は、漠然と伝わった気がします。はいw ちなみにパッケージ曰く、「肉盛レベル2」だそうです。





スープは、「こってりとした甘辛醤油スープ」に、「ガーリックをガツンときかせ」て、「コクとまろやかさを加える卵黄だれ」を別添とのこと。甘味の強い醤油ダレを肉汁で割って、ガーリックパウダーでパンチを付与しているような、かなりジャンクでワイルドなテイストですね。ガーリックのパンチは感じられますが、先日のハロウィントリオほど非常識なレベルではないのでw 食後の歯磨きで解決かと思います。使用している動物性の原材料は、豚脂に牛脂、ポークエキスにチキンエキスなど、動物系御三家が勢揃い。ごくごくスープを飲んだら後から喉が渇きそうな甘濃い味付けで、醤油のキレも重なってくるのですが、塩気のカドが鋭利なタイプではなく、ただただ甘濃いw ええ、私は好みです。甘味のレベルも牛脂の風味も「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 牛すき焼味+卵黄ソース」ほど強くありませんが、味の方向性としては同系統ですね。具材の肉から滲み出ている旨味も相俟って、肉汁麺というネーミングから得られる雰囲気を感じられたのが良かったです。ちなみに卵黄だれは、プレーンタイプの「卵黄ソース」とは異なり、だし醤油ベースの味付けが施されていました。チキンラーメンの「卵黄だれ鶏つくね」で感じたような炭火の香りなどは特に意識されていませんでしたが、卵黄のコクが印象的で、甘濃いスープとの相性は勿論、麺や具材の肉に絡めながら食べると、物の見事に美味しかったです。「途中で入れて味の変化を楽しんでください」と小袋にも書かれているように(あとフタの上で温めちゃダメですよw)最初から全投入して攪拌するのではなく、食べながら意図的に麺や具材に絡めて食べるのがポイントですね。最初は量が少ないかと思ったんですけど、卵黄だれ自体に味付けが施されているので、ほんの少量ずつでも味に結構な変化が生じた結果、量的な物足りなさは感じませんでした。なので、ちょっとずつ使用しながら、というのもポイントです。

は、「食べごたえのある中太ストレート麺」とのこと。熱湯5分の油揚げ麺なんですが…ちょっとこれ、原材料が面白いですよ。あまり一般的なカップ麺には見られない「小麦胚芽」に加えて、さらに珍しい「サイリウム種皮」まで練り込まれています。サイリウム種皮は、同社の「サイリウムヌードル」(トクホ認定のカップ麺)にも使用されているのですが、こういった新商品系のカップ麺には見られない表記ですね。ちなみにサイリウム種皮とは、オオバコ科の植物「サイリウム」の種子(外皮)から精製した水溶性食物繊維のことで、腸内の善玉菌を増やしたり、血液中の余分なコレステロールを排出する作用など、「お腹の調子を整える食物繊維」として積極的に特定保健用食品などにも使用されている成分です。で、なぜ機能性を意識しているとは思えない今回のカップ麺に採用されているのかは分かりませんがw(しかも大してアピールもしていないw)無意識に健康的なのは嬉しいですよね。しかし、体感的にはジャンクなタイプで、「有名店シリーズ」などに使われている油揚げ麺ほど繊細な面持ちではありません。下味は強めに施されていて、それなりに油揚げ麺特有の風味も感じます。ごわごわ系ほどワイルドな麺質ではありませんし、日清食品らしく歯切れの良さが印象的な、加水率低めの平打ち麺ではあるものの、カップ麺らしいジャンクな雰囲気と野性味を感じるものでした。ただ、そんなジャンクでワイルドな面持ちは、スープの雰囲気に合っていたし、そもそも「肉汁麺」という上品さの片鱗も見せないネーミングなのでw 油揚げ麺らしさがプラスに作用していてよかったです。と、食べ始めから一瞬にして、小麦胚芽やサイリウム種皮のイメージは吹っ飛んだんですけどw 多少は身体にいいの…かな?w

具材は、「味付豚ミンチ、チャーシュー、ネギ」とのこと。うん、肉肉しいw 味付豚ミンチは、カップヌードルに入っている謎肉ですね。さすがに「謎肉祭」ほど大量ではないものの、ざっと数えて20個くらい入っていたので、なかなかのボリュームです。麺を食べ終わった段階では、まだまだゴロゴロとカップの底に溜まっていました。チャーシューはチップ状のハムっぽいやつで、情緒が感じられないタイプだったんですけど、2種類の肉具材というのは単純に嬉しいですね。明らかに肉推しのタイトルということもあり、そのイメージを裏切らない構成が好印象でした。


(標準は★3です)

肉の旨味たっぷりなジャンクで甘濃い味付けに、ややワイルドな面持ちの平打ち太麺、さらに肉っ気たっぷりの具材構成ということで、テーマのイメージに合ったジャンクさが感じられたし、このままでは後半に飽きてくるようなテイストだったんですが、そこを飽きさせない卵黄だれのアクセントなど、かなりジャンクで不健康そうな味わいでありながら(サイリウムの意味…w)飽きそうで飽きない、大味そうで大味ではない、きちんと計算された一杯でした。ただし、スープの甘味だったり、具材を含めた全体のジャンクさなど、それなりに人を選ぶカップ麺になるかと思います。とりあえず、極太U.F.O.の牛すき焼味が大丈夫だった人は、特に問題ないでしょう。謎肉系のジャンクさが苦手な人や、普段はカップ麺を食べ慣れていない人は少し気を付けてくださいね。ガーリックをガツンときかせた、という製品説明の割にはガーリックが弱かったかなぁ…というのが若干の不満だったんですけど、これは私の基準値バロメーターがハロウィントリオによって一時的にブッ壊れてしまっている可能性が高いのでw まぁそれなりに効いていたとは思います。たぶん、きっと、メイビー…さて、フタの裏に萌えキャラの設定が書かれていたので、軽く紹介しておきましょう。名前は「鳴門 まき」高校2年生のチアリーディング部で、マイブームは一人で食べるこってりラーメン、最近よく行くのが秋葉原の「肉汁麺ススム」だそうです。「ラーメン店をこれからも紹介していきます!!」とも書かれていたので、もしかしたら「AKIBA」をテーマにシリーズ化されるのかもしれませんね。で、これは余談なんですけど…標準栄養成分表のテンプレや、原材料名の表記方法が普段と違ったんですよ。なぜサイリウム種皮…というギャップも含め、ちょっと不思議なカップ麺でしたw ちなみに発売日は明日、10月9日(月)です。



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a

[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram