2017年08月08日の記事 (1/1)

明星食品「明星 ぶぶか 超にんにく豚骨しょうゆらーめん」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、スクエアエニックスの新作「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」です。最初は3DS版のみ購入する予定だったんですが、 “とある理由” からPS4版も購入することになりましてw ご覧の通り写真では肩を並べておりますw で、なんとか時間を割いて(犠牲は主に睡眠時間w)軽く触ってみたんですけど、私の肌に合っていたのは3DS版のタイトルでした。ゲームブログでもないのに偶然たどり着いた方のネタバレになってしまってもアレなんで、ストーリーの詳細は省きますが…(っていうか語れるほど進んでないしw)まず基本的な物語の構成、およびセリフなんかは同じなんですよね。大きな違いとして挙げられるのは、やはりグラフィックの差でしょう。さすがPS4版は圧倒的な映像美で、なんかもうFF(ファイナルファンタジー)的なw であるからして “ドラクエらしさ” が薄いというか…その反面、3DS版は迫力ある映像美こそ引けを取るものの、往年の “ドラクエらしさ” は健在しています。とは言え、ダブルパックで買っても損をするわけではないと思いますよ。先ほどストーリー展開などは同じと書きましたけど、圧倒的なグラフィック性能の差も然る事乍ら、物語の最中に遊べるミニゲームだったり、クリア後の世界だったり(まだ私は未体験ですが)他にもフィールドの構成なんかは違っていたりするので、まずは最初に3DS版をクリアする。で、その何年後かにPS4版でリメイクされましたよ~みたいなノリでPS4版に着手するのが正攻法かな? と、思いました。他の作品で例えると、「ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁」(私の一番好きな作品)のオリジナル(SFC版)をプレイした経験があって、その後にPS2でリメイクされたDQ(ドラゴンクエスト)5をプレイする感覚というか…いや、ここまでダラダラと書いておいて、興味ない人には非常に申し訳ない冒頭ネタなんですけどもw これは往年のドラクエファンである私の個人的な意見であって、DQ8やDQ10からシリーズに入った人であれば、最初からPS4版で遊んでも問題ないと思うし、逆に3DS版はショボい(廉価版)と感じてしまうかもしれません。他にも戦闘のテンポだったり、ロード(読み込み速度)の違いだったり、宝箱の位置とか、クエストをクリアする為の経緯が微妙に違ったりとか、フィールドアクションの違いとか、きちんと差別化が図られていましたよ。最近、「明日はヒノキになろう」という地雷戦士のブログで毎日のようにDQ10の様子を見ているので、シリーズ中DQ10だけプレイしたことのない私は、ムラムラしながら久々のゲーム熱に悶えております。で、どうでもいいことなんですけど…私の3DSちょっとカッコイイでしょw


さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 ぶぶか 超にんにく豚骨しょうゆらーめん」です。ぶぶかのラーメンと言えば、確かにニンニクが効いている製品が多い傾向にあるものの、あくまでも常識の範囲内というか、初期の頃と比べて年々ニンニクの勢いが衰えているような印象が強かった最近なんですけど…なんと、今回は「後入れ生おろしにんにく」なる小袋がフタの上に貼り付けてあるジャマイカw というわけで、にんにくバカのガーリックプリンスこと私 taka :a のテンションは、いま非常に高揚しております。しかも「超にんにく」らしいので、そのインパクトには期待したいところですよね。ただ、あくまで市販品なのと、これまでの流れが…というわけで、清流のように落ち着いた気持ちで挑みたいと思います(うっほほ~い♪)





スープは、「ポークの旨みをベースにガーリックなどの香味野菜をバランスよく合わせた、濃厚な豚骨しょうゆスープ」に、「別添の生おろしにんにくを加えることで、パンチの効いた味にな」るとのこと。生おろしにんにくを攪拌する前のスープから特に引きは感じられず、ポークの旨味は粉末スープ的で、かえし(醤油)が強め。タイトルでは「豚骨醤油」となっていますが、ニュアンスは「醤油豚骨」ですね。この段階だと没個性的だったし、油揚げ麺から滲み出ていた特有の風味がスープに干渉していて、良くも悪くも無難な印象…だったんですが、真打の生おろしにんにくを馴染ませると表情は一変。ローストガーリックやフライドガーリック、粉末状のガーリックパウダーなんかとは明らかにベクトルが違う、生おろしにんにくならではのキレたインパクトが主張してきます。まぁ生おろしにんにく直投入なんで、当たり前なんですけどねw ベースが没個性だった分、ほぼ生おろしにんにく一辺倒と言っても過言ではない仕上がりで、にんにく星人の私としては非常に好印象ではあったものの、ひとつのスープとして評価すると、やや浅はかな印象も並行してしまいました。まぁ生おろしにんにくド~ンの時点で手放しに好印象だったのは言うまでもありませんがw「豚骨しょうゆ」だったので、もうちょい豚骨にも頑張って欲しかったかな。でもカップ麺らしい極端さは、素直に印象がよかったです。

めんは、「厚みと弾力があり、もっちりとした食感の太ちぢれ麺」とのこと。ぶぶかの汁ありは、これまではバケツ型が基本だったんですけど、前回から容器がタテ型に変更され、麺の仕様も大きく変わりました。ちょっとスナック的な面持ちの太麺で、油揚げ麺臭も遠慮のないタイプ。個人的にバケツ型の時に使われていた秀逸な細麺が好きだったんですが、今回は割と素直に好印象ですね。にんにくが幅を利かせる前は、麺からもスープからも漂ってくる油揚げ麺臭が気になる感じだったんですけど、生おろしにんにくマニフェストによってネガティブさ払拭w むしろスナック的な風味が生おろしにんにくのインパクトと噛み合って、ジャンクさの相乗効果が演出できているというか、上手にバランスが取れているように思いました。

かやくは、「スープにこってりとしたコクを加える背脂に、キャベツ、ダイス状の味付け肉、タマゴ、ネギを彩りよく組み合わせ」たとのこと。ご覧の通り、ボリュームは申し分ありません。写真でダイスミンチの左下あたりに寄せてある白い物体が背脂加工品で、単体で味わうとプニプニとした口当たりや甘味が背脂らしく、非常に効果的な要員なんですよね。ただ、今回は生おろしにんにくのインパクトが強烈だったので、あんまり目立っていませんでした。でもキャベツが割と多めに入っていたのは嬉しかったし、生おろしにんにくの効いたワイルドなスープと相性抜群。ジャンクなダイスミンチも全体の方向性を固めているようで、カップヌードルの謎肉が好きな人は手放しに楽しめると思います。で、何故かカップヌードルのスクランブルエッグ的なタマゴ具材を乱用してくる明星食品なんですけどw なんかもうスープを選ばない万能具材に思えてきましたw ほんのり甘い味付けが生おろしにんにくのキレと対比を描いていたので、きちんと価値が見出せると思います。ネギも食感がアクセントに寄与していたし、これといった弱さは感じられませんね。欲を言えば、具材にもガーリック系のアイテムが…いや、欲を言えばですよw


(標準は★3です)

★の数は4にするか5にするかで迷ったんですが、なんかもう開き直ったかのように生おろしにんにく推しの単調で一辺倒な仕上がりが清々しくて好印象だったのでw 上出来の★5にしました。さすがダイレクトに生おろしにんにくが別添してあるだけのことはあって、食後の口臭対策は必須です。っていうか…胃から臭ってくると思うのでw 歯磨き+ブレスケア+ガム程度じゃ無理かもしれません。じゃぁ他に何を試せばいいんだって話なんですけど…w うん、おしゃれして外出する予定のない休日の昼にでも食べてくださいw もう少しベースの豚骨にも頑張って欲しいという不満こそ否めなかったものの、どうでもよくなってくるほど生おろしにんにくのインパクトが強烈だったし、ジャンクさの相乗効果を発揮していた油揚げ麺らしい油揚げ麺と、豊富かつ蛇足的な要素のない具材構成は素直に印象がよかったので、にんにくバカなら間違いなく満足できますよ。逆にジャンクな味が好きじゃない人は、避けられたほうが賢明です。あ、それから生おろしにんにくなんですけど…これ、地味に絞り出すのが大変w 液体スープや調味油の小袋を入れる程度のノリで投入すると、⅓ほど小袋の中に残ってしまうと思います。なので、角っこだけ切るのではなく、ひとつの面を真っ直ぐ横にカットして、大きな開け口を作ってください。それから指で押し出して、残った分は箸先で中身をほじくるなり、小袋ごとスープにドボンするなりw せっかくのインパクトが弱くなってしまうと惜しいので、それぞれ工夫を凝らして小袋の中身を絞り出しましょう。ちょっと勢い任せな一杯ではあるものの、生おろしにんにくが別添で付いているカップ麺は、既存の通年商品だとヤマダイの「凄麺 ねぎみその逸品」くらい? ですし、変わり種でも珍しいので、それだけでも価値があると思いました。今後、ぶぶかのラーメンにはマストアイテムとして付属して欲しいですね。また他の製品への流用にも、大いに期待しています。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram