みなさまのお墨付きの記事 (1/1)

みなさまのお墨付き「ベジチリヌードル」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


先日、SNSでお世話になっている「ダニエルとキティのトイマンブログ☆ルーク&レイア時々マース」のmiyukittyさんから、いきなり小包が届きました。以前、「久しぶりにパーワーストーン♪」という記事で、 “ローゾフィア” という天然石が紹介されていまして、「ローゾフィアも気になってるんだけど、実際に触ってみないことには…」と、コメントを残したところ…なんと、こんなに素敵なストラップに加工されたローゾフィアが我が元に…! と言うのも、私は天然石を身に付けると身体が反応するので、実際に触ってみないことには身に付けられるかどうか分からないんですよ…で、それを知っていたmiyukittyさんが、「とりあえずストラップにしておいたから、ためしてみてね~」と、手書きのメッセージまで添えて贈ってくれるというサプライズ(感涙)実は前にもぐでたまの非売品グッズを贈っていただいたことがあったり、今回も「これだけ送るのもなんなので…」と、行動圏内に西友の店舗がない私のために、数量限定のPBカップ麺やスナック菓子に、これまた気になるとコメントを残していたガトーフェスタハラダのオイルカットラスク、極め付けにピンクのウ○チちゃんまで同封されておりましてw 一体どれが主役なのか甲乙つけがたい豪華詰め合わせを頂いちゃったんです。私は何もしていないというのに…もう感謝しかないですね…(感涙)カップ麺もスナック菓子も大切に食べます! ピンクのウ○チちゃんもバッチリ部屋に飾りました!w P.S. ローゾフィアは抵抗なかったよ~!

というわけで、本日の一杯は、当ブログでは初登場となる、西友のプライベートブランド、みなさまのお墨付きベジチリヌードル」です。東洋水産との共同開発品だそうで、漠然とした味の雰囲気は、日清食品のチリトマトヌードル的な仕上がりを想像している実食前の現在。基本的に私はチリ系の味付けだと例外なく好みですし、PB商品という立ち位置が良い意味でのスナック感を醸し出してくれていれば、かなりイイ感じに仕上がっているのではないかと予想。あとは麺の雰囲気とか、具材のボリュームとか…おぉ~なんかワクワクしてきたw ではでは、まいります。





スープは、「ポークと、トマトや玉ねぎなどの野菜をベースにしたスープに、チリ&ペッパーを効かせ」たとのこと。想像通りチリトマト系の爽やかな味わいで、方向性はスナック路線まっしぐら。端的な味のイメージをスナック菓子に例えてみると、ドリトスとか、ドンタコスとか、タコス系のトルティーヤチップスで味付けに使用されているトマトベースのチリパウダーあるじゃないですか、あんな感じ。なので、メキシカンテイストのスナック菓子とかが好みな人は、おそらく素直にハマれる味だと思います。唸るようなタイプの味ではなかったものの、意外と安っぽい印象は受けなくて、スナック的な路線でありながら、特に不満を言いたくなるような物足りなさは感じませんでした。スナック菓子的なトマトの風味をベースに、適度なチリの辣味と、ブラックペッパーのホットなアクセント。辛さレベルはピリ辛の範疇を超えませんが、なかなかスパイシーな味わいです。非常にシンプルな原材料の構成を見ての通り、重さのないテイストではあったものの、スパイシーなメキシカンテイストの味付けと、スープのライトさが上手く重なっていて、梅雨や夏に食べたくなるような、程よくスパイシーで爽やかなチリトマト風味でした。

めんは、かなり縮れが強く、ほんと強烈に縮れていてw もうこれ以上は無理なんじゃないの? ってくらい小刻みに縮れまくっているヌードル系の油揚げ麺なんですけど、意外とカップヌードルやカップスターよりも歯応えがありますね。プリッ、弾けるような歯切れの良さが心地よく、そこそこ耐久性にも優れていて、超吸水性を誇るチキンラーメンのように急いで食べなくても大丈夫だったし、カップヌードルやカップスターのように早々からヘタることもなく、食べ終わる頃まで歯切れの良さが持続していたことには少し驚かされました。たしかに希望小売価格180円以上の製品では、逆に体験することができないようなチープさは否めませんが、嫌に風味が芳ばしすぎるとか、悪い意味で安っぽいとか、そういったネガティブな印象よりも、安物のカップでしか味わえないようなチープさが魅力と思える仕上がりで、個人的には印象が良かったです。スナック的なスープとの相性も良好でした。

具材は、「コーンの甘みがアクセント」とのこと。コーンの他にキャベツ、味付鶏挽肉、人参が入っています。さすがに具材のボリュームはカップヌードルなどと比べて及びませんが、思っていたよりもキャベツが多めに入っていて、取り立てて貧弱という印象でもないですね。スパイシーなスープと対比を描くように、コーンの甘味がアクセントになっていて、歯触りも自然。人参は意識せずにボーッ、と食べてたら存在感なかったw(すいませんw)で、味付鶏挽肉は東洋水産にしては珍しく、少しスポンジ状の食感…なんですけど、安心してください。あの秀逸な? エースコックの元祖スポンジ野郎を思えば、ヤツの足元にも及ばない肉具材ですw 食感こそスポンジ状とは言え、さすが具材に抜かりがないことで定評のある東洋水産、きちんと挽肉具材らしい旨味と適度な味付けが好印象でした。ややボリューム不足な印象は否めませんが、後述する値段を見ていただければ納得してもらえるかと。


(標準は★3です)

私が普段、記事で紹介しているような新商品系のカップ麺などと比べてしまうと、どうしても見劣りしてしまう部分は否めませんでしたが、驚くべきは販売価格ですよ。これ、定価は税別で80円らしいですねw え、ちょっ、マジか西友w 食べながら「108円くらいだったらコスパも高いし、今回の総評は★4かなー」なんて思ってたんですけど、80円って…いや、80円って…(2回言っちゃうw)たしかに言われてみれば80円も納得のチープさは所々に見られましたが、この味で80円なら文句無しどころか上出来ですよ、ってことで★ひとつプラスしました。良い意味でライトなテイストだったので、おにぎりや弁当の付け合わせとして、スープヌードル感覚で購入されるのがいいかもしれません。西友のネットスーパー(SEIYUドットコム)で検索してみたところ、カップヌードルのチリトマトヌードルは税別128円で販売されていたので、同店舗で購入すれば約48円も安いことになりますね。もちろんカップヌードルのチリトマトヌードルとは方向性が違いましたけど、チリトマト系というフレーバーのテーマには通じるものがありますし、カップ麺で48円の差って非常に大きいので、コストパフォーマンスに於いては圧倒的だと思います。PB商品は何と言っても安さが最も魅力的なポイントですし、100均で買えるようなオープン価格のカップ麺と比較しても、さらに安い80円とかいうワケわからん値段設定で、この内容ですからね。いやはや、西友と東洋水産のタッグ、お見事でした。何よりコスパを重視している人にとっては、かなり納得の一杯になるんじゃないかと思います。



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram