トップページ - 本日の一杯 -Cupmen Blog of taka- カップ麺と激辛のブログ

「日清焼そばU.F.O. 濃厚激辛ソース焼そば」@日清食品



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


「お知らせ」本日は、taka :a × ビー玉(@おっちょこ主婦の家計救出ブログ)コラボ企画【コンビニで買える至福】の更新日です。甘い食べ物が苦手な(でも好きらしいw)ビー玉が、大手コンビニ3社(ローソン、ファミリーマート、セブンイレブン)より1品ずつ厳選した新商品のコンビニスイーツ3選を実食して、感想を記事にしております。3社からリリースされる今週新発売のコンビニスイーツ(主に要冷蔵品からピックアップ)まとめも掲載してありますので、是非お立ち寄りください。「【コンビニで買える至福】意外なベストカップル誕生か??


さて、本日の一杯は、日清食品の「日清焼そばU.F.O. 濃厚激辛ソース焼そば」です。お馴染み「日清焼そばU.F.O.」が、「U.F.O.史上最高に辛くて、旨い!」をコンセプトに掲げて激辛仕様になりました。今回は基盤から大幅に違う別物の変わり種ではなく、オリジナルのソース焼そばをベースにしているようです。ソースだけで激辛、辛さ2倍パウダーで超激辛にもなるのだとか。それに、辛さ2倍パウダーは単なる刺激増加要員ではなく、野菜の旨みや燻製をイメージした芳ばしい香りもアクセントして含まれているそうなので、そういった部分にも注目ですね。手堅く万人ウケを狙っていたイメージの日清食品ですが、最近なんだかイケイケなので、U.F.O.史上最高の辛さにも期待してみましょう。


ふむふむ…辛みが強いので注意して少しずつ入れt…


だりゃぁぁああーー!

✔︎ ソースは、だりゃぁぁああーー!する前の状態*1 でも刺激が強く、辛さで言えば一般的に見ても大辛くらいでしょうか。辛い食べ物が極端に苦手でさえなければ、辛くても美味しいと感じられるレベルでしょう。反面、一般的な「辛口」と題された食べ物が限界という方は、完食が厳しいレベルかもしれません。辣味のタイプは瞬発力があり、シュッと刺してスッと抜けていくシャープで引き際の潔いタイプ。ハバネロ特有のコクなどは目立っておらず、ジョロキア*2 クラスに見られる柑橘系の香りも感じられなかったので、品種は鷹の爪(天鷹)などが中心の一般的な唐辛子がメインと思われます。ベースラインは、香りからして間違いなくオリジナルのU.F.O.ソースですね。ソースを混ぜている段階からU.F.O.ならではと言える特有のスパイシーな香りが立ち込め、実際の味わいも一見して明白に「日清焼そばU.F.O.」の亜種製品であることを物語っていました。

*1 撮影前に2口分ほど味の確認用に別の容器に移しました
*2「ブート・ジョロキア」:ハバネロの約10倍辛いと言われているオチャメな唐辛子


✔︎ 辛さ2倍パウダーは、是非そのままパウダーを味わってみてほしいと言われていたので、混ぜる前に直接舐めてみたんですけど…甘いですね、コレ(笑)前述したように唐辛子だけでなく、たしかに燻製したような香りが付与されていますが、これが特筆して主張してくるわけではなく、あくまでも複雑味の一端として寄与しているような印象。もちろん唐辛子が入っているので、当然のように辣味も感じられますが、ソース単体で感じた刺激よりも弱く、ちょっと刺激の背中を押して、唐辛子の芳ばしさをプラスしてくれるようなイメージでしょうか。それなりの量が入っていたんですけれども、2口分ほど麺が減った状態のところに全投入しても体感的な刺激の倍率は1.4割増程度で、唐辛子特有の芳ばしさが彩りを増し、唐辛子が増えた分だけ刺激も強くなりますが、甘みが刺激のシャープな印象を適度に包むため、むしろ食べやすかったです。刺激の強さは(タイプは違うけど)昨日の「サッポロ一番 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅」には劣りますが、辛口以上であることには違いありませんし、甘みが自然にコクを深めてくれていて、結果的に味の総合力は上がったと感じました。

✔︎ は、いつもの中太ストレート麺ですね。適度にコシがありながらもプリッとした歯切れの良さが心地よく、油揚げ麺特有の風味は穏やかで、縮れのなさが洗練されたイメージを演出している、相変わらず上品な油揚げ麺です。これ、ソースが洋風だとパスタっぽいんですよね。とりあえず今回のソースはオリジナルのソース味を基調としていたので、相性の良さは言わずもがな。刺激の強いソースを相手にしていましたが、洗練された印象ながらも埋没することの無い存在感でした。

✔︎ 具材は、大切りキャベツ、唐辛子…と、メーカーのニュースリリースには記載されているのですが、キャベツは別に大切りでも何でもないです。いや、中には厚みのあるキャベツもあったんですけど、気にならないような端材も多く、まぁノーマルキャベツ、普通甘藍、你好我很好。基本、U.F.O.は容器がノーマルサイズだと変わり種でも大切りキャベツを使用してくれていたのですが、今回は辛さ2倍パウダーにコストを持って行かれた感じでしょうか。とは言え、刺激の強いソースの中でキャベツの存在はアクセントに嬉しく、もうちょっと量が欲しかったけど、辛さ1.4倍(?)パウダーに免じて目を瞑ってあげましょう。具材の唐辛子はソースとパウダーの辣味はと同化していたので、具材の唐辛子が単体で目立つようなことはなかったです。


(標準は★3です)

まぁ実食前の想像通りというか、既存のソース焼そばをシンプルに辛くしたような仕上がりだったんですけれども、それだけに裏切りのないテイストから、適切な着地点に位置していると思いました。これを激辛とするか否かは個々の耐性に委ねられますが、少なくとも「※小さなお子様や、辛みが苦手な方の飲食には十分ご注意ください。」のコーションが誇張ではない刺激レベルだったので、辛い食べ物が得意ではない方はスルーされたほうが賢明かと思います。普通のスーパーで普通に並んでいる市販品としては、激辛認定しても差し支えない刺激と言えるでしょう。今回の辣味は一般的な鷹の爪を使用した一味唐辛子と同じ、シャープで適度に芳ばしいタイプだったので、唐辛子は好きだけどハバネロやジョロキアなんかの癖はちょっと…という方でも素直に楽しめると思います。個性のスポットは辛さにフォーカスを絞っているような仕上がりでしたが、オリジナルのソースを踏襲していることで安心感があり、それでいて刺激の強さがインパクトを演出。それでいて単に唐辛子を加えただけの仕上がりではなく、燻製風の複雑味が自宅でのセルフアレンジでは難しい捻りを打ち出し、唐辛子の刺激に絡む適度な甘みが癖になる味わいを演出している、手堅く優等生でありながらも一筋縄ではいかない曲者でした。


【こんな人にオススメ】

「刺激的なU.F.O.に連れ去られたい人(でも無事に戻ってこられるレベル)


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a

「サッポロ一番 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅」@サンヨー食品



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅 」です。東京・大久保にある担担麺専門店「地獄の担担麺 護摩龍(ごまりゅう)」とのコラボカップ麺なんですけど、監修店は「地獄の担担麺 天竜本店」で、「地獄の担担麺 護摩龍」は「地獄の担担麺 天竜本店」のライセンス店舗なんだとか。最近は汁あり・汁なし共に担担麺が盛んなカップ麺界なんですけれども、こと刺激を意識したカップ麺では花椒の麻味(痺れ感)を尖らせる傾向にあります。しかし、今回は唐辛子をたっぷりと加え、花椒をほんのり効かせた辛さとコクが特徴だそうなので、流行りの花椒ビリビリ系ではないようですね。一応、激辛カップ麺に必須のコーション(注意喚起)がフタに記載されてはいるものの、パッケージには「辛さのステージ表」というものがあり、ファーストステージが「護摩龍」、セカンドステージが「飢餓」、ミドルステージが「阿修羅」、ハードステージが「血の池」、MAXステージが「無限」…と、順に上がっていくそうです。商品名のタイトルにもあるように、今回のステージはミドルの「阿修羅」。どうせなら「血の池」くらいでいいんじゃないかと思いつつ、私は本店の味を知らないので、「阿修羅」でもヤヴァいのかもしれません。あとは、ノンフライ麺を使用した大判カップ麺とは言え、希望小売価格250円(外税)のハイエンド製品ですから、コーションに見合うだけの刺激レベルと刺激だけではない値段に見合った本格さに期待しつつ実食に参りたいと思います。なんだろう…この真面目な文体ムズムズするw





✔︎ スープの刺激は、たしかに辣味(唐辛子の辛さ)がメインで、そのなかでもハバネロ(粉末)の含有量が多いですね。刺激の指標は辣油ではなく完全に粉末(パウダー)状の唐辛子が担い、最初の一口目こそ大したことありませんが、じわじわと辛さが頭角を現し始め、ねちっこく口の中に居座ります。瞬発力は弱く、引き際は悪いw そんな蓄積型の刺激はハバネロの特徴でもありますし、ハバネロ特有のクセ(甘みを帯びたコクなんですが…俺これ好きくないw)も一見して明白に感じたので、おそらく間違いないでしょう。個人的には激辛ではなく大辛ちょい上の激辛未満に感じたんですが、ハバネロを脳が察知した瞬間に毛穴が反応して開いたので、市販品としては激辛認定しちゃって差し支えない刺激の強さだと思います。食べ始めは大したことありませんが、辣味のタイプが蓄積型なので、後半けっこうキますよ。それに、辣油で辛さを強化した担担麺ではなく、粉末のハバネロで辛さをブーストしたスタイルには新鮮味を感じました。反面、ほとんど花椒は気にらないk…てか入ってる?w 多少の香りは感じますが、麻味は完全に埋没していますね。私は担担麺に花椒の清涼感を求めてしまうため、個人的な不満を感じてしまったんですけれども、実際の店舗でも花椒は卓上に置いてあり、提供された時の段階では花椒が目立っていない(入っていない?)そうなので、その再現性は高いと思われます。また、ベースは甘みが強く、ポークの厚みと芝麻醤のコクも相俟って、まったり濃厚なテイスト。かなり粘度の高いスープでしたが、ポークの厚みと芝麻醤のコクで不自然ではなかったです。唐辛子の指標が遅効性でネットリ居座るタイプのハバネロだったこともあり、刺激は強くともシャープな要素が弱かったので、ひとつアクセントが欲しくなってしまったんですけれども、そこは卓上の花椒よろしく自前で何とかすべき項目なのかもしれませんね(笑)それでも唐辛子の刺激は一般的に見ると激辛と言って差し支えないレベルだったし、まったり濃厚な激辛担担麺という路線には、これまでに無かった新鮮味と店の個性が感じられました。

✔︎ は、調理前の写真を見ても分かるように、かなり濃い色合いですよね。フタを開けた時、少し驚きました(笑)形状は幅のある縮れた平打ち麺で、サイズは中太。粘り気のある密度の高い多加水麺で、かなりコシが強く、まるで札幌の濃厚な味噌ラーメンに合わせて製造されたかのようなノンフライ麺です。しかし、今回のハバネロが効いたスープに負けることのない自己主張の強さは好印象だったし、縮れが功を奏してリフト性能も高く、スープとのバランスは良好でした。担担麺に合わせる麺は、白くて断面の丸い中細ストレート低加水麺(で、ちょっとだけ柔らかめが好き)という凝り固まったバイアスが私の中にはあるんですけど、今回はスープが個性的だったので、何の違和感もなく麺とスープのバランスを楽しむことができました。このくらい自己主張が強くなかったら、おそらく埋没していたでしょう。

✔︎ 具材は、鶏・豚味付肉そぼろ、ねぎ、唐辛子ですね。肉そぼろは少し甘い味付けで、同社のタテビッグにも頻繁に登場している肉具材なんですが、旨味のブースト効果が高く、大判どんぶり型の容器を前にしても見栄えしている量の多さが好印象。混ぜると少し見た目が貧相になりますが、麺を食べ終わるとカップの底に沈んでいたので、追い飯したらヤバいと思います。あ、粉チーズとかトッピングしたら合うかもw ネギに特筆すべき点は見られませんでしたが、歯触りで自己主張してくるタイプの小葱で、その食感がアクセントに良かったです。唐辛子は輪切りの他にも粗挽きの唐辛子が入っていたんですが、もともとスープの刺激が強かったので、あっても無くても誤差の範囲内でしょうw でも、見た目に嬉しいですよね。実際のメニューにはホウレン草が入っているようですが、麺とスープに気合を入れて、具材の項目でコスト調整を図ったのは正解だと思います。


(標準は★3です)

王道の担担麺に期待しているとズレが生じてしまうかもしれませんが、花椒が目立っていなかったこと、またベースが甘みを帯びた濃厚でマイルドなタイプだったことにも店の個性を感じ(ファーストステージの「護摩龍」は甘みが強いとのレビューを読んだので)、そこに辣油ではなく粉末状のハバネロを多めに仕込んで刺激の強さを打ち出していたフレームワークには新鮮味が得られたので、希望小売価格250円(外税)のハイエンドカップ麺ですが、定価購入必須のコンビニ限定商品というわけではありませんし、上出来の★5で差し支えないと判断しました。私は担担麺に花椒の清涼感を求めてしまうのと、甘みを帯びたハバネロのクセが好きではないので、個人的な満足度は★4くらいだったんですけれどもw それでも一般的に見て激辛クラスの刺激は期待値以上だったし、まったり濃厚な芝麻醤押しの甘いベースは好みだったので、実は感想を箇条書きで纏めてから自前の花椒をトッピングしたんですけど…最高に美味しかったですw(個人的満足度★6)無論、唐辛子の刺激が苦手な人にはオススメできませんが、ありそうでなかったスタイルには個性が見られたので、ここ最近の雛形的な担担麺に飽きてきたなー、って人は気分転換に食べてみるといいかもしれません。ミドルステージの「阿修羅」(15辛)でコレだったので、ハードステージの「血の池」(30辛)だと市販品として取り扱えないかもしれませんねw「黒の修羅場」(自家製マー油のニンニク担担麺)というメニューもあったので(昼ドラくせぇな…w)、それこそ個性的で斬新なメニューですから、是非とも次回のタイアップで再現してもらいたいです。


【こんな人にオススメ】

「花椒よりも唐辛子が好き」「雛形の担担麺とは違う個性を味わいたい」


ブログサークルの皆様、アンケートご協力ありがとうございました。まだ集計途中ではございますが、現在(4月24日23時45分)での投票結果は、「返信不要で解放」6:4「完全に閉鎖」の状態です。いろいろと考えた結果、25日の夜(時間未定)にブログサークルサークルのコメント欄を無期限で閉鎖することにしました。退会はしないよw「返信不要で解放」への投票では、「taka :aさんのコメント欄は既に公共財。閉鎖は許されません(笑)」という有り難い攻撃力のある一撃も頂きましたがw(ありがとう母ちゃん…)「完全に閉鎖」への投票にも、休んでほしい、睡眠時間を削らないでほしい、時間(気持ち)に余裕ができるまでは控えたほうがいい、今は集中するべきだ…などなど心配と激励のコメントも多く、中には「お前の性格上…返信不要は無理w」という鋭いツッコミもあったのでw ちょっと休みますね。その代わりといってはアレなんですが、こちらFC2のコメント欄の煩わしい二段階右折(画像認証&投稿前確認)を解除しておきました。今後も継続して記事にコメントを残していただける方は、お手数ですが此方のコメント欄に直接お越しください。ブログの移転が完了して時間の落ち着きを取り戻したら、シレッとブロサーのコメント欄を解放する予定です。あと、ブログサークルのコメント欄なんですが…この記事の更新通知にはコメントしないでください。と言うのも、私のリコメを後日に確認してくださる方も多いので、いきなり閉じたら「ちょっとリコメが見られないんだけど?!」という状況に陥れてしまうことになるんですよね。何人かの方は他のコメント欄でも経験したことがあると思うんですけど…あれ、めっちゃムズムズするでしょw リコメに何を書いてくれたんだーw って(笑)というわけで、まだリコメも完全に追いついていないのが現状ですし(苦笑)引き続き我が儘を言いますが…ご理解のほど、よろしくお願いします(ぺこり)ちょっと諸事情でリアルも多忙になってきたから、忙しい時は無理しないようにするけど、みんなのブログには今までと変わりなく遊びに行くからねぇ(*´ェ`*)ノ*:゚

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a

「タテロング THE 和 わさびを利かせたおろし風そば」@エースコック



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


どうも、taka :aです。今日は本文の前に、いつもブログサークルの当コメント欄に書き込みをしてくれているサークル仲間の皆様に協力して欲しいことがあるので、ちょっとだけ付き合ってください(該当されない方、また一般の方はスクロールして本文に進んじゃってください)。すでに何人かには伝えているのですが、年内にブログを引っ越す予定です。あ、ブログの内容はカップ麺のレビューから変わりませんよ。その基盤を本気で作りたいので、ある程度の時間を確保したく、今月末から無期限でコメント欄を閉鎖しようと思っていました。これまでにも忙しい時は2〜3日ほど一時的に閉鎖して調整していたんですが、その度に「コメントの返信は不要だからコメント欄は開けておいて欲しい」といった要望のメッセージを多数寄せていただいておりました…ありがとう。私は性格上、「応援しました」などという中身の無いコメント以外、どんなコメントでも返信しないと気が済みません。それを気遣って、私が忙しい時は「返信不要」と書いてくださる人もいらっしゃるのですが、そのような人は私にとって大切な人ですから…まぁ必然的に返信不要は通用しないわけでw 今現在、ありがたいことに毎日50件以上、多い日には1日80件以上のコメントを頂く日もあります。で、ご覧の通りヒーヒー言うとるわけなんですけれどもw 引っ越し作業を進めるにあたり、おそらくブログの基盤を作りながらだと皆様のブログに訪問するのが精一杯で、自分のコメント欄に寄せられたコメントの返信まで手が回らなくなると思います。ブログサークルのコメント欄は私にとって特別な場所で、たとえ睡眠時間を大幅に削ろうとも、皆様との会話は掛け替えのない時間として大切にしてきました。でも、新しいブログの基盤が固まるまでの間、少し休ませてください。こちらからの訪問は、可能な限り今まで通りに続ける予定です。で、ここからが本題であり、また完全に私の個人的なワガママになるんですが…皆様から寄せられるコメントがブログ活動の原動力と言っても過言ではない状態なので、本音を言うとコメント欄を閉じたくありません。まぁコメントの返信は義務じゃないし、コメントの入力だって義務じゃないんだから、お前の好きにすれば?って話なんですけど…あくまでも参考資料として、皆様の意見を聞かせてください。下記にアンケートを設置しますので、お手数ですが…「別に返信しなくてもいいからコメント欄は開けておいて」という方は「返信不要で解放」に1票、「潔く閉じろ」という方は「完全に閉鎖」に1票お願いします。投票は無言でOKですが、私とブログサークルのコメント欄で遣り取りしたことがある人のみ投票してください。どちらかに結果が大幅に傾いたとしても、その結果に従うわけではなく、あくまでも参考資料の一端としてのアンケートであることを念頭に置いた上で協力していただけると幸いです。


さて、本日の一杯は、エースコックの「タテロング THE 和 わさびを利かせたおろし風そば」です。通な大人たちに向けたこだわりの和風カップめんシリーズ「THE 和」の第1弾として、蕎麦を愛好する男性をメインに、これからの季節に合わせた「おろし風そば」が企画されました。「大根おろし風パウダー」と「本わさびパウダー」が味の決め手となっているようですが、実は蕎麦にも力が入れられているようで、喉越しと食感を追求した新開発の蕎麦を使用しているそうです。かつてのエースコックは当たり障りのないチープな蕎麦を使ってくるイメージが強かったんですけれども、最近のエースコックは「MEGA きのこ蕎麦」や「厚切太麺 濃いつゆラー油肉そば」、「スーパーカップ1.5倍 鶏南蛮そば」など、熱湯5分のワイルドな田舎蕎麦路線の油揚げ麺に強く、他社との差別化を図ってきました。しかし、今回は熱湯4分指定で、容器の材質も一般的なタテ型カップ麺(紙製を除く)の「PS(ポリスチレン)」(片手で簡単にクラッシュ可能なアレ)ではなく、「PP(ポリプロピレン)」(東洋水産の「QTTA」と同じ材質)なんですよね。おそらく麺の熱伝導率に対する配慮と思われるので、新開発の蕎麦にも注目しながら食べ進めてみましょう。





✔︎ つゆは、カエシに甘みを意識しているようなタイプで、醤油の主張も関東風の蕎麦つゆほど強くありません。むしろ醤油は香り付け程度の位置にあり、ほんのちょっと魚醤のアクセントが複雑さを醸していて、鰹と昆布の旨味が丁寧な、関西口の方でも素直に楽しめる蕎麦つゆかと思います。ちょっと面白かったのが、調味油の香りですね。後述する本わさびパウダーの強烈な主張で最終的には気にならなくなってしまったんですけれども、動物油脂のコクと葱油かな? ちょっと独特の香味を感じました。このままでも私は充分に楽しめる甘口の蕎麦つゆだったんですが、別添の大根おろし風パウダーと本わさびパウダーが入った後入れ粉末スープ…これね、ちょっと気を付けてください。鼻の奥が逝くほどの刺激レベルではなかったものの…いや、けっこうキますねツ〜ンってw そんな揮発性の刺激が湯気に乗って襲ってくるので、うっかり湯気が網膜に触れると涙が出るかもしれm…出ました。ジャストナウ。さらに揮発性の刺激が気管を襲ってくるので、うっかり勢いよく啜ると咳き込む危険性がありm…Cough!! Coff coff coff. Cough! Oh my g- coff. I can't stop coughing…ゲッホ、ゴッホ、ゲッホ、ガッハ、ゴッホ……(※不安な方は、少しずつ様子を見ながら投入してください。)わさびは乾燥の粉末なので、ふりかけなどに使われているタイプと同じ風味だったんですけれども、なかなか強烈でした。大根おろし風パウダーは舌触りに寄与しており、大根おろしを彷彿とさせる舌触りが雰囲気を表現しています。さらに大根おろしの持つ清涼感も得られたし、蕎麦との相性が良く、その風味が本わさびパウダーと重なることで、まさにコンセプトの狙い目である “暖かくなる季節にぴったりの ” テイストに仕上がっていました。大根おろし風パウダーは底に溜まりがちなので、舌触りを楽しむためにも定期的に底から引っ繰り返すように混ぜながら食べましょう。

✔︎ めんは、えっと…素晴らしいですよ、かなり。もしも製造メーカーを告げられず、どのブランドの蕎麦か目隠ししたまま当てろと言われたら、私は自信満々で「日清のどん兵衛です!」と、答えるでしょう。喉越しと歯切れの良さも然る事乍ら、特筆すべきは麺の形状。これまで日清食品の独擅場と言っても過言ではなかったストレート状の油揚げ蕎麦ですが、それに匹敵する…いや、それを超えたかもしれません。雰囲気でいうと「日清のどん兵衛」に酷似しているのですが、それよりもサイズが太くて存在感があり、それでいて洗練さを欠かない仕上がりは、見事の一言に他なりません。麺の耐久性も高く、食べ終わるまで歯切れの良さと心地好い喉越しが持続していました。また、大根おろし風パウダーと本わさびパウダーが入った後入れ粉末スープを攪拌する前の段階から油揚げ麺特有の風味は穏やかだったんですけれども、本わさびパウダーの清涼感が油揚げ麺臭を打ち消し、ほとんど気にならなかったです。そしてそして何と言っても、このクオリティをタテ型で実現させたのが素晴らしい。通常、どんぶり型よりも制約の多いタテ型なので、かの日清食品であってもタテ型となると蕎麦のクオリティは落ちていたのですが、エースコックが先を行きましたね。もともとエースコックが製造する熱湯5分の田舎蕎麦も私は高く評価しているのですが、タテ型で日清のどん兵衛に匹敵するレベルの麺を出されてしまうと、油揚げ蕎麦の製麺技術はエースコックがトップと言わざるを得ないかもしれません。

✔︎ かやくは、ねぎ、かまぼこ、唐辛子ということで、ご覧の通りショボいです。しかし、「鴨南蛮」や「山菜蕎麦」「きのこ蕎麦」「にしん蕎麦」など、そういった場合は除きますが、蕎麦は基本的に薬味で食べるものだと思っているので、特に不満は感じませんでした。それに、ネギは普段の歯触りが異様に強い存在感絶大の小葱(文字にすると変ですけど)ではなく、大きめにカットされた具材系で、エースコックの乾燥小葱に有り勝ちなワザとらしさは感じられず、とてもナチュラルです。唐辛子は目立って感じられませんでしたが、かまぼこは…えっと、僕ひとり? お父さんやお母さんはソバにいないのk…はい、たぶん個体差だと思います。 2,3枚が平均かな? 後入れ粉末スープの本わさびパウダーの刺激と大根おろし風パウダーの舌触りに存在感があったので、ヘタにスポンジ野郎を入れてこなかったことには、むしろ洗練さが感じられて好印象でした。


(標準は★3です)

ややカップ麺にしては具材が寂しげに思えるかもしれませんが、後入れ粉末スープの大根おろし風パウダーと本わさびパウダーの強烈なインパクトを前にすると、ヘタな具材は雑味として足手まといになり兼ねません。それに「日清のどん兵衛」を超えたと言っても過言ではない洗練された油揚げ蕎麦の上品な面持ちと耐久性は特筆すべき値にあり、しっかりと記憶に残る強烈なインパクトを打ち出しつつも決してインパクト任せのキワモノには終わらず、「THE 和」シリーズの第1弾として、この上ないスタートダッシュをキメたのではないでしょうか。わさびが苦手な人にはオススメできませんが、別添の後入れ粉末スープを控えれば刺激の強さは調節できますし、カップ麺に大根おろしの組み合わせは過去に同社が「わかめラーメン」シリーズからリリースしていましたけど(「わかめラーメン ゆず胡椒と大根おろし風しお」)、まだまだ珍しいジャンルですからね。わさびの強さが人を選ぶターニングポイントになりますが、特筆して秀逸な油揚げ蕎麦に、「わさびを利かせたおろし風そば」というタイトルに嘘偽りのない仕上がりから、当ブログとしては強くオススメしたいカップ麺です。エースコックのことなので、第2弾のリリースが年内にあるのかどうか定かではありませんがw 次はヤマイモパウダーを別添した「とろろ蕎麦」なんかを食べてみたいですね。


【こんな人にオススメ】

「わさびが利いたおろし蕎麦が食べたい」「どん兵衛に匹敵する蕎麦が気になる」


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a

「日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせうどん」@日清食品



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


どうも、taka :aです。今日はサクッと本題に…


本日の一杯は、日清食品の「日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせうどん」です。昨日の週報でも触れましたが、通常パッケージでは具材が入り切らないため、かぶせフタの付いた特別パッケージを使用…うん、これだけで幾らか値段が上乗せされている気がしないでもないw と、それはさておき…人気具材3種類「ふっくらおあげ」「サクサク天ぷら」「ジューシィ牛肉」が全部入った “全部のせ” の “どリッチ” どん兵衛が登場しました。希望小売価格は、超強気の290円(税別)となっております。完全に具材で喰わせるスタンスで攻めてきたのは言うまでもありませんが、それぞれのクオリティは折り紙付きなので、具材同士が喧嘩しないかどうかが気になるところ。それに、つゆの方向性は東寄りなのか、西寄りなのか…あ、でもニュースリリースには「昆布」の文字があったので、「北のどん兵衛」に近いのかな? なんて思ったり(※地域によって味が違います)。つゆの味は具材が及ぼす変化も大きいと思うので、しっちゃかめっちゃかしてないといいんですけどね。ではでは、参りましょう。


「かぶせフタ」を外すと、間に「あとのせサクサク天ぷら」が入ってます



「かぶせフタ」は “フタ止め” に使えますね!…元取れるかな?w



いや…これ頑張ったら「あとのせサクサク天ぷら」入ったんとちゃうやろか…けっこう余白あるぞw



さて………



とりあえず無作為に天ぷらを配置…



そして遠近法の偉大さを体験する俺w



おあげ座布団



さて、食べましょうか…(お待たせしました)

✔︎ つゆは、たしかに昆布の旨みが意識されているのですが、道産利尻昆布を使用している「北のどん兵衛」ほど昆布の主張は強くありません。また、「北のどん兵衛」は甘みも意識されていますが、甘さは自然な効かせ方で、特筆して強いわけではないです。そして、昆布の旨みだけでなく、鰹だしの旨m お前ほぼ「西」の「きつねうどん」じゃねぇかww いや、でもですね…なかなか違います。キリッ「西」の味に親しみのある方にとっては目立った新鮮味が得られないかもしれませんが、定番の「きつねうどん」(西)と比較して若干ながら醤油や食塩の主張が体感的に弱く、逆に鰹と昆布の旨みが強化されていて、正直…めっちゃ美味しいww「東」の「きつねうどん」は鰹だしの効いたキリッと濃いめの味わいなので、そちらに親しみのある方は好みとズレが生じてしまうかもしれませんが、馴染みが無ければ新鮮味が得られるでしょう。それに、「東」の販売圏内に住まわれている方でも、「どん兵衛」は「西」が好き!という声を多く聞きますし、そういった方々にとっては好みストライクな仕上がりかと思います。そして、ここから具材による味の変化が面白かったんですけれども…それは具材の項目に後述しましょう。まさに旨み重視と言える味わいで、具材による味の変化を楽しむためのベースとしては、非常に秀逸なラインを突いていました。 “どリッチ” の指標には、 “だしの旨み” も含まれているのでしょう。ところで…これを「西」のデフォにしてもらえませんかね?w

✔︎ は、相変わらずジューシーな油揚げうどんです。正直、これといって今さら書くこともないんですがw つゆとの相性は言わずもがなですよね。麺量は変わり種の平均値同様66g(レギュラーの「きつねうどん」よりも8g少ない量)ですが、「ふっくらおあげ」と「サクサク天ぷら」のボリュームが凄まじかったので、特に物足りなさは感じませんでした。

✔︎ 具材は、「ふっくらおあげ」「サクサク天ぷら」「ジューシィ牛肉」ということで、現行の定番品である「きつねうどん」「天ぷらそば」「肉うどん」からの寄せ集めでしょう。あ、粉末スープにネギちょろっと入ってたんですけど、これは飾りです飾り。まず、豆腐屋さんと同じ製法で作った丸大豆100%使用の「ふっくらおあげ」なんですが、箸で挟むとジュワッと旨みが溢れ出し、つゆの甘みがグッと増して、さらなる奥行きが生まれます。つゆの方向性と油揚げの味付けはベクトルが合致しているので、極めて自然に味の深みをブーストしてくれるんですよね。「ジューシィ牛肉」は、つゆの味に対して体感的に強く干渉してくることはありませんでしたが、やっぱり “大豆ビーフ” とは違います。ちょっと加工肉特有の癖が気になるものの、ほんのり甘い味付けで、きちんと牛肉してました。しかし、かなり細切れだったので、あんまり具材としての存在感が…っていうか粉々になった牛肉の不意打ち的な舌触りが気になって、ちょっと…えっと…邪魔こいつ邪魔w 好みの問題ですかねスイマセン…「サクサク天ぷら」の侵食力は凄まじく、小海老天や衣の芳ばしい旨みが徐々にペースを上げて広がり、つゆの味わいを最終的にガラッと模様替えするほどの存在感です。うん、これぞ「天ぷらうどん」の醍醐味ですよね。「天ぷらそば」からの使い回しとは言え、現行の「天ぷらうどん」は「北のどん兵衛」にしかないので、そういった意味合いでの付加価値も感じました。一応、今回のコンセプトは「全部のせ」なので、写真のように最初からウッホホ~~イ♪するのが正攻法なのかもしれませんが、とりあえずアレですよ、ふっくらおあげの存在感w あ、でもですね…「おあげ座布団」のように、ふっくらおあげを座布団よろしく活用すると上サクサク中もっちりの “途中入れ” 食感がキープされるので、最初からインしちゃっても大丈夫かも。個人的には上サクサク中もっちりの状態を半分ちょっと楽しみ、残った天ぷらはワザとフヤけさせて、つゆと一体化させてガサガサッと食べるのが美味しかったです、ハイ。


(標準は★3です)

うーん、総じてネックなのは価格帯ですよね。今回かなりハードルを上げて挑みましたが、思いの外に高い満足感が得られました。しかし、300円払ってリピートしたいかと聞かれたら、 あらん限りの力を振り絞って首を横に振ります。ってのは言い過ぎだけど、まずリピートはないですね。レギュラーのシリーズが平均売価127円〜138円(筆者調べ)なので、富山県、石川県、福井県、滋賀県、奈良県、和歌山県以西に住まわれている方は、「きつねうどん」と「天ぷらそば」を買ってドッキングしたら同じ程度の満足感が得られるでしょう。牛肉ですか? いや、どん兵衛の「肉うどん」が至高という方には申し訳ないんですけれども、ふっくらおあげとサクサク天ぷらを前にしては、完全に為す術がない状態でした。正直、 “大豆ビーフ” の方が存在感あったでしょう。しかし、かの具材は主張が強すぎるので、もし今回のカップ麺に入っていたら、つゆの “だしリッチ” が損なわれていたと思いますし、しょせんは偽肉…「どリッチ」の名が廃ります。そう、今回は具材のボリュームだけでなく、つゆの組み立て方が秀逸だったんですよね。それに、ふっくらおあげ+天ぷらのダブルパンチは…なかなかキますw しかも、つゆの味に対して両者が強く寄与しており、そのままでも出汁が濃くて美味しく、具材が手を出してもバランスが崩壊しない、その総合力は見事でした。でも牛肉お前は要らんw と、このように私は細切れの牛肉に価値が見出せなかったので、その分は総評に上乗せできませんでしたゴメンナサイ。まぁそれを抜きにしても、やっぱり税別290円は高いですね…コスパだけで言えば、総評は★3が妥当かもしれません。実は来週(2018年4月30日)から、「日清のどん兵衛 東西食べ比べ」キャンペーンが全国で開催されるので、東日本の方は好みの「天ぷらそば」と「西」の「きつねうどん」を購入し、天ぷらそばの天ぷらを入れずに(まぁ自前で天かすでも何でも入れて騙し騙しw)食べて、後日「きつねうどん」にトッピンングしたほうが(つゆのニュアンスは異なりますが、似たようなテイストになるはずなので)コスパは高いです。西日本の方は…今すぐ決行可能w と、これを言ったら某Mドナルドの「チーズバーガーを買うならハンバーガーを2個買ったほうがいい」的な話になってくるんですけど…さて、これから「カップヌードル リッチ」シリーズのように(新作の音沙汰ないけど…)、「どリッチ」シリーズとして続いていくのか、今回限りの企画に終わるのか…第2弾として「全部のせそば」とか出たら笑いますけどね(笑)最近、エースコックがノンフライうどんでブイブイ言わせているので、今度はノンフライどん兵衛とかも食べてみたいなぁ…と、それはさておき、取得価格に見合う満足感が得られるかどうかは個々のコスパ指標に大きく左右されるところになるかとは思いますが、繊細かつ重厚的な出汁の濃い味わいにボリューム満点の具材構成は、なるほどリッチな満足感でした。


【こんな人にオススメ】

「どん兵衛に300円出せる」「油揚げと天ぷらを別個で集めるのが面倒w」


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a

【新着情報】今週の新商品 @カップ麺:週報(2018年4月第4週)


Request:えたばりゅ(@eternal_value)「自然とペットとアラフォー野郎と

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


どうも、taka :aです。お気付きの方もいらっしゃるかとは思いますが、FC2のプロフィール画像とTwitter(@honjitsunoippai)のアイコンを変更しました。あ、スマホからだと見られないのかな…えっと、「これ」なんですけど…めっちゃ可愛くないですか?w 製作者は前プロフィール画像と同じ、「もちもちもっちー(*´ω`*)」と「30代1児の母の子育て遊び100選」の筆者で、ブログ仲間のウルちゃん(@uru85san3)…くっそ忙しい時間の合間を縫って描いてもらいました。ちなみに彼女とは実際に会ったことはないんですけれども(写真などで私の顔を知っているわけでもありません)、普段から親交の深いビー玉に新しいアイコンを見せたところ…「うん、よく似てるね(*´꒳`*)」ほほぉ…いや、うん。実際ちょっと似ているかもしれないw(雰囲気ですよ?雰囲気w) もちろん以前のプロフィール画像にも思い入れがあるんだけど、今回のアイコンをTwitterと共に統一して設定しました。関係者各位、新しい私をよろしくお願いします(ぺこり)ウルちゃん素敵すぎるアイコンありがとう!「アイコン販売を本格的に考えようと思う

※Special thanks:あるふぃーるさん!彼女の尻に火をつけてくれてありがとうw(【ペンタブ部】ペンタブ武者修行中!ブロ友さんを描いてただ黙々と紹介する記事

閑話休題、今週新商品のカップ麺は…?


2018年4月23日(月)発売予定

日清食品
日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせうどん」290円(税別)全国 New
日清焼そばU.F.O. 濃厚激辛ソース焼そば」180円(税別)全国 New

明星食品
明星 バリカタ 極細麺と濃厚とんこつ」225円(税別)全国 New

東洋水産
マルちゃん やみつき旨辛 辛黒 富山ブラック風焼そば」180円(税別)全国 New
マルちゃん やみつき旨辛 辛赤 名古屋台湾まぜそば」180円(税別)全国 New
マルちゃん 飯田商店 醤油ラーメン」250円(税別)全国 New

エースコック
タテロング THE 和 わさびを利かせたおろし風そば」205円(税別)全国 New

サンヨー食品
サッポロ一番 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅」250円(税別)全国 New

イトーヨーカドー
マルちゃん 大盛!京都系黒醤油ラーメン」93円(税別)IY New
マルちゃん 大盛!横浜系醤油豚骨ラーメン」93円(税別)IY Renewal
※情報提供:たうい@おじんの初心者


ちょっとした解説と所感

✔︎ 日清食品は、一度はやってみたかった夢の全部のせ!「日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせうどん」と、U.F.O.史上最高に辛くて旨い! 「日清焼そばU.F.O.濃厚激辛ソース焼そば」の2品をリリース。いやぁ…これは両方ともインパクトが絶大ですね。「日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせうどん」は、お馴染み「ふっくらおあげ」「サクサク天ぷら」「ジューシィ牛肉」をドド〜ンと盛った税 “別” 290円のハイエンドカップ麺。通常パッケージでは具材が入りきらないため、かぶせフタ付きの特別パッケージを起用したそうです。もう完全に具材で喰わせる気ですね…受けて立とうじゃないの。つゆは関西風かな?条件によっては無印どん兵衛が3個くらい買えちゃう値段になるので、費用対効果が総評の指標になりそうです。「日清焼そばU.F.O.濃厚激辛ソース焼そば」は、オリジナルの濃厚ソースをベースに唐辛子を添加した激辛ソースらしく、さらに「辛さ2倍パウダー」が別添されるそうで、唐辛子の刺激的な辛さが2倍にアップするとともに、野菜の旨みと燻製をイメージした食欲をそそる芳ばしい香りがアクセントに加わるそうです。矛の切っ先は、まるか食品の「ペヤング 激辛やきそば」でしょうか。単なる激辛カップ麺ではなさそうなので、こちらも気になるところ。

✔︎ 明星食品は、「明星 バリカタ 極細麺と濃厚とんこつ」を新発売…なんですけれども、これ実は過去に何回もリリースされているテーマなんですよね。カップ麺と親しい人であれば、過去に一度は食べたことがあるのではないでしょうか。「バリカタ」食感の加水率が低い極細ノンフライ麺が売りのシリーズで、本格志向の製品なんですが、年々とんこつの勢いが落ちてしまっているんですよね…まぁ臭いが正義とは言い切りませんが、ノンフライ麺の出来映えが本物さながらの秀逸な仕上がりなので、とんこつ感にも期待してしまうじゃないですか…とか何とか言いながら、今回も間違いなく美味しいと思いますw

✔︎ 東洋水産は、「やみつき旨辛」シリーズより、「辛黒 富山ブラック風焼そば」と「辛赤 名古屋台湾まぜそば」を新発売。そして、過去に2度(かな?)タテ型ビッグでリリースされた、「飯田飯店」の「醤油ラーメン」がノンフライ麺どんぶり型で新登場します。「やみつき旨辛」シリーズの「辛黒 富山ブラック風焼そば」は、昨年にも「辛白 ちゃんぽん焼そば」との抱き合わせでありましたね。他にも「麻辛(まーから)担担麺」や「酢辛(すーから)酢辣湯麺」(2012年)、「赤辛 ユッケジャン味」や「青辛 水キムチ味」(2012年)、「辛黒 しょうゆヌードル」や「辛白 ちゃんぽん」(2012年・2016年)、最近だと「辛黒 富山ブラックラーメン」や「辛赤 名古屋台湾ラーメン」などのリリースもあったんですが、当ブログではタイミングが合わず、1度も紹介できていないシリーズなんです…で、「飯田商店 醤油ラーメン」のタテ型ビッグ(2014年05月26日発売 この頃はタテ型ビッグでも税別190円が相場だったんですよねぇ…)は食べて記事にしましたが、油揚げ麺がネガティヴに作用してしまい、総評は伸び悩んで★3でした。2017年5月15日にもリリースされていいますが、こちらは食いっぱぐれまして…w まぁ今回はノンフライ麺どんぶり型なので、タテ型ビッグとは受ける印象は大きく異なるでしょう。

✔︎ エースコックは、「タテロング THE 和 わさびを利かせたおろし風そば」を新発売。「通な大人たちに向けたこだわりの和風カップめんシリーズ『THE 和』誕生!」って…また新シリーズを増やす気ですかエースコックさんw (いや、とっても楽しいですけどね…いろいろ放置されちゃってて自然消滅が危ういブランドが心配だなぁ…と、老婆心ながらに思うだけで…w) そういえば汁ありカップ麺でワサビは少し珍しいですよね。鰹の風味が利いたスープに、「大根おろし風パウダー」と「本わさびパウダー」が入った粉末スープを加えて仕上げる、キリッとした爽やかな味わいが特徴だそうで、早くも夏向けの装いを感じる新商品です。昨年、「わかめラーメン ゆず胡椒と大根おろし風しお」というカップ麺があったんですけれども、その時の大根おろしパウダーが活かされているのでしょうか。

✔︎ サンヨー食品は、「サッポロ一番 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅」を新発売。いやぁ…ほんと週に1回のペースで何かしらの担担がリリースされますね。しかも、目立って多いのが汁なし担担麺。これから夏に向けて、さらに新作の頻度が上がってくると予想されますが、もう完全にトレンドと言って差し支えないでしょう。こちらのカップ麺は、東京・大久保にある担担麺専門店「地獄の担担麺 護摩龍(ごまりゅう)」とコラボレーションした大判カップめんで、たっぷりの唐辛子&ほんのり花椒が特徴だそうです。最近の汁なし担担麺は軒並み花椒がメインの製品が多かったので、唐辛子がメインの構成には新鮮味を感じますね。かなり攻撃的なパッケージなんですけれども、それ相応のインパクトが唐辛子から感じられるのでしょうか。希望小売価格は250円というハイエンド使用ですが、ノンフライ麺を採用しているようなので、本格さに期待したいと思います。


「今週の展望」(どれを喰おうか…)

球数としては塩っぱい雰囲気の今週ですが、まだニュースリリースが追い付いていない新商品や特定のコンビニ限定商品が出てくるかもしれませんし、いま分かっている上記の製品だけでも粒揃いのメンツですよね。とりあえず、日清食品の「日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせうどん」と「日清焼そばU.F.O. 濃厚激辛ソース焼そば」、東洋水産の「マルちゃん 飯田商店 醤油ラーメン」、エースコックの「タテロング THE 和 わさびを利かせたおろし風そば」、サンヨー食品の「サッポロ一番 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅」あたりが候補でしょうか。あ、また「やみつき旨辛」シリーズが漏れるかも…w ここ最近、新商品のリリースが盛んだったペヤング氏が嫌に静かなのが気になるところなんですけれども、5月に5つもの新製品リリースを予定しているようなので、嵐の前の静けさでしょうか。もしかしたら記事の公開後に新商品の発表があるかもしれないので、確認が取れたら追記しますね。あ、それと先週のコンビニ先行発売だった「ペヤング すっぱからMAXやきそば」なんですが、セブンイレブン先行発売だったそうです。私の行動圏内にはセブンイレブンが無いので、一般販売開始(5月7日)以降に取り上げたいと思います。それでは、今週もよろしくお願いします(ぺこり)


© Posted by taka :a