明星食品「明星 一平ちゃん夜店の焼そば ポテマヨ」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


湖池屋の「頑固あげポテト ちりめん山椒味」を食べました。パッケージには「二代目 釜田揚太郎」として活躍中の中村獅童さんが起用されており、この製品を監修してもらう為、開発チームが中村獅童さんに試作品を持って行ったところ、「うまい! 以上。」と、お墨付きを得たそうです。まずですねぇ…開封した時の香りがグッドスメルw それで期待値が急上昇してしまったんですけど…これがまた実際に美味しいw 意外にもファーストインプレッションでは、中々に山椒がフロントで気張っていて、じっくり噛んでいると醤油の香りと共に出汁の旨味が徐々に盛り上がりを見せ始め、みりんの甘味が包み込むように広がり、全体のコクを深めます。ちりめんの個性は激しく主張してきませんが、いわしエキスパウダーが雰囲気を醸し出し、山椒の清涼感と相俟って、ちりめん山椒のイメージは確かに伝わってきました。出汁の旨味も芳醇なタイプで、「うまい! 以上。」というコメントにも納得。「ちりめん山椒味」というネーミングから、山椒が苦手な人は回避されると思いますけど、和風なポテトチップスが好きな人は素直に楽しめる味だと思います。

さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 一平ちゃん夜店の焼そば ポテマヨ」です。やっと大盛じゃない一平ちゃんの新作キターw 最近、自分の食べていた一平ちゃんの新作は殆どが大盛仕様だったので、今回のレギュラーサイズは個人的に好印象。とても好印象w で、新作のフレーバーでは基本、奇抜なイメージが強いブランドなんですけど、今回は「ポテマヨ」って何だか随分とフツーな感じ。でもパッケージを見たら、小さく「しお味」って書いてあるんですよねー。てっきりバターしょうゆマヨ系の味だと思っていた私は、まだまだ未熟者ということですなw





めんは、「ソースとの絡みが良い、しなやかで食べやすい麺」とのこと。今回も残念ながら、私の好きなオニオンエキス練り込み麺ではなかったんですけど、いつもの一平ちゃんらしい細めの油揚げ麺で、軽めの食感とスナック的な顔立ちがアイデンティティを踏襲。そのスナック感から方向性はジャンクでカップ麺らしいチープな(この場合は褒め言葉)油揚げ麺なのですが、柔軟性が高く、意外と万能なんですよね。一平ちゃんは基本、味付けの路線もジャンクに振りがちですし、シリーズの汎用麺としての柔軟性や、ブランドの顔としての個性など、意識的に見ると地味ながらも感心できるポイントがあったりします。もちろん今回のソースとも相性は問題なかったし、細身で軽めのライトな食感が食べ易さに寄与していて良かったです。個人的な好みもありますが、30秒ほど早めに湯切りしても問題ないかと。

ソースは、「ポークエキスをベースに、ガーリックやブラックペッパーで風味を調えた塩だれに、フライドポテトをイメージした香味油と、オニオン・ガーリックの風味を加えたオイルを合わせ」て、別添に「ポテトと相性が良く、焼そばのコクをアップさせる、特製プレーンマヨネーズ」付とのこと。パッケージに「しお味」の記載があったり、製品説明でも塩だれとなっていますが、割と醤油の風味と香りを強めに感じます。端的に見ると特に個性のない在り来りな味なんですけど、オニオンとガーリックの下支えは効果的だったし、ポークの旨味も確かにあって、味付けの方向性としては極めて無難な冒険心の無い仕上がりでありながら、これといった物足りなさも感じさせない、そんな安定感のある味わいです。製品説明では「フライドポテトをイメージした香味油」という興味深いポイントがありますが、まぁ言われてみれば芳ばしいかなー、くらい。でも具材のポテトと一体感のある味だったので、少なからず寄与していたのかもしれません。目立った驚きや奇抜な個性こそ感じられなかったものの、概ね殆どの人が素直に美味しいと受け入れられる味だと思います。でも、ちょっと人によっては物足りないと感じてしまうかも。ポテトとの橋渡しにバター系の風味があると嬉しかったかなー。ちなみに今回のマヨネーズはプレーンタイプなんですけど、ポテトとの相性やソースの方向性からもマヨネーズを引き立て役として徹底させ、その存在感を主張させ過ぎないバランスが好印象だったので、からし抜きのプレーンマヨで正解だったと思います。

かやくは、「100%北海道産の、ホックホクのフライドポテト」と、別添の「香味野菜フレーク、アオサ、ブラックペッパーを組み合わせ」たフリカケとのこと。いつもの汎用キャベツを完全にカットし、ポテトに全力投球してきましたね。この潔さ、実に好ましい。どうしても熱湯で戻すというストロークが入るので、食感はフライドポテトよりも粉吹き芋っぽい感じなんですけど、しっかりジャガイモらしい風味が強く感じられて、ちゃんとホックホクで美味しかったです。特筆すべき量ではなかったものの、サイズは大きめで好印象でした。実質、具材はポテトだけなんですけど、いつものキャベツを抜く、という大胆な決断は何気に結構な快挙だったりするわけで、今回の地味ながらも大きな変化には、今後の新作に於ける視野の広がりを感じました。別添のフリカケは野菜フレークの甘味とアオサによる磯の香りが引き立て役に良かったんですけど、混ぜてしまうと存在感が薄かったので、最初から全投入せず、食べている最中に味変の感覚で部分的に集中投下し、あまり混ぜずに有無の変化を付けて食べるのが楽しむポイントかもしれません。それにしてもマヨネーズのかかったポテト、これ間違いないですねw 抜群に美味しかったw

(標準は★3です)

味だけなから★3が妥当かと思ったんですけど、具材のポテトはホックホクで美味しかったし、もちろんマヨネーズとの相性は抜群で、一平ちゃんらしい奇抜なインパクトこそ感じられなかったものの、敢えてバターしょうゆマヨ系ではない(私の勝手なイメージですけどw)「ポテマヨ」というジャンルに新鮮味を感じたので、★の数ひとつプラスしました。ソースの項目でバター系の風味が欲しくなったと書きましたが、よくよく考えてみるとバターを入れてしまったらイメージの中心は「じゃがバター」になってしまいますし、改めて思えば「ポテマヨ」に対する拘りが強く感じられるシンプルさだったんだな、と。それに、キャベツの完全カットは一種の快挙だと思いました。一平ちゃんらしいスナック的な油揚げ麺は今回も問題なくマッチしていたし、いつもの油揚げ麺+欠かせないマヨネーズという組み合わせからブランドの個性も感じられたし、派手な奇抜さは無くとも結果的な総合力が上手くフォローしていて、きちんと楽しめたのが良かったです。ありそうで無かった「ポテマヨ」というジャンルから、地味ながらも印象に残る仕上がりで、良い意味で予想に反した一杯だったというか、一見すると無難でありながらも意外と得られたモノが多かったカップ麺でした。多分、これで大盛だったら途中から単調さが目立ってきて、後半は飽きそうなイメージだったので、最後まで美味しく食べ切ることの出来たレギュラーサイズという麺量も功を奏していたのだと思います。いや、これに関しては自分の胃袋キャパが大きく関係しているだけなのかもしれませんが…w

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 一平ちゃん夜店の焼そば ポテマヨ
製造者:明星食品
内容量:116g (めん90g)
発売日:2016年9月5日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902881436212

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:550㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (ソース・マヨネーズ・ふりかけ)

~標準栄養成分表~

1食 (116g) あたり

エネルギー:543kcal
たん白質:9.3g
脂質:29.2g
炭水化物:60.8g
ナトリウム:1.7g
ビタミンB1:0.29mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:126mg

(食塩相当量:4.3g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩)、ソース(マヨネーズ、しょうゆ、糖類、ラード、食塩、香味油、ポークエキス、たん白加水分解物、香味調味料、香辛料)、かやく(フライドポテト、野菜フレーク、アオサ、香辛料)、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸カルシウム、酒精、乳化剤、カロチノイド色素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、カラメル色素、ビタミンB2、増粘剤(キサンタンガム)、ビタミンB1、香料、(原材料の一部に乳成分、りんごを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・大豆・りんご

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/5353

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
いつもの一平ちゃんのお決まりのパターン、
キャベツ&ふりかけ&マヨ
の組み合わせを打ち破った画期的な製品!?ww

でもポテトホントにホクホクで美味しかったですね。
「一平もやるやん!」って思わず叫びました!
No title
takaさん、こんにちは!

あの一平ちゃんがキャベツ以外の具材のみで来たのは驚きでしたね!

いつもは具材はおまけで、ソース、ふりかけ、マヨの3つで
一つの味を作り上げるといったスタンスになってましたが、
今回は具材とマヨの2つが主役といった感じでしたしね!(=゚ω゚)

もっと全体をポテトとマヨにしぼりこむために、
ふりかけを細かく砕いたポテトチップスにするとか、
そういった方法が採用されていても良かったかもですね!

今回もアオサによってのりしお風味を出すという方法も面白くはありましたが!

ソースがごくごく普通だったので多少平凡さもありましたが、
一平ちゃんのあり方を変えてくれる良作ではありましたね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:たういパパ
> いつもの一平ちゃんのお決まりのパターン、
> キャベツ&ふりかけ&マヨ
> の組み合わせを打ち破った画期的な製品!?ww
何と無く雰囲気は地味ですけどw マニア的には画期的でしたよね!

中でもキャベツカットは偉大な一歩に思えました_φ(. .*)

ポテトもバッチリおいしかったし♪

プレーンタイプのマヨも功を奏していて、
実食前のイメージ以上に手応えを感じました。b

何気に細かい配慮も感じられましたし、
派手さは無くても地味に(笑)良品だと思います。
Re:かーとさん
こんにちは!

> あの一平ちゃんがキャベツ以外の具材のみで来たのは驚きでしたね!
バレンタイン企画で出た「チョコ」以来の快挙ですよね!w

> いつもは具材はおまけで、ソース、ふりかけ、マヨの3つで
> 一つの味を作り上げるといったスタンスになってましたが、
> 今回は具材とマヨの2つが主役といった感じでしたしね!(=゚ω゚)
「ポテマヨ」というテーマだけに、具材とマヨを主役にした構成は、
言われてみると確かに新鮮だったし、このパターン結構アリだと思います。

> もっと全体をポテトとマヨにしぼりこむために、
> ふりかけを細かく砕いたポテトチップスにするとか、
> そういった方法が採用されていても良かったかもですね!
スナック菓子系+カップ焼そばは相性が良いですし
このアイディアは採用してみてもらいたいですね!

その時はマヨをチーズ練り込みか、いっそチーズソースにして、
「ピザポテト」系の味付けに振ってみても美味しそう_φ(. .*)

> 今回もアオサによってのりしお風味を出すという方法も面白くはありましたが!
たしかに! 纏まりとしてはアオサよりパセリの方が合いそうでしたけど、
のりしお風味と言われば、アオサであることの必要性も感じます。

意外と醤油の香りが強めのソースが軽く意表でしたが、
結果的な纏まりは良かったし、今後の展開が気になる一杯でした♪

管理者のみに表示

トラックバック