日清食品「日清のどん兵衛 明太子クリームうどん」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


カルビーの「ポテトチップス コンソメトリプルパンチ」を食べました。すっかり毎年恒例となった3倍パンチ、2015年版ではポテトがギザッと厚切りだったんですけど、今年は通常のノーマルカットに戻ったようです。詳しい味のレビューですが、いまさら私なんかが説明する必要もないド定番の味ですから、多くは語るまい…ええ、通常のコンソメパンチが実直に3倍濃くなったコンソメパンチ、これに尽きますw 飽きない美味しさというバランスの観点から見れば、やっぱり通常のコンソメパンチが秀逸だと思うし、ちょっと物足りない時、コンビニ限定で通年商品として取り扱われている「コンソメWパンチ」くらいが適度な濃さだとは思うんですけど、さすが3倍のパンチは期間限定らしいインパクトを放っていて、王道の味わいでありながら、しっかり印象に残る仕上がりに今年も好感が持てました。先に述べた味のバランス面で言えば、ベースのポテトは2015年版のギザッと厚切りの方が良かったのかもしれませんが、やっぱりコンソメ風味のパンチがストレートに濃く感じられるノーマルカットの方が味にインパクトがあっていいですね。しっかり濃い味なんですけど、舌が麻痺するような味ではなく、それなりに塩気も増しているものの、旨味成分が濃くなってる感じなので、きちんと計算して濃いめに…って、なんやかんや言いながら結局いつものペース(文字数)で語ってるし…w

さて、本日の一杯は、日清食品の「日清のどん兵衛 明太子クリームうどん」です。テーマからは洋風の香りが漂っているものの、パッケージは思いっ切り和風ですねw 鳥獣人物戯画を彷彿させるデザインや、華やかな色合いとか、賑やかな感じとか、なんかこう、おめでたくて漠然と正月っぽい雰囲気を感じているのは自分だけでしょうかw (気が早いw)ちなみに製品開発の背景は、「若者を中心に人気の "創作系うどんメニュー" をモチーフにした新シリーズを縦型カップで」というコンセプトに基づき、その第1弾として、「パスタソースのような味わいのスープでうどんを食べることが話題となり、ネットメディアでも注目された創作メニュー『明太子クリームうどん』」が起用されたそうです。一応、通年商品のラインナップに「日清タテ型どん兵衛 きつねうどん」というタテ型版どん兵衛もあるらしいんですけど、自分は食べたことがないんですよね。とりあえずタテ型どん兵衛には新鮮味を感じますし、うどんと洋風スープの組み合わせは好みの部類なので、仕上がりが楽しみです。釜玉うどんwith明太子とか美味しいですし、クリームも間違いなさそう。





は、「どん兵衛ならではのもっちり感とつるみのあるうどん」とのこと。「日清のどん兵衛」らしく、縮れの少ないストレート状の油揚げ麺で、つるみのある滑らかな口当たりの良さと、もっちりした食感を意識しています。ただ、どんぶり型と比較して、やや幅が狭く、厚みも薄め。これに関してはカップの形状による熱の伝導率など、そういった湯戻し過程の関係から容器の仕様に合わせての配慮でしょう。若干、ちゃんと時間を守っても戻り方にムラがあったので、そこが今後の改善点でしょうか。とは言え、他社のタテ型カップに用いられている油揚げうどんとは一線を画していて、きちんとアイデンティティの感じられる仕上がりだったので、タテ型カップに用いられる油揚げうどんとしてのクオリティはアタマひとつ抜きん出た油揚げ麺だと思いました。ちなみに冒頭で触れた「日清タテ型どん兵衛 きつねうどん」に使われている油揚げ麺は、旧世代感あふれるペラペラうどんらしく、今回そういったチープさは感じられなかったし、どんぶり型とも違う印象を受けたので、やはり新シリーズ用に新開発された油揚げ麺なんでしょうね。

スープは、「明太子のうまみとピリッとした辛みを利かせたクリームスープ」とのこと。原材料の筆頭には豚脂の表記があるものの、実際に動物系の要素が色濃いわけではなく、あくまでも豚脂はコクをサポートする要員に過ぎなくて、スープの軸になっているのはシンプルに明太子とクリーム感(乳等を主要原料とする食品)です。ただ、結果的な感想としては、やや旨味の線が細い印象を受けました。明太子特有の風味とピリ辛感から、きちんと明太子の表情は感じられたし、乳等を主要原料とする食品による丸みを帯びた口当たりにクリームスープらしさも感じられたのですが、予想に反してスープの粘度は低く、意外にもサラサラ系だったので、もうちょっとクリームソース的な濃度が欲しかった、というのが正直な感想。もちろん、これはこれで普通に美味しかったんですけど、スキムミルクでミルク感をアップさせるとか、別添でバター系のオイルを付けて乳製品系のコクを深めるとか、もう一枚厚みが欲しかったですね。それなりにクリーミーなんですけど、想像していたよりも軽く、良く言えば飲み易いスープでした。イメージほど派手な味じゃなくて、じわじわ美味しい系ですね。もうちょっと奇抜で個性的な路線に振ってみても良かったかなー。ちなみに明太子のイメージには和の雰囲気を感じますが、テイストとしては完全に洋風一直線だったので、その潔さには好感が持てました。

具材は、「ポテト、キャベツ、ニンジン、スクランブルエッグ、ネギ」とのこと。ポテトは大きくホクホクで、ジャガイモの風味が強く、明太子との相性は言わずもがな。今回のポテト、かなり美味しかったです。キャベツも洋風スープのイメージ的にマッチしていたのですが、キャベツよりもポテトがっつり欲しい感じでしたw ニンジンはコリコリとした歯応えが食感にアクセントを与え、彩りとしても効果的。スクランブルエッグは…うーん。「カップヌードル」に入ってる大きなスクランブルエッグではなく、それを何故か砕いたような粒状のスクランブルエッグだったので、ちょっと印象が悪かったです。ちなみに熱湯を注ぐ前の写真で見えるピンク色した顆粒が明太子に当たるのですが、完全にスープの一部として作用しているので、具材としての明太子は入っていません。明太子系の具材と言えば、サンヨー食品の「かねふく」コラボで使われている明太子そぼろが秀逸なんですけど、そういった具材としての存在感を感じられる明太子が入ってると嬉しかったかな。

(標準は★3です)

結果的に粗悪な製品ではありませんでしたが、思っていたよりも大人しい仕上がりで、随分と食べ易かったなー、って。せっかくの変わり種なのに、ちょっと安パイ切り過ぎちゃった感じですね。明太子もクリームも一定の主張は感じられたものの、特筆すべき爆発力は無かったし、クリーム感に関しては特に、もっと強く打ち出しても良かったように感じました。もちろん、これはこれで普通に美味しかったんですけどね。ただ、残る印象としては、良くも悪くも普通に美味しかったの段階で止まってしまっているというか、うん。なので今回の総評は、取り敢えず及第点の★3としました。販路はスーパーではなくコンビニがメインの雰囲気ですし、やはりコンビニの新商品として並ぶカップ麺って、それなりのインパクトが求められていると思うんですよね。安定感よりも派手さが重要になってくると思うので、そういった力強さを意識する、というのが第2弾での課題でしょうか。ある意味、単純に明太子とクリームを軸にしたスープは新鮮だったし、そのシンプルさが食べ手を選ばないメリットにも繋がっているのかもしれませんが、同時に物足りなさを感じてしまう部分が無きにしも非ずだったので、コンビニユーザーが求めているような新商品に対する派手さやインパクトなど、「日清のどん兵衛」というロングセラーブランドらしい安定感よりも、ひとつ脇道に逸れたような新商品らしい奇抜さを意識した方が新シリーズのイメージも向上していくように思います。でも今回の新たな試みは素直に評価したいし、第2弾の登場は楽しみですね。ちなみに希望小売価格ですが、どんぶり型だと基本は税抜価格で180円のところ、今回は205円と少し高めの設定。容器に合わせた麺の開発だったり、タテ型化するに当たって余分なコストが嵩んじゃったのかなー、って。パッケージはインパクト大だったんですけどねw 故に実際の仕上がりは意外と大人しかった、というギャップを感じてしまったのかもしれません。物足りないと感じてしまった人は、バターを加えてコクを後押しするか、いっそガチな明太子を豪快に放り込んでアレンジしてみるのもアリかもw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:日清のどん兵衛 明太子クリームうどん
製造者:日清食品
内容量:94g (めん70g)
発売日:2016年9月5日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902105231982

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:420㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:無

~標準栄養成分表~

1食 (94g) あたり

エネルギー:437kcal
たん白質:7.4g
脂質:19.4g
炭水化物:58.2g
ナトリウム:2.1g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.3g)
ビタミンB1:0.21mg
ビタミンB2:0.27mg
カルシウム:125mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:437kcal (めん・かやく:350kcal / スープ:87kcal)
食塩相当量:5.3g (めん・かやく:2.0g / スープ:3.3g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、大豆食物繊維)、スープ(豚脂、小麦粉、糖類、加工油脂、魚介調味料、でん粉、乳等を主要原料とする食品、明太子、醤油、魚介エキス、食塩、香辛料)、かやく(フライドポテト、キャベツ、人参、味付卵、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、リン酸塩(Na)、炭酸Ca、ベニコウジ色素、乳化剤、pH調整剤、香料、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、炭酸Mg、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、カロチノイド色素、(原材料の一部にさけ、鶏肉を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・さけ・大豆

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/5408

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
これ、発想はとても良かったと思うのですが、
なんか中途半端というか、垢抜けない内容になってしまい
残念な一品でした。

明太子はペースト状に仕上がって粒感はないものの
なかなかいい感じでしたがそれを他が使いきれてなかったです。

つゆ(スープ)がもっとメリハリあればね・・・・。
思い切り洋風に仕上げるか、
もしくはしっかり和風感を残すか、
どちらか明確だったらいい商品だったと思います。

次作もおそらく洋風系のあれんじでしょうから、
全体をしっかり洋風にまとめきってほしいと思います。
No title
明太クリームうどんはつるとんたんあたりでも定番メニューですが、
出汁(スープ?)タイプは食べたことないなぁ~と
食いつくように読んでしまいましたw
こりゃ一度味わってみたいですね~v-10
沸かした牛乳なんかで作ったらどうなりますかね?w
No title
こんばんわ^^

これ、結構自分はありだったのですがねー。なんとなく、自分にあっている。そんな感じなんです。

ところで、あの日清の生の奴が届くまでかなり楽しみなんですが、食べるべきかどうするべきか・・・。
No title
こんばんは。
これは画期的な組み合わせのカップ麺ですね。
明太子とクリームスープのコラボで麺はうどん!
興味はありますが、なかなか自炊ではチャレンジを躊躇してしまいそうなスープです。
意外にあっさり系の印象だったようですね。
濃厚なスープに仕上げる手もあるかと思いますが、やっぱりそうすると万人受けしないのかな?
なので無難な仕上げに落ち着いたような気もします!?
偉そうなことを言ってすみません。
わたくし的にはもっと濃厚なスープだとパスタ麺が合いそうな気もしました。
No title
どんベエの明太子クリームうどんって
聞いただけでも美味しそう!
クリームはもっと打って出て良かったんでしょうか。
でも麺は専用に工夫されてて私は好感持てました。
いつも読み入ってしまう記事ありがとう。
Re:たういパパ
結果的な感想として、普通に美味しかったんですけど、
ちょっと大人しい仕上がりでしたよね。パッケージは派手なのにw

明太子とクリームが軸にこそなっていたものの、
明太子それなり、クリームそれなり、って感じだったので、
もうちょっと思い切りがあっても良かったかなー、って。

> つゆ(スープ)がもっとメリハリあればね・・・・。
> 思い切り洋風に仕上げるか、
> もしくはしっかり和風感を残すか、
そうそう、コレなんですよ。自分は前者に一票。

> 次作もおそらく洋風系のあれんじでしょうから、
> 全体をしっかり洋風にまとめきってほしいと思います。
冬ですしクリーミー系ですかね? 若しくは春まで先延ばしかw
なんにせよ、次はロングセラーの枠に囚われない型破りな仕上がりに期待したいです。
Re:ぴょんこさん
> 明太クリームうどんはつるとんたんあたりでも定番メニューですが、
たしか芸能人御用達と言われている店ですよね!

今回の明太子とクリームを軸にしたシンプルさには、
ある意味、新鮮だったりもしたんですけど、もうちょい
クリーム感が強くても良かったかなー、っていうのが不満でした。

もちろんコレはコレで味としては美味しかったんですけどね!

> 沸かした牛乳なんかで作ったらどうなりますかね?w
かーとさんがブログで前に同じこと書いてました!

その記事の文面を引用させてもらうと・・・
> 余裕のある人はお湯の一部を牛乳にしたり、コーヒーフレッシュを
> 1つかけるなどの工夫をすればもう少しスープに厚みが出るかもです!
とのこと_φ(. .*) コーヒーフレッシュなんかが手軽でイイかもですね!
Re:ネクストジェネレーションかぶやん ←
こんばんは!

いや、決して悪いわけではないんですよ。

自分の期待値が高かったのも問題かもしれませんが、
もうちょっと奇抜に仕上げても良かったかなー、って。

次回作に期待したいですね!

> ところで、あの日清の生の奴が届くまでかなり楽しみなんですが、
> 食べるべきかどうするべきか・・・。
食べるべきでしょうw 「食品」ですからw

(でも自分だったら勿体無くて開封できないw)
Re:さすらいさん
こんばんは!

目の付け所は素晴らしかったですし
自炊でも応用の効くアレンジだと思います!

カルボナーラうどんとかも結構イケますし_φ(. .*)

> 意外にあっさり系の印象だったようですね。
ここがちょっと拍子抜けしてしまったんですよね…。
コンビニでの販売を意識したと思われる変わり種だったので、
もうちょっと奇抜さというか、派手さというか、思い切りが欲しかったです。

> 濃厚なスープに仕上げる手もあるかと思いますが、やっぱりそうすると万人受けしないのかな?
> なので無難な仕上げに落ち着いたような気もします!?
おそらく、その通りだと思います。「日清のどん兵衛」という
ロングセラーブランドならではの安定感が必然的に足枷となっていて、
振り切れなかったような印象を受けたので。でも、安定感を意識するなら、
どんぶり型でリリースすればいいわけですし、その棲み分けが今後の課題ですかね。

> 偉そうなことを言ってすみません。
何をおっしゃいます! 貴重なご意見ありがたいですよ♪
これからもビシバシお願い致します(ぺこり)

> わたくし的にはもっと濃厚なスープだとパスタ麺が合いそうな気もしました。
あー言われて見ればw それもあるかもしれません…w
あんまりクリームが強いと「これならパスタでイイじゃん」みたいな(苦笑)

うーん、開発メンバーも大変だなコリャ…(苦笑) 頑張っていただきましょう!w
Re:AKIOさん
個人的にはクリーム感に物足りなさを感じてしまったんですけど、
ある意味、明太子とクリームを軸にしたスープは新鮮でもあったし、
結果的にウマいマズいで言えば、ちゃんと美味しかったんですけどね。

> でも麺は専用に工夫されてて私は好感持てました。
ちょっと戻り方にムラがあったんですけど
こういった新開発に対する挑戦心は素直に嬉しいです!

次回作では新作らしいインパクトに期待したいですね_φ(. .*)

> いつも読み入ってしまう記事ありがとう。
いやいやこちらこそ、このようなブログを
読み入っていただけるなんて、本当に光栄ですよ。

これからも宜しくお願い致します(ぺこり)
No title
takaさん、こんにちは!

うーん、これは方向性はなかなか面白かったのですが、
全体的に「薄い」といった印象が残ってしまいましたね!

ほぼ明太子+クリームのみで構成されたスープは
潔いながらもその肝心のクリーム要素があまり強くなく、
それでいて他のだし要素が弱いのでスープそのものに厚みがなく、
食べやすいけど物足りないと思わせる感じになってましたね(;゚◇゚)

ただ、バランスさえ調整すればもっと化けそうではありましたね!
ミルク感やクリーム感が強まれば印象も大きく変わるでしょうね!

次回作ではぜひとももっと攻めてきてほしいですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

これはこれで美味しかったんですけど、
ちょっとインパクト不足な面がありましたよね。、

もうちょっとクリーム感が強いと良かったのですが、
タテ型の新作にしては大人しかったなぁ…というのが正直な感想です。

いや、これはこれで美味しかったんですけどねw

以前の卵黄ソースを使ったカルボナーラうどんとか食べてみたいです!

管理者のみに表示

トラックバック

[カップラーメンアレンジ] ブログ村キーワード 昼食や夜食に人気のあるカップ麺 おにぎりのお伴や勉強の合間に食べると美味しいしお腹も満たされますね 地震や台風などの災害時にも賞味期限の長いカップ麺は非常食としても最適 日本人なら何度となくお世話になっているカップ麺ですが、ほかの方はどのような意識をもって食べているのでしょうか。 また食べる回数やメーカーなどの、こ...