明星食品「明星 中華三昧PREMIUM 黒胡麻担々麺」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


カルビーの「ポテリッチ 濃厚パルメザンチーズ味」を食べました。「○○チーズ味」とか、「○種のチーズ」みたいなテーマのポテトチップスは頻繁にリリースされてますけど、ピンポイントにパルメザンチーズ指定って何だか新鮮ですよね。まず袋を開けた時点でパルメザンチーズの濃厚な香りが漂ってくるのですが、実際の味わいも思っていた以上にチーズ感が濃厚。「ピザポテト」系の濃厚さとはタイプが異なるものの、ドライでありながら濃厚にパルメザンチーズしてます。味付けが極めてシンプルで、他の旨味成分は必要最低限に抑え、パルメザンチーズを軸にしていることが好印象。パルメザンチーズ特有のコクと風味がストレートに感じられる方向性から、「濃厚パルメザンチーズ味」の名に嘘偽りがなく、明白なパルメザンチーズらしさが良かったです。シンプルだからこそインパクトがあるというか、よくある混合チーズ味とは違った趣があって、きちんと印象に残る仕上がりでした。

さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 中華三昧PREMIUM 黒胡麻担々麺」です。昨日の「中華三昧PREMIUM 銀座アスター監修 とろみ醤油麺」と同じ日にリリースされたカップ麺なんですけど、公式ホームページの製品情報、及び正式な商品名、それにパッケージを見ても「銀座アスター監修」の文字が何処にも見当たらないので、こちらは「銀座アスター」が関与していない「中華三昧PREMIUM」のオリジナル商品ということになるんですかね。「黒胡麻」いいですねー、個性的で印象に残りそう。なんと「胡麻(ねりごま・すりごま・ごま油合計)約6000粒分のセサミン入り」だそうです。胡麻約6000粒 “分のセサミン” 入りと言われても、なんていうか、イマイチこう、あんまりピンと来ないんですけど…w 漠然とスゴそうなイメージは伝わってきましたw 黒胡麻のコクと花椒の香りかー、こりゃ楽しみだ(鼻息)


「あとのせかやく」のフォントがカワイイw



めんは、「みずみずしく、もちっとした弾力のある麺」とのこと。「とろみ醤油麺」と同じノンフライ麺だと思います。製品説明の文章,原材料の構成,調理時間など全く同じ内容ですし、目立って体感的な差も感じられませんでした。細さの割に強いコシを感じる麺の密度と瑞々しい加水率が印象的なノンフライ麺で、後半にかけての時間経過による劣化も緩やか。それでいてノンフライ麺特有のクセを感じさせるような不自然な質感ではなく、強めにありながらも自然な小麦の風味と甘味からもクオリティの高さを感じます。担担麺には少し柔らかめの低加水麺が合う、という凝り固まったバイアスが自分の中にはあるので、個人的な好みで言えばイメージとのギャップが生じてしまったんですけど、麺の質は素直に評価できるクオリティの高さだったし、結果的に濃厚なスープとのバランスは良かったです。

スープは、「ポークとチキンをベースに、ガーリック、ジンジャーの香味野菜で味を調え、ねりごま、ごま油、ラー油を合わせ」た、「黒胡麻のコクと花椒の香りが特長の担々スープ」に、「胡麻約6000粒分のセサミンが入ってい」るとのこと。まず原材料を見て印象的だったのが、真っ先に “ねりごま” の記載があったこと。体感的にもスープのベースからは芝麻醤特有のコクと厚みが先行的に感じられ、担担麺に於ける評価の指標として芝麻醤にウェイトを置いている自分としては、非常に好印象なファーストインプレッションでした。そして明白に芝麻醤を軸にしつつ、鼻を抜けるような花椒の香りには輪郭があり、濃厚でありながらも重たく感じさせない工夫となっています。麻味は強くありませんでしたが、きちんと風味に輪郭があったんですよね。これまた担担麺に於ける評価の指標として花椒の存在感にもウェイトを置いている自分としては、非常に好印象でしたw 唐辛子による辣味は一般的に見てもピリ辛か、それ以下だと思うんですけど、花椒の香りには素直に好感が持てました。かやくの黒胡麻がスープに及ぼしている影響も大きく、白胡麻では打ち出すことの出来ない黒胡麻特有の芳ばしさが個性の演出に効果的で、しっかりとコンセプトである胡麻を全面で強く表現しつつ、動物系の旨味にも余念がありません。重厚感のある濃厚なテイストでありながら、適度な香味野菜のキレと花椒の清涼感のバランスには緻密に計算された背景が感じられ、「中華三昧PREMIUM」の名に恥じぬ本格的な仕上がりに満足出来る担担スープでした。希望小売価格205円という価格帯を加味すると、たとえコンビニで定価購入を余儀なくされたとしても、値段以上の満足感が得られると思います。ちなみに「とろみ醤油麺」のように注意深く混ぜる必要はありませんが、調味油の中には多めの芝麻醤(ねりごま)が含まれている為、予めマグカップなどに熱湯を注いで事前に小袋を温め、5分待ってる間にモミモミしてペースト状の成分を出し易くしておきましょう。

かやくは、「すりごま、挽肉、ネギ」とのこと。スープの項目でも触れましたが、すりごまが実に効果的ですね。まず白胡麻とはベクトルの違う黒胡麻特有の芳ばしさが個性的だったし、食べる直前に入れる事で、その芳ばしさをダイレクトに感じられるのが好印象。白胡麻とは違う風味が一般的な担担麺との差別化になっていて、量も多めに入っていたのが良かったです。挽肉も後入れ仕様なんですけど、ちゃんと後入れ用に開発されているようで、しばらくすると違和感なく馴染んでくれました。もちろん、入れて直ぐ食べたらサクサクなのでw ちょっと待ってから食べた方がいいかも。いや、サクサクはサクサクで楽しいと思うので、その辺お好みにあわせたタイミングでw 高級感のある挽肉ではなかったものの、挽肉らしい旨味は感じられたし、担担麺の雰囲気を醸し出す上では充分な効果が感じられました。葱は特筆すべき具材ではありませんでしたが、こちらも後入れということで風味が良く、何より黒胡麻に個性とインパクトがあった為、具材に対する不足感は特に無かったです。あわよくば青梗菜が欲しかったかなー。いやでもスープのクオリティを思えば全く以て許容範囲内の些細な不満ですね。

(標準は★3です)

胡麻約6000粒分のセサミンを売りにしているだけあって、しっかり胡麻の個性とインパクトを打ち出しつつ、それでいて一辺倒にならない工夫が随所に見られ、イメージ通りの高級感あふれる仕上がりから、値段以上の価値が見出せました。辣味や麻味などの刺激的な要素こそ穏やかではあったものの、白胡麻でだけでは出せない黒胡麻特有の芳ばしさや、巧妙な花椒の効かせ方など、きちんと見所のあるスープだったので、担担麺好きも納得出来るカップ麺だと思います。ノンフライ麺も麺単体としての質が高く、後入れ具材はスープを後押しする上で効果的だったし、これで希望小売価格205円ですから、余裕を持って上出来ですね。「銀座アスター」監修の有無は分かりませんでしたが、さすが「中華三昧PREMIUM」と銘打つだけのことはあるな、と思いました。しっかり本格的で、個性の感じられる担担麺です。定価で購入すれば200円オーバーのカップ麺になりますけど、この本格さと完成度を思えば、定価で購入してもコストパフォーマンスに優れた一杯と言えるのではないでしょうか。しっかり胡麻が濃厚なので、激辛アレンジ用のベースとして購入しても、しっかり期待に応えてくれる骨の太いカップ麺だと思います。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 中華三昧PREMIUM 黒胡麻担々麺
製造者:明星食品
内容量:101g (めん65g)
発売日:2016年8月29日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902881421324

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:400㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・調味油・あとのせかやく)

~標準栄養成分表~

1食 (101g) あたり

エネルギー:441kcal
たん白質:12.3g
脂質:18.9g
炭水化物:55.4g
ナトリウム:2.4g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.7g)
ビタミンB1:0.22mg
ビタミンB2:0.22mg
カルシウム:167mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:441kcal (めん・かやく:274kcal / スープ:164kcal)
食塩相当量:6.1g (めん・かやく:1.8g / スープ:4.3g)

原材料名:めん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、大豆食物繊維)、スープ(ねりごま、豚・鶏エキス、ごま、香味調味料、たん白加水分解物、植物油脂、糖類、ラード、香辛料、食塩、しょうゆ、香味油)、かやく(ごま、豚・鶏味付肉、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酒精、増粘多糖類、かんすい、香料、カロチノイド色素、カラメル色素、炭酸カルシウム、セルロース、乳化剤、微粒二酸化ケイ素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/5348

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
これは偶然か・・もしかして昨日の担々麺のコメントで食べたくなっちゃいましたか?(`・ω・´)
カップ麺ソムリエは かやくのフォントにも目がいく訳ですね(`・ω・´)

そのかやくですが「後入れかやく」の意味なんて今まで考えた事ありませんでしたw
芳ばしさなど、そういった効果を引き出す為にもあったんですか( ゚Д゚)

しかし普段205円のカップ麺には手を出そうと思わないですが、
値段以上の満足感が得られるという事で、また食べてみたいと思います!(^^)!
No title
この製品も銀座アスターらしい高級感らしさがありましたね。
高尚な感じの担々麺、まさに高級店っぽさがありました。

その高級感のわりに価格の205円設定っていうのも高ポイント!
スーパーなら178円とかで買えてこのクオリティはありがたいです。

スープはゴマの風味が強めでまったり系担々麺ですね。
もうちょっと刺激がほしい気もするのですが、
とても美味しくいただける製品でしたね。
Re:血圧マックスさん
> これは偶然か・・もしかして昨日の担々麺のコメントで食べたくなっちゃいましたか?(`・ω・´)
実食日は9月20日だったので、私の勝ちですね(`・ω・´)
(記事上げが遅れている時点で私 taka :a の負けは確定w)

> カップ麺ソムリエは かやくのフォントにも目がいく訳ですね(`・ω・´)
ソムリエだなんて…(満更でもないw)いやいや、小文字の一言にまで
わざわざツッコミを入れていただけたことが何より嬉しかったです(ぺこり)

後入れかやくの中でも薬味系は効果的な場合が多いですね!
日清食品の「麺職人」シリーズなんかで頻繁に見られるかと_φ(. .*)
あと、ネギだけ後入れとか。これはエースコックが時々やってくれますね。

やはり一般的に見ると205円のカップ麺は高い部類だと思いますし、
ましてや「デカブト」や「ごつ盛り」など、食べ応えという点で見れば
他にもコストパフォーマンスに優れたブランド(オープン価格)があるのは事実。

でも、たまには自分へのご褒美に(とは言ってもカップ麺ですけどw)
200円オーバーの製品にもチャレンジしてみて欲しいですね。これオススメですよ!

今なら各種コンビニや、スーパーなどでも取り扱われていると思います。

コンビニ専売品ではないので「ドン・キホーテ」とか
ドラッグストアなんかだと比較的お安くゲットできるかと!
Re:たういパパ
> この製品も銀座アスターらしい高級感らしさがありましたね。
これって結局「銀座アスター」の正式な監修商品なんですか?

ニュースリリースの製品説明の感じとか、商品名からも
こっちは雰囲気的に介入していないようにしか思えなくて…(苦笑)

でも「中華三昧PREMIUM」であることは間違いないですし!
その高級感に相応しい仕上がりだったことには素直に好感が持てました♪

> その高級感のわりに価格の205円設定っていうのも高ポイント!
> スーパーなら178円とかで買えてこのクオリティはありがたいです。
この完成度だと、むしろコスパ高かったですよね_φ(. .*)

自分も刺激的な要素(特に唐辛子)には頑張って欲しかったんですけど、
清涼感のある花椒の効かせ方には工夫が感じられて、そのバランスは印象的でした。

あと「黒胡麻」っていうのが個性的で良かったですよね!

白胡麻では出せない、特有の深みがある芳ばしさがナイスでした。

今後も「銀座アスター」及び「中華三昧PREMIUM」の
新商品には期待したいと思います! とりあえず「とろみ醤油」は準定番確定ですかね。
No title
takaさん、こんにちは!

これは非常に高級感を感じさせてくれる担々麺でしたね!

行列シリーズのように力で押し込むタイプではないながらも、
胡麻の持っている香ばしさや濃度もしっかりと感じさせつつ、
花椒によってさわやかな抜けの良さも演出しているなど、
本格派のバランス型担々麺といった印象が強く残りました!

でもって、黒胡麻ならではの香ばしさも生きていたり、
動物系のスープによるベースも力強さがありましたし、
スキのない仕上がりだったのが中華三昧らしかったですね!(●・ω・)

今後もこうしたどんぶり型中華三昧には期待したいですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

「中華三昧」の名に恥じない高級感でしたね!

たしかに日清食品の「行列シリーズ」系の本格さとは一線を画していたし、
それでいてバランス型でありながら物足りなさを感じさせない工夫が見られて、
その総合力の高さとバランスの打ち出し方には素直に好感が持てました。

もうちょっと刺激的だと嬉しかったんですけどねw

でも、そんな自分でも結果的に刺激の穏やかさも
不満にならない仕上がりだったのが良かったです。

今後も意欲的なリリースに期待したいですね!

もうすぐ発売されるタテ型バージョンの
「中華三昧PREMIUM」にも期待しています_φ(. .*)

管理者のみに表示

トラックバック